DBCC TRACEON (Transact-SQL)DBCC TRACEON (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database (Managed Instance のみ) ×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database (Managed Instance only) noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

指定されたトレース フラグを有効にします。Enables the specified trace flags.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

DBCC TRACEON ( trace# [ ,...n ][ , -1 ] ) [ WITH NO_INFOMSGS ]  

引数Arguments

trace#trace#
有効にするトレース フラグの番号を指定します。Is the number of the trace flag to turn on.

nn
複数のトレース フラグを指定できることを示すプレースホルダーです。Is a placeholder that indicates multiple trace flags can be specified.

-1-1
指定されたトレース フラグをグローバルに有効にします。Switches on the specified trace flags globally. Azure SQL Managed Instance では、この引数は必須です。This argument is required in Azure SQL Managed Instance.

WITH NO_INFOMSGSWITH NO_INFOMSGS
すべての情報メッセージを表示しないようにします。Suppresses all informational messages.

RemarksRemarks

稼働サーバーでは、予期しない動作を避けるため、次のいずれかの方法を使用してトレース フラグをサーバー規模でのみ有効にすることをお勧めします。On a production server, to avoid unpredictable behavior, we recommend that you only enable trace flags server-wide by using one of the following methods:

  • Sqlservr.exe のコマンド ライン スタートアップ オプション -T を使用します。Use the -T command-line startup option of Sqlservr.exe. すべてのステートメントがトレース フラグを有効にした状態で実行されるので、この方法をお勧めします。This is a recommended best practice because it makes sure that all statements will run with the trace flag enabled. これらはスタートアップ スクリプトのコマンドに含まれています。These include commands in startup scripts. 詳細については、「 sqlservr Application」を参照してください。For more information, see sqlservr Application.
  • DBCC TRACEON ( trace# [ , ... .n] ,-1) は、システムでユーザーまたはアプリケーションが同時にステートメントを実行していない場合にのみ使用します。Use DBCC TRACEON (trace# [, ....n],-1) only while users or applications are not concurrently running statements on the system.

トレース フラグは、SQL ServerSQL Server の動作を制御して特定の特性をカスタマイズするために使用されます。Trace flags are used to customize certain characteristics by controlling how SQL ServerSQL Server operates. トレース フラグは、有効になると、DBCC TRACEOFF ステートメントを実行して無効にするまで、サーバー内では有効のままです。Trace flags, after they are enabled, remain enabled in the server until disabled by executing a DBCC TRACEOFF statement. SQL ServerSQL Server には、セッションとグローバルという 2 種類のトレース フラグがあります。In SQL ServerSQL Server, there are two types of trace flags: session and global. セッション トレース フラグは、1 つの接続についてアクティブで、その接続に対してのみ表示可能です。Session trace flags are active for a connection and are visible only for that connection. グローバル トレース フラグは、サーバー レベルで設定され、サーバー上のすべての接続に対して表示可能です。Global trace flags are set at the server level and are visible to every connection on the server. トレース フラグの状態を確認するには、DBCC TRACESTATUS を使用します。To determine the status of trace flags, use DBCC TRACESTATUS. トレース フラグを無効にするには、DBCC TRACEOFF を使用します。To disable trace flags, use DBCC TRACEOFF.

クエリ プランに影響を与えるトレース フラグをオンにした後、DBCC FREEPROCCACHE; を実行すると、新しいプランに影響を与える動作を使用して、キャッシュされているプランが再コンパイルされます。After turning on a trace flag that affects query plans, execute DBCC FREEPROCCACHE; so that cached plans are recompiled using the new plan-affecting behavior.

Azure SQL Database Managed Instance では、次のグローバル トレース フラグがサポートされています。460、2301、2389、2390、2453、2467、7471、8207、9389、10316、および 11024Azure SQL Database Managed Instance supports the following global Trace Flags: 460,2301,2389,2390,2453,2467,7471,8207,9389,10316, and 11024

結果セットResult Sets

DBCC TRACEON は次の結果セット (メッセージ) を返します。DBCC TRACEON returns the following result set (message):

DBCC execution completed. If DBCC printed error messages, contact your system administrator.  

アクセス許可Permissions

sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。Requires membership in the sysadmin fixed server role.

使用例Examples

次の例では、トレース フラグ 3205 を有効にすることにより、テープ ドライバーのハードウェア圧縮を無効にします。The following example disables hardware compression for tape drivers, by switching on trace flag 3205. このフラグは、現在の接続に対してのみオンとなります。This flag is switched on only for the current connection.

DBCC TRACEON (3205);  
GO  

次の例では、トレース フラグ 3205 をグローバルに有効にします。The following example switches on trace flag 3205 globally.

DBCC TRACEON (3205, -1);  
GO  

次の例では、トレース フラグ 3205 および 260 をグローバルに有効にします。The following example switches on trace flags 3205, and 260 globally.

DBCC TRACEON (3205, 260, -1);  
GO  

参照See Also

DBCC (Transact-SQL)DBCC (Transact-SQL)
DBCC TRACEOFF (Transact-SQL)DBCC TRACEOFF (Transact-SQL)
DBCC TRACESTATUS (Transact-SQL)DBCC TRACESTATUS (Transact-SQL)
トレース フラグ (Transact-SQL)Trace Flags (Transact-SQL)
特定のクエリ レベルに対応するさまざまなトレース フラグを使用して制御できる、プランが影響を及ぼす SQL Server クエリ オプティマイザーの動作の有効化Enable plan-affecting SQL Server query optimizer behavior that can be controlled by different trace flags on a specific-query level