Stretch DatabaseStretch Database

適用対象: ○SQL Server (2016 以降で Windows のみ)×Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server (Windows only starting with 2016) noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

Stretch Database は、コールド データを透過的かつ安全に Microsoft Azure クラウドに移行します。Stretch Database migrates your cold data transparently and securely to the Microsoft Azure cloud.

Stretch Database を今すぐ開始する必要がある場合は、「 まずはデータベースのストレッチの有効化ウィザードを実行する」を参照してください。If you just want to get started with Stretch Database right away, see Get started by running the Enable Database for Stretch Wizard.

Stretch Database の利点What are the benefits of Stretch Database?

Stretch Database には次のような利点があります。Stretch Database provides the following benefits:

コールド データでコスト効果の高い可用性を実現Provides cost-effective availability for cold data
ウォーム トランザクション データとコールド トランザクション データを、SQL Server Stretch Database を使用して、SQL Server から Microsoft Azure に動的にストレッチします。Stretch warm and cold transactional data dynamically from SQL Server to Microsoft Azure with SQL Server Stretch Database. 一般的なコールド データ ストレージとは異なり、データは常にオンラインで、クエリで使用することができます。Unlike typical cold data storage, your data is always online and available to query. また、顧客注文履歴など、大規模テーブルのコストを抑えながら、データ保有期間のタイムラインを長くできます。You can provide longer data retention timelines without breaking the bank for large tables like Customer Order History. 高価なオンプレミス ストレージを拡張するのではなく、低コストの Azure をご利用ください。Benefit from the low cost of Azure rather than scaling expensive, on-premises storage. Azure ポータルでは価格レベルを選択し、設定を構成することで価格とコストを制御し、You choose the pricing tier and configure settings in the Azure Portal to maintain control over price and costs. 必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンできます。Scale up or down as needed. 詳細については、「 SQL Server Stretch Database の価格 」を参照してください。Visit SQL Server Stretch Database Pricing for details.

クエリまたはアプリケーションへの変更が不要Doesn't require changes to queries or applications
オンプレミスでも、クラウドに拡張されていても、SQL Server データにはシームレスにアクセスできます。Access your SQL Server data seamlessly regardless of whether it's on-premises or stretched to the cloud. データの格納場所を決定するポリシーはユーザーが設定し、データ移動は SQL Server によってバックグラウンドで処理されます。You set the policy that determines where data is stored, and SQL Server handles the data movement in the background. テーブル全体が常にオンラインなので、いつでもクエリを実行できるほか、The entire table is always online and queryable. Stretch Database では既存のクエリまたはアプリケーションに変更を加える必要がありません。データの場所は、アプリケーションに対して完全に透過的になっています。And, Stretch Database doesn't require any changes to existing queries or applications - the location of the data is completely transparent to the application.

オンプレミスのデータ メンテナンスを効率化Streamlines on-premises data maintenance
オンプレミスのデータ メンテナンスとストレージの作業が軽減されます。Reduce on-premises maintenance and storage for your data. オンプレミス データのバックアップはさらに迅速になり、メンテナンス期間内に完了します。Backups for your on-premises data run faster and finish within the maintenance window. データのクラウド部分のバックアップは自動的に行われ、Backups for the cloud portion of your data run automatically. オンプレミス ストレージのニーズは大幅に減少し、Your on-premises storage needs are greatly reduced. Azure ストレージのコストは、オンプレミスの SSD を追加した場合のコストよりも 80% 少なくなっています。Azure storage can be 80% less expensive than adding to on-premises SSD.

移行中もデータを保護Keeps your data secure even during migration
移行中も重要なアプリケーションのセキュリティは確保されるため安心です。Enjoy peace of mind as you stretch your most important applications securely to the cloud. SQL Server の Always Encrypted では、移動中のデータが暗号化されます。SQL Server's Always Encrypted provides encryption for your data in motion. 行レベルのセキュリティ (RLS) などの高度な SQL Server セキュリティ機能も Stretch Database で動作し、データを保護します。Row Level Security (RLS) and other advanced SQL Server security features also work with Stretch Database to protect your data.

Stretch Database の機能What does Stretch Database do?

SQL Server インスタンスおよびデータベースに対して Stretch Database を有効にして、1 つ以上のテーブルを選択すると、Stretch Database からコールド データの Azure への移行が確認メッセージなしで開始されます。After you enable Stretch Database for a SQL Server instance and a database, and select at least one table, Stretch Database silently begins to migrate your cold data to Azure.

  • コールド データを別のテーブルに保存している場合は、そのテーブル全体を移行できます。If you store cold data in a separate table, you can migrate the entire table.

  • テーブルにホット データとコールド データの両方が含まれている場合は、移行する行を選択するフィルター関数を指定できます。If your table contains both hot and cold data, you can specify a filter function to select the rows to migrate.

既存のクエリとクライアント アプリを変更する必要はありません。You don't have to change existing queries and client apps. データの移行中でも、ローカル データとリモート データの両方に引き続きシームレスにアクセスできます。You continue to have seamless access to both local and remote data, even during data migration. リモート クエリについては多少の待機時間がありますが、この待機時間が発生するのは、コールド データのクエリを実行するときに限られます。There is a small amount of latency for remote queries, but you only encounter this latency when you query the cold data.

