ERROR_MESSAGE (Transact-SQL)ERROR_MESSAGE (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

この関数は、TRY...CATCH 構造の CATCH ブロックが実行される原因となったエラーのメッセージ テキストを返します。This function returns the message text of the error that caused the CATCH block of a TRY...CATCH construct to execute.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

ERROR_MESSAGE ( )   

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。To view Transact-SQL syntax for SQL Server 2014 and earlier, see Previous versions documentation.

戻り値の型Return Types

nvarchar (4000)nvarchar(4000)

戻り値Return Value

ERROR_MESSAGE は、CATCH ブロック内で呼び出されると、CATCH ブロックが実行される原因となったエラー メッセージの全テキストを返します。When called in a CATCH block, ERROR_MESSAGE returns the complete text of the error message that caused the CATCH block to run. このテキストには、長さ、オブジェクト名、時刻など、置換可能なパラメーターに指定された値が含まれます。The text includes the values supplied for any substitutable parameters - for example, lengths, object names, or times.

ERROR_MESSAGE は、CATCH ブロックの範囲外で呼び出されると、NULL を返します。ERROR_MESSAGE returns NULL when called outside the scope of a CATCH block.

解説Remarks

ERROR_MESSAGE は、CATCH ブロックのスコープ内の任意の場所で呼び出すことができます。ERROR_MESSAGE supports calls anywhere within the scope of a CATCH block.

ERROR_MESSAGE は、実行回数に関係なく、あるいは CATCH ブロックのスコープ内の実行場所に関係なく、関連エラー メッセージを返します。ERROR_MESSAGE returns a relevant error message regardless of how many times it runs, or where it runs within the scope of the CATCH block. エラーが発生したステートメントの直後のステートメントのエラー番号のみを返す、@@ERROR などの関数とは対照的となります。This contrasts with a function like @@ERROR, which only returns an error number in the statement immediately following the one that causes an error.

CATCH ブロックが入れ子になっている場合、ERROR_MESSAGE は、CATCH ブロックを参照した CATCH ブロックのスコープに固有のエラー メッセージを返します。In nested CATCH blocks, ERROR_MESSAGE returns the error message specific to the scope of the CATCH block that referenced that CATCH block. たとえば、外側の TRY...CATCH 構造の CATCH ブロックの中に TRY...CATCH 構造が含まれることがあります。For example, the CATCH block of an outer TRY...CATCH construct could have an inner TRY...CATCH construct. その内側の CATCH ブロック内では、ERROR_MESSAGE は内側の CATCH ブロックを呼び出したエラーからのメッセージを返します。Inside that inner CATCH block, ERROR_MESSAGE returns the message from the error that invoked the inner CATCH block. ERROR_MESSAGE が外側の CATCH ブロック内で実行される場合、外側の CATCH ブロックを呼び出したエラーからのメッセージを返します。If ERROR_MESSAGE runs in the outer CATCH block, it returns the message from the error that invoked that outer CATCH block.

Examples

A.A. CATCH ブロックで ERROR_MESSAGE を使用するUsing ERROR_MESSAGE in a CATCH block

この例は、0 除算エラーを生成する SELECT ステートメントを示しています。This example shows a SELECT statement that generates a divide-by-zero error. CATCH ブロックはエラー メッセージを返します。The CATCH block returns the error message.

BEGIN TRY  
    -- Generate a divide-by-zero error.  
    SELECT 1/0;  
END TRY  
BEGIN CATCH  
    SELECT ERROR_MESSAGE() AS ErrorMessage;  
END CATCH;  
GO  

結果セットは次のようになります。Here is the result set.

-----------

(0 row(s) affected)

ErrorMessage
----------------------------------
Divide by zero error encountered.

(1 row(s) affected)

B.B. CATCH ブロックで、別のエラー処理ツールと一緒に ERROR_MESSAGE を使用するUsing ERROR_MESSAGE in a CATCH block with other error-handling tools

この例は、0 除算エラーを生成する SELECT ステートメントを示しています。This example shows a SELECT statement that generates a divide-by-zero error. CATCH ブロックは、エラー メッセージと共にそのエラーに関する情報を返します。Along with the error message, the CATCH block returns information about that error.

BEGIN TRY  
    -- Generate a divide-by-zero error.  
    SELECT 1/0;  
END TRY  
BEGIN CATCH  
    SELECT  
        ERROR_NUMBER() AS ErrorNumber  
        ,ERROR_SEVERITY() AS ErrorSeverity  
        ,ERROR_STATE() AS ErrorState  
        ,ERROR_PROCEDURE() AS ErrorProcedure  
        ,ERROR_LINE() AS ErrorLine  
        ,ERROR_MESSAGE() AS ErrorMessage;  
END CATCH;  
GO  

結果セットは次のようになります。Here is the result set.

-----------

(0 row(s) affected)

ErrorNumber ErrorSeverity ErrorState  ErrorProcedure  ErrorLine  ErrorMessage
----------- ------------- ----------- --------------- ---------- ----------------------------------
8134        16            1           NULL            4          Divide by zero error encountered.

(1 row(s) affected)

参照See Also

sys.messages (Transact-SQL) sys.messages (Transact-SQL)
TRY...CATCH (Transact-SQL) TRY...CATCH (Transact-SQL)
ERROR_LINE (Transact-SQL) ERROR_LINE (Transact-SQL)
ERROR_MESSAGE (Transact-SQL) ERROR_MESSAGE (Transact-SQL)
ERROR_PROCEDURE (Transact-SQL) ERROR_PROCEDURE (Transact-SQL)
ERROR_SEVERITY (Transact-SQL) ERROR_SEVERITY (Transact-SQL)
ERROR_STATE (Transact-SQL) ERROR_STATE (Transact-SQL)
RAISERROR (Transact-SQL) RAISERROR (Transact-SQL)
@@ERROR (Transact-SQL) @@ERROR (Transact-SQL)
エラーとイベントのリファレンス (データベース エンジン)Errors and Events Reference (Database Engine)