rowversion (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

自動的に生成された、データベース内で一意の 2 進数を公開するデータ型です。 rowversion は、通常、テーブルの行のバージョンを記録するためのメカニズムとして使用します。 格納サイズは 8 バイトです。 rowversion データ型は数値を加算していくだけであり、日付や時刻では保持されません。 日付または時刻を記録するには、 datetime2 データ型を使用してください。

解説

各データベースを含むテーブルで実行される update 操作または挿入ごとにインクリメントされるカウンターには、 rowversion 、データベース内の列です。 このカウンターは、データベース rowversion です。 これにより、クロックへの関連付けが可能な実際の時間ではなく、データベース内の相対時間が追跡されます。 テーブルには、1 つだけ保持できます rowversion 列です。 たびにを持つ行、 rowversion で増加したデータベース rowversion 値が挿入される、列が変更または挿入、 rowversion 列です。 このため、 rowversion 列、不適切なキーとして、特に主キー。 行を更新すると rowversion 値が変わるので、キーの値も変わります。 列が主キー内にある場合、以前のキーの値は無効になり、この以前の値を参照する外部キーも無効になります。 動的カーソルでテーブルを参照する場合、すべての更新操作はカーソル上の行の位置を変更します。 列がインデックス キーの場合は、データ行に対するすべての更新によって、インデックスの更新も生成されます。 行の値が変更されない場合でも、rowversion 値は、update ステートメントによって増分されます (たとえば、列の値が 5 のときに、update ステートメントによって値が 5 に設定された場合、この操作は値の変更がないにもかかわらず更新とみなされ、rowversion は増分されます)。

timestamp は、rowversion データ型のシノニムであり、データ型のシノニムの動作が適用されます。 DDL ステートメントでは、可能な限り timestamp の代わりに rowversion を使用してください。 詳細については、「データ型のシノニム (Transact-SQL)」を参照してください。

Transact-SQL の timestamp データ型は、ISO 標準で定義されている timestamp データ型とは異なります。

Note

timestamp 構文は非推奨とされます。 この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントでは、 timestamp データ型の列名を指定する必要はありません。次に例を示します。

CREATE TABLE ExampleTable (PriKey int PRIMARY KEY, timestamp);  

列名を指定しない場合、SQL Server データベース エンジンによって、timestamp 列名が生成されますが、rowversion シノニムはこの動作に従っていません。 rowversion を使用するときは、列名を指定する必要があります。次に例を示します。

CREATE TABLE ExampleTable2 (PriKey int PRIMARY KEY, VerCol rowversion) ;  

Note

rowversion 列が SELECT リストに含まれる SELECT INTO ステートメントを使用すると、重複した rowversion の値を生成することができます。 このように rowversion を使うことはお勧めしません。

Null 値非許容の rowversion 列は、 binary(8) 列と同じ意味です。 Null 値許容の rowversion 列は、 varbinary(8) 列と同じ意味です。

行の rowversion 列を使用して、最後の読み取り以降、その行に対して update ステートメントが実行されているかどうかを簡単に判断できます。 行に対して update ステートメントが実行されていれば、rowversion 値は更新されています。 行に対して update ステートメントが実行されていなければ、rowversion 値は前回の読み取り時と同じです。 データベースの現在の rowversion 値を返すには、@@DBTS を使用します。

複数のユーザーが同時に行を更新するときに、データベースの整合性を維持するために、 rowversion 列をテーブルに追加することができます。 テーブルに対するクエリを再度実行せずに、行数や更新された行を把握する必要がある場合もあります。

たとえば、MyTest という名前のテーブルを作成するとします。 次の Transact-SQL ステートメントを実行して、テーブル内の一部のデータを設定します。

CREATE TABLE MyTest (myKey int PRIMARY KEY  
    ,myValue int, RV rowversion);  
GO   
INSERT INTO MyTest (myKey, myValue) VALUES (1, 0);  
GO   
INSERT INTO MyTest (myKey, myValue) VALUES (2, 0);  
GO  

次に、以下のサンプル Transact-SQL ステートメントを使用して、更新中に MyTest テーブルでオプティミスティック同時実行制御を実装します。 このスクリプトでは、前回の行の読み取りからの rowversion 値を表すために <myRv> を使用します。 実際の rowversion 値でこの値を置き換えます。 実際の rowversion 値の例は、0x00000000000007D3 などになります。

DECLARE @t TABLE (myKey int);  
UPDATE MyTest  
SET myValue = 2  
    OUTPUT inserted.myKey INTO @t(myKey)   
WHERE myKey = 1   
    AND RV = <myRv>;  
IF (SELECT COUNT(*) FROM @t) = 0  
    BEGIN  
        RAISERROR ('error changing row with myKey = %d'  
            ,16 -- Severity.  
            ,1 -- State   
            ,1) -- myKey that was changed   
    END;  

また、サンプル Transact-SQL ステートメントをトランザクションに置くことができます。 トランザクションの範囲内で @t 変数に対してクエリを実行すると、MyTest テーブルに対するクエリを再度実行しなくても、テーブルの更新済みの myKey 列を取得できます。

timestamp 構文を使用した同じ例を次に示します。 実際の timestamp<myTS> を置き換えます。

CREATE TABLE MyTest2 (myKey int PRIMARY KEY  
    ,myValue int, TS timestamp);  
GO   
INSERT INTO MyTest2 (myKey, myValue) VALUES (1, 0);  
GO   
INSERT INTO MyTest2 (myKey, myValue) VALUES (2, 0);  
GO  
DECLARE @t TABLE (myKey int);  
UPDATE MyTest2  
SET myValue = 2  
    OUTPUT inserted.myKey INTO @t(myKey)   
WHERE myKey = 1   
    AND TS = <myTS>;  
IF (SELECT COUNT(*) FROM @t) = 0  
    BEGIN  
        RAISERROR ('error changing row with myKey = %d'  
            ,16 -- Severity.  
            ,1 -- State   
            ,1) -- myKey that was changed   
    END;  

関連項目

ALTER TABLE (Transact-SQL)
CAST および CONVERT (Transact-SQL)
CREATE TABLE (Transact-SQL)
データ型 (Transact-SQL)
DECLARE @local_variable (Transact-SQL)
DELETE (Transact-SQL)
INSERT (Transact-SQL)
MIN_ACTIVE_ROWVERSION (Transact-SQL)
SET @local_variable (Transact-SQL)
UPDATE (Transact-SQL)