方法:SQL Server の単体テストのテスト プロジェクトを作成する

データベース オブジェクトを評価する単体テストの作成を開始する前に、まずはテスト プロジェクトを作成する必要があります。 このプロジェクトには SQL Server の単体テストが含まれていますが、他の種類のテストが含まれることもあります。

特定のデータベース プロジェクトに対するすべての SQL Server の単体テストを 1 つのテスト プロジェクト内に配置することができます。 ただし、次の質問に対する回答に基づいて、追加のテスト プロジェクトの作成が必要になる場合もあります。

Question 決定
テストの実行やテストの検証のために、SQL Server の単体テストごとに異なるデータベース接続にアクセスする必要がありますか。 回答が "はい" の場合は、複数のテスト プロジェクトが必要です。 テストの実行には複数のデータベース接続を指定できません。 ただし、テストの検証には別のデータベース接続を指定できます。
単体テストごとに異なるデータベース プロジェクトを配置しますか。 回答が "はい" の場合は、複数のテスト プロジェクトが必要です。 テスト プロジェクトによって配置できるのは 1 つのデータベース プロジェクトのみです。

これらの各質問の詳細については、「SQL Server の単体テストの実行を構成する方法」を参照してください。 複数のテスト プロジェクトを作成する代わりに、独自の DatabaseTestService Microsoft.Data.Schema.UnitTesting.DatabaseTestService 実装を提供することもできます。

データベース プロジェクトを含むソリューションにテスト プロジェクトを追加するには、次の 3 つの方法があります。

  • ソリューションにテスト プロジェクトを追加する。 テスト プロジェクトには、標準的な単体テスト (削除可能) が含まれています。 このプロジェクトには、追加する必要がある SQL Server の単体テスト クラスが含まれていません。

  • [テスト] メニューから新しい SQL Server の単体テストを追加する。 単体テストを追加するときに、指定した場合は SQL Server Data Tools によってテスト プロジェクトも作成されます。 このプロジェクトには、SQL Server 単体テスト クラスが含まれています。 SQL Server 単体テスト クラスには、1 つ以上の単体テストが含まれています。

  • SQL Server オブジェクト エクスプローラーで開いているプロジェクトのストアド プロシージャ、関数、またはトリガーから単体テストを作成する。 単体テストを作成するときに、指定した場合は SQL Server Data Tools によってテスト プロジェクトも作成されます。 このプロジェクトには、SQL Server 単体テスト クラスが含まれています。 SQL Server 単体テスト クラスには、1 つ以上の単体テストが含まれています。

それぞれの方法については、次の手順で説明します。

既存のソリューションにテスト プロジェクトを追加するには

  1. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、 [プロジェクト] をクリックします。

    [新しいプロジェクト] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [インストールされたテンプレート] で、 [SQL Server] ノードを展開し、 [SQL Server データベース プロジェクト] を選択します。

  3. [名前] ボックスにプロジェクトの名前を入力します。

SQL Server の単体テスト クラスを使用してテスト プロジェクトを作成するには

参照

SQL Server の単体テストの作成と定義