SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロードDownload SQL Server Management Studio (SSMS)

SSMS は、SQL Server から SQL Database まで、SQL インフラストラクチャを管理するための統合環境です。SSMS is an integrated environment for managing any SQL infrastructure, from SQL Server to SQL Database. SSMS には、SQL のインスタンスを構成、監視、および管理するためのツールが備わっています。SSMS provides tools to configure, monitor, and administer instances of SQL. SSMS を使用して、アプリケーションで使われるデータ層コンポーネントを配置、監視、アップグレードしたり、クエリとスクリプトを作成したりすることもできます。Use SSMS to deploy, monitor, and upgrade the data-tier components used by your applications, as well as build queries and scripts.

SQL Server Management Studio (SSMS) を使用すると、データベースとデータ ウェアハウスがローカル コンピューターやクラウドなど、どこにあっても、クエリ、設計、および管理ができます。Use SQL Server Management Studio (SSMS) to query, design, and manage your databases and data warehouses, wherever they are - on your local computer, or in the cloud.

SSMS は無料です。SSMS is free!

SSMS 17.x は、SQL Server Management Studio の最新世代であり、SQL Server 2017 をサポートしています。SSMS 17.x is the latest generation of SQL Server Management Studio and provides support for SQL Server 2017.

ダウンロード SQL Server Management Studio 17.3 のダウンロードdownload Download SQL Server Management Studio 17.3

ダウンロード SQL Server Management Studio 17.3 アップグレード パッケージのダウンロード (17.x から 17.3 へのアップグレード)download Download SQL Server Management Studio 17.3 Upgrade Package (upgrades 17.x to 17.3)

SSMS 17.x のインストールでは、16.x 以前のバージョンの SSMS がアップグレードまたは置き換えられることはありません。The SSMS 17.x installation does not upgrade or replace SSMS versions 16.x or earlier. SSMS 17.x は以前のバージョンとは別にサイド バイ サイドでインストールするので、両方のバージョンが使用できます。SSMS 17.x installs side by side with previous versions so both versions are available for use. コンピューターに SSMS のサイド バイ サイドのインストールが含まれている場合は、特定のニーズに応じて適切なバージョンを起動してください。If a computer contains side by side installations of SSMS, verify you start the correct version for your specific needs. 最新バージョンには、Microsoft SQL Server Management Studio 17 というラベルと新しいアイコンが付いています。The latest version is labeled Microsoft SQL Server Management Studio 17, and has a new icon:

SSMS 17.x

注意

SQL Server PowerShell モジュールは、PowerShell ギャラリーで入手できる独立したインストールになりました。The SQL Server PowerShell module is now a separate install through the PowerShell Gallery. 詳しくは、ダウンロードに関する説明をご覧ください。For more information, see download instructions.

[SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio

バージョン情報Version Information

リリース番号: 17.3The release number: 17.3

このリリースのビルド番号: 14.0.17199.0The build number for this release: 14.0.17199.0

このリリースの新機能New in this Release

SSMS 17.3 は SQL Server Management Studio の最新バージョンです。SSMS 17.3 is the latest version of SQL Server Management Studio. SSMS の 17.x 世代は、SQL Server 2008 から SQL Server 2017 までのほぼすべての機能領域をサポートしています。The 17.x generation of SSMS provides support for almost all feature areas on SQL Server 2008 through SQL Server 2017. バージョン 17.x は、SQL Analysis Service PaaS もサポートしています。Version 17.x also supports SQL Analysis Service PaaS.

