SQL Server Management Studio - Changelog (SSMS)SQL Server Management Studio - Changelog (SSMS)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

この記事では、SSMS の現在と以前のバージョンの更新、機能強化、およびバグの修正に関する詳細を提供します。This article provides details about updates, improvements, and bug fixes for the current and previous versions of SSMS. SSMS の以前のバージョンをダウンロードします。Download previous SSMS versions.

SSMS 18.0 (プレビュー 5)SSMS 18.0 (preview 5)

ビルド番号: 15.0.18068.0Build number: 15.0.18068.0
リリース日: 2018 年 11 月 15 日Release date: November 15, 2018

プレビュー 5 は、SSMS 18.0 の最初のパブリック プレビューです。Preview 5 is the second public preview of SSMS 18.0. 最新の一般公開 (GA) バージョンの SSMS については、SSMS 17.9 をダウンロードしてインストールしてくださいFor the latest General Availability (GA) version of SSMS, download and install SSMS 17.9.

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

  • データベースの名前を変更するときに、すべてのスキーマ オブジェクトに対して確認を要求するためのロジックが拡張されました (この設定は構成可能で、これは無効になっています)。Extended logic to request confirmation when renaming a database to all the schema objects (the setting can be configured and this disabled).

オブジェクト スクリプト作成:Object scripting:

  • オブジェクト スクリプト作成時に、'CREATE OR ALTER' の新しいメニュー項目が追加されました。Added new menu items for 'CREATE OR ALTER' when scripting objects.

データベース互換性レベルのアップグレード:Database compatibility level upgrade:

  • > [タスク] > [データベースのアップグレード] の下に新しいオプションが追加されました。Added a new option under > Tasks > Database Upgrade. このオプションは、ユーザーに次のプロセスをガイドする、新しいクエリ調整アシスタント (QTA) を起動します。This option starts the new Query Tuning Assistant (QTA) to guide users through the process of:
    • データベースの互換性レベルをアップグレードする前にパフォーマンスのベースラインを収集する。Collecting a performance baseline before upgrading the database compatibility level.
    • 目的のデータベース互換性レベルにアップグレードする。Upgrading to the desired database compatibility level.
    • 同じワークロードを介してパフォーマンス データの 2 番目の受け渡しを収集する。Collecting a second pass of performance data over the same workload.
    • ワークロードの低下を検出し、ワークロードのパフォーマンスを改善するためのテスト済みのレコメンデーションを提供する。Detect workload regressions, and provide tested recommendations to improve workload performance.

この機能は、「新しい SQL Server にアップグレードするときにパフォーマンスの安定性を維持する」に記載されているデータベースのアップグレード プロセスと同じですが、最後の手順 (レコメンデーションを生成するために QTA が以前の正常起動時の状態に依存しない) が異なります。This feature is similar to the database upgrade process documented in Keep performance stability during the upgrade to newer SQL Server, except for the last step where QTA does not rely on a previously known good state to generate recommendations.

クエリ ストア:Query Store:

  • グラフの Y 軸に表示される数字に桁区切り記号を追加することで、一部のレポート (全体的なリソースの消費) の使いやすさを改善しました。Improved usability of some reports (Overall Resource Consumptions) by adding thousands separator to numbers displayed on the Y-axis of the charts.
  • 新しいクエリ待機統計レポートが追加されました。Added a new Query Wait Statistics report.

脆弱性評価:Vulnerability assessment:

  • Azure SQL Data Warehouse で脆弱性評価タスク メニューが有効化されました。Enabled Vulnerability Assessment tasks menu on Azure SQL Data Warehouse.

データ マスク:Data Masking:

  • 静的データ マスクが追加されました。Added Static Data Masking. 静的データ マスクは、ユーザーが自身の SQL データベースをコピーして、コピー上の機密データをマスクできるようにするデータ保護ツールです。Static Data Masking is a data protection tool that allows users to create a copy of their SQL database and mask sensitive data on the copy. この機能は、開発/テスト チームや分析チームなどの実稼働データベースを使用していないユーザーと実稼働データベースを共有するのに役立ちます。The feature proves useful for those who share their production database with nonproduction users such as dev/test team or analytics team. 詳細については、「Static Data Masking for Azure SQL Database and SQL Server」 (Azure SQL Database および SQL Server 用の静的データ マスク) を参照してください。For more information, see Static Data Masking for Azure SQL Database and SQL Server.

SMO:SMO:

  • 使用中の SQL のバージョンのサービス レベル (CU12、RTM など) にマップする、新しい ProductUpdateLevel プロパティをサーバー オブジェクト上に公開しました。Exposed new ProductUpdateLevel property on the Server object, which maps to the servicing level for the version of SQL in use (for example, CU12, RTM, etc).
  • "lastgoodcheckdbtime" データベース プロパティにマップする、新しい LastGoodCheckDbTime プロパティをデータベース オブジェクト上に公開しました。Exposed new LastGoodCheckDbTime property on Database object, which maps to "lastgoodcheckdbtime" database property. これらのプロパティが使用できない場合、既定値の 1/1/1900 12:00:00 AM が返されます。If such property is not available, a default value of 1/1/1900 12:00:00 AM is returned.

Managed Instance のサポート:Managed Instance support:

  • 論理レプリケーションのサポートが追加されました。Added support for Logical Replication.

Azure Data Studio との統合:Azure Data Studio integration:

  • オブジェクト エクスプローラーに [Azure Data Studio の起動] メニュー項目が追加されました。Added Start Azure Data Studio menu item to Object Explorer.

SSIS:SSIS:

  • 顧客が Azure Government クラウド内にある Azure-SSIS IR で SSIS パッケージをスケジュールできるようにするためのサポートが追加されました。Added support to allow customers to schedule SSIS packages on Azure-SSIS IRs which are in Azure Government cloud.

バグの修正Bug fixes

クラッシュ / ハング:Crashes / Hangs:

  • 中央管理サーバーと Azure SQL Database のサーバーを使用しようとしたときの、SSMS のクラッシュを修正しました。Fixed a crash in SSMS when trying to use Central Management Server and Azure SQL Database servers. 詳細については、中央管理サーバーを使用するとクラッシュするを参照してください。For details, see crash when using Central Management Server.
  • IsFullTextEnabled プロパティを取得する方法を最適化することによって、オブジェクト エクスプローラーでのハングを修正しました。Fixed a hang in Object Explorer by optimizing the way IsFullTextEnabled property is retrieved.
  • データベース プロパティを取得する不要なクエリの作成を回避することで、'データベース コピー ウィザード' でのハングを修正しました。Fixed a hang in 'Copy Database Wizard' by avoiding to build unnecessary queries to retrieve database properties.

SSMS のオプション:SSMS Options:

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

  • [新しいジョブ スケジュール] ダイアログが高 DPI モニターで正しくレンダリングされない問題を修正しました。Fixed an issue where the 'New Job Schedule' dialog was not rendering properly on High DPI monitors.
  • オブジェクト エクスプローラーでデータベースのサイズ ("サイズ (MB)") の表示方法を修正/改善しました。Fixed/improved the way database size ("Size (MB)") is displayed in Object Explorer. 小数点以下を 2 桁のみにし、桁区切り記号を使用して書式設定しました。Only 2 decimal digits and formatted using the thousands separator. 詳細については、サイズ (MB) プロパティの小数点以下の桁数が多すぎるのトピックを参照してください。For details, see Too Many Decimal-places in Size (MB) property.
  • '空間インデックス' の作成が 'このアクションを完了するには、プロパティ PartitionScheme を設定してください' のようなエラーで失敗する原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue that was causing the creation of a 'Spatial Index' to fail with an error like 'To accomplish this action, set property PartitionScheme'.
  • オブジェクト エクスプローラーのパフォーマンスを若干改善して、可能な場合には、余分なクエリの発行を回避するようにしました。Minor performance improvements in Object Explorer to avoid issuing extra queries, when possible.

Analysis Services (AS):Analysis Services (AS):

  • DAX の解析でファイルが見つからないことを示す例外がスローされる問題を修正しました。Fixed an issue where DAX parsing throws file not found exception.
  • [スタート] メニューに "配置ウィザード" に戻るショートカットを追加しました。Added back shortcut to "Deployment Wizard" to Start Menu.

Integration Services (IS):Integration Services (IS):

  • SQL Server 2019 と SSMS 18.0 が同じコンピューターにインストールされている場合、SQL Server への接続に配置ウィザードが失敗する、サイド バイ サイドの問題を修正しました。Fixed a side-by-side issue where the deployment wizard fails to connect to Sql Server if SQL Server 2019 and SSMS 18.0 are installed on the same machine.
  • メンテナンス プランの作成時に、メンテナンス プランのタスクを編集できない問題を修正しました。Fixed an issue that maintenance plan task can't be edited when designing the maintenance plan.
  • 配置中のプロジェクトの名前が変更されると、配置ウィザードがハングする問題を修正しました。Fixed an issue where the deployment wizard hangs when the project under deployment is renamed.
  • Azure SSIS IR のスケジュール機能での環境設定を有効にしました。Enabled environment setting in Azure-SSIS IR schedule feature.

HADR/可用性グループ:HADR / Availability Groups:

  • 可用性グループのフェールオーバー ウィザードでロールが常に "解決中" と表示される問題を修正しました。Fixed an issue where roles in Fail Over Availability Groups wizard were always displayed as "Resolving".
  • "AG ダッシュ ボード" で SSMS が切り捨ての警告を示していた問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was showing truncated warnings in "AG Dashboard".

DB のバックアップ/復元/アタッチ/デタッチ:Backup/Restore/Attach/Detach DB:

  • "データベースのアタッチ" ウィザードで名前が変更されたセカンダリ ファイルが表示されない問題を修正しました。Fixed issue where the "Attach Database" wizard was not displaying secondary files that were renamed. 現在は、ファイルが表示され、そのファイルについてのコメント ("見つかりません" など) が追加されています。Now, the file is displayed and a comment about it is added (for example "Not Found"). 詳細については、データベースのアタッチでセカンダリ ファイルが表示されないを参照してください。For details, see database attach not displaying secondary files.

Managed Instance のサポート:Managed Instance support:

  • (SSMS エクスプローラーでの) AAD ログインのサポートの強化。Improved support for AAD Logins (in SSMS Explorer).
  • SMO ファイル グループ オブジェクトのスクリプト作成の改善。Improved scripting of SMO Filegroups objects.
  • 資格情報と監査のための UI の改善。Improved UI for credentials and audits.

DAC インポート ウィザード:DAC Import Wizard:

  • AAD を使用して接続すると、DAC インポート ウィザードが動作しない問題を修正しました。Fixed an issue where DAC Import Wizard was not working when connected using AAD.

XEvent ビューアー:XEvent Viewer:

  • 拡張イベントのツールバー オプションを使用してイベントをグループ化しようとすると、XEvent Viewer がクラッシュする問題を修正しました。Fixed an issue where XEvent Viewer was crashing when trying to group the events using the Extended Event Toolbar Options.

脆弱性評価:Vulnerability Assessment:

  • スキャン結果が適切に読み込まれない問題を修正しました。Fixed an issue where the scan results were not being loaded properly.

SSMS 18.0 (プレビュー 4)SSMS 18.0 (preview 4)

ビルド番号: 15.0.18040.0Build number: 15.0.18040.0
リリース日: 2018 年 9 月 24 日Release date: September 24, 2018

プレビュー 4 は、SSMS 18.0 の最初のパブリック プレビューです。Preview 4 is the first public preview of SSMS 18.0. 最新の一般公開 (GA) バージョンの SSMS については、SSMS 17.9 をダウンロードしてインストールしてくださいFor the latest General Availability (GA) version of SSMS, download and install SSMS 17.9.

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

ダウンロード サイズの縮小:Smaller Download Size:

  • バンドルの現在のサイズは SSMS 17.x の半分未満です (400 MB 以下)。The current size of the bundle is less than half of what SSMS 17.x is (~400 MB). このサイズは、Integration Services (IS) コンポーネントが再び追加されると最終的に大きくなりますが、従来ほど大きくなりません。The size eventually grows when the Integration Services (IS) components are added back in, but it should not be as large as it used to be.

SSMS 18.x は、新しい Visual Studio 2017 Isolated Shell に基づくようになりました。SSMS 18.x is based on the new Visual Studio 2017 Isolated Shell:

  • この変更は最新のシェルを意味します (Visual Studio 2017 15.6.4 を選択しました)。This change means a modern shell (we picked up Visual Studio 2017 15.6.4). 新しいシェルで、SSMS と Visual Studio の両方に行われたアクセシビリティに関するすべての修正のロックが解除されます。The new shell unlocks all the accessibility fixes that went in to both SSMS and Visual Studio.

アクセシビリティの機能強化:Accessibility improvements:

  • すべてのツール (SSMS、DTA、Profiler) のアクセシビリティの問題を解決するためにさまざまな作業が行われました。Much work went in to address accessibility issues in all the tools (SSMS, DTA, and Profiler).

SSMS はカスタム フォルダーにインストールできるようになりました。SSMS can be installed in a custom folder:

  • 現在のところ、これはコマンドラインの設定でのみ使用できます。Currently, this is only available on the command-line setup. この追加の引数を SSMS-Setup-ENU.exe に渡します。Pass this extra argument to SSMS-Setup-ENU.exe:

    SSMSInstallRoot=C:\MySSMS18

    既定で、SSMS の新しいインストール先は次のとおりです。%ProgramFiles(x86)%\Microsoft SQL Server Management Studio 18\Common7\IDE\ssms.exeBy default, the new install location for SSMS is: %ProgramFiles(x86)%\Microsoft SQL Server Management Studio 18\Common7\IDE\ssms.exe

    注意

    これは、SSMS がマルチインスタンスであるという意味ではありません。This does not mean that SSMS is multi-instance.

SSMS は SQL エンジンとコンポーネントを共有しなくなりました。SSMS no longer shares components with SQL Engine:

  • SQL エンジンとコンポーネントを共有しないようにさまざまな作業が行われました。このような共有によって、SQL で保守性の問題が発生したり、SSMS のインストールによって他のコンポーネントからインストールされたファイルが上書きされたりすることがよくあります。Much effort went in to avoid sharing components with SQL Engine, which often resulted in serviceability issues from SQL or SSMS installs overwriting files installed by the other.

SSMS に NetFx 4.7.2 以降が必要になりました。SSMS now requires NetFx 4.7.2 or greater:

  • 最小要件を NetFx 4.6.1 から NetFx 4.7.2 にアップグレードしました。この変更により、新しいフレームワークで公開されている新しい機能を利用できるようになりました。We upgraded our minimum requirement from NetFx4.6.1 to NetFx4.7.2: this change allows us to take advantage of the new functionality exposed by the new framework.

SSMS は Windows 8 ではサポートされていません。SSMS isn't supported on Windows 8. Windows 10 / Windows Server 2016 にはバージョン 1607 (10.0.14393) 以降が必要になりました。Windows 10 / Windows Server 2016 requires version 1607 (10.0.14393) or later:

  • NetFx 4.7.2 への新しい依存関係があるので、SSMS 18.0 は、Windows 10 の旧バージョンである Windows 8 と、Windows Server 2016 にはインストールされません。Due to the new dependency on NetFx 4.7.2, SSMS 18.0 does not install on Windows 8, older versions of Windows 10, and Windows Server 2016. このようなオペレーティング システムでは、SSMS の設定はブロックされます。SSMS setup blocks on those operating systems. Windows 8.1 はまだサポートされています。Windows 8.1 is still supported.

SSMS は PATH 環境変数に追加されません。SSMS is not added to the PATH environment variable:

  • SSMS.EXE (および一般的なツール) のパスは、パスに追加されなくなりました。Path to SSMS.EXE (and tools in general) is not added to the path anymore. ユーザーは手動で追加するか、最新の Windows の場合は [スタート] メニューを使用することができます。The users can either add it themselves or, if on a modern Windows, rely on the Start menu.

SQL Server 2019 プレビューSQL Server 2019 preview のサポートSupport for SQL Server 2019 プレビューSQL Server 2019 preview

  • このリリースは、SQL Server 2019 プレビューSQL Server 2019 preview (compatLevel 150 など) を完全に "認識" する SSMS の最初のリリースです。This release is the first release of SSMS that is fully aware of SQL Server 2019 プレビューSQL Server 2019 preview (compatLevel 150, etc).
  • SQL Server 2019 プレビューSQL Server 2019 preview の "BATCH_STARTED_GROUP" と "BATCH_COMPLETED_GROUP" および SSMS の Managed Instance がサポートされています。Support "BATCH_STARTED_GROUP" and "BATCH_COMPLETED_GROUP" in SQL Server 2019 プレビューSQL Server 2019 preview and Managed Instance in SSMS.
  • GraphDB: Graph TC Sequence の showplan にフラグを追加します。GraphDB: Add flag in showplan for Graph TC Sequence.
  • Always Encrypted: セキュリティで保護されたエンクレーブが設定された Always Encrypted のサポートが追加されました。Always Encrypted: Added support for Always Encrypted with secure enclaves.
    • [接続] ダイアログで、ユーザーがエンクレーブのサポートを有効にして構成する [オプション] ボタンをクリックすると、新しい [Always Encrypted] タブが表示されるようになりました。Connection dialog has a new "Always Encrypted" tab when the user clicks on the "Options" button to enable and configure enclave support.

SSMS 拡張機能を開発するためにパッケージ ID が不要になりました。Package IDs no longer needed to develop SSMS Extensions:

  • SSMS では既知のパッケージのみが選択されて読み込まれていたので、開発者は自分のパッケージを登録する必要がありました。SSMS was selectively loading only well-known packages, requiring developers to register their own packages. この点は変更されました。This is no longer the case.

Azure SQL サポートの改善:Better Azure SQL support:

  • SLO/Edition/MaxSize データベース プロパティにカスタム名を使用できるようになり、今後の Azure SQL Database のエディションのサポートが簡単になりました。SLO/Edition/MaxSize database properties now accept custom names, making it easier to support future editions of Azure SQL Database.
  • 仮想コア SKU (汎用およびビジネス クリティカル) のサポートの追加: Gen4_24 およびすべての Gen5。Added support for vCore SKUs (General Purpose and Business Critical): Gen4_24 and all the Gen5.

SMO:SMO:

  • 再開可能なインデックス作成の SMO サポートを拡張します。Extend SMO Support for Resumable Index Creation.
  • アプリケーション作成者が SMO のパフォーマンスの問題を早期に検出できるように、SMO オブジェクト ("PropertyMissing") に対する新しいイベントを追加しました。Added new event on SMO objects ("PropertyMissing") to help application authors to detect SMO performance issues sooner.
  • "バックアップ チェックサムの既定" サーバー構成にマップされる Configuration オブジェクトに対する新しい DefaultBackupChecksum プロパティを公開しました。Exposed new DefaultBackupChecksum property on the Configuration object that maps to the "backup checksum default" server configuration.

