Visual Studio の SQL Server Data Tools (SSDT) をダウンロードし、インストールするDownload and install SQL Server Data Tools (SSDT) for Visual Studio

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL Server Data Tools は、SQL Server リレーショナル データベース、Azure SQL データベース、Analysis Services (AS) データ モデル、Integration Services (IS) パッケージ、Reporting Services (RS) レポートをビルドするための最新の開発ツールです。SQL Server Data Tools is a modern development tool for building SQL Server relational databases, Azure SQL databases, Analysis Services (AS) data models, Integration Services (IS) packages, and Reporting Services (RS) reports. SSDT では、Visual Studio でアプリケーションを開発する場合と同じくらい簡単に、SQL Server のコンテンツの種類を設計および展開できます。With SSDT, you can design and deploy any SQL Server content type with the same ease as you would develop an application in Visual Studio.

SSDT for Visual Studio 2019 の変更点Changes in SSDT for Visual Studio 2019

Visual Studio 2019 では、Analysis Services、Integration Services、Reporting Services のプロジェクトを有効にするために必要な機能がそれぞれの Visual Studio 拡張機能に移行されました。With Visual Studio 2019, the required functionality to enable Analysis Services, Integration Services, and Reporting Services projects has moved into the respective Visual Studio extensions. データベース プロジェクトを作成するためのコア SSDT 機能は、引き続き Visual Studio に不可欠です (インストール中に [データの保存と処理] ワークロードを選択する必要があります)。The core SSDT functionality to create Database Projects has remained integral to Visual Studio (you need to select the Data storage and processing workload during install). スタンドアロン SSDT のインストールは不要になりました。There is no more standalone SSDT installation required.

Visual Studio 2019 のライセンスが既にある場合:If you already have a license to Visual Studio 2019:

  • SQL Database プロジェクトでは、Visual Studio の [データの保存と処理] ワークロードをインストールするFor SQL Database Projects, install the Data storage and Processing workload for Visual Studio
  • Analysis Services、Integration Services または Reporting Services のプロジェクトでは、マーケットプレースから適切な拡張機能をインストールするFor Analysis Services, Integration Services or Reporting Services projects, install the appropriate extension(s) from the marketplace

Visual Studio 2019 のライセンスがまだない場合:If you don’t already have a license to Visual Studio 2019:

  • Visual Studio 2019 Community をインストールするInstall Visual Studio 2019 Community
  • Analysis Services、Integration Services、Reporting Services 拡張機能を適宜インストールするInstall the Analysis Services, Integration Services or Reporting Services extension as appropriate

SSDT for Visual Studio 2017 の変更点Changes in SSDT for Visual Studio 2017

Visual Studio 2017 以降では、データベース プロジェクトの作成機能が Visual Studio のインストールに統合されています。Starting with Visual Studio 2017, the functionality of creating Database Projects has been integrated into the Visual Studio installation. Core SSDT エクスペリエンス用の SSDT のスタンドアロン インストーラーをインストールする必要はありません。There is no need to install the SSDT standalone installer for the core SSDT experience. Integration Services/Analysis Services/Reporting Services のプロジェクトを作成するには、依然として SSDT のスタンドアロン インストーラーが必要です。To create Integration Services/Analysis Services/Reporting Services projects you still need the SSDT standalone installer.

  • データベース プロジェクトでは、Visual Studio の [データの保存と処理] ワークロードをインストールするFor Database Projects, install the Data Storage and Processing workload for Visual Studio
  • Analysis Services、Integration Services または Reporting Services のプロジェクトでは、SQL Server Data Tools をダウンロードしてインストールするFor Analysis Services, Integration Services or Reporting Services projects, download and install SQL Server Data Tools

Visual Studio 2017 で SSDT をインストールするInstall SSDT with Visual Studio 2017

Visual Studio インストール中に SSDT をインストールするには、 [データの保存と処理] ワークロードを選択し、 [SQL Server Data Tools] を選択します。To install SSDT during Visual Studio installation, select the Data storage and processing workload, and then select SQL Server Data Tools. Visual Studio が既にインストールされている場合、ワークロードの一覧を編集し、SSDT:データの保存と処理ワークロードを含めることができます。If Visual Studio is already installed, you can edit the list of workloads to include SSDT: Data storage and processing workload

Analysis Services、Integration Services、Reporting Services ツールをインストールするInstall Analysis Services, Integration Services, and Reporting Services tools

AS、IS、RS プロジェクト サポートをインストールするには、SSDT スタンドアロン インストーラーを実行します。To install AS, IS, and RS project support, run the SSDT standalone installer.