バージョン 17.3 の内容:Version 17.3 includes:

  • インテリジェントなフレームワークを使用して、CSV ファイルのインポート エクスペリエンスを効率化するための新しい "フラット ファイルのインポート" ウィザードが追加されました。これは最小限のユーザーの介入または特殊なドメインの知識で使用できます。New "Import Flat File" wizard added to streamline the import experience of CSV files with an intelligent framework, requiring minimal user intervention or specialized domain knowledge. 詳細については、「Import Flat File to SQL Wizard」 (フラット ファイルを SQL ウィザードにインポートする) を参照してください。For details, see Import Flat File to SQL Wizard.
  • オブジェクト エクスプローラーに "XEvent プロファイラー" ノードが追加されました。Added "XEvent Profiler" node to Object Explorer. 詳細については、「SSMS XEvent プロファイラーの使用」を参照してください。For details, see Use the SSMS XEvent Profiler.
  • パフォーマンス ダッシュボードでの待機の履歴レポートの待機のフィルター処理と分類を更新しました。Updated waits filtering and categorization in Performance Dashboard historical waits report.
  • "Predict" 関数の構文チェックを追加しました。Added the syntax check of the "Predict" function.
  • 外部ライブラリ管理のクエリの構文チェックを追加しました。Added the syntax check of the External Library Management queries.
  • 外部ライブラリ管理の SMO サポートを追加しました。Added SMO support for External Library Management.
  • [登録済みサーバー] ウィンドウに [PowerShell の起動] のサポートを追加しました (新しい SQL PowerShell モジュールが必要)。Added "Start PowerShell" support to "Registered Servers" window (requires a new SQL PowerShell module).
  • Always On: 可用性グループに読み取り専用ルーティングのサポートを追加しました。Always On: added read-only routing support for availability groups.
  • [Active Directory - MFA で汎用のサポート] ログインの出力ウィンドウにトレースの詳細を送信するオプションを追加しました (既定ではオフになっているため、[ツール] > [オプション] > [Azure サービス] > [Azure クラウド] > [ADAL 出力ウィンドウのトレース レベル] の下にあるユーザー設定で有効にする必要があります)。Added an option to send tracing details to the Output Window for "Active Directory - Universal with MFA support" logins (off by default; needs to be turned on in user settings under "Tools > Options > Azure Services > Azure Cloud > ADAL Output Window Trace Level").
  • クエリ ストア:Query Store:
    • クエリ ストア UI は、QDS が何らかのデータを記録している限り、QDS がオフになっている場合でもアクセスできます。Query Store UI will be accessible even when QDS is OFF as long as QDS have recorded any data.
    • クエリ ストア UI で、既存レポートのすべての待機の分類法が公開されるようになりました。Query Store UI now exposes waits categorization in all the existing reports. これにより、顧客が上位の待機中のクエリのシナリオのロック解除などができるようになります。This will let customers unlock the scenarios of Top Waiting Queries and many more.
  • [スクリプト パラメーター ヘッダーを含める] がオプションになりました (既定で無効になっており、[ツール] > [オプション] > [SQL Server オブジェクト エクスプローラー] > [スクリプト] > [スクリプト パラメーター ヘッダーを含める] の下のユーザー設定で有効にすることができます) - Connect アイテム 3139199Made inclusion of the scripting parameters headers optional (off by default; can be enabled in user settings under "Tools > Options > SQL Server Object Explorer > Scripting > Include scripting parameters header") - Connect item 3139199.
  • "RC" ブランド化を削除しました。Removed "RC" branding.

変更の完全なリストについては、「SQL Server Management Studio - Changelog (SSMS)」を参照してください。For the full list of changes, see SQL Server Management Studio - Changelog (SSMS).

ユーザー データの収集については、「SQL Server のプライバシーに関する声明」を参照してください。For information about user data collection, see SQL Server Privacy Statement.

サポートされる SQL 製品Supported SQL offerings

  • このバージョンの SSMS は、すべてのサポート対象バージョンである SQL Server 2008 から SQL Server 2017 で動作し、Azure SQL Database および Azure SQL Data Warehouse で最新のクラウド機能と連携するための最大レベルのサポートを提供します。This version of SSMS works with all supported versions of SQL Server 2008 - SQL Server 2017 and provides the greatest level of support for working with the latest cloud features in Azure SQL Database and Azure SQL Data Warehouse.
  • SQL Server 2000 または SQL Server 2005 に対して明示的なブロックはありませんが、一部の機能が適切に機能しない可能性があります。There is no explicit block for SQL Server 2000 or SQL Server 2005, but some features may not work properly.
  • また、SSMS 17.x は、SSMS 16.x または SQL Server 2014 SSMS 以前とサイドバイサイドでインストールできます。Additionally, SSMS 17.x can be installed side by side with SSMS 16.x or SQL Server 2014 SSMS and earlier.

