英語以外の言語バージョン の SQL Server Management Studio (SSMS) をインストールする

SSMS は複数の言語で利用可能ですが、コンピューターのシステム ロケールが SSMS の言語と一致しない場合は、SSMS のインストーラーによってコンピューターへのインストールがブロックされます。

注意

この記事は、SSMS 17.x に適用されます。 SSMS 18.x では、言語が混在したセットアップに対するブロックが取り除かれており、たとえば、フランス語バージョンの Windows に SSMS German をインストールできるようになりました。 OS の言語が SSMS の言語と一致しない場合は、 [ツール] > [オプション] > [国際対応の設定] で目的の言語を設定し、そうしないと、英語 UI が表示されます。

以下の手順は、Windows のバージョンによって異なります。 以下は、Windows 10 向けのものです。

英語版のオペレーティング システム (OS) を実行しているコンピューターで、英語版以外の SSMS をインストールする

  1. 次の手順で、SSMS で使用する言語の Windows 言語パックをインストールします。
    • [設定] > [時刻と言語] > [地域と言語] > [言語を追加する]
  2. インストールした言語をクリックし、前の手順でインストールした言語パックを使用するようにシステム ロケールを設定します。次に、[既定として設定する] を選択します。 (システム ロケールの設定は、SSMS のインストール後に英語に戻せます。)
  3. お使いのオペレーティング システムが目的の言語で実行されたら、目的の SSMS 言語をインストールします。 新しい言語の SSMS を初めてインストールする場合は、フル パッケージを使用します。 以降のインストールでは、アップグレード パッケージを使用できます。
  4. SSMS を実行すると、前の手順でインストールした言語で表示されます。
  5. コンピューターのシステム ロケールの設定を英語に戻します。

インストールされている OS の言語以外の言語で SSMS をインストールする

  1. 次の手順で、SSMS で使用する言語の Windows 言語パックをインストールします。

    • [設定] > [時刻と言語] > [地域と言語] > [言語を追加する]
  2. インストールした言語をクリックし、前の手順でインストールした言語パックを使用するようにシステム ロケールを設定します。次に、[既定として設定する] を選択します。

  3. お使いのオペレーティング システムが目的の言語で実行されたら、目的の SSMS 言語をインストールします。 新しい言語の SSMS を初めてインストールする場合は、フル パッケージを使用します。 以降のインストールでは、アップグレード パッケージを使用できます。

  4. インストールする各言語が、最初にインストールした SSMS のバージョンの言語と一致しない場合は、次の手順で対応する Visual Studio 2015 Shell (Isolated) Language Pack をインストールします。

    • https://connect.microsoft.com/VisualStudio/ExtendVS にアクセスしてください (サインインして 接続登録 プロセスを完了することが必要な場合があります)。
    • 目的の Visual Studio 2015 Shell (Isolated) Language Pack をダウンロードしてインストールします。

    重要

    Visual Studio 2015 Shell (Isolated) Language Pack のインストールは、必ず上記手順で実行してください。[ツール] | [オプション] | [国際対応の設定][追加の言語を取得する] リンクは使用しないでください。

  5. SSMS を実行して、次の設定から使用する言語を選択します。

    • [ツール] | [オプション] | [国際対応の設定]
  6. SSMS を閉じて再起動します。

次のステップ