SSMS:SSMS:

SSMS / ShowPlan:SSMS / ShowPlan:

  • 使用できる場合、ShowPlan 演算子ノードに実際の経過時間、実際の行と推定の行が追加されました。Added actual time elapsed, actual vs estimated rows under ShowPlan operator node if they are available. この変更により、実際のプランが、ライブ クエリの統計プランと一貫した外観になります。This change makes the actual plan look consistent with Live Query Stats plan.
  • クエリが 4,000 文字を超える場合に、SQL エンジンによって ShowPlan が切り捨てられる可能性があることをユーザーに示すために、ShowPlan の [クエリの編集] ボタンをクリックしたときのツールヒントが変更され、コメントが追加されました。Modified tooltip and added comment when clicking on Edit Query Button for a ShowPlan, to indicate to user that the ShowPlan might be truncated by the SQL engine if the query is over 4000 characters.
  • "Materializer Operator (External Select)" を表示するロジックを追加しました。Added logic to display the "Materializer Operator (External Select)".
  • "行ストアに対するバッチモード スキャン" 機能を使用しているクエリを簡単に識別できるように、新しい showplan 属性 BatchModeOnRowStoreUsed を追加しました。Add new showplan attribute BatchModeOnRowStoreUsed to easily identify queries that are using the "batch-mode scan on rowstores" feature. クエリが行ストアでバッチモード スキャンを実行するたびに、新しい属性 (BatchModeOnRowStoreUsed="true") が StmtSimple 要素に追加されます。Anytime a query performs batch-mode scan on rowstores, a new attribute (BatchModeOnRowStoreUsed="true") gets added to StmtSimple element.

Always On:Always On:

監査ファイル:Audit Files:

  • 認証方法をストレージ アカウント キー ベースから Azure AD ベースの認証に変更しました。Changed authentication method from Storage Account Key based to Azure AD-based authentication.

Always Encrypted:Always Encrypted:

  • [Always Encrypted を有効にする] チェックボックスがある [Always Encrypted] タブを ([サーバーに接続] ダイアログに) 追加し、データベース接続に Always Encrypted の有効/無効を簡単に切り替えられるようになりました。Added an Always Encrypted tab with an Enable Always Encrypted checkbox (in the Connect to Server dialog) that now provides an easy way to enable/disable Always Encrypted for a database connection.
  • セキュリティで保護されたエンクレーブが設定された Always Encrypted をサポートするためにいくつかの機能強化が加えられました。Several enhancements have been made to support Always Encrypted with secure enclaves:
    • [サーバーに接続] ダイアログ (新しい [Always Encrypted] タブ) にエンクレーブの構成証明の URL を指定するテキスト フィールド。A text field for specifying enclave attestation URL in the Connect to Server dialog (the new Always Encrypted tab).
    • [新しい列マスター キー] ダイアログに、新しい列マスターキーでエンクレーブ計算を許可するかどうかを制御する新しいチェックボックスが追加されました。The new checkbox in the New Column Master Key dialog to control whether a new column master key allows enclave computations.
    • 他の Always Encrypted キー管理ダイアログに、エンクレーブ計算を許可する列マスター キーの情報が表示されるようになりました。Other Always Encrypted key management dialogs now expose the information on which column master keys allow enclave computations.
    • 詳細については、「Always Encrypted with secure enclaves」(セキュリティで保護されたエンクレーブが設定された Always Encrypted) を参照してください。For details, see Always Encrypted with secure enclaves.

バグの修正Bug fixes

クラッシュ / ハング:Crashes / Hangs:

  • GDI オブジェクトに関連する一般的な SSMS クラッシュの原因を修正しましたFixed a source of common SSMS crashes related to GDI objects
  • [Script as Create/Update/Drop](作成/更新/ドロップとしてスクリプト化) を選択したときの停止とパフォーマンス低下の一般的な原因を修正しました (SMO オブジェクトの不要なフェッチを削除しました)Fixed a common source of hangs and poor performance when selecting "Script as Create/Update/Drop" (removed unnecessary fetches of SMO objects)
  • ADAL トレースが有効なときに MFA を使用して Azure SQL DB に接続するとハングする問題を修正しましたFixed a hang when connecting to an Azure SQL DB using MFA while ADAL traces are enabled
  • アクティビティ モニターから呼び出されたときにライブ クエリの統計情報のハングを修正しました ([セキュリティ情報を保持する] を設定せずに SQL Server 認証を使用するときにマニフェストに含まれる問題)。Fixed a hang (or perceived hang) in Live Query Statistics when invoked from Activity Monitor (the issue manifested when using SQL Server authentication with no "Persist Security Info" set).
  • オブジェクト エクスプローラーで [レポート] を選択したときのハングを修正しました。この問題で、長い接続の待機時またはリソースの一時的にアクセス不能に関するマニフェストが含まれる可能性があります。Fixed a hang when selecting "Reports" in Object Explorer that could manifest on high latency connections or temporary non-accessibility of the resources.

接続ダイアログ:Connection dialog:

XEvent:XEvent:

  • 読み込みできる文字列としてアクション ID フィールドとクラスの型フィールドを示す 2 つの列 "action_name" と "class_type_desc" が追加されました。Added two columns "action_name" and "class_type_desc" that show action ID and class type fields as readable strings.
  • 1,000,000 イベントのイベント XEvent Viewer 上限を削除しました。Removed the event XEvent Viewer cap of 1,000,000 events.

外部テーブル:External Tables:

  • テンプレート、SMO、IntelliSense、プロパティ グリッドに Rejected_Row_Location のサポートが追加されました。Added support for Rejected_Row_Location in template, SMO, intellisense, and property grid.

SSMS のオプション:SSMS Options:

  • [ツール] > [オプション] > [SQL Server オブジェクト エクスプローラー] > [コマンド] ページのサイズが正しく調整されない問題を修正しました。Fixed an issue where the Tools > Options > SQL Server Object Explorer > Commands page was not resizing properly.

SSMS エディター:SSMS Editor:

  • "SQL システム テーブル" の問題を修正しました。この問題で、既定の色を復元すると、既定の緑色ではなく、ライム グリーン色に変わり、白い背景 (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32896906) では読みにくくなります。Fixed an issue in "SQL System Table" where restoring the default colors was changing the color to lime green, rather than the default green, making it hard to read on a white background (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32896906).
  • AAD 認証を使用して Azure SQL DW に接続したときに IntelliSense が動作しない問題を修正しました。Fixed issue where intellisense was not working when connected to Azure SQL DW using AAD authentication.
  • ユーザーがマスター アクセス権を持たない場合の Azure の IntelliSense が修正されました。Fixed intellisense in Azure when user lacks master access.
  • ターゲット データベースの照合順序で大文字と小文字が区別されているときに破損した "テンポラル テーブル" が作成されるコード スニペットを修正しました。Fixed code snippets to create "temporal tables", which were broken when the collation of the target database was case-sensitive.

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

  • OE (誤って構成された DataCollector) の [管理] ノードを展開しようとすると、SSMS から "オブジェクトを DBNull から他のタイプにキャストすることはできません" のような例外がスローされる問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was throwing an "Object cannot be cast from DBNull to other types" exception when trying to expand "Management" node in OE (misconfigured DataCollector)
  • ノード (https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32910247 と他の重複) の名前を変更するときに、Del キーが機能しない問題を修正しました。Fixed an issue where the DEL key was not working while renaming a node (https://feedback.azure.com/forums/908035/suggestions/32910247 and other duplicates).
  • [上位 N の編集...] を呼び出す前に OE で引用符がエスケープ処理されず、混乱を引き起こしている問題を修正しましたFixed an issue where OE wasn't escaping quotes before invoking the "Edit Top N..." causing the designed to get confused
  • [データ層アプリケーションのインポート] ウィザードが Azure Storage ツリーから起動できない問題を修正しました。Fixed an issue where the "Import Data-Tier application" wizard was failing to launch from the Azure Storage tree.
  • SSL チェックボックスの状態が保持されない [データベース メール構成] の問題を修正しました (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32895541)。Fixed an issue in "Database Mail Configuration" where the status of the SSL checkbox was not persisted (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32895541).
  • SSMS で is_auto_update_stats_async_on を使用してデータベースを復元しようとすると、既存の接続を閉じるオプションが淡色表示される問題を修正しましたFixed an issue where SSMS grayed out ograyedto close existing connections when trying to restore database with is_auto_update_stats_async_on
  • OE でノードを右クリックした場合の問題を修正しました (たとえば、"Tables" を右クリックして、[フィルター] > [フィルターの設定] に移動してテーブルをフィルター処理するなどの操作を実行したい場合、[フィルターの設定] フォームが、SSMS が現在アクティブではない画面に表示される可能性があります) (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/34284106)。Fixed an issue where right-clicking on nodes in OE the (for example "Tables" and wanting to perform an action such as filtering tables by going to Filter > Filter Settings, the filter settings form can appear on the other screen than where SSMS is currently active) (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/34284106).
  • オブジェクトの名前を変更しようとすると、オブジェクト エクスプローラーで Del キーが機能しないという、長い間未解決の問題が修正されました (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/33073510)。Fixed a long outstanding issue where the DELETE key was not working in Object Explorer while trying to rename an object (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/33073510).
  • 既存のデータベース ファイルのプロパティを表示すると、新しいデータベース (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32629024) の作成時に表示される [初期サイズ (MB)] ではなく [サイズ (MB)] 列にサイズが表示されます。When displaying the properties of existing database files, the size appears under a column "Size (MB)" instead of "Initial Size (MB)" which is what is displayed when creating a new database (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32629024).
  • 現在のバージョンの SSMS ではこの種類のテーブルをサポートしていないため、[グラフ テーブル] の [デザイン] コンテキスト メニュー項目を無効にしました。Disabled the "Design" context-menu item on "Graph Tables" since there is no support for this kind of table in the current version of SSMS.

ヘルプ ビューアー:Help Viewer:

オブジェクト スクリプト作成:Object Scripting:

  • 全体的なパフォーマンスの改善: WideWorldImporters のスクリプト生成にかかる時間が SSMS 17.7 と比べて半分になりました。Overall perf improvements - Generate Scripts of WideWorldImporters takes half the time compared to SSMS 17.7.
  • オブジェクトのスクリプト作成時に、既定値がある DB のスコープ設定の構成は省略されています。When scripting objects, DB Scoped configuration that has default values are omitted.
  • スクリプト作成時に動的 T-SQL を生成しないでください (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898391)。Don't generate dynamic T-SQL when scripting (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898391).
  • SQL Server 2016 以前のテーブルをスクリプト化するときに、"エッジとして" および "ノードとして" のグラフ構文を省略します。Omit the graph syntax "as edge" and "as node" when scripting a table on SQL Server 2016 and earlier.

テーブル デザイナー:Table Designer:

  • "200 行の編集" 時のクラッシュを修正しました。Fixed a crash in "Edit 200 rows".
  • Azure SQL Database に接続したときにデザイナーがテーブルを追加できていた問題を修正しました。Fixed an issue where the designer was allowing to add a table when connected to an Azure SQL database.

SMO:SMO:

AS:AS:

  • AS Xevent UI に対する [詳細設定] がクリップされてしまう問題を修正しました。Fixed an issue where the "Advanced Settings" to the AS Xevent UI was clipped

フラット ファイルのインポート ウィザード:Flat File Import Wizard:

  • [フラット ファイルのインポート ウィザード] が二重引用符を正しく処理しない (エスケープしない) 問題を修正しました。Fixed an issue where the "Import Flat File Wizard" was not handling double quotes correctly (escaping).
  • (浮動小数点の異なる区切り文字を使用するロケールに対する) 浮動小数点型の不適切な処理に関する問題を修正しました。Fixed an issue where related to incorrect handling of floating-point types (on locales that use a different delimiter for floating points)
  • 値が 0 または 1 (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898535) のときのビットのインポートに関する問題を修正しました。Fixed an issue related to importing of bits when values are 0 or 1 (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32898535).
  • 浮動小数点が null として入力された問題を修正しました。Fixed an issue where floats were entered as nulls.

データ分類:Data Classification:

  • 新規インストールでデータ分類の推奨事項部分が機能しない原因となった設定の問題を修正しました。Fixed a setup issue what was causing the recommendation part of Data Classification not to work with fresh install.

DB のバックアップ/復元/アタッチ/デタッチ:Backup/Restore/Attach/Detach DB:

  • .mdf ファイルの物理ファイル名が元のファイル名と一致しない場合に、ユーザーがデータベースをアタッチできない問題を修正しました。Fixed an issue where the user was unable to attach a database when physical filename of .mdf file does not match the original filename.
  • SSMS が有効な復元プランを見つけられない問題、または最適ではない復元プランを見つけることがある問題を修正しました (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897752)。Fixed an issue where SSMS might not find a valid restore plan or might find one that is suboptimal (https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32897752).
  • URL バックアップを復元しようとしたときの SSMS のクラッシュを修正しました。Fixed a crash in SSMS when trying to restore a URL backup.

ジョブの利用状況モニター:Job Activity Monitor:

  • ジョブの利用状況モニター (フィルターあり) を使用中にクラッシュする問題を修正しました。Fixed crash while using Job Activity Monitor (with filters).

SSMS でのマネージド インスタンスのサポート:Managed Instance support in SSMS:

  • マネージド インスタンスのサポートの改善/調整: UI でサポートされていないオプションが無効になり、URL 監査ターゲットを処理するために [監査ログの表示] オプションが修正されました。Improved/polished the support for Managed Instances: disabled unsupported options in UI and a fix to the View Audit Logs option to handle URL audit target.
  • [スクリプトの生成とパブリッシュ] ウィザードでサポートされていない CREATE DATABASE 句のスクリプトが生成されます。"Generate and Publish scripts" wizard scripts unsupported CREATE DATABASE clauses.
  • CL インスタンスのライブ クエリ統計は無効になりました。Live Query Statistics was disabled for CL instances.
  • [データベースのプロパティ] -> [ファイル] で ALTER DB ADD FILE が誤ってスクリプトされていました。Database properties->Files was incorrectly scripting ALTER DB ADD FILE.
  • 他のスケジュールの種類が選択されている場合でも、ONIDLE スケジュールが選択される SQL エージェント スケジューラによる回帰を修正しました。Fixed regression with SQL Agent scheduler where ONIDLE scheduling was chosen even when some other scheduling type was chosen.
  • Azure Storage でバックアップを行う MAXTRANSFERRATE、MAXBLOCKSIZE の調整。Adjusting MAXTRANSFERRATE, MAXBLOCKSIZE for doing backups on Azure Storage.
  • RESTORE 操作の前にテール ログ バックアップがスクリプト化される問題 (これは CL ではサポートされていません)。The issue where tail log backup is scripted before RESTORE operation (this is not supported on CL).
  • [データベースの作成] ウィザードで CREATE DATABASE ステートメントが正しくスクリプト化されない。Create database wizard not scripting correctly CREATE DATABASE statement.
  • マネージド インスタンスに接続するときに "利用状況モニター" を使用しようとしたときにエラーが表示される問題を修正しました。Fixed an issue where an error was displayed while trying to use "Activity Monitor" when connected to Managed Instances.

Azure SQL Database:Azure SQL Database:

  • Azure SQL DB でマスター データベースではなくユーザー データベースに接続したときに、Azure SQL DB クエリ ウィンドウにデータベース リストが正しく入力されない問題を修正しました。Fixed an issue where the database list was not populated correctly for Azure SQL Db query window when connected to a user database in Azure SQL DB instead of to master.
  • Azure SQL データベースに "一時テーブル" を追加できない問題を修正しました。Fixed an issue where it was not possible to add a "Temporal Table" to an Azure SQL database.

一般的な Azure SQL サポート:General Azure SQL support:

  • (50 を超える場合に) Azure サブスクリプションを表示できない一般的な Azure UI コントロールの問題を修正しました。Fixed issues in common Azure UI control that was preventing the user from displaying Azure subscriptions (if there were more than 50). また、サブスクリプション ID ではなく名前による並べ替えに変更されました。Also, the sorting has been changed to be by name rather by Subscription ID. たとえば、URL からバックアップを復元するときに、ユーザーはこれを実行できます。The user could run into this one when trying to restore a backup from URL, for example.
  • サブスクリプションを列挙するときに、発生する一般的な Azure UI コントロールの問題を修正しました。この問題で "インデックスが範囲を超えています。Fixed an issue in common Azure UI control when enumerating subscriptions that could raise an "Index was out of range. 負でない値で、コレクションのサイズよりも小さくなければなりません"Must be non-negative and less than the size of the collection." エラーがユーザーが一部のテナントについてサブスクリプションがない場合に表示されることがあります。error when the user had no subscriptions in some tenants. たとえば、URL からバックアップを復元するときに、ユーザーはこれを実行できます。The user could run into this one when trying to restore a backup from URL, for example.

結果グリッド:Result Grid:

  • 高コントラスト モードの (選択された行番号が表示されない) 問題を修正しました。Fixed an issue that was causing the in High Contrast mode (selected line numbers not visible).

XEvent プロファイラー:XEvent Profiler:

  • 96 コアの SQL Server に接続したときに XEvent Profiler が起動できなかった問題を修正しました。Fixed an issue where XEvent Profiler failed to launch when connected to a 96-core SQL Server.

非推奨の機能Deprecated Features

次の機能は、SSMS で使用できなくなりました。The following features are no longer available in SSMS:

  • T-SQL デバッガーT-SQL Debugger
  • データベース ダイアグラムDatabase Diagrams
  • OSQL.EXEOSQL.EXE
  • 管理 UI の表示Dreplay Admin UI
  • Configuration Manager ツール:Configuration Manager tools:

    • SQL Server Configuration Manager と Reporting Server Configuration Manager のどちらも SSMS セットアップに含まれなくなりました。Both SQL Server Configuration Manager and Reporting Server Configuration Manager are not part of SSMS setup anymore.
  • DMF の標準ポリシーDMF Standard Policies

    • SSMS でポリシーはインストールされなくなりました。The policies are not installed with SSMS anymore. これらは Git に移動されます。They are moved to Git. ユーザーは必要に応じてこれらを投稿し、ダウンロード/インストールすることができます。Users are able to contribute and download/install them, if they want to.
  • SSMS コマンド ライン オプション -P が削除されましたSSMS command-line option -P removed

    • セキュリティに関する懸案事項で、コマンド ラインでクリア テキストのパスワードを指定するオプションが削除されました。Due to security concerns, the option to specify clear-text passwords on the command line was removed.
  • [スクリプトの生成] | [Web サービスにパブリッシュ] が削除されました。Generate Scripts | Publish to Web Service removed. この (非推奨の) 機能は SSMS UI から削除されました。This (deprecated) feature was removed from the SSMS UI.

