DATABASEPROPERTYEX (Transact-SQL)DATABASEPROPERTYEX (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server の指定データベースについては、指定のデータベース オプションまたはプロパティの現在の設定がこの関数によって返されます。For a specified database in SQL ServerSQL Server, this function returns the current setting of the specified database option or property.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

DATABASEPROPERTYEX ( database , property )  

引数Arguments

データベース (database)database
データベースの名前を指定する式。このデータベースに対して、DATABASEPROPERTYEX は指定されたプロパティ情報を返します。An expression specifying the name of the database for which DATABASEPROPERTYEX will return the named property information. database には、データ型 nvarchar(128) が与えられます。database has an nvarchar(128) data type.

SQL DatabaseSQL Database については、DATABASEPROPERTYEX は現在のデータベースの名前を必要とします。For SQL DatabaseSQL Database, DATABASEPROPERTYEX requires the name of the current database. 別のデータベース名が指定されている場合、すべてのプロパティに対して NULL を返します。It returns NULL for all properties if given a different database name.

propertyproperty
返されるデータベース プロパティの名前を指定する式。An expression specifying the name of the database property to return. property にはデータ型 varchar(128) が与えられ、この表のいずれかの値が入ります。property has a varchar(128) data type, and supports one of the values in this table:

注意

データベースがまだ開始されていない場合、DATABASEPROPERTYEX を呼び出したとき、DATABASEPROPERTYEX がメタデータから検索せず、データベースに直接アクセスすることで値を引き出した場合、NULL が返されます。If the database has not yet started, calls to DATABASEPROPERTYEX will return NULL if DATABASEPROPERTYEX retrieves those values by direct database access, instead of retrieval from metadata. AUTO_CLOSE が ON に設定されているか、それ以外の方法でオフラインになっているデータベースは '開始されていない' と見なされます。A database with AUTO_CLOSE set to ON, or otherwise offline, is defined as 'not started.'

プロパティProperty [説明]Description 返される値Value returned
照合順序Collation データベースの既定の照合順序名です。Default collation name for the database. 照合順序名Collation name

NULL: データベースは開始していませんNULL: Database is not started.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
ComparisonStyleComparisonStyle 照合順序の Windows 比較形式です。The Windows comparison style of the collation. 次のスタイルの値を使用し、完全な ComparisonStyle 値のビットマップを構築します。Use the following style values to build a bitmap for the finished ComparisonStyle value:

大文字と小文字を区別しない: 1Ignore case : 1

アクセントを無視する: 2Ignore accent : 2

ひらがなとカタカナを区別しない: 65536Ignore Kana : 65536

全角と半角を区別しない: 131072Ignore width : 131072



たとえば、既定値 196609 は、大文字と小文字を区別しない、ひらがなとカタカナを区別しない、全角と半角を区別しないという 3 つのオプションを足した値を表しています。For example, the default of 196609 is the result of combining the Ignore case, Ignore Kana, and Ignore width options.
比較スタイルを返します。Returns the comparison style.

バイナリ照合順序ではすべて 0 が返されます。Returns 0 for all binary collations.

基本データ型: intBase data type: int
のエディションEdition データベースのエディションまたはサービス レベルです。The database edition or service tier. 適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseSQL データ ウェアハウスSQL Data WarehouseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database, SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse.



General PurposeGeneral Purpose

Business CriticalBusiness Critical

BasicBasic

StandardStandard

PremiumPremium

System (マスター データベース向け)System (for master database)

NULL: データベースは開始していませんNULL: Database is not started.

