ソリューション エクスプローラー

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

Microsoft SQL Server Management Studio のソリューション エクスプローラー ペインには、データベースのスクリプト、クエリ、データ接続、ファイルなどの項目を管理するための "プロジェクト" と呼ばれるコンテナーが用意されています。 互いに関連する 1 つまたは複数のプロジェクトは、"ソリューション" と呼ばれるコンテナーにまとめることができます。

ソリューションには、1 つ以上のプロジェクトと、ソリューションを全体として定義するためのファイルおよびメタデータが含まれています。 プロジェクトとは、一式のファイルに、接続情報などの関連メタデータを加えたもののことです。 ソリューションおよびプロジェクトには項目が含まれています。項目とは、データベース ソリューションの作成に必要なスクリプト、クエリ、接続情報、およびファイルを表しています。

重要

この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

ソリューションを使用する利点

これらのコンテナーの用途は次のとおりです。

  • クエリおよびスクリプトに対するソース管理を実現します。

  • ソリューション全体の設定や個別のプロジェクトの設定を管理します。

  • データベース ソリューションを構成する項目に注目しながらファイル管理の詳細を扱います。

  • 各プロジェクト内の項目を参照することなく、役立つ項目をソリューション内の複数のプロジェクトへ、あるいはソリューションへ追加します。

  • ソリューションまたはプロジェクトに属さないその他のファイルも作業できます。

プロジェクトに含まれる項目は、プロジェクトの種類と、SQL Server Management Studio を使用しているかどうかによって異なります。

SQL Server のソリューションの基礎知識については、次の各トピックを参照してください。

説明 トピック
ソリューション内の 1 つまたは複数のプロジェクトを収集する方法について説明します。 ソリューション (SQL Server Management Studio)
プロジェクトを作成し、スクリプトや接続などの項目を追加する方法について説明します。 プロジェクト (SQL Server Management Studio)
ソリューションおよびファイルの管理に SQL Server Management Studio が使用するファイルに関する情報を提供します。 ソリューションとプロジェクトを管理するためのファイル