マルチサーバー環境の作成

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

重要

現在、Azure SQL Managed Instance によって、すべてではありませんが、ほとんどの SQL Server エージェントの機能がサポートされています。 詳細については、Azure SQL Managed Instance と SQL Server の T-SQL の相違点に関するページを参照してください。

マルチサーバー管理では、マスター サーバー (MSX) 1 台と、ターゲット サーバー (TSX) 1 台以上を設定する必要があります。 すべてのターゲット サーバーで処理されるジョブは、まずマスター サーバーで定義されてからターゲット サーバーにダウンロードされます。

マスター サーバーとターゲット サーバー間の接続では、既定で完全なトランスポート層セキュリティ (TLS) (旧称 Secure Sockets Layer (SSL)) の暗号化と証明書の検証が有効です。 詳しくは、「ターゲット サーバーでの暗号化オプションの設定」をご覧ください。

ターゲット サーバーが多数ある場合、他の SQL Server 機能から多くのパフォーマンス要求を受け取る実稼働サーバー上には、マスター サーバーを定義しないでください。ターゲット サーバーのトラフィックによって実稼働サーバーのパフォーマンスが低下する可能性があります。 また、専用のマスター サーバーにイベントを転送すると、1 つのサーバーに管理を集中することができます。 詳しくは、「 イベントの管理」をご覧ください。

注意

マルチサーバー ジョブの処理を使用するには、 SQL Server エージェント サービスのアカウントがマスター サーバーの msdb データベースの TargetServersRole ロールのメンバーでなければなりません。 マスター サーバー ウィザードを使用すると、登録処理の一環としてこのロールがサービス アカウントに自動的に追加されます。

マルチサーバー環境に関する注意点

マルチサーバー環境を作成するときは、次の点を考慮してください。

  • マスター サーバーとして最新のバージョンを使用します。 現在のバージョンと以前の 2 つのバージョンがサポートされています。

  • 各ターゲット サーバーは、1 つのマスター サーバーのみに対してレポートを行います。 ターゲット サーバーを別のマスター サーバーに参加させるには、現在のマスター サーバーからそのターゲット サーバーの参加を解除する必要があります。

  • ターゲット サーバーの名前を変更する場合は、名前を変更する前に参加を解除し、変更を行ってから再登録する必要があります。

  • マルチサーバー構成を取り消す場合は、マスター サーバーからすべてのターゲット サーバーの参加を解除する必要があります。

  • SQL Server Integration Services は、マスター サーバーのバージョンと同じバージョンまたはそれ以降のバージョンのターゲット サーバーのみサポートします。

次のトピックでは、マルチサーバー環境を作成するための一般的な作業について説明します。

説明 トピック
マスター サーバーを作成する方法について説明します。 マスター サーバーの作成
ターゲット サーバーを作成する方法について説明します。 ターゲット サーバーの作成
マスター サーバーにターゲット サーバーを参加させる方法について説明します。 マスター サーバーへのターゲット サーバーの参加
マスター サーバーからターゲット サーバーの参加を解除する方法について説明します。 マスター サーバーからのターゲット サーバーの参加の解除
マスター サーバーから複数のターゲット サーバーの参加を解除する方法について説明します。 マスター サーバーからの複数のターゲット サーバーの参加の解除
ターゲット サーバーの状態を確認する方法について説明します。 sp_help_targetserver (Transact-SQL)

sp_help_targetservergroup (Transact-SQL)

参照

プロキシを使用するマルチサーバー ジョブのトラブルシューティング