このインストーラーは、SSDT ツールの追加先となる Visual Studio インスタンスを一覧表示します。The installer lists available Visual Studio instances to add the SSDT tools to. Visual Studio がインストールされていない場合、 [Install a new SQL Server Data Tools instance](新しい SQL Server Data Tools インスタンスをインストールする) を選択すると、SSDT と最小バージョンの Visual Studio がインストールされますが、SSDT と共に、最も使い勝手の良い最新バージョンの Visual Studio を利用することをお勧めします。If Visual Studio is not installed, selecting Install a new SQL Server Data Tools instance installs SSDT with a minimal version of Visual Studio, but for the best experience we recommend using SSDT with the latest version of Visual Studio.

AS、IS、RS を選択する

SSDT for VS 2017 (スタンドアロン インストーラー)SSDT for VS 2017 (standalone installer)

ダウンロード SSDT for Visual Studio 2017 (15.9.2) をダウンロードするdownload Download SSDT for Visual Studio 2017 (15.9.2)

重要

  • SSDT for Visual Studio 2017 (15.9.2) をインストールする前に、Analysis Services プロジェクトReporting Services プロジェクトの拡張機能がインストールされている場合はアンインストールし、すべての VS インスタンスを閉じます。Before installing SSDT for Visual Studio 2017 (15.9.2), uninstall Analysis Services Projects and Reporting Services Projects extensions if they are already installed, and close all VS instances.
  • Teradata のソース/変換先を含む SSIS パッケージを設計する場合は、Visual Studio 2017 (15.8.0) 以前のバージョン用の SSDT を使用してください。Please use SSDT for Visual Studio 2017 (15.8.0) or the previous versions for designing SSIS packages that contain Teradata Source/Destination. 15.8.0 より後の Visual Studio 2017 用の SSDT では、Attunity による Teradata のソース/変換先を含む SSIS パッケージを設計できません。SSDT for Visual Studio 2017 after 15.8.0 can’t design SSIS packages that contain Teradata Source/Destination by Attunity.

バージョン情報Version Information

リリース番号:15.9.2Release number: 15.9.2
ビルド番号:14.0.16194.0Build Number: 14.0.16194.0
リリース日:2019 年 7 月 17 日Release date: July 17, 2019

すべての変更の一覧については、「SQL Server Data Tools (SSDT) リリース ノート」をご覧ください。For a complete list of changes, see the Release notes for SQL Server Data Tools (SSDT).

SSDT for Visual Studio 2017 のシステム要件は Visual Studio と同じです。SSDT for Visual Studio 2017 has the same system requirements as Visual Studio.

使用できる言語 - SSDT for VS 2017Available Languages - SSDT for VS 2017

SSDT for VS 2017 の今回のリリースは、次の言語でインストールできます。This release of SSDT for VS 2017 can be installed in the following languages:

オフライン インストールOffline install

インターネットに接続されていない状態で SSDT をインストールするには、このセクションの手順に従います。To install SSDT when you're not connected to the internet follow the steps in this section. 詳細については、「Visual Studio 2017 のネットワーク インストールを作成する」を参照してください。For more information, see Create a network installation of Visual Studio 2017.

まず、オンラインのときに次の手順を完了します。First, complete the following steps while online:

  1. SSDT スタンドアロン インストーラーをダウンロードしますDownload the SSDT standalone installer.

  2. Download vs_sql.exeDownload vs_sql.exe.

  3. 引き続き、オンラインのときに、次のコマンドのいずれかを実行し、オフライン インストールに必要なすべてのファイルをダウンロードします。While still online, execute one of the following commands to download all the files required for installing offline. --layout の使用がキーとなり、オフライン インストールのために実際のファイルがダウンロードされます。Using the --layout option is the key, it will download the actual files for the offline installation. <filepath> はファイルを保存する実際のレイアウトのパスに置き換えます。Replace <filepath> with the actual layouts path to save the files.

    A.a. 特定の言語には、vs_sql.exe --layout c:\<filepath> --lang en-us のようにロケールを渡します (1 つの言語は 1 GB まで)。For a specific language, pass the locale: vs_sql.exe --layout c:\<filepath> --lang en-us (a single language is ~1GB)
    B.b. すべての言語には、vs_sql.exe --layout c:\<filepath> のように --lang 引数を省略します (すべての言語は 3.9 GB まで)。For all languages, omit the --lang argument: vs_sql.exe --layout c:\<filepath> (all languages are ~3.9GB).

