SERVERPROPERTY (Transact-SQL)SERVERPROPERTY (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

サーバー インスタンスについてのプロパティ情報を返します。Returns property information about the server instance.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

SERVERPROPERTY ( 'propertyname' )  

引数Arguments

propertynamepropertyname
サーバーについて、返されるプロパティ情報を含む式を指定します。Is an expression that contains the property information to be returned for the server. propertyname 値は次のいずれかを指定することができます。propertyname can be one of the following values.

プロパティProperty 返される値Values returned
BuildClrVersionBuildClrVersion MicrosoftMicrosoft インスタンスの構築時に使用された .NET Framework.NET Framework SQL ServerSQL Server 共通言語ランタイム (CLR) のバージョン。Version of the MicrosoftMicrosoft.NET Framework.NET Framework common language runtime (CLR) that was used while building the instance of SQL ServerSQL Server.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
照合順序Collation サーバーの既定の照合順序の名前。Name of the default collation for the server.

NULL = 無効な入力またはエラー。NULL = Input is not valid, or an error.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
CollationIDCollationID SQL ServerSQL Server 照合順序の ID。ID of the SQL ServerSQL Server collation.

基本データ型: intBase data type: int
ComparisonStyleComparisonStyle 照合順序の Windows 比較形式。Windows comparison style of the collation.

基本データ型: intBase data type: int
ComputerNamePhysicalNetBIOSComputerNamePhysicalNetBIOS SQL ServerSQL Server のインスタンスが現在実行されているローカル コンピューターの NetBIOS 名。NetBIOS name of the local computer on which the instance of SQL ServerSQL Server is currently running.

フェールオーバー クラスターの SQL ServerSQL Server クラスター化インスタンスでは、SQL ServerSQL Server インスタンスがフェールオーバー クラスターの他のノードにフェールオーバーすると、この値が変わります。For a clustered instance of SQL ServerSQL Server on a failover cluster, this value changes as the instance of SQL ServerSQL Server fails over to other nodes in the failover cluster.

SQL ServerSQL Server スタンドアロン インスタンスではこの値は変わらず、MachineName プロパティと同じ値が返されます。On a stand-alone instance of SQL ServerSQL Server, this value remains constant and returns the same value as the MachineName property.

注: SQL ServerSQL Server のインスタンスがフェールオーバー クラスター内にある場合に、フェールオーバー クラスター インスタンスの名前を取得するには、MachineName プロパティを使用します。Note: If the instance of SQL ServerSQL Server is in a failover cluster and you want to obtain the name of the failover clustered instance, use the MachineName property.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
EditionEdition SQL ServerSQL Server インスタンスのインストールされている製品のエディション。Installed product edition of the instance of SQL ServerSQL Server. 機能や制限 (SQL Server のエディション別の計算容量制限など) は、このプロパティの値を使用して調べます。Use the value of this property to determine the features and the limits, such as Compute Capacity Limits by Edition of SQL Server. このバージョン (64 ビット) には、64 ビット バージョンのデータベース エンジンDatabase Engineが追加されています。64-bit versions of the データベース エンジンDatabase Engine append (64-bit) to the version.

戻り値:Returns:

'Enterprise Edition''Enterprise Edition'

'Enterprise Edition:Core-based Licensing''Enterprise Edition: Core-based Licensing'

'Enterprise Evaluation Edition''Enterprise Evaluation Edition'

'Business Intelligence Edition''Business Intelligence Edition'

'Developer Edition''Developer Edition'

'Express Edition''Express Edition'

'Express Edition with Advanced Services''Express Edition with Advanced Services'

'Standard Edition''Standard Edition'

'Web Edition''Web Edition'

'SQL Azure' は、SQL DatabaseSQL Database または SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse を示します'SQL Azure' indicates SQL DatabaseSQL Database or SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
EditionIDEditionID EditionID は、SQL ServerSQL Server のインスタンスについて、インストールされている製品のエディションを表します。EditionID represents the installed product edition of the instance of SQL ServerSQL Server. 機能や制限 (SQL Server のエディション別の計算容量制限など) は、このプロパティの値を使用して調べます。Use the value of this property to determine features and limits, such as Compute Capacity Limits by Edition of SQL Server.

