SSMS の使用状況および診断データの収集のローカル監査Local audit for SSMS usage and diagnostic data collection

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

SQL Server Management Studio (SSMS) には、機能使用状況および診断データを匿名で収集して Microsoft に送信する、インターネット対応機能が含まれています。SQL Server Management Studio (SSMS) contains Internet-enabled features that can collect and send anonymous feature usage and diagnostic data to Microsoft. SSMS は、標準的なコンピューター情報、および使用とパフォーマンスに関する情報を収集する場合があります。これらの情報は Microsoft に送信され、SSMS の品質、セキュリティ、および信頼性を向上させる目的で分析されます。SSMS may collect standard computer information and information about use and performance that may be transmitted to Microsoft and analyzed for purposes of improving the quality, security, and reliability of SSMS. お客様の名前、住所などの連絡先情報は収集されません。We do not collect your name, address, or other contact information. 詳細については、「Microsoft プライバシーに関する声明」と「SQL Server のプライバシーの補足情報」を参照してください。For details, see the Microsoft Privacy Statement, and SQL Server Privacy supplement.

監査機能の使用状況および診断データAudit feature usage and diagnostic data

SSMS で収集される機能の使用状況データを表示するには、次の手順を実行します。To see feature usage data that is collected by SSMS, perform the following steps:

  1. SSMS を起動します。Launch SSMS.
  2. メインメニューで [表示][出力] の順にクリックし、 [出力] ウィンドウを表示します。Click View, then click Output in the main menu to show the Output window.
  3. [出力] ウィンドウが表示されたら、[出力元の表示:] メニューで [テレメトリ] を選択します。When the Output window is visible, choose Telemetry in the Show output from: menu.

SSMS を使用してデータベースと対話している間に、収集されたデータが [出力] ウィンドウに表示されます。While you use SSMS to interact with your databases, the Output window shows the data that is collected.

SSMS の使用状況および診断データの収集を有効または無効にするEnable or disable usage and diagnostic data collection in SSMS

SSMS の使用状況データの収集をオプトインまたはオプトアウトするには:To opt in or out of usage data collection for SSMS:

  • SQL Server Management Studio 17 の場合:For SQL Server Management Studio 17:

    Subkey = HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SQL Server Management Studio\14.0

    レジストリ エントリ名 = UserFeedbackOptInRegEntry name = UserFeedbackOptIn

    エントリの種類 DWORD: 0 はオプトアウトです。1 はオプトインです。Entry type DWORD: 0 is opt out; 1 is opt in

    また、SSMS 17.x は Visual Studio 2015 シェルを基盤とし、Visual Studio インストールによって、既定でカスタマー フィードバックが可能になります。Additionally, SSMS 17.x is based on the Visual Studio 2015 shell, and the Visual Studio installation enables customer feedback by default.

    個々のコンピューターでカスタマー フィードバックを無効にするように Visual Studio を構成するには、次のレジストリ サブキーの値を文字列 0: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\VisualStudio\SQM OptIn に変更します。To configure Visual Studio to disable customer feedback on individual computers, change the value of the following registry subkey to string 0: HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\VisualStudio\SQM OptIn

    たとえば、次のサブキーを変更します。For example, change the subkey to the following:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\VisualStudio\SQM OptIn = 0

    これらのレジストリ サブキーのレジストリに基づくグループ ポリシーは、SQL Server 2017 の使用状況および診断データ収集で受け入れられます。Registry-based Group Policy on these registry subkeys is honored by SQL Server 2017 usage and diagnostic data collection.

  • SQL Server Management Studio 18 の場合:For SQL Server Management Studio 18:

    Subkey = HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SQL Server Management Studio\18.0_IsoShell

    レジストリ エントリ名 = UserFeedbackOptInRegEntry name = UserFeedbackOptIn

    エントリの種類 DWORD: 0 はオプトアウトです。1 はオプトインです。Entry type DWORD: 0 is opt out; 1 is opt in

関連項目See also