SQL Server 2017 リリース ノート

適用対象:はいSQL Server 2017 (14.x) 以降

ここでは、SQL Server 2017 での制限事項と問題について説明します。 関連情報については、以下をご覧ください。

SQL Server をお試しください。

Note

SQL Server 2019 のプレビューがご利用いただけるようになりました。 詳細については、「What's New in SQL Server 2019」(SQL Server 2019 の新機能) を参照してください。

SQL Server 2017 - 一般提供リリース (2017 年 10 月)

データベース エンジン

  • 問題およびユーザーへの影響: アップグレード後、既存の FILESTREAM のネットワーク共有が使用できなくなる場合がある。

  • 対処法: 最初にコンピューターを再起動し、FILESTREAM のネットワーク共有が利用可能かどうかを確認します。 それでも共有が使用できない場合は、次の手順のようにします。

    1. SQL Server 構成マネージャーで SQL Server インスタンスを右クリックして、 [プロパティ] をクリックします。
    2. [FILESTREAM] タブで、 [ファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] をオフにして、 [適用] をクリックします。
    3. もう一度、元の共有名で [ファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする] をチェックして、 [適用] をクリックします。

マスター データ サービス (MDS)

  • 問題およびユーザーへの影響: [ユーザーのアクセス許可] ページで、エンティティのツリー ビューのルート レベルにアクセス許可を付与すると、次のエラーが表示される: "The model permission cannot be saved. The object guid is not valid"

  • 対処法:

    • ツリー ビューのルート レベルではなくサブノードにアクセス許可を付与します。

Analysis Services

  • 問題およびユーザーへの影響: 次のソースのデータ コネクタは、1400 互換性レベルの表形式モデルではまだ使用できません。

    • Amazon Redshift
    • IBM Netezza
    • Impala
  • 対処法: [なし] :

  • 問題およびユーザーへの影響: パースペクティブを含む 1400 の互換性レベルの直接クエリ モデルが、メタデータのクエリまたは検索時に失敗する場合がある。

  • 対処法: パースペクティブを削除して、再展開します。

ツール

  • 問題およびユーザーへの影響:DReplay の実行が次のメッセージにより失敗する: "Error DReplay Unexpected error occurred!" (DReplay エラー 予期しないエラーが発生しました)。
  • 対処法: [なし] :

horizontal_bar

SQL Server 2017 リリース候補 (RC2、2017 年 8 月)

Windows 上の SQL Server については、このリリースに関するリリース ノートはありません。 Linux 上の SQL Server のリリース ノートに関する記事をご覧ください。

horizontal_bar

SQL Server 2017 リリース候補 (RC1 - 2017 年 7 月)

SQL Server Integration Services (SSIS) (RC1 - 2017 年 7 月)

  • 問題およびユーザーへの影響: ストアド プロシージャ [catalog].[create_execution]runincluster パラメーターは、一貫性とわかりやすさを理由に、名前が runinscaleout に変更されました。

  • 回避策: Scale Out でパッケージを実行する既存のスクリプトがある場合は、スクリプトが RC1 で動作するように、パラメーター名を runincluster から runinscaleout に変更します。

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server Management Studio (SSMS) 17.1 とそれより前のバージョンでは、RC1 の Scale Out でパッケージの実行をトリガーできません。 "@runincluster はプロシージャ create_execution のパラメーターではありません" というエラー メッセージが表示されます。この問題は、SSMS の次のリリースであるバージョン 17.2 で修正されます。 SSMS のバージョン 17.2 以降では、新しいパラメーター名と Scale Out でのパッケージ実行がサポートされています。

  • 回避策: SSMS バージョン 17.2 が利用可能になるまで、以下のようにします。

    1. 既存のバージョンの SSMS を使用して、パッケージ実行スクリプトを生成します。
    2. スクリプトの runincluster パラメーターの名前を runinscaleout に変更します。
    3. スクリプトを実行します。

horizontal_bar

SQL Server 2017 CTP 2.1 (2017 年 5 月)

ドキュメント (CTP 2.1)

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017 (14.x) のドキュメントは制限されており、コンテンツは SQL Server 2016 (13.x) ドキュメント セットに付属しています。 記事の中で SQL Server 2017 (14.x) に固有の内容は、適用対象で示されています。
  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017 (14.x) の場合、オフライン コンテンツを利用できません。

SQL Server Reporting Services (CTP 2.1)

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server Reporting Services と Power BI Report Server の両方が同じコンピューター上にあり、いずれかをアンインストールすると、残ったレポート サーバーにレポート サーバーの構成マネージャーで接続できません。