1804890536 = Enterprise1804890536 = Enterprise

1872460670 = Enterprise Edition:Core-based Licensing1872460670 = Enterprise Edition: Core-based Licensing

610778273= Enterprise Evaluation610778273= Enterprise Evaluation

284895786 = Business Intelligence284895786 = Business Intelligence

-2117995310 = Developer-2117995310 = Developer

-1592396055 = Express-1592396055 = Express

-133711905 = Express with Advanced Services-133711905= Express with Advanced Services

-1534726760 = Standard-1534726760 = Standard

1293598313 = Web1293598313 = Web

1674378470 = SQL Database または SQL Data Warehouse1674378470 = SQL Database or SQL Data Warehouse

基本データ型: bigintBase data type: bigint
EngineEditionEngineEdition サーバーにインストールされている データベース エンジンDatabase Engine インスタンスのSQL ServerSQL Serverのエディション。データベース エンジンDatabase Engine edition of the instance of SQL ServerSQL Server installed on the server.

1 = Personal または Desktop Engine (SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) 以降のバージョンでは使用できません)1 = Personal or Desktop Engine (Not available in SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) and later versions.)

2 = Standard (Standard、Web、および Business Intelligence の場合に返されます)2 = Standard (This is returned for Standard, Web, and Business Intelligence.)

3 = Enterprise (Evaluation、Developer、Enterprise エディションの場合にこの値が返されます)3 = Enterprise (This is returned for Evaluation, Developer, and Enterprise editions.)

4 = Express (Express、Express with Tools、Express with Advanced Services の場合に返されます)4 = Express (This is returned for Express, Express with Tools, and Express with Advanced Services)

5 = SQL DatabaseSQL Database5 = SQL DatabaseSQL Database

6 = SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse6 = SQL データ ウェアハウスSQL Data Warehouse

8 = マネージド インスタンス8 = Managed Instance

基本データ型: intBase data type: int
HadrManagerStatusHadrManagerStatus 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

Always On 可用性グループAlways On availability groups マネージャーが開始されたかどうかを示します。Indicates whether the Always On 可用性グループAlways On availability groups manager has started.

0 = 未開始状態、通信保留中0 = Not started, pending communication.

1 = 開始されて実行中1 = Started and running.

2 = 未開始状態、失敗2 = Not started and failed.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.
InstanceDefaultDataPathInstanceDefaultDataPath 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

インスタンス データ ファイルの既定のパスの名前。Name of the default path to the instance data files.
InstanceDefaultLogPathInstanceDefaultLogPath 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

インスタンス ログ ファイルの既定のパスの名前。Name of the default path to the instance log files.
InstanceNameInstanceName ユーザーの接続先のインスタンス名。Name of the instance to which the user is connected.

インスタンス名が既定インスタンスの場合や、無効な入力またはエラーの場合は、NULL が返されます。Returns NULL if the instance name is the default instance, if the input is not valid, or error.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
IsAdvancedAnalyticsInstalledIsAdvancedAnalyticsInstalled セットアップ時に Advanced Analytics 機能がインストールされた場合は 1 を返します。Advanced Analytics がインストールされていない場合は 0 を返します。Returns 1 if the Advanced Analytics feature was installed during setup; 0 if Advanced Analytics was not installed.
IsClusteredIsClustered サーバー インスタンスがフェールオーバー クラスターで構成されます。Server instance is configured in a failover cluster.

1 = クラスター化1 = Clustered.

0 = 非クラスター化0 = Not Clustered.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int
IsFullTextInstalledIsFullTextInstalled SQL ServerSQL Server の現在のインスタンスに、フルテキスト インデックス作成およびセマンティック インデックス作成のコンポーネントがインストールされています。The full-text and semantic indexing components are installed on the current instance of SQL ServerSQL Server.