サポートされるオペレーティング システムSupported Operating systems

SSMS の今回のリリースでは、最新の Service Pack を使用した次の 64 ビット プラットフォームがサポートされます。This release of SSMS supports the following 64-bit platforms when used with the latest available service pack:

  • Windows 10 (64 ビット)Windows 10 (64-bit)
  • Windows 8.1 (64 ビット)Windows 8.1 (64-bit)
  • Windows 8 (64 ビット)Windows 8 (64-bit)
  • Windows 7 (SP1) (64 ビット)Windows 7 (SP1) (64-bit)
  • Windows Server 2016 *Windows Server 2016 *
  • Windows Server 2012 R2 (64 ビット)Windows Server 2012 R2 (64-bit)
  • Windows Server 2012 (64 ビット)Windows Server 2012 (64-bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64 ビット)Windows Server 2008 R2 (64-bit)

* SSMS 17.X は、Windows Server 2016 より前にリリースされた Visual Studio 2015 Isolated Shell に基づいています。* SSMS 17.X is based on the Visual Studio 2015 Isolated shell, which was released before Windows Server 2016. Microsoft はアプリケーションの互換性を重視しており、既にリリースされているアプリケーションが最新の Windows リリースでも引き続き動作するように努めています。Microsoft takes app compatibility seriously and ensures that already-shipped applications continue to run on the latest Windows releases. Windows Server 2016 での SSMS の実行に関する問題を最小限に抑えるには、SSMS に最新の更新プログラムをすべて適用してください。To minimize issues running SSMS on Windows Server 2016, ensure SSMS has all of the latest updates applied. Windows Server 2016 での SSMS で問題が発生する場合は、サポートに問い合わせてください。If you experience any issues with SSMS on Windows Server 2016, contact support. サポート チームは問題が SSMS、Visual Studio、または Windows の互換性のいずれに関するものかを判別します。The support team determines if the issue is with SSMS, Visual Studio, or with Windows compatibility. そしてサポート チームは、問題をさらに調査するよう適切なチームに渡します。The support team then routes the issue to the appropriate team for further investigation.

SSMS のインストールに関するヒントと問題SSMS installation tips and issues

インストール時の再起動を最小限に抑えるMinimize Installation Reboots

  • SSMS のセットアップでインストールの最後に再起動が必要になる可能性を低くするには、次の操作を実行します。Take the following actions to reduce the chances of SSMS setup requiring a reboot at the end of installation:

    • 最新バージョンの Visual C++ 2013 再頒布可能パッケージを実行します。Make sure you are running an up-to-date version of the Visual C++ 2013 Redistributable Package. バージョン 12.00.40649.5 (またはそれ以降) が必要です。Version 12.00.40649.5 (or greater) is required. 必要なのは x64 バージョンのみです。Only the x64 version is needed.
    • コンピューターの .NET Framework のバージョンが 4.6.1 (またはそれ以降) であることを確認します。Verify the version of .NET Framework on the computer is 4.6.1 (or greater).
    • コンピューターで Visual Studio のインスタンスが他に開かれている場合はすべて閉じます。Close any other instances of Visual Studio that are open on the computer.
    • OS の最新の更新プログラムがすべてコンピューターにインストールされていることを確認します。Make sure all the latest OS updates are installed on the computer.
    • これらの操作は通常、1 回だけ必要です。The noted actions are typically required only once. SSMS の同じメジャー バージョンに対する追加アップグレードの間に、再起動が必要になる場合があります。There are few cases where a reboot is required during additional upgrades to the same major version of SSMS. マイナー アップグレードでは、SSMS のすべての前提条件は既にコンピューターにインストールされています。For minor upgrades, all the prerequirements for SSMS are already be installed on the computer.
  • 既知の問題と回避策の一覧については、「SQL Server Management Studio - リリース ノート」をご覧ください。To see the list of known issues and work-arounds, see SQL Server Management Studio - Release Notes

使用できる言語Available Languages

注意

SSMS の英語以外のローカライズされたリリースでは、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 にインストールする場合、 KB 2862966 セキュリティ更新プログラム パッケージ が必要です。Non-English localized releases of SSMS require the KB 2862966 security update package if installing on: Windows 8, Windows 7, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2.