  • オブジェクト エクスプローラーでノード [メンテナンス] | [レガシ] が削除されました。Removed node "Maintenance | Legacy" in Object Explorer. [スクリプトの生成とパブリッシュ] | [Web サービスに公開] オプションは削除されました。In Generate and Publish Scripts | Publish to Web Service option is removed. 古い "データベース メンテナンス プラン" と "SQL メール" ノードにはアクセスできなくなりました。The old "Database Maintenance Plan" and "SQL Mail" nodes won't be accessible anymore. 新しい [データベース メール] と [メンテナンス プラン] ノードは、引き続き通常どおり動作します。The modern "Database Mail" and "Maintenance Plans" nodes continue to work as usual.

既知の問題Known issues

現在のリリースでの既知の問題は、次のとおりです。The following are known issues in the current release:

重要

"Active Directory - Universal with MFA のサポート" 認証を SQL クエリ エディターと共に使用する場合、クエリを呼び出すたびに接続が終了し、再び開かれることがあります。When using Active Directory - Universal with MFA Support authentication with the SQL query editor, users may experience their connection being closed and reopened with each query invocation. このような終了の副作用として、グローバル一時テーブルが予期せず削除されること、また場合によって接続に新しい SPID が付与されることがあります。Side effects of such closure include global temporary tables being dropped unexpectedly and sometimes a new SPID being given to the connection. この終了は、接続上に開いているトランザクションがある場合には発生しません。This closure will not occur if there is an open transaction on the connection. この問題を回避するために、ユーザーは接続パラメーターに persist security info=true を設定できます。To work around this issue, users can set persist security info=true in the connection parameters.

SSMSSSMS

  • .sql ファイルをダブルクリックすると SSMS が起動しますが、実際のスクリプトは開きません。Double-clicking on a .sql file launches SSMS, but does not open the actual script.
    • 回避策: .sql ファイルをドラッグし、SSMS エディターにドロップします。Workaround: drag and drop the .sql file onto the SSMS editor.

SSISSSIS

  • パッケージが旧バージョンの SQL Server をターゲットとし、同時にスクリプト タスク/スクリプト コンポーネントを含んでいる場合、そのパッケージを正常にデプロイまたは実行できません。Package can't be deployed or executed successfully when it targets SQL Server of old version and contains Script Task/Script component at the same time.
  • SSMS はリモートの Integration Services に接続できません。SSMS can't connect to remote Integration Services.

SSMS 17.9.1 (最新の GA リリース)SSMS 17.9.1 (latest GA release)

SSMS 17.9.1 のダウンロードdownload SSMS 17.9.1

  • リリース番号: 17.9.1Release number: 17.9.1
  • ビルド番号: 14.0.17289.0Build number: 14.0.17289.0
  • リリース日: 2018 年 11 月 21 日Release date: November 21, 2018

17.9.1 は 17.9 に対する小規模な更新であり、次のバグが修正されています。17.9.1 is a small update to 17.9 with the following bug fixes:

  • "Active Directory - Universal with MFA のサポート" 認証を SQL クエリ エディターと共に使用すると、クエリを呼び出すたびに接続が終了し、再び開かれることがある、という問題を修正しました。Fixed an issue where users may experience their connection being closed and reopened with each query invocation when using "Active Directory - Universal with MFA Support" authentication with the SQL query editor. 接続が終了する副作用として、グローバル一時テーブルが予期せず削除されること、また場合によって接続に新しい SPID が付与されることがあります。Side effects of the connection closing included global temporary tables being dropped unexpectedly, and sometimes a new SPID given to the connection.
  • 復元プランが復元プランを発見できない、または特定の条件下で非効率的な復元プランが生成されるという、長いあいだ未解決であった問題を修正しました。Fixed a long outstanding issue where restore plan would fail to find a restore plan, or would generate an inefficient restore plan under certain conditions.
  • Azure SQL データベースへの接続時にエラーが発生する原因であった "データ層アプリケーションのインポート" ウィザードでの問題を修正しました。Fixed an issue in the "Import Data-tier Application" wizard which could result in an error when connected to an Azure SQL database.

注意

SSMS 17.x の英語以外のローカライズされたリリースでは、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 にインストールする場合、KB 2862966 セキュリティ更新プログラム パッケージが必要です。Non-English localized releases of SSMS 17.x require the KB 2862966 security update package if installing on: Windows 8, Windows 7, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2.

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

SSMS 17.9SSMS 17.9

SSMS 17.9 のダウンロードdownload SSMS 17.9

ビルド番号: 14.0.17285.0Build number: 14.0.17285.0
リリース日: 2018 年 9 月 4 日Release date: September 04, 2018

注意

SSMS 17.x の英語以外のローカライズされたリリースでは、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 にインストールする場合、KB 2862966 セキュリティ更新プログラム パッケージが必要です。Non-English localized releases of SSMS 17.x require the KB 2862966 security update package if installing on: Windows 8, Windows 7, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2.

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

プラン表示:ShowPlan:

  • グラフィカルなプラン表示で、特定のプランに向けてこの機能をアクティブ化したときに、新しい行モード メモリ許可フィードバックの属性が表示されるようになりました: IsMemoryGrantFeedbackAdjusted と LastRequestedMemory が MemoryGrantInfo クエリ プランの XML 要素に追加されます。Graphical Showplan now shows the new row mode memory grant feedback attributes when the feature is activated for a specific plan: IsMemoryGrantFeedbackAdjusted and LastRequestedMemory added to the MemoryGrantInfo query plan XML element. 行モード メモリ許可フィードバックについて詳しくは、「Microsoft SQL データベースでのアダプティブ クエリの処理」をご覧ください。 For more on row mode memory grant feedback, see Adaptive query processing in SQL databases.

Azure SQL:Azure SQL:

バグの修正Bug fixes

SSMS 全般General SSMS

レプリケーション モニター:Replication Monitor:

フラット ファイルのインポート ウィザード:Import Flat File Wizard:

  • "フラット ファイル ウィザード" ダイアログのヘルプ ページへのリンクを修正しましたFixed the link to the help page for "Flat File Wizard" dialog
  • テーブルが既に存在しているときにウィザードでターゲット テーブルを変更できない問題を修正しました。これによってユーザーは、ウィザードを終了して失敗したテーブルを削除してから改めてウィザードに情報を入力することなく、再試行できるようになりました (User Voice の項目: https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32896186)。Fixed issue where the wizard did not allow changing the destination table when the table already existed: this allows users to retry without having to exit the wizard, delete the failed table, and then reenter the information into the wizard (User Voice item: https://feedback.azure.com/forums/908035-sql-server/suggestions/32896186).

データ層アプリケーションのインポート/エクスポート:Import/Export Data-Tier Application:

  • .bacpac のインポートが、"Error SQL72014: .Net SqlClient Data Provider: Msg 9108, Level 16, State 10, Line 1 This type of statistics is not supported to be incremental. (この統計の種類は増分にサポートされていません。)" のようなメッセージと共に失敗する場合があることの原因となっていた (DacFx の) 問題を修正しました。Fixed an issue (in DacFx) which was causing the import of a .bacpac could fail with a message like "Error SQL72014: .Net SqlClient Data Provider: Msg 9108, Level 16, State 10, Line 1 This type of statistics is not supported to be incremental. この問題は、パーティションが定義されていてテーブルにインデックスが付いていないテーブルを扱うときに発生しました。" when dealing with tables with partitions defined and no indexes on the table.

IntelliSense:Intellisense:

  • MFA で AAD を使用する場合に Intellisense の入力候補が動作しなかった問題を修正しました。Fixed an issue where intellisense completion was not working when using AAD with MFA.

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

  • "フィルター ダイアログ" が、SSMS を稼働しているモニターではなくランダムなモニターに表示された問題を修正しました (マルチ モニター システム)。Fixed an issue where the "Filter Dialog" was displayed on random monitors instead of the monitor where SSMS was running (multi-monitor systems).

Azure SQL:Azure SQL:

  • [使用できるデータベース] でデータベースが列挙されるときに、特定のデータベースに接続しているとドロップダウンに "master" が表示されなかった問題を修正しました。Fixed an issue related to enumeration of databases in the "Available Databases" where "master" was not displayed in the dropdown when connected to a specific database.
  • MFA で AAD を使用して SQL Azure DB に接続している場合、スクリプトを生成 ([データ] または [スキーマとデータ]) しようとすると失敗した問題を修正しました。Fixed an issue where trying to generate a script ("Data" or "Schema and Data") was failing then connected to the SQL Azure DB using AAD with MFA.
  • ビュー デザイナー (ビュー) において、SQL Azure DB に接続していると UI から [テーブルの追加] を選択できなかった問題を修正しました。Fixed an issue in the View Designer (Views) where it was not possible to select "Add Tables" from the UI when connected to a SQL Azure DB.
  • MFA トークンの更新中に SSMS クエリ エディターによって接続が自動的に終了および再開された問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS Query Editor was silently closing and reopening connections during MFA token renewal. これにより、ユーザーが気付かない副作用 (たとえば、トランザクションを終了して再開しない場合) の発生を回避できます。This prevents side effects unbeknownst to the user (like closing a transaction and never reopening again) from happening. この変更では、プロパティ ウィンドウにトークンの有効期限が追加されます。The change adds the token expiration time to the properties window.
  • MFA ログインでの AAD で、インポートされた MSA アカウントに対して SSMS でパスワード プロンプトが適用されなかった問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was not enforcing password prompts for imported MSA accounts for AAD with MFA login.

利用状況モニター:Activity Monitor:

  • SQL 認証を使用して利用状況モニターから起動した場合に [ライブ クエリ統計] がハングする原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue that was causing "Live Query Statistics" to hang when launched from Activity Monitor and SQL Authentication was used.

Microsoft Azure との統合:Microsoft Azure integration:

  • SSMS によって最初の 50 個のサブスクリプション (Always Encrypted のダイアログ、BACKUP TO URL または RESTORE FROM URL のダイアログなど) しか表示されない問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS only shows the first 50 subscriptions (Always Encrypted dialogs, Backup/Restore from URL dialogs, etc...).
  • (BACKUP TO URL または RESTORE FROM URL のダイアログで) ストレージ アカウントを持っていない Microsoft Azure アカウントにサインインしようとしているときに、SSMS によって例外 ("インデックスが範囲外") がスローされた問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was throwing an exception ("Index out of range") while trying to sign in to a Microsoft Azure account that did not have any storage account (in Restore Backup from URL dialog).

オブジェクト スクリプト作成:Object Scripting:

  • DROP および CREATE のスクリプトを作成するときに、SSMS によって動的 T-SQL が生成されなくなりました。When scripting "Drop and Create", SSMS now avoids generating dynamic T-SQL.
  • データベース オブジェクトのスクリプトを作成するときに、SSMS によってデータベース スコープ構成を設定するスクリプトが (それらが既定値に設定されていれば) 生成されなくなりました。When scripting a database object, SSMS now does not generate script to set database scoped configurations, if they are set to default values.

Help:Help:

  • [ヘルプに関するヘルプ] でオンライン/オフライン モードが考慮されないという、長い間未解決だった問題を修正しました。Fixed a long outstanding issue where "Help on Help" was not honoring the online/offline mode.
  • [ヘルプ | コミュニティ プロジェクト && サンプル] をクリックすると、SSMS によって既定のブラウザーで Git ページが開かれるようになり、古いブラウザーの使用に関するエラーや警告が表示されなくなりました。When clicking on "Help | Community Projects and Samples" SSMS now opens the default browser that points to a Git page and shows no errors/warnings due to old browser being used.

既知の問題Known issues

重要

"Active Directory - Universal with MFA のサポート" 認証を SQL クエリ エディターと共に使用する場合、クエリを呼び出すたびに接続が終了し、再び開かれることがあります。When using Active Directory - Universal with MFA Support authentication with the SQL query editor, users may experience their connection being closed and reopened with each query invocation. このような終了の副作用として、グローバル一時テーブルが予期せず削除されること、また場合によって接続に新しい SPID が付与されることがあります。Side effects of such closure include global temporary tables being dropped unexpectedly and sometimes a new SPID being given to the connection. この終了は、接続上に開いているトランザクションがある場合には発生しません。This closure will not occur if there is an open transaction on the connection. この問題を回避するために、ユーザーは接続パラメーターに persist security info=true を設定できます。To work around this issue, users can set persist security info=true in the connection parameters.

以前のリリースの SSMSPrevious SSMS releases

以前のバージョンの SSMS をダウンロードするには、次のセクションのタイトル リンクをクリックします。Download previous SSMS versions by clicking the title links in the following sections:

ダウンロード SSMS 17.8.1download SSMS 17.8.1

17.8 では SQL データベースのプロビジョニングに関連するバグが検出されたため、17.8 は SSMS 17.8.1 に置き換えられました。A bug was discovered in 17.8 related to provisioning SQL databases, so SSMS 17.8.1 replaces 17.8.

ビルド番号: 14.0.17277.0Build number: 14.0.17277.0
リリース日: 2018 年 6 月 26 日Release date: June 26, 2018

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

データベースのプロパティ:Database Properties:

  • このバージョンでは、ファイル グループ用の AUTOGROW_ALL_FILES 構成オプションが公開されます。This improvement exposes the AUTOGROW_ALL_FILES configuration option for Filegroups. この新しい構成オプションは、[データベースのプロパティ] > [ファイル グループ] ウィンドウにおいて、使用可能なファイル グループ (ファイルストリーム ファイル グループとメモリ最適化ファイル グループを除く) ごとにチェック ボックスの新しい列 ([すべてのファイルを自動拡張]) の形式で追加されます。This new config option is added under the Database Properties > Filegroups window in the form of a new column (Autogrow All Files) of checkboxes for each available Filegroup (except for Filestream and Memory Optimized Filegroups). ユーザーは、対応する [すべてのファイルを自動拡張] チェック ボックスをオン/オフにすることで、特定のファイル グループに対して AUTOGROW_ALL_FILES を有効/無効にすることができます。The user can enable/disable AUTOGROW_ALL_FILES for a particular Filegroup by toggling the corresponding Autogrow_All_Files checkbox. それに応じて、CREATE 用のデータベースのスクリプト化またはデータベース (SQL 2016 以上) 用のスクリプトの生成の際に、AUTOGROW_ALL_FILES オプションが適切にスクリプト化されます。Correspondingly, the AUTOGROW_ALL_FILES option is properly scripted when scripting the database for CREATE / generating scripts for the database (SQL2016 and above).

SQL エディター:SQL Editor:

  • ユーザーにマスターへのアクセス権がない場合の、Azure SQL Database における Intellisense のエクスペリエンスが向上しました。Improved experience with Intellisense in Azure SQL Database when the user doesn't have master access.

スクリプトの作成:Scripting:

  • 全般的な (特に、待機時間の長い接続における) パフォーマンスが向上しました。General performance improvements, especially over high-latency connections.

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • Analysis Services クライアント ライブラリとデータ プロバイダーが最新バージョンに更新され、新しい Azure Government AAD 権限 (login.microsoftonline.us) のサポートが追加されました。Analysis Services client libraries and data providers updated to the latest version, which added support for the new Azure Government AAD authority (login.microsoftonline.us).

バグの修正Bug fixes

SSMS 全般General SSMS

メンテナンス プラン:Maintenance Plans:

  • SQL 認証を使用するメンテナンス プランを編集する場合に "オペレーターへの通知タスク" が失敗していた問題を修正しました。Fixed an issue when editing maintenance plans with Sql Authentication where "Notify Operator Task" was failing when using SQL authentication.

スクリプトの作成:Scripting:

  • SMO における PostProcess アクションによってリソースが消費され、SQL ログインが失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where PostProcess actions in SMO lead to resource exhaustion and SQL login failures

SMO:SMO:

Always Encrypted:Always Encrypted:

  • パーティション テーブルで Always Encrypted を有効にした場合のロック タイムアウト エラーの原因となっていた (DacFx の) 問題を修正しました。Fixed an issue (in DacFx) which was causing a lock timeout error when enabling Always Encrypted on a partitioned table

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • 表形式 Analysis Services 1400 レベルの互換性モデルの OAuth データ ソースを変更する場合に発生していた問題を修正しました。この問題が原因で、OAuth トークンにおける変更がデータ ソースで更新されませんでした。Fixed an issue that occurred when modifying an OAuth datasource in a Tabular Analysis Services 1400-level compatibility model, which caused the changes in the OAuth tokens to not get updated in the data source.
  • Analysis Services 表形式 1400 レベルの互換性モデルにおける一部の無効なデータ ソースの資格情報の使用時または Power Query (Oracle など) での [データ ソースの変更] の移行をサポートしていないデータ ソースの編集時に発生する可能性のあった SSMS のクラッシュを修正しました。Fixed a crash in SSMS that may have occurred when using some invalid data source credentials or editing data sources that didn't support Change Data Source migration in Power Query (for example, Oracle) in Analysis Services Tabular 1400-level compatibility models.

既知の問題Known issues

  • [プロパティ] ウィンドウでファイル グループのプロパティを変更した後に [スクリプト] ボタンをクリックすると、2 つのスクリプトが生成されます。1 つ目は USE ステートメントを使用したスクリプト、2 つ目は USE master ステートメントを使用したスクリプトです。Clicking the Script button after modifying any filegroup property in the Properties window, generates two scripts - one script with a USE statement, and a second script with a USE master statement. USE master を使用したスクリプトの生成時にはエラーが発生するため、このスクリプトを破棄する必要があります。The script with USE master is generated in error and should be discarded. USE ステートメントを含むスクリプトを実行してください。Run the script that contains the USE statement.
  • 新しい General Purpose または Business Critical エディションの Azure SQL Database を使用するとき、無効なエディションであるというエラーが一部のダイアログに表示されます。Some dialogs display an invalid edition error when working with new General Purpose or Business Critical Azure SQL Database editions.
  • XEvent ビューアーで待機時間が発生する場合があります。Some latency in XEvents viewer may be observed. これは、.NET Framework における既知の問題です。This is a known issue in the .Net Framework. NetFx 4.7.2 へのアップグレードを検討してください。Consider upgrading to NetFx 4.7.2.

