Data Migration Assistant で Stretch Database 向きのデータベースとテーブルを識別するIdentify databases and tables for Stretch Database with Data Migration Assistant

適用対象:Applies to: はいSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x)yesSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降 - Windows のみ適用対象:Applies to: はいSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x)yesSQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later - Windows only

Stretch Database の候補になるデータベースとテーブル、および潜在的なブロッキングの問題を識別するには、Microsoft Data Migration Assistant をダウンロードして実行します。To identify databases and tables that are candidates for Stretch Database, along with potential blocking issues, download and run Microsoft Data Migration Assistant.

Data Migration Assistant を入手するGet Data Migration Assistant

Data Migration Assistant を ここからダウンロードしてインストールします。Download and install Data Migration Assistant from here. このツールは、SQL Server のインストール メディアには含まれていません。This tool is not included on the SQL Server installation media.

Data Migration Assistant を実行するRun Data Migration Assistant

  1. Microsoft Data Migration Assistant を実行します。Run Microsoft Data Migration Assistant.

  2. [評価] タイプの新しいプロジェクトを作成し、名前を指定します。Create a new project of type Assessment and give it a name.

  3. [ソース サーバーの種類][ターゲット サーバーの種類] の両方で、[SQL Server] を選びます。Select SQL Server as both the Source server type and the Target server type.

  4. [作成] を選択します。Select Create.

  5. [オプション] ページ (ステップ 1) で、[New features recommendation](新しい機能の推奨事項) を選びます。On the Options page (step 1), select New features recommendation. 必要に応じて、[Compatibility issues](互換性の問題) をオフにします。Optionally, clear the selection for Compatibility issues.

  6. [Select sources](ソースの選択) ページ (ステップ 2) で、サーバーに接続し、データベースを選んで、[追加] を選びます。On the Select sources page (step 2), connect to a server, select a database, and then select Add.

  7. [Start Assessment](評価の開始) を選びます。Select Start Assessment.

結果の確認Review the results

  1. 分析が終了したら、[Review results](結果のレビュー) ページ (ステップ 3) で [機能に関する推奨事項] オプションを選び、[ストレージ] タブを選びます。When the analysis is finished, on the Review results page (step 3), select the Feature recommendations option, and then select the Storage tab.

  2. Stretch Database に関する推奨事項を確認します。Review the recommendations related to Stretch Database. 各推奨事項には、Stretch Database が適している可能性のあるテーブルの一覧と、潜在的なブロッキングの問題が表示されます。Each recommendation lists the tables for which Stretch Database may be appropriate, along with any potential blocking issues.

これまでの経緯Historical note

Stretch Database Advisor は、以前は SQL Server 2016 アップグレード アドバイザーのコンポーネントでした。Stretch Database Advisor was previously a component of SQL Server 2016 Upgrade Advisor. その時点では、別のアクションとして Stretch Database Advisor を選んで実行する必要がありました。At that time, you had to select and run Stretch Database Advisor as a separate action.

アップグレード アドバイザーの代わりとなる拡張版の Data Migration Assistant のリリースを機に、Stretch Database Advisor の機能はこの新しいツールに組み込まれます。With the release of Data Migration Assistant, which replaces and extends Upgrade Advisor, the functionality of Stretch Database Advisor is incorporated into this new tool. Stretch Database に関する推奨事項を取得するために、オプションを選ぶ必要はありません。You don't have to select any options to get recommendations related to Stretch Database. Data Migration Assistant で Assessment を実行すると、Stretch Database に関する結果が、[機能に関する推奨事項][ストレージ] タブに表示されます。When you run an Assessment in Data Migration Assistant, the results related to Stretch Database appear on the Storage tab of the Feature recommendations.

次の手順Next step

Stretch Database を有効にします。Enable Stretch Database.

参照See Also

Stretch Database の制限事項 Limitations for Stretch Database
Enable Stretch Database for a database Enable Stretch Database for a database
テーブルに対して Stretch Database を有効にするEnable Stretch Database for a table