基本データ型: nvarchar(64)Base data type: nvarchar(64)
IsAnsiNullDefaultIsAnsiNullDefault データベースは、ISO のルールに従い NULL 値を許可します。Database follows ISO rules for allowing null values. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAnsiNullsEnabledIsAnsiNullsEnabled NULL 値との比較はすべて、不明として評価されます。All comparisons to a null evaluate to unknown. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAnsiPaddingEnabledIsAnsiPaddingEnabled 比較または挿入を行う前に、対象の文字列が同じ長さになるようにパディングを行います。Strings are padded to the same length before comparison or insert. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAnsiWarningsEnabledIsAnsiWarningsEnabled 一般的なエラー状態が発生したとき、SQL Server からエラー メッセージまたは警告メッセージが出力されます。SQL Server issues error or warning messages when standard error conditions occur. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsArithmeticAbortEnabledIsArithmeticAbortEnabled クエリ実行中にオーバーフローまたは 0 除算エラーが発生したとき、クエリは終了します。Queries end when an overflow or divide-by-zero error occurs during query execution. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAutoCloseIsAutoClose 最後のユーザーが終了すると、データベースは即座にシャットダウンし、リソースを解放します。Database shuts down cleanly and frees resources after the last user exits. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAutoCreateStatisticsIsAutoCreateStatistics クエリのパフォーマンスを向上させるために、クエリ オプティマイザーが必要に応じて 1 列ずつの統計を作成します。Query optimizer creates single-column statistics, as required, to improve query performance. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAutoCreateStatisticsIncrementalIsAutoCreateStatisticsIncremental 可能な場合、自動作成された 1 列ずつの統計は増分統計になります。Auto-created single column statistics are incremental when possible. 適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAutoShrinkIsAutoShrink データベース ファイルを、自動的に行われる定期的な圧縮の対象とします。Database files are candidates for automatic periodic shrinking. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsAutoUpdateStatisticsIsAutoUpdateStatistics 古くなっている可能性がある既存の統計がクエリで使用されるとき、クエリ オプティマイザーによってその統計が更新されます。When a query uses potentially out-of-date existing statistics, the query optimizer updates those statistics. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 入力は無効ですNULL: Input not valid

基本データ型: intBase data type: int
IsCloneIsClone データベースは、DBCC CLONEDATABASE で作成されたユーザー データベースをスキーマと統計のみで複製したものです。Database is a schema- and statistics-only copy of a user database created with DBCC CLONEDATABASE. 詳細については、Microsoft サポート技術情報をご覧ください。See Microsoft Support Article for more information. 適用対象:SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) SP2 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) SP2 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsCloseCursorsOnCommitEnabledIsCloseCursorsOnCommitEnabled トランザクションがコミットされると、開いているすべてのカーソルが閉じられます。When a transaction commits, all open cursors will close. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsFulltextEnabledIsFulltextEnabled データベースではフルテキストおよびセマンティック インデックス作成を有効にします。Database is enabled for full-text and semantic indexing. 適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.



1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 入力は無効ですNULL: Input not valid

基本データ型: intBase data type: int

注: このプロパティの値は無効になりました。Note: The value of this property now has no effect. ユーザー データベースでは、常にフルテキスト検索が有効になっています。User databases are always enabled for full-text search. SQL ServerSQL Server の将来のリリースでこのプロパティはなくなります。A future release of SQL ServerSQL Server will remove this property. 新しい開発作業では、このプロパティを使用しないでください。このプロパティを現在使用しているアプリケーションについては、できるだけ早く修正してください。Do not use this property in new development work, and modify applications that currently use this property as soon as possible.
IsInStandByIsInStandBy データベースは読み取り専用のオンライン状態で、復元ログが許可されています。Database is online as read-only, with restore log allowed. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsLocalCursorsDefaultIsLocalCursorsDefault カーソル宣言の既定値は LOCAL です。Cursor declarations default to LOCAL. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsMemoryOptimizedElevateToSnapshotEnabledIsMemoryOptimizedElevateToSnapshotEnabled セッション設定 TRANSACTION ISOLATION LEVEL が READ COMMITTED、READ UNCOMMITTED、あるいはそれより下位の分離レベルに設定されているとき、SNAPSHOT 分離を使用してメモリ最適化テーブルにアクセスします。Memory-optimized tables are accessed using SNAPSHOT isolation, when the session setting TRANSACTION ISOLATION LEVEL is set to READ COMMITTED, READ UNCOMMITTED, or a lower isolation level. 適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.