ダウンロード SSMS 17.7download SSMS 17.7

ビルド番号: 14.0.17254.0Build number: 14.0.17254.0
リリース日: 2018 年 5 月 9 日Release date: May 09, 2018

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

レプリケーション モニター:Replication Monitor:

  • レプリケーション モニターでは、パブリッシャー データベースかディストリビューター データベースが可用性グループに含まれるとき、リスナーを登録できるようになりました。Replication monitor now supports registering a listener for scenarios where publisher database and/or distributor database is part of Availability Group. パブリッシャー データベースかディストリビューター データベースが AlwaysOn 可用性グループに含まれるとき、レプリケーション環境を監視できるようになりました。You can now monitor replication environments where publisher database and/or distribution database is part of Always On.

Azure SQL Data Warehouse:Azure SQL Data Warehouse:

  • Azure SQL Data Warehouse で外部テーブルの "拒否された行の場所" サポートを追加します。Add Rejected Row Location support for External Tables in Azure SQL Data Warehouse.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • Azure SQL Database にデプロイされた SSIS パッケージのスケジュールを設定する機能を追加しました。Added a scheduling feature for SSIS packages deployed to Azure SQL Database. SQL Server エージェントがファーストクラス ジョブ スケジューラーとして使用されていたオンプレミス SQL Server や SQL Database Managed Instance とは異なり、SQL Database にはスケジューラーが組み込まれていません。Unlike SQL Server on premises and SQL Database Managed Instance, which have SQL Server Agent as a first-class job scheduler, SQL Database does not have a built-in scheduler. この新しい SSMS 機能は SQL Server エージェントに似た、おなじみのインターフェイスを備えており、SQL Database にデプロイされているパッケージをそのインターフェイスでスケジュール設定できます。This new SSMS feature provides a familiar user interface that's similar to SQL Server Agent for scheduling packages deployed to SQL Database. SQL Database を使用して SSIS カタログ データベース (SSISDB) をホストする場合、この SSMS 機能を使用し、SSIS パッケージのスケジュール設定に必要なデータ ファクトリのパイプライン、アクティビティ、トリガーを生成できます。If you're using SQL Database to host the SSIS catalog database, SSISDB, you can use this SSMS feature to generate the Data Factory pipelines, activities, and triggers required to schedule SSIS packages. その後、データ ファクトリでそれらのオブジェクトを編集したり、拡張したりできます。You can then edit and extend these objects in Data Factory. 詳細については、SSMS を使用し、Azure SQL Database で SSIS パッケージの実行スケジュールを設定する方法に関するページを参照してください。For more info, see Schedule SSIS package execution on Azure SQL Database with SSMS. Azure Data Factory のパイプライン、アクティビティ、トリガーの詳細については、「Azure Data Factory のパイプラインとアクティビティ」と「Azure Data Factory でのパイプラインの実行とトリガー」を参照してください。To learn more about Azure Data Factory pipelines, activities, and triggers, see Pipelines and activities in Azure Data Factory and Pipeline execution and triggers in Azure Data Factory.
  • SQL Managed Instance の SQL エージェントで SSIS パッケージのスケジュール設定をサポートSupport for SSIS package scheduling in SQL Agent on SQL Managed instance. マネージド インスタンスで SSIS パッケージを実行する SQL エージェント ジョブを作成できるようになりました。It is now possible to create SQL Agent jobs to execute SSIS packages on the managed instance.

バグの修正Bug fixes

SSMS 全般General SSMS

メンテナンス プラン:Maintenance Plan:

Always On:Always On:

  • Always On Latency Dashboard と SQL Server 2012 が連動しない問題を解決しました。Fixed an issue where Always On Latency Dashboard was not working with SQL Server 2012.

スクリプトの作成:Scripting:

  • 管理者以外のユーザーが Azure SQL Data Warehouse に対するストアド プロシージャを作成できない問題を解決しました。Fixed an issue where scripting stored procedure against Azure SQL Data Warehouse, is not working for non-admin user.
  • Azure SQL Database に対してデータベースのスクリプトを作成するとき、SCOPED CONFIGURATION プロパティのスクリプトが作成されなかった問題を解決しました。Fixed an issue where scripting a database against Azure SQL Database was not scripting the SCOPED CONFIGURATION properties.

テレメトリ:Telemetry:

  • SSMS がクラッシュし、テレメトリの送信を無効にした後、サーバーに接続を試行する問題を解決しました。Fixed issue where SSMS crashes then trying to connect to a server, after opting out of sending telemetry.

Azure SQL Database:Azure SQL Database:

  • ユーザーが互換性レベルを設定または変更できない問題を解決しました (ドロップダウン フォームが空)。Fixed an issue where the user was not able to set or change compatibility level (the drop-down from empty). 注: 互換性レベルを 150 に設定するには、[スクリプト] ボタンを使用し、スクリプトを手動で編集する必要があります。Note: in order to set the compatibility level to 150, the user still needs to use the Script button and manually edit the script.

SMO:SMO:

  • SMO でエラー ログ サイズ設定を公開しました。Exposed Error Log Size setting in SMO. 詳細については、「Set the Maximum Size of the SQL Server Error Logs」 (SQL Server エラー ログの最大サイズの設定) を参照してください。For details, see Set the Maximum Size of the SQL Server Error Logs.
  • Linux の SMO でラインフィード スクリプト作成を修正。Fix linefeed scripting in SMO on Linux.
  • 滅多に使用されないプロパティを取得するときのさまざまなパフォーマンスを改善。Miscellaneous perf improvement when retrieving rarely used properties.

IntelliSense:Intellisense:

  • パフォーマンス改善: 列データに関して、IntelliSense クエリの量減らしました。Perf improvement: reduced volume of intellisense queries for column data. これは特に、大量の列があるテーブルの利用時に効果があります。This is especially beneficial when working on tables with huge number of columns.

SSMS ユーザー設定:SSMS User settings:

  • オプション ページのサイズが正しく変更されない問題を解決しました。Fixed an issue where the options page was not resizing properly.

その他:Misc:

  • "統計詳細" ページのテキスト表示を改善しました。Improved how text is displayed on Statistics details page.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • Azure SQL Database Managed Instance のサポートが改善しました。Better support for Azure SQL Database Managed Instance.
  • ユーザーが SQL Server 2014 以前のカタログを作成できない問題を解決しました。Fixed an issue where the user was unable to create a catalog for SQL Server 2014 or before.
  • レポートに関する 2 つの問題を解決しました。Fixed two issues with reports:
    • Azure サーバーのコンピューター名を削除しました。Removed the machine name for Azure servers.
    • ローカライズされたオブジェクト名の処理を改善しました。Improved handling of localized object name.

既知の問題Known issues

新しい General Purpose または Business Critical エディションの Azure SQL Database を使用するとき、無効なエディションであるというエラーが一部のダイアログに表示されます。Some dialogs display an invalid edition error when working with new General Purpose or Business Critical Azure SQL Database editions.

ダウンロード SSMS 17.6download SSMS 17.6

ビルド番号: 14.0.17230.0Build number: 14.0.17230.0
リリース日: 2018 年 3 月 20 日Release date: March 20, 2018

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

SQL Database Managed Instance:SQL Database Managed Instance:

  • Azure SQL Database Managed Instance のサポートが追加されました。Added a support for Azure SQL Database Managed Instance. Azure SQL Database Managed Instance は、SQL Server オンプレミスとのほぼ 100% の互換性、セキュリティに関する一般的な問題に対応するネイティブな仮想ネットワーク (VNet) の実装、およびオンプレミスの SQL Server ユーザーに適したビジネス モデルを提供します。Azure SQL Database Managed Instance provides near 100% compatibility with SQL Server on-premises, a native virtual network (VNet) implementation that addresses common security concerns, and a business model favorable for on-premises SQL Server customers.
  • 次のような一般的な管理シナリオをサポートします。Support for common management scenarios like:
    • データベースの作成と変更。Create and alter databases.
    • データベースのバックアップと復元を行う。Back up and restore databases.
    • データ層アプリケーションのインポート、エクスポート、抽出、公開。Importing, exporting, extracting, and publishing Data-tier Applications.
    • サーバー プロパティの表示と変更。Viewing and altering Server properties.
    • オブジェクト エクスプローラーの完全なサポート。Full Object Explorer support.
    • データベース オブジェクトのスクリプト作成。Scripting database objects.
    • SQL エージェント ジョブのサポート。Support for SQL Agent jobs.
    • リンク サーバーのサポート。Support for Linked Servers.
  • マネージド インスタンスの詳細については、こちらを参照してください。Learn more about Managed Instances here.

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

  • オブジェクト エクスプローラーからクエリ ウィンドウにドラッグ アンド ドロップするときに、名前を角かっこで囲むことを強制しない設定が追加されました。Added settings to not force brackets around names when dragging & dropping from Object Explorer to Query Window. (ユーザー提案 32911933 および 32671051)(User suggestions 32911933, and 32671051.)

データ分類:Data Classification:

  • 一般的な機能強化とバグの修正。General improvements and bug fixes.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

バグの修正Bug fixes

SSMS 全般General SSMS

データ分類:Data Classification:

  • 新しく追加した分類が古い情報の種類秘密ラベルで表示される *データ分類の問題を修正しました。Fixed an issue in *Data Classification that was causing newly added classifications to be displayed with stale information type and sensitivity label.
  • 大文字と小文字を区別する照合順序に設定されたサーバーを対象とすると "データ分類" が動作しなかった問題を修正しました。Fixed an issue where Data Classification was not working when targeting a server set to a case-sensitive collation.

Always On:Always On:

  • 大文字と小文字を区別する照合順序にサーバーが設定されているときに [待機時間データの収集] をクリックするとエラーになる、AG のダッシュボードの表示の問題を修正しました。Fixed an issue in AG Show Dashboard where clicking on Collect Latency Data could result in an error when the server was set to a case-sensitive collation.
  • クラスター サービスのシャットダウン時に AG が "分散" と誤って報告される SSMS の問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was incorrectly reporting an AG as Distributed when the Cluster service shuts down.
  • [可用性グループの作成] ダイアログを使って AG を作成するときに ReadOnlyRoutingUrl が要求される問題を修正しました。Fixed an issue when creating AG using Create Availability Group dialog the ReadOnlyRoutingUrl is required.
  • プライマリがダウンしたときに手動でセカンダリにフェールオーバーすると NullReferenceException がスローされる問題を修正しました。Fixed an issue when the primary is down and manually failover to secondary, a NullReferenceException is thrown.
  • バックアップ/復元を使って可用性グループを作成してデータベースを初期化すると、セカンダリ レプリカでデータベース ファイルが既定のディレクトリに作成される問題を修正しました。Fixed an issue when creating Availability Group using backup/restore to initialize a database, on the secondary replicas, the database files are created in the default directory. 次の修正が含まれます。The fix includes:
    • データ/ログ ディレクトリ検証コントロールを追加します。Add the data/log directory validator.
    • レプリカがプライマリ レプリカと異なる OS 上にある場合にのみファイルの再配置を行います。Only do the file relocation when the replica is on a different OS to the primary replica.
  • SSMS ウィザードが CLUSTER_TYPE オプションを生成しないためにセカンダリの結合が失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS wizard doesn't generate CLUSTER_TYPE option, causing secondary join to fail.

セットアップ:Setup:

  • SSMS が既定以外の場所にインストールされていた場合、"アップグレード パッケージ" をインストールすることによって SSMS をアップグレードしようとすると失敗する問題を修正しました。Fixed issue where trying to upgrade SSMS by installing the "upgrade package" was failing when SSMS was installed in a non-default location.

SMO:SMO:

  • SQL Server 2016 以降でテーブルのスクリプトに最大 30 秒かかるパフォーマンスの問題を修正しました (今では、1 秒未満に短縮されています)。Fixed performance issue where scripting tables on SQL Server 2016 and above could take up to 30 seconds (now, it's down to less than 1 second).

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

  • オブジェクト エクスプローラーで "管理" ノードを展開しようとすると SSMS が "オブジェクトを DBNull から他のタイプにキャストすることはできません" のような例外をスローする問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS could throw an exception like "Object cannot be cast from DBNull to other types" when trying to expand Management node in Object Explorer.
  • ユーザー定義の PS プロファイルが出力を生成すると "PowerShell の起動" が SQLServer モジュールを検出しない問題を修正しました。Fixed an issue where Start PowerShell was not detecting the SQLServer module when user-defined PS profile emitted output.
  • オブジェクト エクスプローラーでテーブルまたはインデックス ノードを右クリックすると発生した断続的なハングを修正しました。Fixed an intermittent hang that could occur when right-clicking a Table or Index node in Object Explorer.

データベース メール:Database Mail:

  • 16 個より多いプロファイルを表示/管理しようとすると "データベース メール構成ウィザード" が例外をスローする問題を修正しました。Fixed an issue where Database Mail Configuration Wizard was throwing an exception when trying to display/manage more than 16 profiles.

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • SSMS で 1400 互換性レベル モデルのデータ ソースを変更すると変更がサーバーに保存されない問題を修正しました。Fixed as issue where modifying a data source on a 1400 compatibility level model in SSMS the changes are not saved to the server.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • SQL Database Managed Instance に接続すると SSMS で SSIS カタログ ノードとレポートが表示されない問題を修正しましたFixed an issue where SSMS did not show SSIS catalog node and reports when connected to SQL Database Managed Instance

既知の問題Known issues

警告

メンテナンス プランの使用中に SSMS 17.6 が不安定になりクラッシュするという既知の問題があります。There is a known issue where SSMS 17.6 becomes unstable and crashes when using Maintenance Plans. メンテナンス プランを使用する場合は、SSMS 17.6 をインストールしないでください。If you use Maintenance Plans, do not install SSMS 17.6. 17.6 を既にインストールしていて、この問題の影響を受けている場合は、SSMS 17.5 にダウングレードしてください。Downgrade to SSMS 17.5 if you already installed 17.6 and this issue is affecting you.

ダウンロード SSMS 17.5download SSMS 17.5

一般公開 | ビルド番号: 14.0.17224.0Generally available | Build number: 14.0.17224.0

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

データの検出と分類:Data Discovery & Classification:

  • データベース内の機密データの検出、分類、ラベル付けとレポート作成を行うための新しい SQL データの検出と分類機能が追加されました。Added a new SQL Data Discovery & Classification feature for discovering, classifying, labeling & reporting sensitive data in your databases.
  • 最も機密性の高いデータ (ビジネス、財務、医療、PII など) の自動検出と分類は、組織の情報保護の達成において極めて重要な役割を果たすことができます。Auto-discovering and classifying your most sensitive data (business, financial, healthcare, PII, etc.) can play a pivotal role in your organizational information protection stature.
  • 詳細については、「SQL データの検出と分類」を参照してください。Learn more at SQL Data Discovery & Classification.

クエリ エディター:Query Editor:

  • Azure SQL DW の区切られたテキストの外部ファイル形式に SkipRows オプションのサポートが追加されました。Added support for SkipRows option to the Delimited Text External File Format for Azure SQL DW. この機能では、ユーザーは区切られたテキスト ファイルを SQL DW に読み込む際に指定した数の行をスキップすることができます。This capability allows users to skip a specified number of rows when loading delimited text files into SQL DW. また、FIRST_ROW キーワードの対応する intellisense/SMO サポートも追加されました。Also added the corresponding intellisense/SMO support for the FIRST_ROW keyword.

Showplan:Showplan:

  • SQL Data Warehouse の推定プラン ボタンを表示できるようになりました。Enabled display of estimated plan button for SQL Data Warehouse
  • 新しい Showplan 属性 EstimateRowsWithoutRowGoal が追加され、新しい Showplan 属性 (UdfCpuTimeUdfElapsedTime) が QueryTimeStats に追加されました。Added new showplan attribute EstimateRowsWithoutRowGoal; and added new showplan attributes to QueryTimeStats: UdfCpuTime and UdfElapsedTime. 詳細については、「Optimizer row goal information in query execution plan added in SQL Server 2017 CU3」 (SQL Server 2017 CU3 で追加されたクエリ実行プランのオプティマイザー行の目標情報) を参照してください。For more information, see Optimizer row goal information in query execution plan added in SQL Server 2017 CU3.

バグの修正Bug fixes

SSMS 全般General SSMS

Showplan:Showplan:

  • LQS 接続の経過時間ではなく、エンジンの実行時間を表示するように、ライブ クエリ統計経過時間が修正されました。Fixed Live Query Statistics elapsed time, to show engine execution time instead of time elapsed for LQS connection.
  • Showplan で GbApply や InnerApply などの Apply 論理演算子を認識できないという問題が修正されました。Fixed an issue where showplan was not able to recognize Apply logical operators like GbApply and InnerApply.
  • ExchangeSpill に関する問題が修正されました。Fixed an issue related to ExchangeSpill.

クエリ エディター:Query Editor:

  • 先頭に "SET SHOWPLAN_ALL ON" が付いた単純なクエリを実行する際に SSMS が "入力文字列の形式が正しくありません。Fixed on issue related to SPIDs where SSMS could throw an error like "Input string was not in a correct format. (mscorlib)" というようなエラーをスローするという SPID に関する問題が修正されました。(mscorlib)" when executing a simple query preceded by a "SET SHOWPLAN_ALL ON".

SMO:SMO:

  • サーバーの照合順序で大文字と小文字が区別される場合に SMO が AvailabilityReplica プロパティをフェッチできない (その結果、SSMS で "マルチパート識別子 "a.delimited" をバインドできませんでした" というようなエラー メッセージが表示される場合がある) という問題が修正されました。Fixed an issue where SMO was not able to fetch AvailabilityReplica properties in case the server collation happened to be case-sensitive (as a result, SSMS could display an error message like "The multi-part identifier "a.delimited" could not be bound."
  • 照合順序が処理されない (その結果、照合順序の大文字と小文字が区別されるサーバーで実行されているデータベースで右クリックしたときに、トルコ語のロケールの ma マシン上で実行されている SSMS で "レガシカーディナリティ推定が有効なスコープ構成ではありません" というようなエラーが表示される場合がある) という、DatabaseScopedConfigurationCollection クラスの問題が修正されました。Fixed an issue in DatabaseScopedConfigurationCollection class, where incorrectly handling collations (as a result, an SSMS running on an ma machine with a Turkish locale could display an error like "legacy cardinality estimation is not valid scoped configuration" when right-clicking on a database running on a server with a case-sensitive collation).
  • SMO が SQL 2005 サーバーで SQL エージェント プロパティをフェッチできない (その結果、SSMS が "ローカル変数に既定値を代入できません。Fixed an issue in JobServer class, where SMO was not able to fetch SQL Agent properties on a SQL 2005 server (as a result, SSMS was throwing an error like "Cannot assign a default value to a local variable. スカラー変数 "@ServiceStartMode を宣言してください" というようなエラーをスローし、最終的にオブジェクト エクスプローラーで SQL エージェント ノードが表示されない) という、JobServer クラスの問題が修正されました。Must declare the scalar variable "@ServiceStartMode" and, ultimately, was not displaying the SQL Agent node in Object Explorer).

