Ssms ユーティリティSsms Utility

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

Ssms ユーティリティが SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開きます。The Ssms utility opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio. 指定すると、 Ssms はサーバーへの接続を確立し、クエリ、スクリプト、ファイル、プロジェクト、ソリューションを開きます。If specified, Ssms also establishes a connection to a server, and opens queries, scripts, files, projects, and solutions.

クエリ、プロジェクト、またはソリューションを含んだファイルを指定できます。You can specify files that contain queries, projects, or solutions. 接続情報が指定され、ファイルの種類とサーバーの種類が対応している場合、クエリを含んだファイルは自動的にサーバーに接続されます。Files that contain queries are automatically connected to a server if connection information is provided and the file type is associated with that type of server. たとえば、.sql ファイルならば、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioの SQL クエリ エディター ウィンドウが開き、.mdx ファイルならば SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioの MDX クエリ エディター ウィンドウが開きます。For instance, .sql files will open a SQL Query Editor window in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, and .mdx files will open an MDX Query Editor window in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio. SQL Server のソリューションと SQL Server のプロジェクト は、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioで開きます。SQL Server Solutions and Projects will open in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio.

注意

Ssms ユーティリティはクエリを実行しません。The Ssms utility does not run queries. コマンド ラインからクエリを実行するには、 sqlcmd ユーティリティを使用します。To run queries from the command line, use the sqlcmd utility.

構文Syntax

  
Ssms  
    [scriptfile] [projectfile] [solutionfile]  
    [-S servername] [-d databasename] [-G] [-U username] [-P password]   
    [-E] [-nosplash] [-log [filename]?] [-?]  

引数Arguments

scriptfilescriptfile
開くスクリプト ファイルを 1 つ以上指定します。Specifies one or more script files to open. パラメーターには、ファイルへの完全パスを含める必要があります。The parameter must contain the full path to the files.

projectfileprojectfile
開くスクリプトのプロジェクトを指定します。Specifies a script project to open. パラメーターには、スクリプト プロジェクト ファイルへの完全パスを含める必要があります。The parameter must contain the full path to the script project file.

solutionfilesolutionfile
開くソリューションを指定します。Specifies a solution to open. パラメーターには、ソリューション ファイルへの完全パスを含める必要があります。The parameter must contain the full path to the solution file.

[ -S servername][-S servername]
サーバー名Server name

[ -d databasename][-d databasename]
データベース名Database name

[-G] Azure Active Directory 認証を使用して接続します。[-G] Connect using Active Directory Authentication. 接続の種類は、 -P および/または -U が含まれるかどうかで決まります。The type of connection is determined whether -P and/or -U is included.

  • -U-P も含まれていない場合は、 [Active Directory - 統合] が使用され、ダイアログは表示されません。If -U and -P are not included, then Active Directory - Integrated is used and no dialog will appear.
  • -U-P の両方が含まれている場合は、 [Active Directory - パスワード] が使用されます。If both -U and -P are included, then Active Directory - Password is used. このオプションを使用することはお勧めできません。コマンドライン上にクリア テキスト パスワードを指定する必要があり、これが推奨されないためです。Using this option is not recommended because you have to specify a clear text password on the command line, which is discouraged.
  • -U が含まれており、 -P は含まれていない場合、認証ダイアログはポップアップ表示されますが、ログインの試みはすべて失敗します。If -U is included, but -P is missing, then auth dialog will pop up, but all attempts to login will fail.

[Active Directory - MFA サポートで汎用] は現在サポートされていません。Note that Active Directory - Universal with MFA support is not currently supported.

[ -U username][-U username]
'SQL 認証' または 'Active Directory - パスワード' に接続するときのユーザー名User name when connecting with 'SQL Authentication' or 'Active Directory - Password'

[ -P password][-P password]
'SQL 認証' または 'Active Directory - パスワード' で接続するときのパスワードPassword when connecting with 'SQL Authentication' or 'Active Directory - Password'

[-E][-E]
Windows 認証を使用した接続Connect using Windows Authentication

[-nosplash][-nosplash]
SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開くとき、スプラッシュ スクリーンのグラフィックを表示しません。Prevents SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from displaying the splash screen graphic while opening. 限られた帯域幅を使用した接続では、ターミナル サービスを使用して SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を起動しているコンピューターへ接続する場合に、このオプションを使用してください。Use this option when connecting to the computer running SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio by means of Terminal Services over a connection with a limited bandwidth. この引数では、大文字と小文字は区別されず、他の引数の前後どちらにも指定できます。This argument is not case-sensitive and may appear before or after other arguments

[ -log [filename]? ][-log[filename]?]
トラブルシューティング用に指定したファイルに SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio のアクティビティを記録します。Logs SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio activity to the specified file for troubleshooting

[-?][-?]
コマンド ライン ヘルプを表示します。Displays command line help

RemarksRemarks

すべてのスイッチは省略可能で、コンマで区切られるファイル以外は、空白で区切られます。All of the switches are optional and separated by a space except files which are separated by commas. スイッチを指定していない場合、 Ssms は、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio [ツール] メニューの [オプション] 設定で指定されているとおりに を開きます。If you do not specify any switches, Ssms opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio as specified in the Options settings on the Tools menu. たとえば、 [環境/全般][スタートアップ時] オプションで、 [新しいクエリ ウィンドウを開く] を指定すると、 Ssms は空白のクエリ エディターで開きます。For example, if the Environment/General page At startup option specifies Open new query window, Ssms will open with a blank Query Editor.

