[テーブルのプロパティ] \(Visual Database Tools)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

以下のプロパティは、テーブル デザイナーで右クリックして [プロパティ] をクリックすると開く [プロパティ] ウィンドウに表示されます。 特に断りのない限り、テーブルが選択されているときにこれらのプロパティを [プロパティ] ウィンドウで編集できます。

Note

テーブルをレプリケーションのためにパブリッシュする場合は、Transact-SQL ステートメントの ALTER TABLE または SQL Server 管理オブジェクト (SMO) を使用してスキーマを変更する必要があります。 テーブル デザイナーまたはデータベース ダイアグラム デザイナーを使用してスキーマを変更するとき、テーブルはいったん削除されてから再作成されます。 パブリッシュされたオブジェクトは削除できないので、スキーマの変更は失敗します。

テーブル デザイナーでのテーブル プロパティの表示

Note

このトピックでは、プロパティを五十音順ではなくカテゴリ別に示しています。

[IDENTITY] カテゴリ
展開して [名前][説明]、および [スキーマ]の各プロパティを表示します。

Name
テーブルの名前を表示します。 名前を編集するには、テキスト ボックスに入力します。

注意事項

テーブルを参照するクエリ、ビュー、ユーザー定義関数、ストアド プロシージャ、またはプログラムがある場合は、テーブル名を変更すると、各オブジェクトが無効になります。

データベース名
選択したテーブルのデータ ソースの名前を表示します。

説明
選択したテーブルの説明を表示します。 説明全体を表示したり、説明を編集したりするには、説明をクリックして、プロパティの右側にある省略記号 ( [...] ) をクリックします。

スキーマ
このテーブルが所属するスキーマの名前を表示します。 Microsoft SQL Server だけに適用されます。

[サーバー名]
データ ソースのサーバーの名前を表示します。

[テーブル デザイナー] カテゴリ
展開して [IDENTITY 列][Indexable]、および [Replicated]の各プロパティを表示します。

[IDENTITY 列]
テーブルの ID 列として使用されている列を表示します。 ID 列を変更するには、ドロップダウン リストから列を選択します。 数値データ型の列だけが一覧に表示されます。

[Indexable]
テーブルにインデックスを付けることができるかどうかを表示します。 テーブルにインデックスを付けることができない場合、テーブルの所有者でないか、データ型が text、ntext、または image の列がテーブルに含まれている可能性があります。

[Replicated]
テーブルが別の場所でレプリケートされているかどうかを表示します。

[標準データ スペースの指定] カテゴリ
展開して [(データ スペースの種類)][ファイル グループまたはパーティション スキーム名]、および [パーティション列の一覧]の各プロパティを表示します。

[(データ スペースの種類)]
テーブルがファイル グループまたはパーティション スキームを使用して保存されるかどうかを表示します。

[ファイル グループまたはパーティション スキーム名]
ファイル グループまたはパーティション スキームの名前を表示します。

[パーティション列の一覧]
[パーティション列の一覧] ダイアログ ボックスにアクセスできます。

[行 GUID 列]
Microsoft SQL Server がテーブルの ROWGUID 列として使用する列を表示します。 ROWGUID 列を変更するには、ドロップダウン リストから列を選択します。 SQL Server 7.0 以降だけに適用されます。

[テキスト/イメージのファイル グループ]
text データ型、または image データ型の列について、ファイル グループを選択できるドロップダウン リストを表示します。 パーティション スキームを使用してテーブルを保存する場合は、このフィールドを空白のままにします。

参照

テーブルの設計