SSMS の今回のリリースは、次の言語でインストールできます。This release of SSMS can be installed in the following languages:

SQL Server Management Studio 17.3:SQL Server Management Studio 17.3:
中国語 (中華人民共和国) | 中国語 (台湾) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語 Chinese (People's Republic of China) | Chinese (Taiwan) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

SQL Server Management Studio 17.3 アップグレード パッケージ (17.x から 17.3 へのアップグレード):SQL Server Management Studio 17.3 Upgrade Package (upgrades 17.x to 17.3):
中国語 (中華人民共和国) | 中国語 (台湾) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語 Chinese (People's Republic of China) | Chinese (Taiwan) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

リリース ノートRelease Notes

この 17.3 リリースの問題と制限事項を次に示します。The following are issues and limitations with this 17.3 release:

SSMS 全般General SSMS

  • MFA を使用した UA を使用する Azure AD 認証では、次の SSMS 機能はサポートされていません。The following SSMS functionality is not supported for Azure AD auth using UA with MFA:
    • データベース エンジン チューニング アドバイザーは Azure AD の認証ではサポートされていません。ユーザーに表示されるエラー メッセージが少し曖昧だという既知の問題があります。"Could not load file or assembly 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory,…" (ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory を読み込めませんでした…) が、正常なメッセージであるDatabase Engine Tuning Advisor is not supported for Azure AD auth; there is a known issue where the error message presented to the user is a bit cryptic "Could not load file or assembly 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory,…" "Database Engine Tuning Advisor does not support Microsoft Azure SQL Database.instead of the expected "Database Engine Tuning Advisor does not support Microsoft Azure SQL Database. (DTAClient) (Database Engine Tuning Advisor は Microsoft Azure SQL Database をサポートしていません(DTAClient)) の代わりに表示されます。(DTAClient)".
  • DTA でクエリを分析しようとすると、次のエラーが発生します。"Object must implement IConvertible.Trying to analyze a query in DTA results in an error: "Object must implement IConvertible. (mscorlib)" (オブジェクトで IConvertible を実装する必要があります (mscorlib))。(mscorlib)".
  • [低下したクエリ] がオブジェクト エクスプローラーのレポートのクエリ ストアのリストにありません。Regressed Queries is missing from the Query Store list of reports in Object Explorer.
    • 回避策: [クエリ ストア] ノードを右クリックし、[View Regressed Queries](低下したクエリを表示します) を選択します。Workaround: Right-click the Query Store node and select View Regressed Queries.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • [catalog].[event_messagea] の [Execution_path] は、Scale Out でのパッケージの実行には正しくありません。[execution_path] は、パッケージの実行可能ファイルのオブジェクト名ではなく、"\Package" で開始します。The [execution_path] in [catalog].[event_messagea] is not correct for package executions in Scale Out. The [execution_path] starts with “\Package” instead of the object name of the package executable. SSMS でパッケージ実行の概要レポートを表示すると、実行の概要の "実行パス" のリンクが機能しません。When viewing the overview report of package executions in SSMS, the link of “Execution Path” in Execution Overview cannot work. 回避策として、概要レポートの [メッセージの表示] をクリックして、すべてのイベント メッセージを確認します。The workaround is to click “View Messages” on overview report to check all event messages.

以前のリリースPrevious releases

SQL Server Management Studio の以前のリリースPrevious SQL Server Management Studio Releases

フィードバックFeedback

needhelp_person_icon SQL Client Tools Forum | Microsoft Connect で問題や提案を記録needhelp_person_icon SQL Client Tools Forum | Log an issue or suggestion at Microsoft Connect

参照See Also