COS (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

指定した角度の三角関数のコサイン値を、指定した式に基づいてラジアン単位で計測する数学関数です。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

COS ( float_expression )  

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

float_expression
float 型の を指定します。

戻り値の型

float

この例では、指定された角度の COS 値が返されます。

  DECLARE @angle FLOAT;  
SET @angle = 14.78;  
SELECT 'The COS of the angle is: ' + CONVERT(VARCHAR,COS(@angle));  
GO  

結果セットは次のようになります。

The COS of the angle is: -0.599465                        
  
(1 row(s) affected)  

Azure Synapse Analytics および Analytics Platform System (PDW)

この例では、指定された角度のコサイン値が返されます。

SELECT COS(14.76) AS cosCalc1, COS(-0.1472738) AS cosCalc2;   

結果セットは次のようになります。

cosCalc1  cosCalc2
--------  --------
-0.58     0.99

関連項目

数学関数 (Transact-SQL)