マスター サーバーからのターゲット サーバーの参加の解除

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

重要

現在、Azure SQL Managed Instance によって、すべてではありませんが、ほとんどの SQL Server エージェントの機能がサポートされています。 詳細については、Azure SQL Managed Instance と SQL Server の T-SQL の相違点に関するページを参照してください。

このトピックでは、SQL Server で、SQL Server Management Studio、Transact-SQL、または SQL Server 管理オブジェクト (SMO) を使用して、マスター サーバーからターゲット サーバーの参加を解除する方法について説明します。 この手順はターゲット サーバーから実行します。

はじめに

セキュリティ

アクセス許可

このストアド プロシージャを実行するには、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーであることが必要です。

SQL Server Management Studio の使用

マスター サーバーからターゲット サーバーの参加を解除するには

  1. オブジェクト エクスプローラー で、ターゲット サーバーとして構成するサーバーを展開します。

  2. [SQL Server エージェント] を右クリックし、 [マルチ サーバーの管理] をポイントして、 [参加解除] をクリックします。

  3. [はい] をクリックして、マスター サーバーからこのターゲット サーバーの参加を解除することを確認します。

Transact-SQL の使用

マスター サーバーからターゲット サーバーの参加を解除するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。

sp_msx_defect ;  

詳細については、「 sp_msx_defect (Transact-SQL)」を参照してください。

SQL Server 管理オブジェクト (SMO) の使用

MsxDefect メソッド を使用します。

参照

マルチサーバー環境の作成
エンタープライズ全体の管理の自動化
マスター サーバーからの複数のターゲット サーバーの参加の解除