SQL Server Migration Assistant for Oracle (OracleToSQL)

Microsoft SQL Server Migration Assistant (SSMA) for Oracle は、Oracle データベースを MicrosoftSQL Server 2012、MicrosoftSQL Server 2014、MicrosoftSQL Server 2016、MicrosoftSQL Server 2017 on Windows および Linux、MicrosoftSQL Server 2019 on Windows および Linux に移行するためのツールです。Azure SQL Database。 SSMA for Oracle は、Oracle データベース オブジェクトをSQL Serverデータベース オブジェクトに変換し、それらのオブジェクトをSQL Serverに作成してから、Oracle からSQL Serverにデータを移行します。

このドキュメントでは、SSMA for Oracle について説明し、Oracle データベースをSQL Serverに移行する手順について説明します。 次の表は、詳細情報に役立つ記事を示しています。

注意

Azure Data Studio for Oracle で新しい Database Migration Assessment for Oracle 拡張機能を試して、事前評価とワークロードの分類をSQLします。 移行をSQLする Oracle の初期段階で、Oracle ワークロードのターゲットAzure SQLサイズ変更に関心がある、または機能移行のパリティを理解するために、高レベルのワークロード評価を行う必要がある場合は、新しい拡張機能を試してください。 コードの評価と変換の詳細については、SSMA for Oracle に進んでください。

内容

Section 説明
SSMA for Oracle の新機能 SSMA for Oracle のこのバージョンの新機能
SSMA for Oracle (OracleToSQL) のインストール SSMA for Oracle クライアントと、SQL Serverを実行しているコンピューターに必要なコンポーネントをインストールするための前提条件と手順を示す記事が含まれています。
SSMA for Oracle 入門 (OracleToSQL) ユーザー インターフェイス、プロジェクト、および構成オプションについて説明します。
SQL Server への Oracle のデータの移行 (OracleToSQL) 変換プロセスの概要と、プロセスの各ステップに関する詳細情報を提供します。
ユーザー インターフェイス リファレンス (OracleToSQL) SSMA for Oracle ダイアログ ボックスのドキュメントが含まれています。
SSMA for Oracle コンソールの操作 SSMA コンソール アプリケーションに関するドキュメントが含まれています
SSMA for Oracle のサポートの取得 追加のサポートの取得に関する情報を提供します。