1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

基本データ型: intBase data type: int
IsMergePublishedIsMergePublished レプリケーションがインストールされている場合は、SQL ServerSQL Server では、マージ レプリケーションのためにデータベース テーブルをパブリッシュできます。SQL ServerSQL Server supports database table publication for merge replication, if replication is installed. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsNullConcatIsNullConcat NULL を連結したオペランドは、NULL になります。Null concatenation operand yields NULL. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsNumericRoundAbortEnabledIsNumericRoundAbortEnabled 式の有効桁数が失われた場合にエラーが生成されます。Errors are generated when a loss of precision occurs in expressions. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsParameterizationForcedIsParameterizationForced データベース SET オプション PARAMETERIZATION が FORCED に設定されています。PARAMETERIZATION database SET option is FORCED. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input
IsQuotedIdentifiersEnabledIsQuotedIdentifiersEnabled 識別子に二重引用符を使用できます。Double quotation marks on identifiers are allowed. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsPublishedIsPublished レプリケーションがインストールされている場合は、SQL ServerSQL Server では、データベースのテーブルをスナップショット レプリケーションまたはトランザクション レプリケーション用にパブリッシュできます。If replication is installed, SQL ServerSQL Server supports database table publication for snapshot or transactional replication. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsRecursiveTriggersEnabledIsRecursiveTriggersEnabled トリガーの再帰的な発生が許可されています。Recursive firing of triggers is enabled. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsSubscribedIsSubscribed データベースはパブリケーションにサブスクライブされます。Database is subscribed to a publication. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsSyncWithBackupIsSyncWithBackup データベースは、パブリッシュされたデータベースかディストリビューション データベースです。また、トランザクション レプリケーションを中断せずに復元できます。The database is either a published database or a distribution database, and it supports a restore that will not disrupt transactional replication. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsTornPageDetectionEnabledIsTornPageDetectionEnabled SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineは、電源障害やその他のシステムの停止によって発生した不完全な I/O 操作を検出します。The SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine detects incomplete I/O operations caused by power failures or other system outages. 1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsVerifiedCloneIsVerifiedClone データベースは、DBCC CLONEDATABASE の WITH VERIFY_CLONEDB オプションで作成されたユーザー データベースをスキーマと統計のみで複製したものです。Database is a schema- and statistics- only copy of a user database, created using the WITH VERIFY_CLONEDB option of DBCC CLONEDATABASE. 詳細については、Microsoft サポート技術情報をご覧ください。See this Microsoft Support Article for more information. 適用対象:SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2 で始まる。Applies to: Starting with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2.



1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: intBase data type: int
IsXTPSupportedIsXTPSupported インメモリ OLTP、つまり、メモリ最適化テーブルとネイティブ コンパイル モジュールをデータベースで作成し、使用できるかどうかを示します。Indicates whether the database supports In-Memory OLTP, i.e., creation and use of memory-optimized tables and natively compiled modules.

SQL ServerSQL Server に固有:Specific to SQL ServerSQL Server:

IsXTPSupported は、インメモリ OLTP オブジェクトを作成するために必要な MEMORY_OPTIMIZED_DATA ファイル グループの存在に依存しません。IsXTPSupported is independent of the existence of any MEMORY_OPTIMIZED_DATA filegroup, which is required for creating In-Memory OLTP objects.
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017) と Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseApplies to: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017), and Azure SQL データベースAzure SQL Database.

1:TRUE1: TRUE

0:FALSE0: FALSE

NULL: 無効な入力、エラー、または該当なしNULL: Invalid input, an error, or not applicable

基本データ型: intBase data type: int
LastGoodCheckDbTimeLastGoodCheckDbTime 指定されたデータベース上で実行され、最後に成功した DBCC CHECKDB の日時。1 DBCC CHECKDB がデータベース上で実行されていない場合は、1900-01-01 00:00:00.000 が返されます。The date and time of the last successful DBCC CHECKDB that ran on the specified database.1 If DBCC CHECKDB has not been run on a database, 1900-01-01 00:00:00.000 is returned. 適用対象:SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2 で始まる。Applies to: Starting with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2.

datetime 値A datetime value

NULL: 無効な入力NULL: Invalid input

基本データ型: datetimeBase data type: datetime
LCID (LCID)LCID 照合順序の Windows ロケール識別子 (LCID)。The collation Windows locale identifier (LCID). LCID 値 (10 進数形式)。LCID value (in decimal format).

基本データ型: intBase data type: int
MaxSizeInBytesMaxSizeInBytes 最大データベース サイズ (バイト単位)。Maximum database size, in bytes. 適用対象: Azure SQL データベースAzure SQL DatabaseSQL データ ウェアハウスSQL Data WarehouseApplies to: Azure SQL データベースAzure SQL Database, SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse.