移行中にエラーが発生しても、Stretch Database により、データが失われることがなくなります。Stretch Database ensures that no data is lost if a failure occurs during migration. また、この Stretch Database には、移行中に発生する可能性のある接続の問題に対処する再試行ロジックも用意されています。It also has retry logic to handle connection issues that may occur during migration. 移行の状態は動的管理ビューに表示されます。A dynamic management view provides the status of migration.

データの移行を一時停止して 、ローカル サーバーで発生した問題をトラブルシューティングしたり、使用可能なネットワーク帯域幅を最大化したりできます。You can pause data migration to troubleshoot problems on the local server or to maximize the available network bandwidth.

の概要Stretch database overview

Stretch Database を使用する状況Is Stretch Database for you?

次に当てはまる場合は、Stretch Database がニーズへの対応と問題解決に役立つ可能性があります。If you can make the following statements, Stretch Database may help to meet your requirements and solve your problems.

意思決定者の場合If you're a decision maker DBA の場合If you're a DBA
長期にわたってトランザクション データを保持しなければならない。I have to keep transactional data for a long time. テーブルのサイズを制御しきれない。The size of my tables is getting out of control.
コールド データにクエリを実行することがある。Sometimes I have to query the cold data. コールド データにアクセスしたいが、めったに使用することはない、とユーザーが言っている。My users say that they want access to cold data, but they only rarely use it.
更新したくないアプリ (古いアプリを含む) がある。I have apps, including older apps, that I don't want to update. ストレージを購入および追加し続けなければならない。I have to keep buying and adding more storage.
ストレージのコストを節約する方法を見つけたい。I want to find a way to save money on storage. SLA 内でこのような大きなテーブルをバックアップまたは復元できない。I can't backup or restore such large tables within the SLA.

Stretch Database の候補となるデータベースとテーブルWhat kind of databases and tables are candidates for Stretch Database?

Stretch Database は、通常は少数のテーブルに格納されている、大きなサイズのコールド データが含まれるトランザクション データベースを対象としています。Stretch Database targets transactional databases with large amounts of cold data, typically stored in a small number of tables. これらのテーブルには、10 億を超える行が含まれている場合があります。These tables may contain more than a billion rows.

SQL ServerSQL Serverのテンポラル テーブル機能を使用する場合は、Stretch Database を使用して、関連付けられている履歴テーブル全体または一部を、Azure のコスト効果の高いストレージに移行します。If you use the temporal table feature of SQL ServerSQL Server, use Stretch Database to migrate all or part of the associated history table to cost-effective storage in Azure. 詳細については、「 システム バージョン管理されたテンポラル テーブルの履歴データの保有期間管理」を参照してください。For more info, see Manage Retention of Historical Data in System-Versioned Temporal Tables.

Stretch Database 用のデータベースとテーブルを特定するには、SQL Server 2016 Upgrade Advisor の機能、Stretch Database Advisor を使用してください。Use Stretch Database Advisor, a feature of SQL Server 2016 Upgrade Advisor, to identify databases and tables for Stretch Database. 詳細については、「 Stretch Database Advisor を実行して Stretch Database のデータベースとテーブルを特定する」をご覧ください。For more info, see Identify databases and tables for Stretch Database by running Stretch Database Advisor. 潜在的なブロッキングの問題の詳細については、「 Stretch Database の制限事項」を参照してください。To learn more about potential blocking issues, see Limitations for Stretch Database.

Stretch Database の試用Test drive Stretch Database

AdventureWorks サンプル データベースでの Stretch Database の試用。Test drive Stretch Database with the AdventureWorks sample database. AdventureWorks サンプル データベースを入手するには、 こちらから最小限のデータベース ファイルとサンプルおよびスクリプト ファイルをダウンロードしてください。To get the AdventureWorks sample database, download at least the database file and the samples and scripts file from here. SQL Server 2016 のインスタンスにサンプル データベースを復元したら、サンプル ファイルを解凍し、Stretch DB フォルダーから Stretch DB サンプルのファイルを開きます。After you restore the sample database to an instance of SQL Server 2016, unzip the samples file and open the Stretch DB Samples file from the Stretch DB folder. このファイルのスクリプトを実行し、Stretch Database を有効にする前と後にデータで使用する領域を確認したり、データ移行の進行状況を追跡したり、引き続き既存のデータにクエリを実行し、データの移行中と移行後の両方で新しいデータを挿入できることを確認します。Run the scripts in this file to check the space used by your data before and after you enable Stretch Database, to track the progress of data migration, and to confirm that you can continue to query existing data and insert new data both during and after data migration.

次の手順Next step

Stretch Database の候補となるデータベースとテーブルを特定する。Identify databases and tables that are candidates for Stretch Database. SQL Server 2016 Upgrade Advisor をダウンロードし、Stretch Database Advisor を実行して、Stretch Database の候補となるデータベースとテーブルを特定します。Download SQL Server 2016 Upgrade Advisor and run the Stretch Database Advisor to identify databases and tables that are candidates for Stretch Database. Stretch Database Advisor はブロックの問題も特定します。Stretch Database Advisor also identifies blocking issues. 詳細については、「 Stretch Database Advisor を実行して Stretch Database のデータベースとテーブルを特定する」を参照してください。For more info, see Identify databases and tables for Stretch Database by running Stretch Database Advisor.