プロキシを使用するマルチサーバー ジョブのトラブルシューティング

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

重要

現在、Azure SQL Managed Instance によって、すべてではありませんが、ほとんどの SQL Server エージェントの機能がサポートされています。 詳細については、Azure SQL Managed Instance と SQL Server の T-SQL の相違点に関するページを参照してください。

プロキシに関連付けられているステップがある分散ジョブは、ターゲット サーバーのプロキシ アカウントのコンテキストで実行されます。 プロキシ アカウントを使用するジョブ ステップをマスター サーバーからダウンロードする際、それらのジョブ ステップにエラーが発生した場合は、 msdb データベースの sysdownloadlist テーブルにある error_message 列に次のエラー メッセージが出力されていないか確認してください。

  • "ジョブ ステップではプロキシ アカウントが必要ですが、ターゲット サーバーで一致するプロキシが無効です。"

    このエラーを解決するには、 \HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL. <n> \SQLServerAgent\AllowDownloadedJobsToMatchProxyName レジストリ サブキーを 1 (true) に設定します。 既定では、このサブキーは 0 (false) に設定されます。 MSSQL. <n> の値は インスタンス名です (例: MSSQL.1MSSQL.3)。

  • "プロキシ アカウントが見つかりませんでした。"

    このエラーを解決するには、ターゲット サーバー上にプロキシ アカウントが存在し、ジョブ ステップを実行するマスター サーバー プロキシ アカウントと同じ名前が付けられているかどうかを確認します。

注意事項

レジストリを誤って編集すると、システムに重大な障害が発生する場合があります。 レジストリを変更する前に、コンピューター上のすべての重要なデータをバックアップしてください。

参照

マルチサーバー環境の作成