10737418241073741824

53687091205368709120

1073741824010737418240

2147483648021474836480

3221225472032212254720

4294967296042949672960

5368709120053687091200

NULL: データベースは開始していませんNULL: Database is not started

基本データ型: bigintBase data type: bigint
復旧Recovery データベース復旧モデルDatabase recovery model FULL: 完全復旧モデルFULL: Full recovery model

BULK_LOGGED: 一括ログ モデルBULK_LOGGED: Bulk logged model

SIMPLE: 単純復旧モデルSIMPLE: Simple recovery model

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
ServiceObjectiveServiceObjective SQL DatabaseSQL Database または SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse のデータベースのパフォーマンス レベルについて説明します。Describes the performance level of the database in SQL DatabaseSQL Database or SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse. 次のいずれかです。One of the following:

Null: データベースが開始されていませんNull: database not started

Shared (Web/Business エディション向け)Shared (for Web/Business editions)

BasicBasic

S0S0

S1S1

S2S2

S3S3

P1P1

P2P2

P3P3

ElasticPoolElasticPool

System (マスター DB 向け)System (for master DB)

基本データ型: nvarchar(32)Base data type: nvarchar(32)
ServiceObjectiveIdServiceObjectiveId SQL DatabaseSQL Database のサービス目標の ID です。The id of the service objective in SQL DatabaseSQL Database. * * uniqueidentifier * * をサービス目標を識別します。uniqueidentifier that identifies the service objective.
SQLSortOrderSQLSortOrder 以前のバージョンの SQL Server でサポートされている SQL ServerSQL Server 並べ替え順 ID です。SQL ServerSQL Server sort order ID supported in earlier versions of SQL Server. 0:データベースが Windows 照合順序を使用します0: Database uses Windows collation

>0: SQL ServerSQL Server 並べ替え順 ID>0: SQL ServerSQL Server sort order ID

NULL: 無効な入力、またはデータベースが開始していませんNULL: Invalid input, or database has not started

基本データ型: tinyintBase data type: tinyint
状態Status データベースの状態です。Database status. ONLINE: データベースをクエリに使用できます。ONLINE: Database is available for query.

注: データベースが開いていてまだ復旧されていないとき、ONLINE ステータスが返されることがあります。Note: The ONLINE status may be returned while the database opens and has not yet recovered. 照合順序プロパティをクエリに、データベースが接続を受け入れるときを特定するには、* * * * DATABASEPROPERTYEX です。To identify when a database can accept connections, query the Collation property of DATABASEPROPERTYEX. データベースは、データベースの照合順序から NULL 以外の値が返されたときに接続を受け入れることができます。The database can accept connections when the database collation returns a non-null value. AlwaysOn データベースの場合、sys.dm_hadr_database_replica_states の database_state または database_state_desc 列にクエリを実行します。For Always On databases, query the database_state or database_state_desc columns of sys.dm_hadr_database_replica_states.

OFFLINE: データベースが明示的にオフラインになりました。OFFLINE: Database was explicitly taken offline.

RESTORING: データベース復旧が開始しています。RESTORING: Database restore has started.

RECOVERING: データベース復旧が開始したところで、データベースはまだクエリに対応していません。RECOVERING: Database recovery has started and the database is not yet ready for queries.

SUSPECT: データベースは復旧されませんでした。SUSPECT: Database did not recover.

EMERGENCY: データベースは読み取り専用の緊急モードです。EMERGENCY: Database is in an emergency, read-only state. sysadmin メンバーのみにアクセスが制限されます。Access is restricted to sysadmin members

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
UpdateabilityUpdateability データを変更できるかどうかを示します。Indicates whether data can be modified. READ_ONLY: データベースでは、データを読み取れますが、修正できません。READ_ONLY: Database supports data reads but not data modifications.

