View Information About an Alert

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

重要

現在、Azure SQL Managed Instance によって、すべてではありませんが、ほとんどの SQL Server エージェントの機能がサポートされています。 詳細については、Azure SQL Managed Instance と SQL Server の T-SQL の相違点に関するページを参照してください。

このトピックでは、SQL Server で SQL Server Management Studio または Transact-SQL を使用して、Microsoft SQL Server エージェントのアラートに関する情報を表示する方法について説明します。

はじめに

セキュリティ

アクセス許可

既定では、警告に関する情報を表示できるのは、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーだけです。 それ以外のユーザーには、 msdb データベースの SQLAgentOperatorRole 固定サーバー ロールを与える必要があります。

SQL Server Management Studio の使用

警告に関する情報を表示するには

  1. オブジェクト エクスプローラー で、プラス記号をクリックして、警告に関する情報を表示するサーバーを展開します。

  2. プラス記号をクリックして [SQL Server エージェント] を展開します。

  3. プラス記号をクリックして [警告] フォルダーを展開します。

  4. 表示する情報がある警告を右クリックし、[プロパティ] を選択します。

    [alert_name警告のプロパティ] ダイアログ ボックスに表示される使用可能なオプションの詳細については、以下を参照してください。

  5. 完了したら、 [OK] をクリックします。

Transact-SQL の使用

警告に関する情報を表示するには

  1. オブジェクト エクスプローラー で、 データベース エンジンのインスタンスに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。

    -- reports information about the Demo: Sev. 25 Errors alert  
    -- This example assumes that the 'Demo: Sev. 25 Errors' alert exists.  
    USE msdb ;  
    GO  
    
    EXEC sp_help_alert @alert_name = 'Demo: Sev. 25 Errors'  
    GO  
    

詳細については、「 sp_help_alert (Transact-SQL)」を参照してください。