  • 回避策: この問題を回避するには、どちらかのサーバーをアンインストールした後、次の操作を行う必要があります。

    1. 管理者モードでコマンド プロンプトを起動します。

    2. 残りのレポート サーバーがインストールされているディレクトリに移動します。

      Power BI Report Server の既定の場所: C:\Program Files\Microsoft Power BI Report Server

      SQL Server Reporting Services の既定の場所: C:\Program Files\Microsoft SQL Server Reporting Services

    3. 次に、残っているものに応じて、次のフォルダー SSRS または PBIRS のいずれかに移動します。

    4. WMI フォルダーに移動します。

    5. 次のコマンドを実行します。

      regsvr32 /i ReportingServicesWMIProvider.dll
      

      以下のエラーが表示された場合は無視します。

      The module "ReportingServicesWMIProvider.dll" was loaded but the entry-point DLLInstall was not found. Make sure that "ReportingServicesWMIProvider.dll" is a valid DLL or OCX file and then try again.
      

TSqlLanguageService.msi (CTP 2.1)

  • 問題およびユーザーへの影響:TSqlLanguageService.msi の 2016 バージョンが (SQL セットアップにより、またはスタンドアロンの再頒布可能コンポーネントとして) インストールされているコンピューターにインストールした後、v13.* (SQL 2016) バージョンの Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser.dll および Microsoft.SqlServer.Management.SystemMetadataProvider.dll が削除されます。 これらのアセンブリの 2016 バージョンに依存しているすべてのアプリケーションは動作を停止し、次のようなエラーを生成します。"エラー: ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.SqlServer.Management.SqlParser, Version=13.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89845dcd8080cc91'、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません。

    さらに、2016 バージョンの TSqlLanguageService.msi をインストールしようとすると、次のようなメッセージで失敗します: "Microsoft SQL Server 2016 T-SQL 言語サービスのインストールに失敗しました。この製品の新しいバージョンが既にこのコンピューターにインストールされています。 "。

  • 回避策: この問題を回避して、アセンブリの v13 バージョンに依存するアプリケーションを修正するには、以下の手順のようにします。

    1. [プログラムの追加と削除] に移動します
    2. Microsoft SQL Server 2019 Transact-SQL 言語サービス CTP2.1 を探し、右クリックして、 [アンインストール] を選びます。
    3. コンポーネントを削除した後、破損したアプリケーションを修復します。または、適切なバージョンの TSqlLanguageService.MSI を再インストールします。

    この回避策はこれらのアセンブリの v14 バージョンを削除するので、v14 バージョンに依存するアプリケーションは機能しなくなります。 これらのアセンブリが必要な場合は、side-by-side 2016 インストールを含まない別のインストールが必要です。

horizontal_bar

SQL Server 2017 CTP 2.0 (2017 年 4 月)

ドキュメント (CTP 2.0)

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017 (14.x) のドキュメントは制限されており、コンテンツは SQL Server 2016 (13.x) ドキュメント セットに付属しています。 記事の中で SQL Server 2017 (14.x) に固有の内容は、適用対象で示されています。
  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server 2017 (14.x) の場合、オフライン コンテンツを利用できません。

Always On 可用性グループ

  • 問題およびユーザーへの影響: SQL Server のメジャー バージョンがプライマリ レプリカをホストしているインスタンスより小さい場合、可用性グループのセカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスがクラッシュします。 可用性グループをホストするすべてのサポートされている SQL Server のバージョンから SQL Server 2017 (14.x) CTP 2.0 へのアップグレードに影響を与えます。 この問題は、次の条件で発生します。
  1. ユーザーがベスト プラクティスに従ってセカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスをアップグレードします。
  2. アップグレード後、フェールオーバーが発生し、可用性グループ内のすべてのセカンダリ レプリカのアップグレードが完了する前に、新しくアップグレードされたセカンダリがプライマリになります。 古いプライマリは、プライマリよりも古いバージョンのセカンダリになります。
  3. 可用性グループはサポートされていない構成であり、残りのセカンダリ レプリカはクラッシュする恐れがあります。
  • 回避策: 新しいプライマリ レプリカをホストしている SQL Server インスタンスに接続し、構成から障害のあるセカンダリ レプリカを削除します。

    ALTER AVAILABILITY GROUP agName REMOVE REPLICA ON NODE instanceName;
    

    セカンダリ レプリカをホストしていた SQL Server のインスタンスが回復します。

詳細情報

ヘルプの参照

SQL ドキュメントへの投稿

SQL コンテンツを自分で編集できることはご存じですか。 これにより、ドキュメントが改善されるだけでなく、ページの共同作成者としてもクレジットされます。

詳細については、「SQL Server のドキュメントに投稿する方法」を参照してください。

MS_Logo_X-Small