テンプレート:Templates:

オブジェクト エクスプローラー:Object Explorer:

監査: Auditing:

  • 監査ファイルの統合機能に関する問題が修正されました。Fixed an issue with the Merge Audit Files feature.

既知の問題Known issues

データ分類:Data classification:

  • 分類を削除してから、同じ列の新しい分類を手動で追加すると、古い情報の種類と機密ラベルがメイン ビューの列に割り当てられます。Removing a classification and then manually adding a new classification for the same column results in the old information type and sensitivity label being assigned to the column in the main view.
    回避策: 分類をメイン ビューに戻した後、保存する前に新しい情報の種類と機密ラベルを割り当てます。Workaround: Assign the new information type and sensitivity label after the classification was added back to the main view and before saving.

ダウンロード SSMS 17.4download SSMS 17.4

一般公開 | ビルド番号: 14.0.17213.0Generally available | Build number: 14.0.17213.0

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

新機能What's new

SSMS 全般General SSMS

脆弱性評価:Vulnerability Assessment:

  • データベースをスキャンして潜在的な脆弱性およびベスト プラクティスからの逸脱 (構成の不備、過剰なアクセス許可、公開された機密データなど) がないかを確認できるように新しい SQL 脆弱性評価サービスが追加されました。Added a new SQL Vulnerability Assessment service to scan your databases for potential vulnerabilities and deviations from best practices, such as misconfigurations, excessive permissions, and exposed sensitive data.
  • 評価の結果には、各々の問題を解決する実践的な手順が含まれ、カスタマイズした修復スクリプトが適宜提供されます。Results of the assessment include actionable steps to resolve each issue and customized remediation scripts where applicable. 評価レポートは環境ごとにカスタマイズし、特定の要件に合わせて調整することができます。The assessment report can be customized for each environment and tailored to specific requirements. 詳細については、「SQL 脆弱性評価」を参照してください。Learn more at SQL Vulnerability Assessment.

SMO:SMO:

  • Azure 上で *HasMemoryOptimizedObjects が例外をスローする問題を修正しました。Fixed issue where *HasMemoryOptimizedObjects were throwing exception on Azure.
  • 新しい CATALOG_COLLATION 機能のサポートが追加されました。Added support for new CATALOG_COLLATION feature.

Always On ダッシュボード:Always On Dashboard:

  • 可用性グループでの待機時間の分析の機能強化。Improvements for latency analysis in Availability Groups.
  • 次の 2 つの新しいレポートが追加されました: AlwaysOn_Latency_Primary および AlwaysOn_Latency_SecondaryAdded two new reports: AlwaysOn_Latency_Primary and AlwaysOn_Latency_Secondary.

Showplan:Showplan:

  • 適切なドキュメントを指すようにリンクが更新されました。Updated links to point to correct documentation.
  • 実際に作成されたプランから直接、単一プラン分析を実行できます。Allow single plan analysis directly from actual plan produced.
  • 新しいアイコンのセット。New set of icons.
  • GbApply や InnerApply などの "Apply 論理演算子" を認識するためのサポートが追加されました。Added support for recognize "Apply logical operators" like GbApply, InnerApply.

XE プロファイラー:XE Profiler:

  • XEvent プロファイラーに名前が変更になりました。Renamed to XEvent Profiler.
  • 既定で、[停止] / [開始] メニュー コマンドによってセッションが停止/開始されるようになりました。Stop/Start menu commands now stop/start the session by default.
  • キーボード ショートカットが有効になりました (たとえば、検索する場合は CTRL + F キー)。Enabled keyboard shortcuts (for example, CTRL-F to search).
  • XEvent プロファイラー セッションの適切なイベントに database_name アクションと client_hostname アクションが追加されました。Added database_name and client_hostname actions to appropriate events in XEvent Profiler sessions. 変更を有効にするために、サーバー上で既存の QuickSessionStandard セッション インスタンスまたは QuickSessionTSQL セッション インスタンスを削除することが必要な場合があります - Connect 3142981For the change to take effect, you may need to delete existing QuickSessionStandard or QuickSessionTSQL session instances on the servers - Connect 3142981

コマンド ライン:Command line:

  • 新しいコマンド ライン オプション ("-G") が追加されました。このオプションを指定すると、Active Directory 認証 ('統合' または 'パスワード' のいずれか) を使用してサーバー/データベースへの SSMS の自動接続を行うことができます。Added a new command-line option ("-G") that can be used to automatically have SSMS connect to a server/database using Active Directory Authentication (either 'Integrated' or 'Password'). 詳細については、「Ssms ユーティリティ」を参照してください。For details, see Ssms utility.

フラット ファイルのインポート ウィザード:Import Flat File Wizard:

  • テーブルの作成時に既定値 ("dbo") 以外のスキーマの名前を選択する方法が追加されました。Added a way to pick a schema name other than the default ("dbo") when creating the table.

クエリ ストア:Query Store:

  • クエリ ストアで使用可能なレポート リストを展開するときの "低下したクエリ" レポートが復元されました。Restored the "Regressed Queries" report when expanding the Query Store available reports list.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • 展開ウィザードにパッケージ検証機能が追加されました。これにより、ユーザーは、Azure SSIS IR でサポートされていない SSIS パッケージ内のコンポーネントを容易に確認することができます。Added package validation function in Deployment Wizard, which helps the user figure out components inside SSIS packages that are not supported in Azure-SSIS IR.

バグの修正Bug fixes

SSMS 全般General SSMS

  • オブジェクト エクスプローラー: データベース スナップショットでテーブル値関数ノードが表示されない問題を修正しました (Connect 3140161)。Object Explorer: Fixed an issue where Table-Valued Function node was not showing up for database snapshots - Connect 3140161. サーバーが autoclose データベースがある場合に、"データベース" ノードを展開する際のパフォーマンスが向上しました。Improved performance when expanding Databases node when the server has autoclose databases.
  • オブジェクト エクスプローラー: マスター データベースへのアクセス権をユーザーが持っていない場合に IntelliSense が失敗する問題を修正しました。Query Editor: Fixed an issue where IntelliSense was failing for users that don't have access to the master database. リモート コンピューターへの接続を終了するときに、場合によって SSMS をクラッシュさせていた問題を修正しました - Connect 3142557Fixed an issue that was causing SSMS to crash in some cases when the connection to a remote machine was closed - Connect 3142557.
  • XEvent Viewer: XEL へのエクスポート機能が再び有効になりました。XEvent Viewer: Re-enabled functionality to export to XEL. 場合によって、ユーザーが XEL ファイル全体を読み込めないという問題を修正しました。Fixed issues where in some cases the user was not able to load an entire XEL file.
  • XEvent Profiler: ユーザーが VIEW SERVER STATE アクセス許可を持っていない場合に SSMS のクラッシュの原因となっていた問題を修正しました。XEvent Profiler: Fixed an issue that was causing SSMS to crash when the user did not have VIEW SERVER STATE permissions. XE プロファイラー ライブ データ ウィンドウを閉じても基になるセッションが停止しないという問題を修正しました。Fixed an issue where closing the XE Profiler Live Data window did not stop the underlying session.
  • 登録済みサーバー: [... に移動] コマンドが停止する問題を修正しました (Connect 3142862 および Connect 3144359)。Registered Servers: Fixed an issue where the "Move To..." command stopped working - Connect 3142862 and Connect 3144359.
  • SMO: 転送オブジェクトの TransferData メソッドが動作していないという問題を修正しました。SMO: Fixed an issue where the TransferData method on the Transfer object was not working. SQL DW データベースが一時停止した場合に Server データベースが例外をスローするという問題を修正しました。Fixed an issue where Server databases throws exception for paused SQL DW databases. SQL DW に対して SQL データベースをスクリプト化すると、不適切な T-SQL パラメーター値が生成されるという問題を修正しました。Fixed an issue where scripting SQL database against SQL DW generated incorrect T-SQL parameter values. DB の拡張をスクリプト化したときに DATA_COMPRESSION オプションが正しく送信されないという問題を修正しました。Fixed an issue where scripting of a stretched DB incorrectly emitting the DATA_COMPRESSION option.
  • ジョブの利用状況モニター: ユーザーがカテゴリによるフィルター処理を試みているときに "インデックスが範囲を超えています。Job Activity Monitor: Fixed an issue where the user was getting an "Index was out of range. 負でない値で、コレクションのサイズよりも小さくなければなりません。Must be non-negative and less than the size of the collection. パラメーター名: インデックス (System.Windows.Forms)" というエラーが発生するという問題を修正しました - Connect 3138691Parameter name: index (System.Windows.Forms)" error when trying to filter by Category - Connect 3138691.
  • 接続ダイアログ: 読み取り/書き込みドメイン コント ローラーへのアクセス権を持たないドメイン ユーザーは SQL 認証を使用して SQL Server にサインインできない問題を修正しました (Connect 2373381)。Connection Dialog: Fixed an issue where domain users without access to a Read/Write domain controller could not sign in to a SQL Server using SQL Authentication - Connect 2373381.
  • レプリケーション: SQL Server でプル サブスクリプションのプロパティを参照するときに、エラー "値 'null' をプロパティ ServerInstance に適用できません" が表示されるという問題を修正しました。Replication: Fixed an issue where an error similar to "Cannot apply value 'null' to property ServerInstance" was displayed when looking at properties of a pull subscription in SQL Server.
  • SSMS セットアップ: SSMS セットアップが原因で、コンピューター上にインストールされている一部の製品が正しく再構成されないという問題を修正しました。SSMS Setup: Fixed an issue where SSMS setup was incorrectly causing all the installed products on the machine to be reconfigured.
  • ユーザー設定:User Settings:
    • この修正プログラムにより、米国政府機関向けソブリン クラウド ユーザーは、ユニバーサル認証と Azure Active Directory ログインを介して SSMS で Azure SQL Database および Azure Resource Manager リソースへのアクセスを中断なく継続することができます。With this fix, US Government sovereign cloud users have uninterrupted access to their Azure SQL Database and Azure Resource Manager resources with SSMS via Universal authentication and Azure Active Directory login. SSMS の以前のバージョンのユーザーの場合は、[ツール]、[オプション]、[Azure サービス] の順に開き、[リソース管理] で "Active Directory Authority" プロパティの構成を https://login.microsoftonline.us に変更する必要があります。Users of prior versions of SSMS would need to open Tools|Options|Azure Services and under Resource Management change the configuration of the "Active Directory Authority" property to https://login.microsoftonline.us.

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • プロファイラー: Window 認証を使用して Azure AS に対する接続を試みるときに発生する問題を修正しました。Profiler: fixed an issue when trying to connect using Window Authentication against Azure AS.
  • 1400 モデル上で接続の詳細をキャンセルするときにクラッシュを引き起こす可能性のある問題を修正しました。Fixed an issue that could cause a crash when canceling connection details on a 1400 model.
  • 資格情報を更新するときに、接続プロパティ ダイアログで Azure BLOB キーを設定すると、それが視覚的にマスクされるようになります。When setting an Azure blob key in the connection properties dialog when refreshing credentials, it will now be visually masked.
  • Azure Analysis Services のユーザー選択ダイアログで、検索時にオブジェクト ID ではなくアプリケーション ID guid が表示される問題を修正しました。Fixed an issue in the Azure Analysis Services User selection dialog to show the Application ID guid instead of the Object ID when searching.
  • データベース\MDX クエリ デザイナー ツールバーで、いくつかのボタンにアイコンが正しくマップされない原因となっていた問題を修正しました。Fixed an issue in the Browse Database\MDX query designer toolbar that caused the icons to be incorrectly mapped for some buttons.
  • msmdpump IIS http/https アドレスを使用した SSAS への接続を妨げる問題を修正しました。Fixed an issue that prevented connecting to SSAS using msmdpump IIS http/https addresses.
  • Azure Analysis Services の[ユーザー ピッカー] ダイアログ内の複数の文字列が新たに他の言語にも翻訳されました。Several strings in the Azure Analysis Services User Picker dialog have now been translated for additional languages.
  • MaxConnections プロパティが表形式モデルのデータ ソースに表示されるようになりました。MaxConnections property is now visible for data sources in tabular models.
  • 配置ウィザードで、Azure AS ロール メンバーに対する適切な JSON 定義が生成されるようになります。Deployment Wizard will now generate correct JSON definitions for Azure AS role members.
  • Azure AS に対して Windows 認証を選択した場合にログインを求めるメッセージが引き続き表示されるという SQL Profiler での問題を修正しました。Fixed an issue in SQL Profiler where selecting Windows Authentication against Azure AS would still prompt for login.

ダウンロード SSMS 17.3download SSMS 17.3

一般公開 | ビルド番号: 14.0.17199.0Generally available | Build number: 14.0.17199.0

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

機能強化Enhancements

  • インテリジェントなフレームワークを使用して、CSV ファイルのインポート エクスペリエンスを効率化するための新しい "フラット ファイルのインポート" ウィザードが追加されました。これは最小限のユーザーの介入または特殊なドメインの知識で使用できます。New "Import Flat File" wizard added to streamline the import experience of CSV files with an intelligent framework, requiring minimal user intervention, or specialized domain knowledge. 詳細については、「Import Flat File to SQL Wizard」 (フラット ファイルを SQL ウィザードにインポートする) を参照してください。For details, see Import Flat File to SQL Wizard.
  • オブジェクト エクスプローラーに "XEvent プロファイラー" ノードが追加されました。Added "XEvent Profiler" node to Object Explorer. 詳細については、「SSMS XEvent プロファイラーの使用」を参照してください。For details, see Use the SSMS XEvent Profiler.
  • パフォーマンス ダッシュボードでの待機の履歴レポートの待機のフィルター処理と分類を更新しました。Updated waits filtering and categorization in Performance Dashboard historical waits report.
  • "Predict" 関数の構文チェックを追加しました。Added the syntax check of the "Predict" function.
  • 外部ライブラリ管理のクエリの構文チェックを追加しました。Added the syntax check of the External Library Management queries.
  • 外部ライブラリ管理の SMO サポートを追加しました。Added SMO support for External Library Management.
  • [登録済みサーバー] ウィンドウに [PowerShell の起動] のサポートを追加しました (新しい SQL PowerShell モジュールが必要)。Added "Start PowerShell" support to "Registered Servers" window (requires a new SQL PowerShell module).
  • Always On: 可用性グループに読み取り専用ルーティングのサポートを追加しました。Always On: added read-only routing support for availability groups.
  • [Active Directory - MFA で汎用のサポート] ログインの出力ウィンドウにトレースの詳細を送信するオプションを追加しました (既定ではオフになっているため、[ツール] > [オプション] > [Azure サービス] > [Azure クラウド] > [ADAL 出力ウィンドウのトレース レベル] の下にあるユーザー設定で有効にする必要があります)。Added an option to send tracing details to the Output Window for "Active Directory - Universal with MFA support" logins (off by default; needs to be turned on in user settings under "Tools > Options > Azure Services > Azure Cloud > ADAL Output Window Trace Level").
  • クエリ ストア:Query Store:
    • クエリ ストア UI は、QDS が何らかのデータを記録している限り、QDS がオフになっている場合でもアクセスできます。Query Store UI will be accessible even when QDS is OFF as long as QDS have recorded any data.
    • クエリ ストア UI で、既存レポートのすべての待機の分類法が公開されるようになりました。Query Store UI now exposes waits categorization in all the existing reports. これにより、顧客が上位の待機中のクエリのシナリオのロック解除などができるようになります。This lets customers unlock the scenarios of Top Waiting Queries and many more.
  • [スクリプト パラメーター ヘッダーを含める] がオプションになりました (既定で無効になっており、[ツール] > [オプション] > [SQL Server オブジェクト エクスプローラー] > [スクリプト] > [スクリプト パラメーター ヘッダーを含める] の下のユーザー設定で有効にすることができます) - Connect アイテム 3139199Made inclusion of the scripting parameters headers optional (off by default; can be enabled in user settings under "Tools > Options > SQL Server Object Explorer > Scripting > Include scripting parameters header") - Connect item 3139199.
  • "RC" ブランド化を削除しました。Removed "RC" branding.