READ_WRITE: データベースでは、データを読み取れ、修正できます。READ_WRITE: Database supports data reads and modifications.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
UserAccessUserAccess データベースにアクセスできるユーザーを示します。Indicates which users can access the database. SINGLE_USER: db_owner、dbcreator、sysadmin ユーザーが一度に 1 人だけとなります。SINGLE_USER: Only one db_owner, dbcreator, or sysadmin user at a time

RESTRICTED_USER: db_owner、dbcreator、または sysadmin ロールのメンバーのみ。RESTRICTED_USER: Only members of db_owner, dbcreator, or sysadmin roles

MULTI_USER: すべてのユーザーMULTI_USER: All users

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
バージョンVersion このデータベースが作成された SQL ServerSQL Server コードの内部バージョン番号です。Internal version number of the SQL ServerSQL Server code with which the database was created. 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed. バージョン番号: データベースが開いています。Version number: Database is open.

NULL: データベースが開始していません。NULL: Database has not started.

基本データ型: intBase data type: int

注意

1 可用性グループの一部であるデータベースの場合、コマンドを実行するレプリカに関係なく、LastGoodCheckDbTime は、プライマリ レプリカ上で実行され、最後に成功した DBCC CHECKDB の日時を返します。1 For databases that are part of an Availability Group, LastGoodCheckDbTime will return the date and time of the last successful DBCC CHECKDB that ran on the primary replica, regardless of which replica you run the command from.

戻り値の型Return types

sql_variantsql_variant

例外Exceptions

エラーが発生した場合、または呼び出し元にオブジェクトの表示権限がない場合は、NULL が返されます。Returns NULL on error, or if a caller does not have permission to view the object.

SQL ServerSQL Server では、そのユーザーが所有している、または権限を与えられている、セキュリティ保護可能なアイテムのメタデータのみを表示できます。In SQL ServerSQL Server, a user can only view the metadata of securables that the user owns or on which the user has been granted permission. つまり、オブジェクトに対する権限がユーザーに与えられていない場合、OBJECT_ID のような、メタデータを生成する組み込み関数によって NULL が返されることがあります。This means that metadata-emitting, built-in functions such as OBJECT_ID may return NULL if the user has no permissions on the object. 詳細については、「メタデータ表示の構成」を参照してください。See Metadata Visibility Configuration for more information.

RemarksRemarks

DATABASEPROPERTYEX は、プロパティ設定を一度に 1 つだけ返します。DATABASEPROPERTYEX returns only one property setting at a time. 表示するには複数のプロパティの設定を使用して、 sys.databases カタログ ビューです。To display multiple property settings, use the sys.databases catalog view.

使用例Examples

A.A. AUTO_SHRINK データベース オプションの設定値を取得するRetrieving the status of the AUTO_SHRINK database option

この例では、AdventureWorks データベースの AUTO_SHRINK データベース オプションのステータスを返します。This example returns the status of the AUTO_SHRINK database option for the AdventureWorks database.

SELECT DATABASEPROPERTYEX('AdventureWorks2014', 'IsAutoShrink');  

以下に結果セットを示します。Here is the result set.この結果セットは、AUTO_SHRINK がオフであることを示しています。This indicates that AUTO_SHRINK is off.

------------------  
0  

B.B. データベースの既定の照合順序を取得するRetrieving the default collation for a database

この例は、AdventureWorks データベースのいくつかの属性を返します。This example returns several attributes of the AdventureWorks database.

SELECT   
    DATABASEPROPERTYEX('AdventureWorks2014', 'Collation') AS Collation,  
    DATABASEPROPERTYEX('AdventureWorks2014', 'Edition') AS Edition,  
    DATABASEPROPERTYEX('AdventureWorks2014', 'ServiceObjective') AS ServiceObjective,  
    DATABASEPROPERTYEX('AdventureWorks2014', 'MaxSizeInBytes') AS MaxSizeInBytes  

以下に結果セットを示します。Here is the result set.

Collation                     Edition        ServiceObjective  MaxSizeInBytes  
----------------------------  -------------  ----------------  --------------  
SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS  DataWarehouse  DW1000            5368709120  

参照See also

ALTER DATABASE (Transact-SQL)ALTER DATABASE (Transact-SQL)
データベースの状態Database States
sys.databases (Transact-SQL)sys.databases (Transact-SQL)
sys.database_files (Transact-SQL)sys.database_files (Transact-SQL)
SERVERPROPERTY (Transact-SQL)SERVERPROPERTY (Transact-SQL)