  4. SSDT-Setup-ENU.exe /layout c:\<filepath> を実行して、VS2017 ファイルがダウンロードされたのと同じ <filepath> の場所に SSDT ペイロードを抽出します。Execute SSDT-Setup-ENU.exe /layout c:\<filepath> to extract the SSDT payload into the same <filepath> location where the VS2017 files were downloaded. これにより、両方からのすべてのファイルが 1 つのレイアウト フォルダーにまとめられます。This ensure that all files from both are combined into a single layouts folder.

前述の手順を完了したら、オフラインで次を実行します。After completing the previous steps, the following can be done while offline:

  1. vs_setup.exe --NoWeb を実行して、VS2017 Shell と SQL Server Data Project をインストールします。Run vs_setup.exe --NoWeb to install the VS2017 Shell and SQL Server Data Project.

  2. レイアウト フォルダーから SSDT-Setup-ENU.exe /install を実行し、SSIS/SSRS/SSAS を選択します。From the layouts folder run SSDT-Setup-ENU.exe /install and select SSIS/SSRS/SSAS.

    • また、無人インストールを実行する場合は、SSDT-Setup-ENU.exe /INSTALLALL[:vsinstances] /passive を実行します。Or for an unattended installation, run SSDT-Setup-ENU.exe /INSTALLALL[:vsinstances] /passive

利用可能なオプションについては、SSDT-Setup-ENU.exe /help を実行します。For available options, run SSDT-Setup-ENU.exe /help

注意

Visual Studio 2017 の完全バージョンを使用する場合は、SSDT 専用のオフライン フォルダーを作成し、この新しく作成したフォルダーから SSDT-Setup-ENU.exe を実行します (別の Visual Studio 2017 のオフライン レイアウトに SSDT を追加しないでください)。If using a full version of Visual Studio 2017, create an offline folder for SSDT only, and run SSDT-Setup-ENU.exe from this newly created folder (don't add SSDT to another Visual Studio 2017 offline layout). 既存の Visual Studio のオフライン レイアウトに SSDT レイアウトを追加すると、必要なランタイム コンポーネント (.exe) がそこに作成されません。If you add the SSDT layout to an existing Visual Studio offline layout the necessary runtime (.exe) components are not created there.

サポートされる SQL のバージョンSupported SQL versions

プロジェクト テンプレートProject Templates サポートされている SQL プラットフォームSQL Platforms Supported
リレーショナル データベースRelational databases SQL Server 2005* - SQL Server 2017SQL Server 2005* - SQL Server 2017
(SSDT 17.x または SSDT for Visual Studio 2017 を使って、SQL Server on Linux に接続します)(use SSDT 17.x or SSDT for Visual Studio 2017 to connect to SQL Server on Linux)

Azure SQL データベースAzure SQL Database

Azure SQL Data Warehouse (クエリのみサポートします。データベース プロジェクトはまだサポートされていません)Azure SQL Data Warehouse (supports queries only; database projects are not yet supported)

* SQL Server 2005 のサポートは非推奨とされます。* SQL Server 2005 support is deprecated,

正式にサポートされている SQL バージョンに移行してください。please move to an officially supported SQL version
Analysis Services モデルAnalysis Services models

Reporting Services レポートReporting Services reports
SQL Server 2008 - SQL Server 2017SQL Server 2008 - SQL Server 2017
Integration Services パッケージIntegration Services packages SQL Server 2012 - SQL Server 2019SQL Server 2012 - SQL Server 2019

DacFxDacFx

SSDT for Visual Studio 2015 と SSDT for Visual Studio 2017 は、どちらも DacFx 17.4.1 を使用します。データ層アプリケーション フレームワーク (DacFx) 17.4.1 をダウンロードするSSDT for Visual Studio 2015, and SSDT for Visual Studio 2017 both use DacFx 17.4.1: Download Data-Tier Application Framework (DacFx) 17.4.1.

以前のバージョンPrevious versions

Visual Studio 2015 の SSDT、または古いバージョンの SSDT をダウンロードしてインストールするには、「SQL Server Data Tools (SSDT と SSDT-BI) の以前のリリース」を参照してください。To download and install SSDT for Visual Studio 2015, or an older version of SSDT, see Previous releases of SQL Server Data Tools (SSDT and SSDT-BI).

次の手順Next steps

SSDT をインストールした後、次のチュートリアルを使用して、SSDT を使ったデータベース、パッケージ、データ モデル、およびレポートの作成方法を学ぶことができます。After installing SSDT, work through these tutorials to learn how to create databases, packages, data models, and reports using SSDT:

info_tip ヘルプの参照Get Help

参照See Also

SSDT MSDN フォーラムSSDT MSDN Forum
SSDT チーム ブログSSDT Team Blog
DACFx API リファレンスDACFx API Reference
SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロードDownload SQL Server Management Studio (SSMS)