バグの修正Bug Fixes

SSMS 全般General SSMS

  • XEvent:XEvent:
    • SSMS が .xel ファイル内のイベントの一部だけを開く問題を修正しました。Fixed issue where SSMS opens only part of the events in .xel file.
    • 既定のデータベースが "master" でない場合の "ライブ データの監視" のエクスペリエンスが向上しました (Connect 項目 1222582)。Improved "Watch Live Data" experience when default database is not 'master' - Connect item 1222582.
  • Always On: ログ バックアップの復元がエラー "このバックアップ セットへのサインインは LSN x で終了します。これはデータベースに適用するには古すぎます" で失敗する可能性がある問題を修正しました。Always On: Fixed issue where "Restore log backups" may fail with error "The sign in this backup set terminates at LSN x, which is too early to apply to the database".
  • ジョブの利用状況モニター: 一貫性のないアイコンを修正しました。Connect アイテム 3133100Job Activity Monitor: fixed inconsistent icons - Connect item 3133100.
  • クエリ ストア: クエリ ストア レポートでユーザーが "カスタム" の日付範囲を選択できない問題を修正しました。Query Store: Fixed Issue where user cannot choose "custom" date range for Query Store reports. 以下の Connect アイテムにリンクされています。Linked to below connect items.
  • 保存されている情報に指定したデータベースがあり、ユーザーが を選択した場合に、接続ダイアログで最近使用したデータベースが "クリア" されない問題を修正しました。Fixed issue where connection dialog doesn't "clear" the most recently used database when saved info has named database and user selects .
  • オブジェクト スクリプト: ユーザーが DW データベースをサーバー上で一時停止したが、別の非 DW データベースを選択してそれをスクリプト作成しようとした場合に、"データベース スクリプトの生成" が機能せず、エラーがスローされる問題を修正しました。Object Scripting: Fixed an issue where "Generate database script" not working and throwing an error when the user has a paused DW database on the server, but selected another non-DW database and tried t script it. スクリプト作成したストアド プロシージャのヘッダーがスクリプトの設定と一致せず、誤解を招くスクリプトになる問題を修正しました (Connect アイテム 3139784)。Fixed issue where the header for scripted Stored Procedures was not matching the script settings, resulting in a misleading script - Connect item 3139784. SQL Azure オブジェクトをターゲットにしたときに、"スクリプト ボタン" が再度有効になります。Re-enabled the "Script button" when targeting SQL Azure objects. Azure SQL データベースに接続しているときに、一部のオブジェクト (UDF、ビュー、SP、トリガー) で "Alter" または "Execute" のスクリプト作成が許可されない SSMS の問題を修正しました (Connect アイテム 3136386)。Fixed issue where SSMS was not allowing scripting for "Alter" or "Execute" on some objects (UDF, View, SP, Trigger) when connected to an Azure SQL database - Connect item 3136386.
  • クエリ エディター:Query editor:
    • Azure SQL Database をターゲットにする際の IntelliSense が向上しました。Improved intellisense when targeting Azure SQL databases.
    • 有効期限が切れた認証トークン (ユニバーサル認証) によりクエリが失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where queries failed due to an expired authentication token (Universal Authentication).
    • Azure SQL Database に対して作業を行うときの IntelliSense が向上しました (特に、Azure SQL Database の接続時には、最新の T-SQL 文法 (140) が使用されます)。Improved intellisense when working against Azure SQL databases (particularly, when connecting to Azure SQL Database, the latest T-SQL grammar (140) will be used).
    • サーバー上の DataWarehouse 以外のデータベースへの接続でクエリ ウィンドウを開くと、そのサーバーの DataWarehouse データベースへの後続のクエリ ウィンドウのすべてで、サポートされない型/オプションに関するさまざまなエラーがスローされます。Fixed issue where open a query window with a connection to a non-DataWarehouse database on a server would cause all subsequent query windows for that server to DataWarehouse databases to throw various errors about unsupported types/options.
  • Always On:Always On:
    • Always On ダッシュボードと AG プロパティ ページにシード処理モード列が追加されました。Added seeding mode column to Always On dashboard and AG properties page.
    • プライマリが Windows にある場合に、Linux AG が作成できない問題を修正しました。Connect アイテム 3139856Fixed issue where it was not possible to create a Linux AG when primary is on Windows - Connect item 3139856.
  • クエリ実行時の SSMS での複数の "メモリ不足" 問題を修正しました。Connect アイテム 2845190Connect アイテム 3123864Fixed several "Out of Memory" issues in SSMS when running queries - Connect item 2845190, Connect item 3123864.
  • Profiler:Profiler:
    • SQL 2005 をターゲットとしたときに、Profiler が機能しない問題を修正しました。Fixed issue where Profiler was not working when targeting SQL 2005.
    • Profiler が [サーバー証明書を信頼する] 接続オプションを受け入れない問題を修正しました。Fixed issue where Profiler was not honoring the "trust server certificate" connection option.
  • 利用状況モニター: Linux で実行されている SQL Server がポイントされた場合に利用状況モニターが機能しない問題を修正しました。Activity Monitor: fixed an issue where Activity Monitor does not work when pointed at SQL Server running on Linux.
  • 外部データ ソースまたは外部ファイル形式のオブジェクトを転送しない SMO 転送クラスの問題を修正しました。これらの種類のオブジェクトは、正しく転送に含まれるようになりました。Fixed an issue with the SMO Transfer class where it wouldn't transfer External Data Source or External File Format objects, objects of those types should now correctly be included in the transfer.
  • 登録済みサーバー:Registered Servers:
    • UA サーバーに対してマルチサーバー クエリが有効になりました (グループ内のすべての UA サーバーに対して同じトークンを使用しようとします)。Enabled multiserver query for UA servers (it tries to use the same token for every UA server in the group).
  • AD ユニバーサル認証:AD Universal Authentication:
    • Azure AD 認証がサポートされない問題を修正しました。Fixed issue where Azure AD authentication was not supported.
    • テーブル/ビュー デザイナーが機能しない問題を修正しました。Fixed issue where table/view designer was not working.
    • "上位 1000 行を選択" と "上位 200 行を編集" が機能しない問題を修正しました。Fixed issue where "Select Top 1000 rows" and "Edit Top 200 rows" were not working.
  • データベースの復元: ファイルを別の場所に移動したときに、パスの最後のフォルダーが復元で除外される問題を修正しました。Database restore: fixed an issue where restore omits the last folder in the path when moving files to an alternate location.
  • 圧縮ウィザード:Compress wizard:
    • インデックスの圧縮ウィザードの管理問題を修正しました。SQL 2016 以前のバージョンでデータの圧縮ウィザードが破損する問題を修正しました。Fixed an issue with manage compression wizard for indexes; fixed issue where compress data wizards were broken for SQL 2016 and lower. https://connect.microsoft.com/SQLServer/feedback/details/3139342
    • Azure のテーブルとインデックスに圧縮ウィザードが追加されました。Added Compress wizard to Azure tables and indexes.
  • Showplan:Showplan:
    • PDW 演算子が認識されない問題を修正しました。Fixed issue where PDW operators were not recognized.
  • サーバー プロパティ : Server Properties:
    • サーバー プロセッサのアフィニティを変更できない問題を修正しました。Fixed issue with not being able to modify server processor affinity.

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • 1400 互換性レベルのテーブル モデルと Power Query データ ソースをサポートする展開ウィザードの多くの問題を修正しました。Fixed a number of issues with Deployment Wizard to support tabular 1400 compat-level models and Power Query data sources.
  • コマンド ラインから実行する際に、展開ウィザードで AS Azure に展開できるようになりました。Deployment Wizard can now deploy to AS Azure when running from command line.
  • AS Azure で Windows 認証を使用する際に、ユーザーがオブジェクト エクスプローラーでユーザー アカウントの名前を正しく確認できるようになりました。When using Windows Auth in AS Azure the user will now see the name of the user account in Object Explorer correctly.

この 17.3 リリースの既知の問題:Known issues in this 17.3 release:

SSMS 全般General SSMS

  • MFA を使用した UA を使用する Azure AD 認証では、次の SSMS 機能はサポートされていません。The following SSMS functionality is not supported for Azure AD auth using UA with MFA:
    • データベース エンジン チューニング アドバイザーは Azure AD の認証ではサポートされていません。ユーザーに表示されるエラー メッセージが少しあいまいだという既知の問題があります。"Could not load file or assembly 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory,..." (ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory を読み込めませんでした...) が、正常なメッセージである "Database Engine Tuning Advisor does not support Microsoft Azure SQL Database.Database Engine Tuning Advisor is not supported for Azure AD auth; there is a known issue where the error message presented to the user is a bit cryptic "Could not load file or assembly 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory,..." instead of the expected "Database Engine Tuning Advisor does not support Microsoft Azure SQL Database. (DTAClient) (Database Engine Tuning Advisor は Microsoft Azure SQL Database をサポートしていません(DTAClient)) の代わりに表示されます。(DTAClient)".
  • DTA でクエリを分析しようとすると、次のエラーが発生します。"Object must implement IConvertible.Trying to analyze a query in DTA results in an error: "Object must implement IConvertible. (mscorlib)" (オブジェクトで IConvertible を実装する必要があります (mscorlib))。(mscorlib)".
  • [低下したクエリ] がオブジェクト エクスプローラーのレポートのクエリ ストアのリストにありません。Regressed Queries is missing from the Query Store list of reports in Object Explorer.
    • 回避策: [クエリ ストア] ノードを右クリックし、[View Regressed Queries](低下したクエリを表示します) を選択します。Workaround: Right-click the Query Store node and select View Regressed Queries.

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • [catalog].[event_messagea] の [Execution_path] は、Scale Out でのパッケージの実行には正しくありません。[execution_path] は、パッケージの実行可能ファイルのオブジェクト名ではなく、"\Package" で開始します。The [execution_path] in [catalog].[event_messagea] is not correct for package executions in Scale Out. The [execution_path] starts with "\Package" instead of the object name of the package executable. SSMS でパッケージ実行の概要レポートを表示すると、実行の概要の "実行パス" のリンクが機能しません。When viewing the overview report of package executions in SSMS, the link of "Execution Path" in Execution Overview cannot work. 回避策として、概要レポートの [メッセージの表示] をクリックして、すべてのイベント メッセージを確認します。The workaround is to click "View Messages" on overview report to check all event messages.

ダウンロード SSMS 17.2download SSMS 17.2

一般公開 | ビルド番号: 14.0.17177.0Generally available | Build number: 14.0.17177.0

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

機能強化Enhancements

  • Multi-Factor Authentication (MFA)Multi-Factor Authentication (MFA)
    • 多要素認証を使用したユニバーサル認証 (UA with MFA) 向けの複数ユーザーの Azure AD 認証Multiple-user Azure AD authentication for Universal authentication with Multi-factor authentication (UA with MFA)
    • 複数ユーザーの認証をサポートするため、MFA を使用したユニバーサル認証用に新しいユーザー資格情報の入力フィールドが追加されました。A new user credential input field was added for Universal Authentication with MFA to support multi-user authentication.
  • 接続ダイアログ ボックスで、次の 5 つの認証方法がサポートされるようになりました。The connection dialog box now supports the following 5 authentication methods:

    • [Windows 認証]Windows Authentication
    • SQL Server 認証 (SQL Server Authentication)SQL Server Authentication
    • Active Directory - Universal with MFA のサポートActive Directory - Universal with MFA support
    • Active Directory - パスワードActive Directory - Password
    • Active Directory - 統合Active Directory - Integrated
  • MFA を使用したユニバーサル認証を使用する DacFx のデータベースのインポート/エクスポート ウィザード。Database export/import for DacFx wizard using Universal Authentication with MFA.

  • API のサポートについては、「IUniversalAuthProvider インターフェイス」を参照してください。For API support, see IUniversalAuthProvider Interface.
  • MFA を使用した Azure AD ユニバーサル認証で使用される ADAL マネージド ライブラリは、バージョン 3.13.9 にアップグレードされました。ADAL managed library used by Azure AD Universal Authentication with MFA was upgraded to 3.13.9 version.
  • SQL Database および SQL Data Warehouse の Azure AD 管理者設定のサポートが実現された新しい CLI インターフェイスの追加。In addition, a new CLI interface was delivered supporting Azure AD admin setting for SQL Database and SQL Data Warehouse.

    Active Directory の認証方法の詳細については、「SQL Database と SQL Data Warehouse でのユニバーサル認証 (MFA 対応の SSMS サポート)」と「SQL Server Management Studio 用に Azure SQL Database の多要素認証を構成する」を参照してください。For more information on the Active Directory authentication methods, see Universal Authentication with SQL Database and SQL Data Warehouse (SSMS support for MFA) and Configure Azure SQL Database multi-factor authentication for SQL Server Management Studio.

  • 出力ウィンドウには、オブジェクト エクスプローラー ノードの展開時に実行されるクエリのエントリがあります。Output window has entries for queries run during expansion of Object Explorer nodes

  • Azure SQL Databases のビュー デザイナーの有効化Enabled View designer Azure SQL Databases
  • SSMS でのオブジェクトのスクリプト作成の既定のスクリプト作成オプションが、オブジェクト エクスプローラーから変更されました。The default scripting options for scripting objects from Object Explorer in SSMS have changed:

    • 以前は、新しいインストールには既定で、 SQL Server の最新バージョン (現時点では SQL Server 2017) を対象に生成されたスクリプトがありました。Previously, the default on a new install was to have the generated script target the latest version of SQL Server (currently SQL Server 2017).
    • SSMS 17.2 では、新しいオプション [スクリプト設定をソースに一致させる] が追加されました。In SSMS 17.2 a new option has been added: Match Script Settings to Source. True に設定すると、生成されるスクリプトは、オブジェクトがスクリプト化されるサーバーと同じバージョン、エンジンの種類、およびエンジンのエディションを対象にします。When set to True, the generated script targets the same version, engine type, and engine edition as the server the object being scripted is from.
    • [スクリプト設定をソースに一致させる] の値は既定で True に設定されているため、SSMS の新しいインストールは、オブジェクトのスクリプト作成を常に元のサーバーと同じターゲットにすることが自動的に既定値に設定されます。The Match Script Settings to Source value is set to True by default, so new installs of SSMS will automatically default to always scripting objects to the same target as the original server.
    • [スクリプト設定をソースに一致させる] の値を False に設定すると、通常のスクリプトのターゲット オプションが有効になり、従来どおりに機能します。When the Match Script Settings to Source value is set to False, the normal scripting target options will be enabled and function as they did previously. さらに、すべてのスクリプト作成オプションが、独自のセクションの [バージョン オプション] に移動されました。Additionally, all the scripting options have been moved to their own section - Version Options. これらは [全般スクリプト作成オプション] の下にはありません。They are no longer under General Scripting Options.
  • "Restore from URL" に National Clouds のサポートが追加されました。Added support for National Clouds in "Restore from URL"

  • QueryStoreUI レポートで、sys.query_store_runtime_stats からの追加のメトリック (RowCount、DOP、CLR Time など) がサポートされるようになりました。QueryStoreUI reports now supports additional metrics (RowCount, DOP, CLR Time etc.) from sys.query_store_runtime_stats.
  • Azure SQL Database で IntelliSense がサポートされるようになりました (https://connect.microsoft.com/SQLServer/feedback/details/3100677/ssms-2016-would-be-nice-to-have-intellisense-on-azure-sql-databases)IntelliSense is now supported for Azure SQL Database https://connect.microsoft.com/SQLServer/feedback/details/3100677/ssms-2016-would-be-nice-to-have-intellisense-on-azure-sql-databases
  • セキュリティ: 接続ダイアログの既定値が、サーバー証明書を信頼せず、Azure SQL DB 接続の暗号化を要求することになります。Security: connection dialog will default to not trusting server certificates and to requesting encryption for Azure SQL DB connections
  • SQL Server on Linux のサポートに関する全般的な改良点:General improvements around support for SQL Server on Linux:
    • データベース メール ノードの復帰Database Mail node is back
    • パスに関連するいくつかの問題への対処Addressed misc issues related to paths
    • 利用状況モニターの安定性の向上Activity Monitor is more stable
    • [接続プロパティ] ダイアログでの正しいプラットフォームの表示Connection Properties dialog displays correct platform
  • パフォーマンス ダッシュボード サーバー レポートを既定のレポートとして使用できるようになりました。Performance Dashboard server report now available as a default report:
    • SQL Server 2008 以降のバージョンに接続できます。Can connect to SQL Server 2008 and newer versions.
    • 欠落したインデックスのサブレポートは、最も有用なインデックスを特定しやすくするため、スコアリングを使用します。Missing indexes sub-report uses scoring to assist in identifying most useful indexes.
    • 履歴待機統計サブレポートで、待機の集計がカテゴリ別になりました。Historical wait stats subreport now aggregates waits be category. アイドル状態とスリープの待機は既定で除外されます。Idle and sleep waits filtered out by default.
    • 新しい履歴ラッチ サブレポート。New Historical latches subreport.
  • Showplan ノードの検索では、プランのプロパティを検索できます。Showplan node search allows searching in plan properties. テーブル名などの任意の演算子プロパティを簡単に検索できます。Easily look for any operator property such as table name. プランを表示しているときに、このオプションを使用するには、次の手順を実行します。To use this option when viewing a plan:
    • プランを右クリックし、コンテキスト メニューで [ノードの検索] オプションをクリックします。Right-click on plan, and in the context menu click on Find Node option
    • CTRL + F キーを使用します。Use CTRL+F

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • SSMS の AS Azure モデルにメール アドレスがないユーザーに対する新しい AAD ロール メンバー選択New AAD role member selection for users without email addresses in AS Azure models in SSMS

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • SSIS の実行レポートに追加された新しい列 ([実行数])Added new column ("Executed Count") to the execution report for SSIS

このリリースの既知の問題:Known issues in this release:

  • "Active Directory - MFA を使用したユニバーサルのサポート" を使用するクエリ ウィンドウを 1 時間開いた後でクエリを実行しようとすると、次のようなエラーが発生する場合があります。Query windows using "Active Directory - Universal with MFA Support" authentication may experience an error similar to the following, when attempting to execute a query after being open for one hour:

    Msg 0, Level 11, State 0, Line 0 The connection is broken and recovery is not possible. The client driver attempted to recover the connection one or more times and all attempts failed. Increase the value of ConnectRetryCount to increase the number of recovery attempts.

    クエリを再実行すると、エラーを克服して成功します。Rerunning the query should get past the error and succeed.

  • MFA を使用したユニバーサル認証を使用する Azure AD 認証では、次の SSMS 機能はサポートされていません。The following SSMS functionality is not supported for Azure AD auth using Universal Authentication with MFA:

    • 新しいテーブル/ビュー デザイナーが古いスタイルのログイン プロンプトを表示して、Azure AD の認証で機能しません。The New Table/View designer shows the old-style login prompt, and does not work for Azure AD authentication.
    • [上位 200 行を編集] 機能は、Azure AD 認証をサポートしません。The Edit Top 200 Rows feature doesn't support Azure Ad authentication.
    • 登録済みサーバー コンポーネントは、Azure AD 認証をサポートしません。The Registered Server component does not support Azure AD authentication.
    • データベース エンジン チューニング アドバイザーは、Azure AD 認証でサポートされていません。The Database Engine Tuning Advisor is not supported for Azure AD authentication. ユーザーに表示されるエラー メッセージがあまり役に立たないという既知の問題があります。"Could not load file or assembly 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory,..." (ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory を読み込めませんでした...) が、正常なメッセージである "Database Engine Tuning Advisor does not support Microsoft Azure SQL Database.(DTAClient) (Database Engine Tuning Advisor は Microsoft Azure SQL Database をサポートしていません(DTAClient)) の代わりに表示されます。There is a known issue where the error message presented to the user is less than helpful: Could not load file or assembly 'Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory,... instead of the expected Database Engine Tuning Advisor does not support Microsoft Azure SQL Database. (DTAClient).

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • SSAS のオブジェクト エクスプローラーは、AS Azure の接続プロパティに Windows 認証のユーザー名を表示しません。Object Explorer in SSAS will not show the Windows Auth username in AS Azure connection properties.

