分析関数 (Transact-SQL)Analytic Functions (Transact-SQL)

適用対象:○SQL Server (2012 以降)○Azure SQL Database○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO:yesSQL Server (starting with 2012)yesAzure SQL DatabaseyesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL Server は、これらの分析関数をサポートします。SQL Server supports these analytic functions:

CUME_DIST (&) #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。CUME_DIST (Transact-SQL) 潜在顧客と #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。LEAD (Transact-SQL)
FIRST_VALUE と #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。FIRST_VALUE (Transact-SQL) PERCENTILE_CONT と #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。PERCENTILE_CONT (Transact-SQL)
間隔 (&) #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。LAG (Transact-SQL) PERCENTILE_DISC (&) #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。PERCENTILE_DISC (Transact-SQL)
LAST_VALUE (&) #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。LAST_VALUE (Transact-SQL) PERCENT_RANK (&) #40 です。TRANSACT-SQL と #41 です。PERCENT_RANK (Transact-SQL)

分析関数によって、行のグループに基づいた集計値が計算されます。Analytic functions calculate an aggregate value based on a group of rows. ただし集計関数とは異なり、分析関数は各グループについて複数の行を返すことがあります。Unlike aggregate functions, however, analytic functions can return multiple rows for each group. グループ内の移動平均、集計途中経過、パーセンテージまたは上位 N 位の結果を計算するには、分析関数を使用します。Use analytic functions to compute moving averages, running totals, percentages or top-N results within a group.

参照See also

OVER 句 (Transact-SQL)OVER Clause (Transact-SQL)