1 = フルテキスト インデックス作成およびセマンティック インデックス作成のコンポーネントがインストールされています。1 = Full-text and semantic indexing components are installed.

0 = フルテキスト インデックス作成およびセマンティック インデックス作成のコンポーネントがインストールされていません。0 = Full-text and semantic indexing components are not installed.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int
IsHadrEnabledIsHadrEnabled 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

Always On 可用性グループAlways On availability groupsは、このサーバー インスタンス上で有効です。is enabled on this server instance.

0 = Always On 可用性グループAlways On availability groups機能は無効です。0 = The Always On 可用性グループAlways On availability groups feature is disabled.

1 = Always On 可用性グループAlways On availability groups機能は有効です。1 = The Always On 可用性グループAlways On availability groups feature is enabled.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int

SQL ServerSQL Server のインスタンスで可用性レプリカを作成して実行するには、サーバー インスタンス上で Always On 可用性グループAlways On availability groupsが有効になっている必要があります。For availability replicas to be created and run on an instance of SQL ServerSQL Server, Always On 可用性グループAlways On availability groups must be enabled on the server instance. 詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの有効化と無効化 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Enable and Disable AlwaysOn Availability Groups (SQL Server).

注: IsHadrEnabled プロパティは、Always On 可用性グループAlways On availability groups のみに関連します。Note: The IsHadrEnabled property pertains only to Always On 可用性グループAlways On availability groups. データベース ミラーリングやログ配布などの、その他の高可用性機能およびディザスター リカバリー機能は、このサーバー プロパティの影響を受けません。Other high availability or disaster recovery features, such as database mirroring or log shipping, are unaffected by this server property.
IsIntegratedSecurityOnlyIsIntegratedSecurityOnly サーバーは統合セキュリティ モードです。Server is in integrated security mode.

1 = 統合セキュリティ (Windows 認証)1 = Integrated security (Windows Authentication)

0 = 非統合セキュリティ0 = Not integrated security. (Windows 認証と SQL ServerSQL Server 認証の両方)。(Both Windows Authentication and SQL ServerSQL Server Authentication.)

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int
IsLocalDBIsLocalDB 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

サーバーは SQL Server ExpressSQL Server Express LocalDB のインスタンスです。Server is an instance of SQL Server ExpressSQL Server Express LocalDB.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.
IsPolyBaseInstalledIsPolyBaseInstalled 適用対象: SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2017SQL Server 2017.

サーバー インスタンスに PolyBase 機能がインストールされているかどうかを返します。Returns whether the server instance has the PolyBase feature installed.

0 = Polybase はインストールされていません。0 = PolyBase is not installed.

1 = Polybase はインストールされています。1 = PolyBase is installed.

基本データ型: intBase data type: int
IsSingleUserIsSingleUser サーバーはシングル ユーザー モードです。Server is in single-user mode.

1 = シングル ユーザー1 = Single user.

0 = 非シングル ユーザー0 = Not single user

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int
IsXTPSupportedIsXTPSupported 適用対象:SQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017)、SQL DatabaseSQL DatabaseApplies to: SQL Server (SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017), SQL DatabaseSQL Database.

サーバーは、インメモリ OLTP をサポートします。Server supports In-Memory OLTP.

1 = サーバーはインメモリ OLTP をサポートします。1= Server supports In-Memory OLTP.

0 = サーバーはインメモリ OLTP をサポートしません。0= Server does not supports In-Memory OLTP.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int
LCIDLCID 照合順序の Windows ロケール識別子 (LCID)。Windows locale identifier (LCID) of the collation.

基本データ型: intBase data type: int
LicenseTypeLicenseType 未使用。Unused. ライセンス情報は SQL ServerSQL Server 製品によって保存または維持されていません。License information is not preserved or maintained by the SQL ServerSQL Server product. 常に DISABLED が返されます。Always returns DISABLED.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
MachineNameMachineName サーバー インスタンスが稼働している Windows コンピューターの名前。Windows computer name on which the server instance is running.