バグの修正Bug fixes

Analysis Services (AS)Analysis Services (AS)

  • データベースに ID とは異なる名前が含まれていると、AS データベースの復元がエラーにより失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where AS Restore Database would fail with an error if the DB had a different Name than ID
  • DAX クエリ ウィンドウで [IntelliSense が有効] を切り替えるメニュー オプションが無視される問題を修正しました。Fixed an issue causing the DAX query window to disregard the menu option for toggling IntelliSense Enabled
  • msmdpump IIS http/https アドレスを介した SSAS への接続を妨げる問題を修正しました。Fixed an issue that prevented connecting to SSAS through msmdpump IIS http/https addresses
  • セミコロンが含まれているパスワードを使用して AS Azure に接続できるようになりました。Allow connecting to AS Azure using a password that contain a semi-colon
  • [メンバーシップのスキップ] オプションを使用して AS データベースの復元コマンドのスクリプトを作成すると、SQL Server 2017 AS サーバーまたは AS Azure で使用するときに対応する新しい JSON オプションが含まれます。Scripting out AS Restore Database command with "Skip Membership" option will include the new corresponding JSON option when used with SQL Server 2017 AS server or AS Azure
  • 読み込み時にデータベースの削除ダイアログにエラーを引き起こす非常にまれな問題を修正しました。Fixed an extremely rare issue that could cause the delete database dialog to raise an error when loading
  • SQL クエリと M のパーティション定義が混在する 1400 互換性レベル モデルでパーティションを表示しようとするときに発生する可能性のある問題を修正しました。Fixed an issue that may occur when attempting to view partitions in 1400-compat level model containing a mix of SQL query and M partition definitions

Integration Services (IS)Integration Services (IS)

  • SSISDB カタログの実行情報レポートを表示できない問題を修正しました。Fixed issue where the execution information reports of SSISDB catalog can't be displayed
  • 多数のプロジェクトまたはパッケージによるパフォーマンス低下に関する SSMS の問題に対処しました。Addressed issues in SSMS related to poor performance with large number of projects/packages

ダウンロード SSMS 17.1download SSMS 17.1

一般公開 | ビルド番号: 14.0.17119.0Generally available | Build number: 14.0.17119.0

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

機能強化Enhancements

  • プロファイラー: [ヘルプ] > [バージョン情報] でリリース バージョン番号 (例: 17.1) が表示されるようになりましたProfiler: Help > About now displays release version number (e.g 17.1)
  • Analysis Service のユーザーは、データ ソースのコンテキスト メニューから 1200 TM モデル以降のデータ ソースの資格情報を更新できますAnalysis Service users can refresh credentials for their datasources for 1200 TM models and above from the context menu on the datasource
  • 組み込み SSIS レポートで、CTP 2.1 での SSIS スケールアウト実行からのログが表示されるようになりましたBuilt-in SSIS reports now show logs from SSIS scale-out execution in CTP 2.1
  • SSIS スケールアウト管理アプリケーションSSIS scale-out management application
    • スケールアウト マスターに関する基本的な情報を表示します。View basic information about scale-out master.
    • スケールアウトの配置に worker を簡単に追加します。Easily add a Worker to the scale-out deployment.
    • すべてのスケールアウト worker とそれらに関する基本情報を表示し、それらを簡単に有効化または無効化することもできます。View all the scale-out workers and basic information about them, and can also enable or disable them easily.

バグの修正Bug fixes

  • Always On:Always On:
    • 可用性レプリカのプロパティが WSFC AG に対して常に "自動フェールオーバー" モードと表示された問題を修正しました。Fixed an issue where the properties of an Availability Replica was always displayed as "Automatic failover" mode for WSFC AGs.
    • 可用性グループを更新すると読み取り専用ルーティング リストが上書きされた問題を修正しましたFixed an issue where the read-only routing list was overwritten when updating the Availability Group
  • Always Encrypted: 生成されたログ ファイルに DacFx によって生成された情報が含まれない問題を修正しました。Always Encrypted: fixed an issue where log file generated was missing the information generated by DacFx.
  • プラン表示: 適応型結合ではない演算子に対して UI に常に 実際の結合の種類属性が表示されていた問題を修正しました。ShowPlan: fixed in issue where the UI was always showing the Actual join type attribute for non Adaptive join operators.
  • セットアップ:Setup:
    • SSMS 17.0 が Visual Studio 2013 の SSDT を壊していた問題を修正しました [Connect アイテム 3133479]Fixed an issue where SSMS 17.0 was breaking SSDT on Visual Studio 2013 [Connect Item 3133479]
    • セットアップの最後で [再起動] をクリックしてもコンピューターが再起動しなかった問題を修正しましたFixed an issue where clicking on "Restart" at the end of setup was not restarting the machine
  • スクリプト: 削除スクリプトを作成しようとするときに SSMS が誤って Azure データベース オブジェクトを削除しないようにそのオプションを無効にすることで一時的に防止しています。Scripting: temporarily preventing SSMS from accidentally deleting Azure database objects when trying to script the deletion by disabling that option. 適切な修正は SSMS の今後のリリースで行われます。Proper fix will be in an upcoming release of SSMS.
  • オブジェクト エクスプローラー: "AS COPY" を使って作成された Azure データベースに接続したときに "データベース" ノードが展開されなかった問題を修正しましたObject Explorer: fixed an issue where "Databases" node was not expanded when connected to an Azure database created using "AS COPY"

ダウンロード SSMS 17.0download SSMS 17.0

一般公開 | ビルド番号: 14.0.17099.0Generally available | Build number: 14.0.17099.0

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

機能強化Enhancements

  • アップグレード パッケージと Windows Software Update Services (WSUS) の今後の 17.X リリースには、より小さい累積的な更新パッケージが含まれますUpgrade package and Windows Software Update Services (WSUS) Future 17.X releases include a smaller cumulative update package
    • 更新プログラム パッケージは、WSUS カタログにも公開されますThe update package will also be published to the WSUS catalog
  • 更新プログラム アイコンは VS シェルに表示されるアイコンと一貫性があり、16.X と 17.X のバージョンを区別する新しい SSMS およびプロファイラーのプログラム アイコンの高 DPI の解像度をサポートするように更新されました。Icon Updates Icons have been updated to be consistent with VS Shell provided icons and support High DPI resolutions New SSMS and Profiler program icons to differentiate between 16.X and 17.X versions
  • SQL PowerShell モジュールSQL PowerShell Module
    • SQL Server PowerShell モジュールは、SSMS から削除され、PowerShell ギャラリーを介してリリースされます (モジュールのバージョン管理をサポートするには PowerShell 5.0 が必要です)SQL Server PowerShell module removed from SSMS and now ships via the PowerShell gallery (PowerShell 5.0 now required to support module versioning)
    • 一部の SMO オブジェクトの "プレゼンテーション" (書式設定) に関連するその他の改善 (たとえば、データベースでサイズと使用可能領域が、テーブルで行数と領域の使用状況が表示されるようになりました)Miscellaneous improvements to the "presentation" (formatting) of some SMO objects (e.g. databases now show the size and the available space and tables show row count and space usage)
    • OE で PowerShell コマンド プロンプトが [PowerShell の起動] メニューから呼び出されたときのカラー化が追加されましたAdded colorization when the PowerShell command prompt is invoked from the "Start PowerShell" menu in OE
    • AG コマンドレットに (New-SqlAvailabilityGroup、Join-SqlAvailabilityGroup、および Set-SqlAvailabilityGroup) に -ClusterType パラメーターと -RequiredCopiesToCommit パラメーターを追加しました。Added -ClusterType and -RequiredCopiesToCommit parameter to AG cmdlets (New-SqlAvailabilityGroup, Join-SqlAvailabilityGroup, and Set-SqlAvailabilityGroup cmdlets)
    • Add-SqlAzureAuthenticationContext コマンドレットに -ActiveDirectoryAuthority パラメーターと -AzureKeyVaultResourceId パラメーターを追加しました。Added parameters -ActiveDirectoryAuthority and -AzureKeyVaultResourceId to Add-SqlAzureAuthenticationContext cmdlet
    • Revoke-SqlAvailabilityGroupCreateAnyDatabase、Grant-SqlAvailabilityGroupCreateAnyDatabase、Set-SqlAvailabilityReplicaRoleToSecondary の各コマンドレットが追加されましたAdded Revoke-SqlAvailabilityGroupCreateAnyDatabase, Grant-SqlAvailabilityGroupCreateAnyDatabase and Set-SqlAvailabilityReplicaRoleToSecondary cmdlets
    • Set-SqlAvailabilityReplica および New-SqlAvailabilityReplica コマンドレットに -SeedingMode パラメーターが追加されましたAdded -SeedingMode parameter to Set-SqlAvailabilityReplica and New-SqlAvailabilityReplica cmdlets
    • -ConnectionString パラメーターが Get-SqlDatabase に追加されましたAdded -ConnectionString parameter to Get-SqlDatabase
  • ログ配布に対する SQL Server on Linux の一般的な機能強化と修正SQL Server on Linux General improvements and fixes for Log Shipping
    • ネイティブ Linux パスの Attach、Restore、Backup データベースのサポートが追加されましたAdded support for native Linux paths Attach, Restore and Backup database
    • 監査ログ宛先フォルダーのネイティブ Linux パスのサポートが追加されましたAdded support for native Linux paths for audit log destination folder
  • Analysis ServicesAnalysis Services
    • DAX クエリ ウィンドウ:DAX Query Window:
      • エディターでのかっこの照合Parentheses matching in the editor
      • DEFINE MEASURE と DEFINE VAR の構文のサポートDEFINE MEASURE and DEFINE VAR syntax support
      • さまざまな Intellisense の機能強化Assorted Intellisense improvements
    • ユニバーサル認証Universal Authentication
      • ユーザーはパスワードを指定しないでユーザー名を指定することができ、Azure ログイン ダイアログが接続を処理しますAllows users to specify a username and no password and the Azure Login Dialog will handle the connection
    • SSMS PQ 統合:SSMS PQ Integration:
      • 構造化されたデータ ソースのスクリプトが機能しますScripting of structured data sources works
      • PQ UI で構造化されたデータ ソースの表示と編集Viewing and Editing of structured data sources in PQ UI
  • 新しい [一意制約の追加] テンプレートNew "Add Unique Constraint" template
  • Showplan で、経過時間についてプロパティ ウィンドウのスレッド全体の合計ではなく、最大値が表示されます。新しい mem grant 演算子のプロパティを公開します。ライブ クエリの統計の [クエリの編集] ボタンが有効になりました。インターリーブ実行のサポート。Showplan Show max instead of sum across the threads in properties window for elapsed time Expose new mem grant operator properties Enabled the "Edit Query" button in Live Query Statistics Support for interleaved execution
    • [実際の実行プランの分析] の新しいオプションNew option to "Analyze Actual Execution Plan"
    • プラン表示の比較に対する全般的改良General improvements to showplan compare
    • プラン表示の比較機能に、2 つのクエリ プランの一致するノード間のカーディナリティ推定での大きな違いを見つけて、考えられる根本原因の基本分析を実行する機能が導入されました。Introduced functionality in Showplan Comparison feature to find significant differences in Cardinality Estimation between matching nodes of two query plans and perform basic analysis of the possible root causes
  • 登録済みサーバー エクスプローラーから Configuration Manager を削除しました。Removed Configuration Manager from Registered Servers explorer
  • Azure Blob ストレージから監査ログを読み取り可能Enable reading audit logs from Azure blob storage
  • Always Encrypted にパラメーター化機能が追加されました。詳細については、このページを参照してください。Added Parameterization for Always Encrypted, please refer to this page for more details
  • Azure SQL DB への AAD ユニバーサル認証接続でカスタム テナント ID がサポートされるようになりました。AAD Universal auth connection to Azure SQL DB supports custom tenant id
  • Azure SQL Database のスクリプト生成で、テキスト、ルール、およびデータベースが完全にスクリプト化されるようになりました。Generate scripts for Azure SQL Database, now scripts full text, rules, and database
  • スプラッシュ スクリーンでの SSMS と Profiler のブランド化が修正されました。Branding fixes in splash screens for SSMS and Profiler
  • SSMS からユーティリティ コントロール ポイントの UI が削除されました。Removed Utility Control Point UI from SSMS
  • SSMS は "PremiumRS" エディションの SQL Azure データベースを作成できるようになりましたSSMS can now create "PremiumRS" edition SQL Azure databases
  • Always On 可用性グループAlways On Availability Groups
    • 新しいクラスターの種類の追加: EXTERNAL と NONE。Linux での SQL Server 2000 のサポートが追加されます。初期データ同期のためのオプションとして自動シード処理が追加されます。エンドポイント URL の処理、DB の更新、UI のレイアウトなど、いくつかの欠陥を修正しました。Azure レプリカ関連の機能を削除しました。Add support for new cluster types: EXTERNAL and NONE Add support for SQL Server on Linux Add automatic seeding as an option for initial data synchronization Fixed the some defects, e.g. endpoint URL handling, DB refresh and UI layout Removed Azure replica related features
    • いくつかの可用性グループ キーワードについて IntelliSense を改善しましたImproved IntelliSense for several Availability Group keywords
  • 利用状況モニターActivity Monitor
    • SSMS 出力ウィンドウに新しい [利用状況モニター] ウィンドウを追加しましたAdded new "Activity Monitor" pane to the SSMS Output window
    • ポップアップ メッセージではなく出力ウィンドウに情報を記録するように、接続エラー/タイムアウト メッセージを変更しましたChanged connection error/timeout message to log info to output window rather than a pop up message
    • [概要] セクションで空グラフ (5 番目のグラフ) を削除しましたRemoved empty chart (5th chart) in Overview section
    • 利用状況モニターのデータ収集が一時停止した場合の [(一時停止)] を [概要] タイトルに追加しましたAdded "(paused)" to Overview title if the Activity Monitor data collection is paused
    • SQL Server のグラフの強化。グラフ ノードとエッジ テーブルの新しいアイコン。グラフ ノードとエッジ テーブルが [グラフ テーブル] フォルダーに表示されます。グラフ ノードとエッジ テーブルを作成するためのテンプレートを使用できます。Graph Extensions to SQL Server New icons for graph node and edge tables Graph node and edge tables will be displayed under Graph Tables folder Templates to create graph node and edge tables available
  • プレゼンテーション モード: 3 つの新しいタスクがクイック起動 (Ctrl + Q) で使用できるようになりました。PresentOn: プレゼンテーション モードを有効にします。PresentEdit: プレゼンテーション モードのプレゼンテーションのフォント サイズを編集します。Presentation Mode 3 new tasks available via Quick Launch (Ctr-Q) PresentOn - Turn on presentation mode PresentEdit - Edit the presentation font sizes for presentation mode. クエリ エディター用の "テキスト エディター フォント"。"Text Editor font" for the Query Editor. その他のコンポーネント用の "環境フォント"。"Environment font" for other components. RestoreDefaultFonts: 既定の設定に戻ります。RestoreDefaultFonts - Revert back to default settings. 注: 現時点では、PresentOff コマンドは存在しません。プレゼンテーション モードをオフにするには、RestoreDefaultFonts を使用します。Note: there is currently no PresentOff command at this time. Use RestoreDefaultFonts to turn off Presentation Mode

