SQL Server Migration Assistant を使用して Oracle スキーマを Linux 上の SQL Server 2017 に移行するMigrate an Oracle schema to SQL Server 2017 on Linux with the SQL Server Migration Assistant

このチュートリアルでは、Windows 上の Oracle の SQL Server Migration Assistant (SSMA) を使用して、 Linux 上の Oracle サンプルHRスキーマを SQL Server 2017 に変換します。This tutorial uses SQL Server Migration Assistant (SSMA) for Oracle on Windows to convert the Oracle sample HR schema to SQL Server 2017 on Linux.

  • SSMA を Windows にダウンロードしてインストールするDownload and install SSMA on Windows
  • SSMA プロジェクトを作成して移行を管理するCreate an SSMA project to manage the migration
  • Oracle への接続Connect to Oracle
  • 移行レポートを実行するRun a migration report
  • サンプル HR スキーマの変換Convert the sample HR schema
  • データを移行するMigrate the data

前提条件Prerequisites

  • HRスキーマがインストールされた Oracle 12c (12.2.0.1.0) のインスタンスAn instance of Oracle 12c (12.2.0.1.0) with the HR schema installed
  • SQL Server on Linux の作業インスタンスA working instance of SQL Server on Linux

注意

同じ手順を使用して Windows 上の SQL Server を対象にすることもできますが、[プロジェクトに移行] 設定で windows を選択する必要があります。The same steps can be used to target SQL Server on Windows, but you must select Windows in the Migrate To project setting.

SSMA for Oracle のダウンロードとインストールDownload and install SSMA for Oracle

ソースデータベースによっては、使用可能な SQL Server Migration Assistant のエディションがいくつかあります。There are several editions of SQL Server Migration Assistant available, depending on your source database. Oracle 用の SQL Server Migration Assistantの現在のバージョンをダウンロードし、ダウンロードページの指示に従ってインストールします。Download the current version of SQL Server Migration Assistant for Oracle and install it using the instructions found on the download page.

注意

現時点では、 Ssma For Oracle Extension Packは Linux ではサポートされていませんが、このチュートリアルでは必要ありません。At this time, the SSMA for Oracle Extension Pack is not supported on Linux, but it is not necessary for this tutorial.

プロジェクトの作成と設定Create and set-up project

新しい SSMA プロジェクトを作成するには、次の手順に従います。Use the following steps to create a new SSMA project:

  1. SSMA for Oracle を開き、[ファイル] メニューの [新しいプロジェクト] をクリックします。Open SSMA for Oracle and choose New Project from the File menu.

  2. プロジェクトに名前を付けます。Give the project a name.

  3. [移行先] フィールドで、[SQL Server 2017 (Linux)-Preview] を選択します。Choose "SQL Server 2017 (Linux) - Preview" in the Migrate To field.

SSMA for Oracle では、既定では Oracle サンプルスキーマが使用されません。SSMA for Oracle does not use the Oracle sample schemas by default. HR スキーマを有効にするには、次の手順に従います。To enable the HR schema, use the following steps:

  1. SSMA で、[ツール] メニューを選択します。In SSMA, select the Tools menu.

  2. [既定のプロジェクト設定] を選択し、[システムオブジェクトの読み込み] を選択します。Select Default Project Settings, and then choose Loading System Objects.

  3. [ HR ] がオンになっていることを確認し、[ OK] を選択します。Make sure HR is checked, and choose OK.

Oracle への接続Connect to Oracle

次に、SSMA を Oracle に接続します。Next connect SSMA to Oracle.

  1. ツールバーの [ Oracle への接続] をクリックします。On the toolbar, click Connect to Oracle.

  2. サーバー名、ポート、Oracle SID、ユーザー名、およびパスワードを入力します。Enter the server name, port, Oracle SID, user name, and password.

    Oracle への接続

  3. 次に [接続] をクリックします。Then click Connect. SSMA for Oracle は、しばらくしてデータベースに接続し、そのメタデータを読み取ります。In a few moments, SSMA for Oracle connects to your database and reads its metadata.

レポートの作成Create a report

移行レポートを生成するには、次の手順に従います。Use the following steps to generate a migration report.

  1. Oracle メタデータエクスプローラーで、サーバーのノードを展開します。In the Oracle Metadata Explorer, expand your server's node.

  2. [スキーマ] を展開し、[ HR] を右クリックして、[レポートの作成] を選択します。Expand Schemas, right-click HR, and select Create Report.

    Oracle メタデータエクスプローラーのレポートの作成

  3. 新しいブラウザーウィンドウが開き、変換に関連付けられたすべての警告とエラーが一覧表示されたレポートが表示されます。A new browser window opens with a report that lists all of the warnings and errors associated with the conversion.

    注意

    このチュートリアルでは、この一覧について何もする必要はありません。You don't need to do anything with that list for this tutorial. 独自の Oracle データベースに対してこれらの手順を実行する場合は、レポートを確認して、データベースの重要な変換の問題に対処する必要があります。If you perform these steps for your own Oracle database, you should review the report to address any important conversion problems for your database.

    移行レポートのサンプル

SQL Server への接続Connect to SQL Server

次に、[ Connect to SQL Server ] を選択し、適切な接続情報を入力します。Next choose Connect to SQL Server and enter the appropriate connection information. まだ存在しないデータベース名を使用すると、SSMA for Oracle によって作成されます。If you use a database name that doesn't already exist, SSMA for Oracle creates it for you.

SQL Server への接続

スキーマの変換Convert Schema

Oracle メタデータエクスプローラーHRを右クリックし、[スキーマの変換] を選択します。Right-click on HR in Oracle Metadata Explorer, and choose Convert Schema.

スキーマの変換

データベースの同期Synchronize Database

次に、データベースを同期します。Next, synchronize your database.

  1. 変換が完了したら、 SQL Server メタデータエクスプローラーを使用して、前の手順で作成したデータベースにアクセスします。Once the conversion is finished, use the SQL Server Metadata Explorer to go to the database you created in the previous step.

  2. データベースを右クリックし、[データベースとの同期] を選択して、[OK] をクリックします。Right-click on your database, select Synchronize with Database, and then click OK.

    データベースとの同期

データの移行Migrate data

最後の手順は、データを移行することです。The final step is to migrate your data.

  1. Oracle メタデータエクスプローラーで、[ HR] を右クリックし、[データの移行] を選択します。In the Oracle Metadata Explorer, right-click on HR, and select Migrate Data.

  2. データ移行手順では、Oracle と SQL Server の資格情報を再入力する必要があります。The data migration step requires that you reenter your Oracle and SQL Server credentials.

  3. 完了したら、データ移行レポートを確認します。次のスクリーンショットのようになります。When finished, review the data migration report, which should look similar to the following screenshot:

    データ移行レポート

次のステップNext steps

より複雑な Orcale スキーマの場合、変換プロセスには、クライアントアプリケーションに対してより多くの時間、テスト、および可能性のある変更が含まれます。For a more complex Orcale schema, the conversion process would involve more time, testing, and possible changes to client applications. このチュートリアルの目的は、移行プロセス全体の一部として SSMA for Oracle を使用する方法を説明することです。The purpose of this tutorial is to show how you can use SSMA for Oracle as a part of your overall migration process.

このチュートリアルでは、以下の内容を学習しました。In this tutorial, you learned how to:

  • SSMA を Windows にインストールするInstall SSMA on Windows
  • 新しい SSMA プロジェクトを作成するCreate a new SSMA project
  • Oracle からの移行を評価して実行するAssess and run a migration from Oracle

次に、SSMA を使用する他の方法について説明します。Next, explore other ways to use SSMA: