SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロードDownload SQL Server Management Studio (SSMS)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database○Azure SQL Data Warehouse XParallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL ServeryesAzure SQL DatabaseyesAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SSMS は、SQL Server から SQL Database まで、SQL インフラストラクチャを管理するための統合環境です。SSMS is an integrated environment for managing any SQL infrastructure, from SQL Server to SQL Database. SSMS には、SQL のインスタンスを構成、監視、および管理するためのツールが備わっています。SSMS provides tools to configure, monitor, and administer instances of SQL. SSMS を使用して、アプリケーションで使われるデータ層コンポーネントを配置、監視、アップグレードしたり、クエリとスクリプトを作成したりすることもできます。Use SSMS to deploy, monitor, and upgrade the data-tier components used by your applications, as well as build queries and scripts.

SQL Server Management Studio (SSMS) を使用すると、データベースとデータ ウェアハウスがローカル コンピューターやクラウドなど、どこにあっても、クエリ、設計、および管理ができます。Use SQL Server Management Studio (SSMS) to query, design, and manage your databases and data warehouses, wherever they are - on your local computer, or in the cloud.

SSMS は無料です。SSMS is free!

SSMS 17.x は、SQL Server Management Studio の最新世代であり、SQL Server 2017 をサポートしています。SSMS 17.x is the latest generation of SQL Server Management Studio and provides support for SQL Server 2017.

ダウンロード SQL Server Management Studio 17.8.1 のダウンロードdownload Download SQL Server Management Studio 17.8.1

ダウンロード SQL Server Management Studio 17.8.1 アップグレード パッケージのダウンロード (17.x から 17.8.1 へのアップグレード)download Download SQL Server Management Studio 17.8.1 Upgrade Package (upgrades 17.x to 17.8.1)

バージョン情報Version Information

リリース番号: 17.8.1Release number: 17.8.1
ビルド番号: 14.0.17277.0Build number: 14.0.17277.0
リリース日: 2018 年 6 月 26 日Release date: June 26, 2018

SSMS 17.x のインストールでは、16.x 以前のバージョンの SSMS がアップグレードまたは置き換えられることはありません。The SSMS 17.x installation does not upgrade or replace SSMS versions 16.x or earlier. SSMS 17.x は以前のバージョンとは別にサイド バイ サイドでインストールするので、両方のバージョンが使用できます。SSMS 17.x installs side by side with previous versions so both versions are available for use. コンピューターに SSMS のサイド バイ サイドのインストールが含まれている場合は、特定のニーズに応じて適切なバージョンを起動してください。If a computer contains side by side installations of SSMS, verify you start the correct version for your specific needs. 最新バージョンには、Microsoft SQL Server Management Studio 17 というラベルと新しいアイコンが付いています。The latest version is labeled Microsoft SQL Server Management Studio 17, and has a new icon:

SSMS 17.x

使用できる言語Available Languages

注意

SSMS の英語以外のローカライズされたリリースでは、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 にインストールする場合、 KB 2862966 セキュリティ更新プログラム パッケージ が必要です。Non-English localized releases of SSMS require the KB 2862966 security update package if installing on: Windows 8, Windows 7, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2.

SSMS の今回のリリースは、次の言語でインストールできます。This release of SSMS can be installed in the following languages:

SQL Server Management Studio 17.8.1:SQL Server Management Studio 17.8.1:
中国語 (中華人民共和国) | 中国語 (台湾) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (People's Republic of China) | Chinese (Taiwan) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

SQL Server Management Studio 17.8.1 アップグレード パッケージ (17.x から 17.8.1 へのアップグレード):SQL Server Management Studio 17.8.1 Upgrade Package (upgrades 17.x to 17.8.1):
中国語 (中華人民共和国) | 中国語 (台湾) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (People's Republic of China) | Chinese (Taiwan) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

注意

SQL Server PowerShell モジュールは、PowerShell ギャラリーで入手できる独立したインストールになりました。The SQL Server PowerShell module is now a separate install through the PowerShell Gallery. 詳細については、「SQL Server PowerShell モジュールのダウンロード」を参照してください。For more information, see Download SQL Server PowerShell Module.

[SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio

このリリースの新機能New in this Release

SSMS 17.8.1 は SQL Server Management Studio の最新バージョンです。SSMS 17.8.1 is the latest version of SQL Server Management Studio. SSMS の 17.x 世代は、SQL Server 2008 から SQL Server 2017 までのほぼすべての機能領域をサポートしています。The 17.x generation of SSMS provides support for almost all feature areas on SQL Server 2008 through SQL Server 2017. バージョン 17.x は、SQL Analysis Service PaaS もサポートしています。Version 17.x also supports SQL Analysis Service PaaS.

バージョン 17.8.1 の内容:Version 17.8.1 includes:

SSMS 全般General SSMS

データベースのプロパティ:Database Properties:

  • このバージョンでは、ファイル グループ用の "AUTOGROW_ALL_FILES" 構成オプションが公開されます。This improvement exposes the "AUTOGROW_ALL_FILES" configuration option for Filegroups. この新しい構成オプションは、[データベースのプロパティ] > [ファイル グループ] ウィンドウにおいて、使用可能なファイル グループ (ファイルストリーム ファイル グループとメモリ最適化ファイル グループを除く) ごとにチェック ボックスの新しい列 ([すべてのファイルを自動拡張]) の形式で追加されます。This new config option is added under the Database Properties > Filegroups window in the form of a new column (Autogrow All Files) of checkboxes for each available Filegroup (except for Filestream and Memory Optimized Filegroups). ユーザーは、対応する [すべてのファイルを自動拡張] チェック ボックスをオン/オフにすることで、特定のファイル グループに対して AUTOGROW_ALL_FILES を有効/無効にすることができます。The user can enable/disable AUTOGROW_ALL_FILES for a particular Filegroup by toggling the corresponding Autogrow_All_Files checkbox. それに応じて、CREATE 用のデータベースのスクリプト化またはデータベース (SQL 2016 以上) 用のスクリプトの生成の際に、AUTOGROW_ALL_FILES オプションが適切にスクリプト化されます。Correspondingly, the AUTOGROW_ALL_FILES option is properly scripted when scripting the database for CREATE / generating scripts for the database (SQL2016 and above).

SQL エディター:SQL Editor:

  • ユーザーにマスターへのアクセス権がない場合の、Azure SQL Database における Intellisense のエクスペリエンスが向上しました。Improved experience with Intellisense in Azure SQL Database when the user doesn't have master access.

スクリプトの作成:Scripting:

  • 全般的な (特に、待機時間の長い接続における) パフォーマンスが向上しました。General performance improvements, especially over high-latency connections.

Analysis Services (AS)Analysis Servics (AS)

  • Analysis Services クライアント ライブラリとデータ プロバイダーが最新バージョンに更新され、新しい Azure Government AAD 権限 (login.microsoftonline.us) のサポートが追加されました。Analysis Services client libraries and data providers updated to the latest version, which added support for the new Azure Government AAD authority (login.microsoftonline.us).

サポートされる SQL 製品Supported SQL offerings

  • このバージョンの SSMS は、すべてのサポート対象バージョンである SQL Server 2008 から SQL Server 2017 で動作し、Azure SQL Database および Azure SQL Data Warehouse で最新のクラウド機能と連携するための最大レベルのサポートを提供します。This version of SSMS works with all supported versions of SQL Server 2008 - SQL Server 2017 and provides the greatest level of support for working with the latest cloud features in Azure SQL Database and Azure SQL Data Warehouse.
  • SSMS 17.x を使用して SQL Server on Linux に接続します。Use SSMS 17.x to connect to SQL Server on Linux.
  • また、SSMS 17.x は、SSMS 16.x または SQL Server 2014 SSMS 以前とサイドバイサイドでインストールできます。Additionally, SSMS 17.x can be installed side by side with SSMS 16.x or SQL Server 2014 SSMS and earlier.
  • SQL Server Integration Services (SSIS) - SSMS バージョン 17.x では、レガシ SQL Server Integration Services サービスへの接続はサポートされません。SQL Server Integration Services (SSIS) - SSMS version 17.x does not support connecting to the legacy SQL Server Integration Services service. 以前のバージョンのレガシ Integration Services に接続するには、SQL Server のバージョンに対応する SSMS のバージョンを使用します。To connect to an earlier version of the legacy Integration Services, use the version of SSMS aligned with the version of SQL Server. たとえば、レガシ SQL Server 2016 Integration Services サービスに接続する場合は、SSMS 16.x を使用します。For example, use SSMS 16.x to connect to the legacy SQL Server 2016 Integration Services service. SSMS 17.x および SSMS 16.x は同じコンピューターにサイド バイ サイドでインストールすることができます。SSMS 17.x and SSMS 16.x can be installed side-by-side on the same computer. SQL Server 2012 のリリース以降では、SSIS カタログ データベースである SSISDB を使用して、Integration Services パッケージの格納、管理、実行、監視を行うことをお勧めします。Since the release of SQL Server 2012, the SSIS Catalog database, SSISDB, is the recommended way to store, manage, run, and monitor Integration Services packages. 詳細については、「SSIS カタログ」をご覧ください。For details, see SSIS Catalog.

サポートされるオペレーティング システムSupported Operating systems

SSMS の今回のリリースでは、最新の Service Pack を使用した次の 64 ビット プラットフォームがサポートされます。This release of SSMS supports the following 64-bit platforms when used with the latest available service pack:

  • Windows 10 (64 ビット)Windows 10 (64-bit)
  • Windows 8.1 (64 ビット)Windows 8.1 (64-bit)
  • Windows 8 (64 ビット)Windows 8 (64-bit)
  • Windows 7 (SP1) (64 ビット)Windows 7 (SP1) (64-bit)
  • Windows Server 2016 *Windows Server 2016 *
  • Windows Server 2012 R2 (64 ビット)Windows Server 2012 R2 (64-bit)
  • Windows Server 2012 (64 ビット)Windows Server 2012 (64-bit)
  • Windows Server 2008 R2 (64 ビット)Windows Server 2008 R2 (64-bit)

* SSMS 17.X は、Windows Server 2016 より前にリリースされた Visual Studio 2015 Isolated Shell に基づいています。* SSMS 17.X is based on the Visual Studio 2015 Isolated shell, which was released before Windows Server 2016. Microsoft はアプリケーションの互換性を重視しており、既にリリースされているアプリケーションが最新の Windows リリースでも引き続き動作するように努めています。Microsoft takes app compatibility seriously and ensures that already-shipped applications continue to run on the latest Windows releases. Windows Server 2016 での SSMS の実行に関する問題を最小限に抑えるには、SSMS に最新の更新プログラムをすべて適用してください。To minimize issues running SSMS on Windows Server 2016, ensure SSMS has all of the latest updates applied. Windows Server 2016 での SSMS で問題が発生する場合は、サポートに問い合わせてください。If you experience any issues with SSMS on Windows Server 2016, contact support. サポート チームは問題が SSMS、Visual Studio、または Windows の互換性のいずれに関するものかを判別します。The support team determines if the issue is with SSMS, Visual Studio, or with Windows compatibility. そしてサポート チームは、問題をさらに調査するよう適切なチームに渡します。The support team then routes the issue to the appropriate team for further investigation.

SSMS のインストールに関するヒントと問題SSMS installation tips and issues

インストール時の再起動を最小限に抑えるMinimize Installation Reboots

  • SSMS のセットアップでインストールの最後に再起動が必要になる可能性を低くするには、次の操作を実行します。Take the following actions to reduce the chances of SSMS setup requiring a reboot at the end of installation:
    • 最新バージョンの Visual C++ 2013 再頒布可能パッケージを実行します。Make sure you are running an up-to-date version of the Visual C++ 2013 Redistributable Package. バージョン 12.0.40649.5 (またはそれ以降) が必要です。Version 12.0.40649.5 (or greater) is required. 必要なのは x64 バージョンのみです。Only the x64 version is needed.
    • コンピューターの .NET Framework のバージョンが 4.6.1 (またはそれ以降) であることを確認します。Verify the version of .NET Framework on the computer is 4.6.1 (or greater).
    • コンピューターで Visual Studio のインスタンスが他に開かれている場合はすべて閉じます。Close any other instances of Visual Studio that are open on the computer.
    • OS の最新の更新プログラムがすべてコンピューターにインストールされていることを確認します。Make sure all the latest OS updates are installed on the computer.
    • これらの操作は通常、1 回だけ必要です。The noted actions are typically required only once. SSMS の同じメジャー バージョンに対する追加アップグレードの間に、再起動が必要になる場合があります。There are few cases where a reboot is required during additional upgrades to the same major version of SSMS. マイナー アップグレードでは、SSMS のすべての前提条件は既にコンピューターにインストールされています。For minor upgrades, all the prerequirements for SSMS are already installed on the computer.

