ジョブのプロパティ - [新しいジョブ] ([全般] ページ)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

重要

現在、Azure SQL Managed Instance によって、すべてではありませんが、ほとんどの SQL Server エージェントの機能がサポートされています。 詳細については、Azure SQL Managed Instance と SQL Server の T-SQL の相違点に関するページを参照してください。

このページを使用すると、Microsoft SQL Server エージェント ジョブの全般プロパティを表示および変更できます。

オプション

名前
ジョブの名前を変更します。

所有者
ジョブの所有者を選択します。

カテゴリ
ジョブのカテゴリを選択します。

...
選択したカテゴリのジョブを表示します。

説明
ジョブの説明を変更します。

Enabled
ジョブを有効にします。 ジョブが有効ではない場合、スケジュールや警告に応じてジョブが実行されることはありませんが、 sp_start_job ストアド プロシージャを使用して引き続きジョブを開始することができます。

ソース
ジョブのマスター サーバーを表示します。 [ジョブのプロパティ] の [全般] ページでのみ表示されます。

Created
ジョブが作成された日時を表示します。 [ジョブのプロパティ] の [全般] ページでのみ表示されます。

[最終更新]
ジョブが最後に変更された日時を表示します。 [ジョブのプロパティ] の [全般] ページでのみ表示されます。

[最終実行]
ジョブの最後の実行の開始日時を表示します。 [ジョブのプロパティ] の [全般] ページでのみ表示されます。

[ジョブ履歴の表示]
ジョブ履歴を表示します。 [ジョブのプロパティ] の [全般] ページでのみ表示されます。

参照

ジョブの実装
[ジョブ カテゴリ] - [ジョブ カテゴリの管理]