クラスター化インスタンスの場合、つまり、Microsoft Cluster Service 上の仮想サーバーで稼働している SQL ServerSQL Server のインスタンスの場合は、仮想サーバーの名前が返されます。For a clustered instance, an instance of SQL ServerSQL Server running on a virtual server on Microsoft Cluster Service, it returns the name of the virtual server.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
NumLicensesNumLicenses 未使用。Unused. ライセンス情報は SQL ServerSQL Server 製品によって保存または維持されていません。License information is not preserved or maintained by the SQL ServerSQL Server product. 常に NULL が返されます。Always returns NULL.

基本データ型: intBase data type: int
ProcessIDProcessID SQL ServerSQL Server サービスのプロセス ID。Process ID of the SQL ServerSQL Server service. このインスタンスに属する Sqlservr.exe を識別するときに、ProcessID は効果的です。ProcessID is useful in identifying which Sqlservr.exe belongs to this instance.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.

基本データ型: intBase data type: int
ProductBuildProductBuild 適用対象: 2015 年 10 月以降の SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x)Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) beginning October, 2015.

ビルド番号です。The build number.
ProductBuildTypeProductBuildType 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

現在のビルドのビルドの種類です。Type of build of the current build.

次のいずれかを返します。Returns one of the following:

OD = 特定の顧客のオンデマンド リリース。OD = On Demand release a specific customer.

GDR = Windows Update を介してリリースされた一般配布リリース。GDR = General Distribution Release released through windows update.

NULLNULL
= 該当なし。= Not applicable.
ProductLevelProductLevel SQL ServerSQL Server インスタンスのバージョンのレベルです。Level of the version of the instance of SQL ServerSQL Server.

次のいずれかを返します。Returns one of the following:

'RTM' = オリジナル リリース バージョン'RTM' = Original release version

'SPn' = サービス パックのバージョン'SPn' = Service pack version

'CTPn', = Community Technology Preview のバージョン'CTPn', = Community Technology Preview version

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
ProductMajorVersionProductMajorVersion 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

メジャー バージョン。The major version.
ProductMinorVersionProductMinorVersion 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

マイナー バージョン。The minor version.
ProductUpdateLevelProductUpdateLevel 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

現在のビルドのレベルを更新します。Update level of the current build. CU は累積更新を示します。CU indicates a cumulative update.

次のいずれかを返します。Returns one of the following:

CUn = 累積更新プログラムCUn = Cumulative Update

NULLNULL
= 該当なし。= Not applicable.
ProductUpdateReferenceProductUpdateReference 適用対象: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) から 2015 年後半以降の更新プログラムの現在のバージョン。Applies to: SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) through current version in updates beginning in late 2015.

そのリリースのサポート技術情報の記事です。KB article for that release.
ProductVersionProductVersion SQL ServerSQL Server インスタンスのバージョンです ('major.minor.build.revision' 形式)。Version of the instance of SQL ServerSQL Server, in the form of 'major.minor.build.revision'.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
ResourceLastUpdateDateTimeResourceLastUpdateDateTime リソース データベースが最後に更新された日時を返します。Returns the date and time that the Resource database was last updated.

基本データ型: datetimeBase data type: datetime
ResourceVersionResourceVersion リソース データベースのバージョンを返します。Returns the version Resource database.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
ServerNameServerName SQL ServerSQL Server の特定のインスタンスに関連付けられている Windows サーバーとインスタンスの情報。Both the Windows server and instance information associated with a specified instance of SQL ServerSQL Server.

NULL = 無効な入力またはエラー。NULL = Input is not valid, or an error.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
SqlCharSetSqlCharSet 照合順序 ID の SQL 文字セット ID。The SQL character set ID from the collation ID.

基本データ型: tinyintBase data type: tinyint
SqlCharSetNameSqlCharSetName 照合順序の SQL 文字セットの名前。The SQL character set name from the collation.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
SqlSortOrderSqlSortOrder 照合順序の SQL 並べ替え順序 ID。The SQL sort order ID from the collation

基本データ型: tinyintBase data type: tinyint
SqlSortOrderNameSqlSortOrderName 照合順序の SQL 並べ替え順序の名前。The SQL sort order name from the collation.