バグの修正Bug fixes

  • surface book タッチパッドでプラン表示をスクロールしたときに SSMS がクラッシュする問題を修正しましたFixed an issue where SSMS crashed when showplan scrolled via surface book touchpad
  • 復元中またはオフライン中のデータベースのプロパティを取得するときに SSMS が長時間ハングする問題を修正しましたFixed an issue where SSMS hangs for a long times while getting the properties of a databases which is being restored or offline
  • RC ビルドで "ヘルプ ビューアー" が開かない問題を修正しましたFixed an issue where "Help viewer" could not be opened in RC builds
  • "メンテナンス プラン タスク ツールボックス" アイテムが SSMS にない問題を修正しました。Fixed an issue where "Maintenance Plans Tasks Toolbox" items may be missing in SSMS.
  • データベースの名前に中かっこが含まれている場合にデータベースを圧縮できない SSMS の問題を修正しました。Fixed an issue in SSMS where the user was unable to shrink a database when the database name contained curly braces. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • SSMS が Azure データベースの削除をスクリプト化しようとして実際にはデータベース自体を削除していた問題を修正しました。Fixed an issue where SSMS was trying to script the deletion of an Azure database was actually causing the deletion of the database itself. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • ユーザー定義テーブル型で既定値がスクリプト化されない問題を修正しました (Fixed an issue where default values were not scripted for user defined table types. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • インデックスのコンテキスト メニューに関するパフォーマンスの改善を再度実行しました (Another round of perf improvements around context menu on indexes. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • 実行プランで欠落インデックスの上にマウスを置いたときに過剰なちらつきを発生させる問題を修正しました (Fixed issue which was causing excessive flickering when hovering mouse over missing index in execution plan. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • スクリプト作成時に SSMS の DB オフラインがオンラインになる問題を修正しました (Connect アイテムを参照)。Fixed an issue where SSMS was taking the DB offline when scripting Connect Item
  • SSMS のローカライズされた (英語以外の) バージョンで、さまざまな UI の修正を実行しました。Miscellaneous UI fixes on localized (non-English) versions of SSMS.
  • SQL 2016 SP1 Standard Edition をターゲットとした場合に [Always Encrypted キー] ノードが欠落する問題を修正しました。Fixed issue where "Always Encrypted Keys" node was missing when targeting SQL 2016 SP1 Standard Edition.
  • Always Encrypted: SQL 2016 RTM Standard Edition または任意の SQL 2014 (以下の) サーバーをターゲットにするときに [Always Encrypted] メニューが正しく有効になりませんでした。CREATE または ALTER 構文を使用すると、IntelliSense でエラーが報告される問題を修正しました。CMK/CEK にエスケープする必要がある (角かっこで囲まれた) 文字が含まれていた場合、暗号化が失敗する問題を修正しました。SSMS でメモリ不足例外が発生すると、代わりにネイティブ (64 ビット) の PowerShell を使用することを提案するエラーがユーザーに表示されます。Always Encrypted "Always Encrypted" menu was incorrectly enabled when targeting SQL 2016 RTM Standard Edition or any SQL 2014 (and below) servers Fixed an issue where IntelliSense is reporting an error when the CREATE OR ALTER syntax is used Fixed issue where encryption fails in case CMK/CEK contain characters that should be escaped, i.e. enclosed in brackets When an Out of Memory exception occurs in SSMS, the user is presented an error that suggests to use the native (64bit) PowerShell instead. ユーザーが従来の Azure サブスクリプションではなく Resource Group Manager サブスクリプションを使用した場合に AE ウィザードが失敗する問題を修正しました。ユーザーがいずれのサブスクリプションにもアクセス許可がないか Azure Key Vault を持っていない場合に、AE ウィザードに適切でないエラーが表示される問題を修正しました。Fixed issue where the AE wizard was failing in case the user was using Resource Group Manager subscriptions instead of Classic Azure subscriptions Fixed issue where AE wizard was showing an incorrect error when the user had no permissions in any subscriptions or had no Azure Key Vaults in any of them. 複数の AAD があるときに Azure Key Vault のサインイン ページに Azure サブスクリプションが表示されないという AE ウィザードの問題を修正しました。Azure Key Vault のサインイン ページに、ユーザーが閲覧者アクセス許可を持っている Azure サブスクリプションが表示されないという AE ウィザードの問題を修正しました。Fixed issue in AE wizard where the Azure Key Vault sign-in page was not showing Azure subscriptions in case of multiple AAD Fixed issue in AE wizard where the Azure Key Vault sign-in page was not showing Azure subscriptions for which the user has reader permission
    • リソース ファイルを正しく読み込めず、不正確なエラー メッセージを表示していた問題を修正しましたFixed an issue where resource files may not be loaded correctly, thus resulting in inaccurate error messages
  • SSMS の [セットアップ] ページ上のハイパーリンクのコントラストを改善しました。Improved contrast of hyperlinks on SSMS Setup page
  • SQL Server Express (2016 SP1) に接続したときに PolyBase ノードが表示されない問題を修正しましたFixed an issue where PolyBase nodes were not displayed when connected to SQL Server Express (2016 SP1)
  • SSMS が Azure DB の互換性レベルを v140 に変更できない問題を修正しましたFixed an issue where SSMS is unable to change the Compatibility Level of an Azure DB to v140
  • Azure データベースの一覧を展開するときのオブジェクト エクスプローラーのパフォーマンスを強化しました (Connect アイテムを参照)。Improved performance of Object Explorer when expanding the list of Azure databases Connect Item
  • リレーショナル サーバー以外の種類のサーバー (AS\RS\IS) で [SQL Server ログの表示] コンテキスト メニュー項目が間違って表示される問題を修正しました。Fixed an issue where "View SQL Server Log" context menu item appeared incorrectly for non-relational server types (AS\RS\IS)
  • SQL 認証を使用する Analysis Services のパーティション クエリの構文チェックで、ログイン失敗メッセージが表示される問題を修正しました。Fixed an issue where checking syntax of an Analysis Services partition query using SQL auth could result in login failed message
  • SSMS で、プレビュー 1400 コンパクト レベルの AS 表形式モデルの名前を変更するとエラーが発生する問題を修正しました。Fixed an issue where renaming a preview 1400 compat-level AS tabular model would fail in SSMS
  • まれな状況で、AS サーバー上で無効な操作を試行した後で発生する可能性がある "モデルの操作に失敗する" 問題を修正しました。モデルの保存に失敗した後、ローカルの変更は元に戻りますFixed an "operation failed on model" issue that could occur after attempting an invalid operation on the AS server in rare circumstances, revert local changes after unsuccessful save on the model
  • Analysis Services 同期データベースのポップアップ ダイアログの文字の間違いを修正しました。Fixed a typo in Analysis Services Synchronize Database popup dialog
  • コンテナーのバックアップ/復元ダイアログが、複数のモニター セットアップで画面の表示領域を超えて表示される。Backup/restore container dialogs come up offscreen on multiple monitor setups.
  • 対象オブジェクトの名前に "]" が含まれている場合、SecurityPolicy を作成できない。SecurityPolicy create fails if target object has ] in its name.
  • SSMS 2016 の [最近使用した項目を開く] メニューに、最近保存したファイルが表示されない (SSMS 2016 "Open recent" menu doesn't show recently saved files. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • VS Shell の更新時のユーザー設定のリセットが削除されました。Removed reset of user settings when VS Shell is updated.
  • ユーザーが SQL Server 2017 のデータベースの互換性レベルを変更できないという問題を修正しました。Fixed an issue that was preventing the user from being able to change Compatibility Level of a database on SQL Server 2017.
  • AAD ユニバーサル認証を使用するクエリ ウィンドウで、1 時間後にクエリを更新できなくなる。Query windows using AAD Universal authentication cannot refresh the query after an hour.
  • SSMS からユーティリティ コントロール ポイントの UI が削除されました。Utility Control Point UI removed from SSMS.
  • トークンの初期の有効期限が切れると、AD ユニバーサル認証接続でデータを照会できない。AD Universal auth connections fail to query data after the initial token expiration.
  • Azure SQL DB 間のルールをスクリプト化できない。Unable to script Rules from Azure SQL DB to Azure SQL DB.
  • SQL PowerShell が以前の SQL インスタンス (2014 以前) に接続できないという問題が修正されました。Fixed issue where SQL PowerShell was not able to connect legacy SQL instances (2014 and older). Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • 登録済みサーバーのインポートに失敗すると SSMS がクラッシュする原因となる問題が修正されました。Fixed an issue that was causing SSMS to crash when failing to import registered servers.
  • ユーザーにデータベースに対する特定のアクセス許可がある場合に SSMS がクラッシュする原因となる問題が修正されました。Fixed an issue that was causing SSMS to crash if a user has certain permissions an a database.
  • SSMS - ビューの確認時にデザイン画面にテーブルが表示されなくなる (SSMS - tables disappear from design surface while reviewing views. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • テーブルのスクロール バーでテーブルの内容をスクロールできない。上下の方向キーでのみスクロールできる。The table scrollbar does not allow the user to scroll the table content, only the up/down Arrow allow this. バグがあるスクロール バーを使用してスクロールを試した後でテーブルの内容をスクロールできる場合もある (Its also possible to scroll the table content after trying to scroll using the scrollbar which is a bug. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • ルート ノードを更新した後、登録済みサーバーにアイコンが表示されない。Registered Servers not displaying icons after refreshing the root node.
  • Azure v12 サーバーで [データベースの作成] のスクリプト ボタンを使用してスクリプトを実行すると、"スクリプトを作成するアクションはありません" というメッセージが表示される。Script button for Create Database on Azure v12 servers executes script then displays message "No action to be scripted".
  • SSMS の [サーバーに接続] ダイアログで、新しい接続ごとの [追加のプロパティ] タブがクリアされない。SSMS Connect to Server dialog does not clear "Additional Properties" tab for each new connection.
  • タスクの生成スクリプトで、Azure SQL DB のデータベースの生成スクリプトが生成されない。Generate Tasks script doesn't generate Create Database scripts for an Azure SQL DB.
  • ビュー デザイナーのスクロール バーが無効になっているように表示される。Scrollbar in View Designer appears disabled.
  • Always Encrypted AVK キーのパスにバージョン ID が含まれていない。Always Encrypted AVK key paths do not include version ids.
  • クエリ ウィンドウ内のエンジン エディション クエリの数が削減されました (Reduced number of engine edition queries in the query window. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • 暗号化が正しく処理されていない状態でモジュールを更新すると、Always Encrypted でエラーが発生する。Always Encrypted errors from refreshing modules after encryption are incorrectly handled.
  • OLTP と OLAP の既定の接続タイムアウト値が 15 秒から 30 秒に変更され、無視された接続エラーのクラスが修正されました。Changed default connection timeout for OLTP and OLAP from 15 to 30 seconds to fix a class of ignored connection failures.
  • カスタム レポートの起動時の SSMS のクラッシュが修正されました (Fixed a crash in SSMS when custom report is launched. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • Azure SQL データベースに対する [スクリプトの生成...] が失敗する問題を修正しました。Fixed an issue where "Generate Script..." fails for Azure SQL databases.
  • [スクリプト化] と [スクリプトの生成] ウィザードが修正され、ストアド プロシージャなどのオブジェクトのスクリプト化の際に余分な改行が追加されないようになります (Fix "Script As" and "Generate Script Wizard" to not add extra newlines when scripting objects such as stored procedures. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • SQLAS PowerShell プロバイダー: Dimension フォルダーと MeasureGroup フォルダーに LastProcessed プロパティが追加されます (SQLAS PowerShell Provider: Add LastProcessed property to Dimension and MeasureGroup folders. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • ライブ クエリ統計: バッチの最初のクエリしか表示されないという問題が修正されました (Live Query Statistics: fixed issue where it was only showing the first query in a batch. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • プラン表示: プロパティ ウィンドウにスレッド全体の合計ではなく、最大値が表示される。Showplan: show max instead of sum across the threads in properties window.
  • クエリ ストア: 豊富な実行バリエーションの新しいレポートがクエリに追加される。Query Store: add new report on queries with high execution variation.
  • オブジェクト エクスプローラーのパフォーマンスの問題: Connect アイテム テーブルのコンテキスト メニューがすぐにハングする。テーブルのインデックスを右クリックすると SSMS の動作が遅くなる (リモート (インターネット) 接続経由の場合)。Object explorer performance issues: Connect Item Context menu for tables momentarily hangs SSMS is slow when right-clicking an index for a table (over a remote (Internet) connection). サーバーでのテーブルの並べ替えクエリの発行を避ける。Avoid issuing table queries that sort on the server
  • SSMS から (Azure VM にデータベースを展開するための) Azure 展開ウィザードが削除されました。Removed Azure Deployment Wizard (Deploy Database to Azure VM) from SSMS
  • SSMS の実行プランに不足しているインデックスが表示されないという問題が修正されました (Connect アイテムを参照)。Fixed issue where missing indexes were not shown in execution plans in SSMS Connect Item
  • SSMS での一般的なシャットダウン時のクラッシュの問題が修正されました。Fixed common crash-on-shutdown issue in SSMS
  • オブジェクト エクスプローラーで、PolyBase|スケールアウト グループ ノードのコンテキスト メニューを表示したときにエラーが発生する問題が修正されました (Connect アイテムを参照)Fixed issue in Object Explorer where an error occurred when bringing up the context menu on the PolyBase|Scale-Out Group nodes Connect Item
  • データベースに対するアクセス許可を表示しようとすると SSMS がクラッシュする場合があるという問題が修正されました。Fixed an issue where SSMS may crash when trying to display the permissions on a database
  • クエリ ストア: クエリ ストア レポートの結果グリッドのコンテキスト メニュー項目が全体的に改善されました。Query Store: general enhancements in context menu items for result grids of query store report
  • 関連付けられていないオブジェクトで既存のテーブルに対して Always Encrypted を構成すると、エラーが発生して実行できない (Configuring Always Encrypted for an existing table fails with errors on unrelated objects. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • 複数のスキーマを持つ既存のデータベースに対して Always Encrypted を構成できない (Configuring Always Encrypted for an existing database with multiple schemas doesn't work. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • データベースにシステム ビューを参照するビューが含まれているため、Always Encrypted の暗号化された列ウィザードでエラーが発生する (The Always Encrypted, Encrypted Column wizard fails due to the database containing views that reference system views. Connect アイテムを参照)。Connect Item
  • Always Encrypted を使用して暗号化する場合、暗号化が正しく処理されていない状態でモジュールを更新するとエラーが発生する。When encrypting using Always Encrypted, errors from refreshing modules after encryption are incorrectly handled.
  • [新規サーバーの登録] ダイアログで UI が切り捨てられる問題が修正されました。Fixed UI truncation issue on "New Server Registration" dialog
  • 引用符で囲まれた文字列定数値を含む式が DMF 条件 UI で正しく更新されない問題が修正されます。Fix DMF Condition UI incorrectly updating expressions that contain string constant values with quotes in them
  • カスタム レポートの実行時に SSMS がクラッシュする原因と思われる問題が修正されました。Fixed an issue that may cause SSMS to crash when running custom reports
  • [Execution in Scale Out...](スケールアウトで実行...) メニュー項目がフォルダー ノードに追加されますAdd "Execution in Scale Out..." menu item to the folder node
  • Azure SQL DB ファイアウォール ホワイト リスト IP アドレス機能の問題を修正しましたFixed an issue with Azure SQL DB firewall whitelist IP address feature
  • AS 多次元パーティションのソースの編集時にオブジェクト参照が例外を設定しない原因であった SSMS の問題を修正しましたFixed an issue in SSMS which caused an Object reference not set exception when editing the source of AS multi-dimensional partition
  • 多次元 AS サーバーから顧客アセンブリを削除するときにオブジェクト参照が例外を設定しない原因であった SSMS の問題を修正しましたFixed an issue in SSMS which caused an Object reference not set exception when deleting a customer assembly from multi-dimensional AS server
  • AS テーブル 1400 db の名前変更が失敗した問題を修正しましたFixed an issue where renaming an AS tabular 1400 db failed
  • 接続プロパティ ダイアログからの 1400 互換性レベル AS テーブル データソースのスクリプト化に関する問題を修正しましたFixed an issue with scripting a 1400 compat-level AS tabular datasource from connection properties dialog
  • 1400 互換性レベル モデル内のテーブルが少なくとも 1 つのパーティションを持つという前提を削除しましたRemove assumption that tables in AS 1400 compat-level model have at least one partition
  • Ctrl + R キーで SSMS DAX クエリ エディターの結果ウィンドウが切り替わるようになりましたCtrl-R now toggles results pane in SSMS DAX query editor

ダウンロード SSMS 16.5.3download SSMS 16.5.3

一般公開 | ビルド番号: 13.0.16106.4Generally available | Build number: 13.0.16106.4

中国語 (簡体字) | 中国語 (繁体字) | 英語 (米国) | フランス語 | ドイツ語 | イタリア語 | 日本語 | 韓国語 | ポルトガル語 (ブラジル) | ロシア語 | スペイン語Chinese (Simplified) | Chinese (Traditional) | English (United States) | French | German | Italian | Japanese | Korean | Portuguese (Brazil) | Russian | Spanish

このリリースでは次の問題が修正されました。The following issues were fixed this release:

  • SSMS 16.5.2 で、テーブルに複数のスパース列がある場合に 'Table' ノードが拡張される原因となっていた問題が修正されました。Fixed an issue introduced in SSMS 16.5.2 which was causing the expansion of the 'Table' node when the table had more than one sparse column.

  • ユーザーは、SSIS カタログに、Microsoft Dynamics AX/CRM Online のリソースに接続される OData 接続マネージャーを含む SSIS パッケージを展開できます。Users can deploy SSIS packages containing OData Connection Manager which connect to a Microsoft Dynamics AX/CRM Online resource to SSIS catalog. 詳細については、「OData 接続マネージャー」を参照してください。For more information, see OData Connection Manager.

  • 関連付けられていないオブジェクトで既存のテーブルに対して Always Encrypted を構成すると、エラーが発生して実行できない (Configuring Always Encrypted on an existing table fails with errors on unrelated objects. Connect ID 3103181 を参照)。Connect ID 3103181

  • 複数のスキーマを持つ既存のデータベースに対して Always Encrypted を構成できない (Configuring Always Encrypted for an existing database with multiple schemas doesn't work. Connect ID 3109591 を参照)。Connect ID 3109591

  • データベースにシステム ビューを参照するビューが含まれているため、Always Encrypted の暗号化された列ウィザードでエラーが発生する (The Always Encrypted, Encrypted Column wizard fails due to the database containing views that reference system views. Connect ID 3111925 を参照)。Connect ID 3111925

  • Always Encrypted を使用して暗号化する場合、暗号化が正しく処理されていない状態でモジュールを更新するとエラーが発生する。When encrypting using Always Encrypted, errors from refreshing modules after encryption are incorrectly handled.

  • [最近使用した項目を開く] メニューに、最近保存したファイルが表示されない (Open recent menu doesn't show recently saved files. Connect ID 3113288 を参照)。Connect ID 3113288

  • テーブルのインデックスを右クリックすると SSMS の動作が遅くなる (リモート (インターネット) 接続経由の場合)。SSMS is slow when right-clicking an index for a table (over a remote (Internet) connection). Connect ID 3114074 を参照)。Connect ID 3114074

  • SQL デザイナーのスクロール バーの問題が修正されました (Fixed an issue with the SQL Designer scrollbar. Connect ID 3114856 を参照)。Connect ID 3114856

  • テーブルのコンテキスト メニューがすぐにハングする。Context menu for tables momentarily hangs

  • SSMS で利用状況モニターの例外がスローされ、クラッシュする場合がある (SSMS occasionally throws exceptions in Activity Monitor and crashes. Connect ID 697527 を参照)。Connect ID 697527

  • ".NET ランタイムの内部エラーにより、処理が中止されました。IP 71AF8579 (71AE0000)、終了コード 80131506" という内容のエラーで SSMS 2016 がクラッシュする。SSMS 2016 crashes with error "The process was terminated due to an internal error in the .NET Runtime at IP 71AF8579 (71AE0000) with exit code 80131506"

SSMS 17.x をアンインストールおよび再インストールするUninstall and reinstall SSMS 17.x

SSMS のインストールで問題があり、標準のアンインストールと再インストールでは解決されない場合、最初に Visual Studio 2015 IsoShell の修復をお試しください。If your SSMS installation is having problems, and a standard uninstall and reinstall doesn't resolve them, you can first try repairing the Visual Studio 2015 IsoShell. Visual Studio 2015 IsoShell の修復で問題が解決しない場合、多数のランダムな問題は次の手順で修正されることが確認されています。If repairing the Visual Studio 2015 IsoShell doesn't resolve the problem, the following steps have been found to fix many random issues:

  1. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、SSMS をアンインストールします (Windows のバージョンに応じて [アプリと機能][プログラムと機能] などを使用する)。Uninstall SSMS the same way you uninstall any application (using Apps & features, Programs and features, etc. depending on your version of Windows).

  2. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell をアンインストールします。Uninstall Visual Studio 2015 IsoShell from an elevated cmd prompt:

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist"

    vs_isoshell.exe /Uninstall /Force /PromptRestart

  3. アプリケーションをアンインストールする場合と同じ方法で、Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージをアンインストールします。Uninstall Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable the same way you uninstall any application. コンピューター上に x86 と x64 がある場合は、両方ともアンインストールします。Uninstall both x86 and x64 if they're on your computer.

  4. 管理者特権でのコマンド プロンプトから Visual Studio 2015 IsoShell を再インストールします。Reinstall Visual Studio 2015 IsoShell from an elevated cmd prompt:

    PUSHD "C:\ProgramData\Package Cache\FE948F0DAB52EB8CB5A740A77D8934B9E1A8E301\redist"

    vs_isoshell.exe /PromptRestart

  5. SSMS を再インストールします。Reinstall SSMS.

  6. 最新バージョンでない場合は、最新バージョンの Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージにアップグレードします。Upgrade to the latest version of the Visual C++ 2015 Redistributable if you're not currently up to date.

追加のダウンロードAdditional Downloads

すべての SQL Server Management Studio ダウンロードの一覧については、「Microsoft ダウンロード センター」を検索してください。For a list of all SQL Server Management Studio downloads, search the Microsoft Download Center.

SQL Server Management Studio の最新リリースについては、「SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」をご覧ください。For the latest release of SQL Server Management Studio, see Download SQL Server Management Studio (SSMS).