リリース ノートRelease Notes

この 17.8 リリースの問題と制限事項を次に示します。The following are issues and limitations with this 17.8 release:

  • [プロパティ] ウィンドウでファイル グループのプロパティを変更した後に [スクリプト] ボタンをクリックすると、2 つのスクリプトが生成されます。1 つ目は USE ステートメントを使用したスクリプト、2 つ目は USE master ステートメントを使用したスクリプトです。Clicking the Script button after modifying any filegroup property in the Properties window, generates two scripts – one script with a USE statement, and a second script with a USE master statement. USE master を使用したスクリプトの生成時にはエラーが発生するため、このスクリプトを破棄する必要があります。The script with USE master is generated in error and should be discarded. USE ステートメントを含むスクリプトを実行してください。Run the script that contains the USE statement.
  • 新しい General Purpose または Business Critical エディションの Azure SQL Database を使用するとき、無効なエディションであるというエラーが一部のダイアログに表示されます。Some dialogs display an invalid edition error when working with new General Purpose or Business Critical Azure SQL Database editions.
  • XEvent ビューアーで待機時間が発生する場合があります。Some latency in XEvents viewer may be observed. これは、.NET Framework における既知の問題です。This is a known issue in the .Net Framework. NetFx 4.7.2 へのアップグレードを検討してください。Please, consider upgrading to NetFx 4.7.2.

SSMS をアンインストールおよび再インストールするUninstall and reinstall SSMS

SSMS のインストールで問題があり、標準のアンインストールと再インストールでは解決されない場合、最初に Visual Studio 2015 IsoShell の修復をお試しください。If your SSMS installation is having problems, and a standard uninstall and reinstall doesn't resolve them, you can first try repairing the Visual Studio 2015 IsoShell. Visual Studio 2015 IsoShell の修復で問題が解決しない場合、多数のランダムな問題は次の手順で修正されることが確認されています。If repairing the Visual Studio 2015 IsoShell doesn't resolve the problem, the following steps have been found to fix many random issues:

  1. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、SSMS をアンインストールします (Windows のバージョンに応じて [アプリと機能][プログラムと機能] などを使用する)。Uninstall SSMS the same way you uninstall any application (using Apps & features, Programs and features, etc. depending on your version of Windows).

  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell をアンインストールします。Uninstall Visual Studio 2015 IsoShell from an elevated cmd prompt:

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist"

    vs_isoshell.exe /Uninstall /Force /PromptRestart

  3. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージをアンインストールします。Uninstall Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable the same way you uninstall any application. コンピューター上に x86 と x64 がある場合は、両方ともアンインストールします。Uninstall both x86 and x64 if they're on your computer.

  4. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell を再インストールします。Reinstall Visual Studio 2015 IsoShell from an elevated cmd prompt:

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist"

    vs_isoshell.exe /PromptRestart

  5. SSMS を再インストールします。Reinstall SSMS.

  6. 最新バージョンでない場合は、最新バージョンの Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージにアップグレードします。Upgrade to the latest version of the Visual C++ 2015 Redistributable if you're not currently up to date.

以前のリリースPrevious releases

SQL Server Management Studio の以前のリリースPrevious SQL Server Management Studio Releases

フィードバックFeedback

needhelp_person_icon SQL クライアント ツール フォーラムneedhelp_person_icon SQL Client Tools Forum

info_tip ヘルプの参照Get Help

参照See Also

コンテンツの編集 SQL ドキュメントの投稿Contribute SQL documentation