基本データ型: nvarchar(128)Base data type: nvarchar(128)
FilestreamShareNameFilestreamShareName FILESTREAM で使用される共有の名前。The name of the share used by FILESTREAM.

NULL = 無効な入力、エラー、または該当なしNULL = Input is not valid, an error, or not applicable.
FilestreamConfiguredLevelFilestreamConfiguredLevel FILESTREAM アクセスの構成されているレベル。The configured level of FILESTREAM access. 詳細については、「filestream のアクセス レベル」を参照してください。For more information, see filestream access level.
FilestreamEffectiveLevelFilestreamEffectiveLevel FILESTREAM アクセスの有効なレベル。The effective level of FILESTREAM access. レベルが変更されており、インスタンスの再起動またはコンピューターの再起動のいずれかが保留されている場合、この値は FilestreamConfiguredLevel と異なることがあります。This value can be different than the FilestreamConfiguredLevel if the level has changed and either an instance restart or a computer restart is pending. 詳細については、「filestream のアクセス レベル」を参照してください。For more information, see filestream access level.

戻り値の型Return Types

sql_variantsql_variant

RemarksRemarks

ServerName プロパティServerName Property

SERVERPROPERTY 関数の ServerName プロパティと @@SERVERNAME は、同様の情報を返します。The ServerName property of the SERVERPROPERTY function and @@SERVERNAME return similar information. ServerName プロパティが返す Windows サーバーとインスタンス名を合わせることで、一意なサーバー インスタンスが形成されます。The ServerName property provides the Windows server and instance name that together make up the unique server instance. @@SERVERNAME は、現在構成されているローカル サーバー名を返します。@@SERVERNAME provides the currently configured local server name.

ServerName プロパティと @@SERVERNAME は、インストール時の既定のサーバー名が変更されていない場合は、同じ情報を返します。The ServerName property and @@SERVERNAME return the same information if the default server name at the time of installation has not been changed. ローカル サーバー名は次のストアド プロシージャを実行することによって構成できます。The local server name can be configured by executing the following:

EXEC sp_dropserver 'current_server_name';  
GO  
EXEC sp_addserver 'new_server_name', 'local';  
GO  

ローカル サーバー名がインストール時の既定のサーバーから変更されている場合、@@SERVERNAME は新しい名前を返します。If the local server name has been changed from the default server name at installation time, @@SERVERNAME returns the new name.

バージョンのプロパティVersion Properties

SERVERPROPERTY 関数は、バージョン情報に関連するプロパティを個別に返します。一方、@@VERSION 関数は、出力を 1 つの文字列に結合します。The SERVERPROPERTY function returns individual properties that relate to the version information whereas the @@VERSION function combines the output into one string. アプリケーションで個々のプロパティ文字列が必要な場合は、@@VERSION の結果を解析する代わりに SERVERPROPERTY 関数を使用して個々のプロパティ文字列を取得できます。If your application requires individual property strings, you can use the SERVERPROPERTY function to return them instead of parsing the @@VERSION results.

アクセス許可Permissions

すべてのユーザーは、サーバーのプロパティをクエリできます。All users can query the server properties.

使用例Examples

次の例では、SELECT ステートメント内で SERVERPROPERTY 関数を使用することによって、SQL ServerSQL Server の現在のインスタンスに関する情報を返します。The following example uses the SERVERPROPERTY function in a SELECT statement to return information about the current instance of SQL ServerSQL Server.

SELECT  
  SERVERPROPERTY('MachineName') AS ComputerName,
  SERVERPROPERTY('ServerName') AS InstanceName,  
  SERVERPROPERTY('Edition') AS Edition,
  SERVERPROPERTY('ProductVersion') AS ProductVersion,  
  SERVERPROPERTY('ProductLevel') AS ProductLevel;  
GO  

参照See Also

SQL Server 2016 のエディションとコンポーネントEditions and Components of SQL Server 2016