TRIM (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server 2017 (14.x) 以降 はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics

文字列の先頭と末尾にあるスペース文字 char(32) または他の指定した文字を削除します。

構文

-- Syntax for SQL Server and Azure SQL Database
TRIM ( [ characters FROM ] string )
-- Syntax for Azure Synapse Analytics
TRIM ( string )

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

characters: 削除する必要がある文字を含む LOB 以外の任意の文字型 (nvarcharvarcharnchar、またはchar) のリテラル、変数、または関数呼び出しです。 nvarchar(max) および varchar(max) 型は使用できません。

string: 文字を削除する必要がある任意の文字型 (nvarcharvarcharnchar、またはchar) の式です。

戻り値の型

空白文字 char(32) または他の指定した文字が両側から削除される、文字列引数の型を持つ文字式を返します。 入力文字列が NULL の場合は NULL を返します。

注釈

既定では、TRIM 関数によって文字列の先頭と末尾の両方から空白文字が削除されます。 この動作は LTRIM(RTRIM(@string)) と同等です。

A. 文字列の先頭と末尾からスペース文字を削除します。

次の例では、単語 test の前後からスペースを削除します。

SELECT TRIM( '     test    ') AS Result;

結果セットは次のようになります。

test

B. 指定した文字を文字列の両側から削除します。

次の例では、# の前と単語 test の後ろからピリオドとスペースを削除します。

SELECT TRIM( '.,! ' FROM  '     #     test    .') AS Result;

結果セットは次のようになります。

#     test

参照