STR (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance yesAzure Synapse Analytics yesAnalytics Platform System (PDW)

数値データから変換された文字データを返します。 文字データは右揃えで、長さと小数点以下の精度が指定されています。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

STR ( float_expression [ , length [ , decimal ] ] )  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

float_expression
小数点付きの概数型 (float) の式を指定します。

length
全体の長さを指定します。 これには小数点、符号、数字、空白文字も含まれます。 既定値は 10 です。

decimal
小数点以下の桁数を指定します。 decimal は 16 以下である必要があります。 decimal に 16 を超える値を指定した場合、結果は小数点以下 16 桁に切り捨てられます。

戻り値の型

varchar

解説

STR で length パラメーターと decimal パラメーターを指定する場合は、正の値を指定する必要があります。 数値は、既定では整数に丸められます。小数点以下桁数に 0 が指定された場合も同様です。 指定する長さは、その数字の小数点より前の桁数に、符号があればその符号部分を加えた数以上にする必要があります。 短い float_expression は、指定された長さで右揃えされ、長い float_expression は、指定された小数点以下桁数に切り捨てられます。 たとえば、STR(12, 10) の結果は 12 になります。 これは結果セットの中で右揃えされます。 一方、STR(1223, 2) と指定すると、結果は切り捨てられて ** になります。 文字列関数は入れ子にすることができます。

Note

Unicode データに変換するには、CONVERT または CAST 変換関数の中で STR を使用します。

次の例では、5 つの数字と小数点で構成される式を、6 桁の文字列に変換します。 値の小数部は、小数点以下 1 桁になるように丸められます。

SELECT STR(123.45, 6, 1);  
GO  

結果セットは次のようになります。

------  
 123.5  
  
(1 row(s) affected)  

式が指定した長さを超えた場合、STR では ** が指定の長さだけ返されます。

SELECT STR(123.45, 2, 2);  
GO  

結果セットは次のようになります。

--  
**  
  
(1 row(s) affected)  

STR の中で数値データが入れ子にされていても、結果は指定した形式の文字データになります。

SELECT STR (FLOOR (123.45), 8, 3);
GO  

結果セットは次のようになります。

--------  
 123.000  
  
(1 row(s) affected)  

参照

CAST および CONVERT (Transact-SQL)
FORMAT (Transact-SQL)
文字列関数 (Transact-SQL)