IntelliSense のトラブルシューティングTroubleshooting IntelliSense

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

IntelliSense オプションが正しく機能しないことがあります。There are certain cases when the IntelliSense options might not work as you expect.

IntelliSense が影響を受ける状況Conditions That Affect IntelliSense

次の場合に IntelliSense の動作が影響を受ける可能性があります。The following conditions might affect the behavior of IntelliSense:

  • カーソルよりも上にコード エラーがある場合There is a code error above the cursor.

    挿入ポイントの位置よりも上に不完全なステートメントや他のコーディング エラーがあると、IntelliSense は、コードの要素を解析できないので正しく機能しないことがあります。If there is an incomplete statement or other coding error above the location of the insertion point, IntelliSense may be unable to parse the code elements, and therefore will not work. IntelliSense を再び有効にするために、該当するコードをコメント化できます。You can comment out the applicable code to enable IntelliSense again.

  • コードのコメント内に挿入ポイントがある場合The insertion point is inside a code comment.

    挿入ポイントがソース ファイルのコメント内にある場合は、IntelliSense オプションを使用できません。IntelliSense options are not available when the insertion point is within a comment in your source file.

  • 文字列リテラル内に挿入ポイントがある場合The insertion point is inside a string literal.

    挿入ポイントが引用符で囲んだ文字列リテラル内にある場合は、IntelliSense オプションを使用できません。以下はその例です。IntelliSense options are not available when the insertion point is inside the quotation marks around a string literal, for example:

    WHERE FirstName LIKE 'Patri%|'

  • 自動オプションがオフになっている場合The automatic options are turned off.

    既定では、IntelliSense の多くの機能が自動的に実行されるようになっていますが、各機能を無効にすることもできます。Many IntelliSense features work automatically by default, but you can disable any feature.

    自動入力候補機能を無効にしている場合でも、IntelliSense 機能を使用することは可能です。Even when automatic statement completion is disabled, you can use an IntelliSense feature. 詳細については、「IntelliSense の構成 (SQL Server Management Studio)」を参照してください。For more information, see Configure IntelliSense (SQL Server Management Studio).

データベース エンジン クエリの IntelliSenseDatabase Engine Query IntelliSense

SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine クエリ エディターに関しては、次の点に注意してください。The following issues apply to the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine Query Editor:

  • データベース エンジンDatabase Engine クエリ エディターの IntelliSense 機能では、すべての Transact-SQLTransact-SQL 構文要素がサポートされているわけではありません。The IntelliSense functionality of the データベース エンジンDatabase Engine Query Editor does not support all Transact-SQLTransact-SQL syntax elements. パラメーターのヘルプでは、拡張ストアド プロシージャなど、一部のオブジェクトのパラメーターがサポートされていません。Parameter help does not support the parameters in some objects, such as extended stored procedures. 詳細については、「 IntelliSense でサポートされている Transact-SQL 構文」を参照してください。For more information, see Transact-SQL Syntax Supported by IntelliSense.

  • IntelliSense は、 データベース エンジンDatabase Engine のクエリ エディターが データベース エンジンDatabase Engine 以降の SQL Server 2008SQL Server 2008 のインスタンスに接続されている場合にのみ使用できます。IntelliSense is only available when the データベース エンジンDatabase Engine Query Editor is connected to an instance of the データベース エンジンDatabase Engine from SQL Server 2008SQL Server 2008 or later. Intellisense は、クエリ エディターが以前のバージョンの データベース エンジンDatabase Engineのインスタンスに接続されているときは使用できません。IntelliSense is not available when the Query Editor is connected to earlier versions of the データベース エンジンDatabase Engine.

  • SQLCMD モードを有効にすると、 データベース エンジンDatabase Engine クエリ エディターの IntelliSense が無効になります。IntelliSense is turned off in the データベース エンジンDatabase Engine Query Editor when the SQLCMD mode is set on.

  • IntelliSense 機能は、現在のエディター ウィンドウがデータベースに接続された後に別の接続で作成されたデータベース オブジェクトには対応していません。IntelliSense functionality does not cover database objects created by another connection after your editor window connected to the database. 入力候補一覧などの IntelliSense 機能からオブジェクトが欠落している場合、エディター ウィンドウのオブジェクトのキャッシュを更新するには、次の 3 つのメカニズムのいずれかを選択します。If objects are missing from IntelliSense features such as completion lists, you can choose one of these three mechanisms to refresh the cache of objects for your editor window:

    • [編集] メニューの [IntelliSense] をポイントし、 [ローカル キャッシュの更新] をクリックします。Select the Edit menu, select IntelliSense, then select Refresh Local Cache.

    • Ctrl キーと Shift キーを押しながら R キーを押します。Use the CTRL+Shift+R keyboard shortcut.

    • 現在のエディター ウィンドウを データベース エンジンDatabase Engine のインスタンスから切断して再接続します。Disconnect your editor window from the instance of the データベース エンジンDatabase Engine and reconnect.

  • 権限のないデータベース オブジェクトは入力候補一覧に表示されません。Completion lists do not include database objects for which you do not have permissions. IntelliSense は、権限のあるオブジェクトへの参照にフラグを付けます。IntelliSense flags references to objects for which you do have permissions. たとえば、別のユーザーが記述したスクリプトを開いた場合、そのユーザーには権限があるものの自分には権限のないオブジェクトへの参照には無効のフラグが付けられます。For example, if you open a script that is written by someone else, any references to objects for which that person has permissions and you do not are flagged as incorrect.

  • データベース エンジンDatabase Engineのインスタンスへの接続が失われると、入力候補一覧が機能しなくなることがあります。Completion lists might stop working if you lose the connection to the instance of the データベース エンジンDatabase Engine. インスタンスに再接続してください。Reconnect to the instance.