-log スイッチは、他のすべてのスイッチの後の、コマンド ラインの末尾に指定する必要があります。The -log switch must appear at the end of the command line, after all other switches. ファイル名引数は省略可能です。The filename argument is optional. ファイル名が指定され、そのファイルが存在しない場合は、ファイルが作成されます。If a filename is specified, and the file does not exist, the file is created. ファイルを作成できない場合 (書き込みアクセスが不十分な場合など)、ログはローカライズされていない APPDATA の場所 (下記を参照) に書き込まれます。If the file cannot be created - for example, due to insufficient write access, the log is written to the nonlocalized APPDATA location instead (See below). ファイル名引数を指定しない場合、2 つのファイルは、現在のユーザーのローカライズされていないアプリケーション データ フォルダーに書き込まれます。If the filename argument is not specified, two files are written to the current user's nonlocalized application data folder. SQL Server のローカライズされていないアプリケーション データ フォルダーは APPDATA 環境変数から確認できます。The nonlocalized application data folder for SQL Server can be found from the APPDATA environment variable. たとえば、SQL Server 2012 の場合、フォルダーは <システム ドライブ>:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\AppEnv\10.0\ です。For example, for SQL Server 2012, the folder is <system drive>:\Users\<username>\AppData\Roaming\Microsoft\AppEnv\10.0\. 2 つのファイルは、既定では ActivityLog.xml および ActivityLog.xsl という名前になります。The two files are, by default, named ActivityLog.xml and ActivityLog.xsl. ActivityLog.xml にはアクティビティ ログ データが含まれ、ActivityLog.xsl は XML スタイル シートで、XML ファイルを簡単に表示できます。The former contains the activity log data and the latter is an XML style sheet which provides a more convenient way to view the XML file. Internet Explorer などの既定の XML ビューアーでログ ファイルを表示するには、次の手順に従います。[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、表示されたフィールドに「<システム ドライブ>:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\AppEnv\10.0\ActivityLog.xml」と入力して、Enter キーを押します。Use the following steps to view the log file in your default XML viewer, like Internet Explorer: Click Start, then click Run...", then type "<system drive>:\Users\<username>\AppData\Roaming\Microsoft\AppEnv\10.0\ActivityLog.xml" into the field provided, and then press Enter.

接続情報が指定され、ファイルの種類とサーバーの種類が対応している場合、クエリを含んだファイルはサーバーへの接続を要求します。Files that contain queries will prompt to be connected to a server if connection information is provided and the file type is associated with that type of server. たとえば、.sql ファイルならば、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioの SQL クエリ エディター ウィンドウが開き、.mdx ファイルならば SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioの MDX クエリ エディター ウィンドウが開きます。For instance, .sql files will open a SQL Query Editor window in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, and .mdx files will open an MDX Query Editor window in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio. SQL Server のソリューションと SQL Server のプロジェクト は、 SQL Server Management StudioSQL Server Management Studioで開きます。SQL Server Solutions and Projects will open in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio.

次の表では、ファイルの拡張子に対応するサーバーの種類を示します。The following table maps server types to file extensions.

サーバーの種類Server type 拡張子Extension
SQL ServerSQL Server .sql.sql
SQL Server Analysis Services (SQL Server Analysis Services)SQL Server Analysis Services .mdx.mdx

.xmla.xmla

使用例Examples

次のスクリプトは、既定の設定でコマンド プロンプトから SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開きます。The following script opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from a command prompt with the default settings:

Ssms  
  

次のスクリプトでは、"Active Directory - 統合" を使用してコマンド プロンプトから SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開きます。The following opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from a command prompt using Active Directory - Integrated:

Ssms.exe -S servername.database.windows.net -G
  

次のスクリプトは、コマンド プロンプトから SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開きます。接続には Windows 認証を使用し、サーバー ACCTG and the database AdventureWorks2012, に対して設定されているコード エディターを使用します。また、スプラッシュ スクリーンは表示されません。The following script opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from a command prompt, with Windows Authentication, with the Code Editor set to the server ACCTG and the database AdventureWorks2012, without showing the splash screen:

Ssms -E -S ACCTG -d AdventureWorks2012 -nosplash  
  

次のスクリプトは、コマンド プロンプトから SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開き、MonthEndQuery スクリプトを開きます。The following script opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from a command prompt, and opens the MonthEndQuery script.

Ssms "C:\Documents and Settings\username\My Documents\SQL Server Management Studio Projects\FinanceScripts\FinanceScripts\MonthEndQuery.sql"  
  

次のスクリプトは、コマンド プロンプトから SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開き、 developerという名前のコンピューター上にある NewReportsProject プロジェクトを開きます。The following script opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from a command prompt, and opens the NewReportsProject project on the computer named developer:

Ssms "\\developer\fin\ReportProj\ReportProj\NewReportProj.ssmssqlproj"  
  

次のスクリプトは、コマンド プロンプトから SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を開き、MonthlyReports ソリューションを開きます。The following script opens SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio from a command prompt, and opens the MonthlyReports solution:

Ssms "C:\solutionsfolder\ReportProj\MonthlyReports.ssmssln"  
  

参照See Also

SQL Server Management Studio の使用 [SQL Server]Use SQL Server Management Studio