TYPE_ID (Transact-SQL)TYPE_ID (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database はいAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed InstanceYesAzure SQL Managed InstanceAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsyesAzure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics はいParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseyesParallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

指定されたデータ型名の ID を返します。Returns the ID for a specified data type name.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

TYPE_ID ( [ schema_name ] type_name )   

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。To view Transact-SQL syntax for SQL Server 2014 and earlier, see Previous versions documentation.

引数Arguments

type_nametype_name
データ型の名前です。Is the name of the data type. type_name のデータ型は nvarchar です。type_name is of type nvarchar. type_name は、システムまたはユーザー定義データ型。type_name can be a system or user-defined data type.

戻り値の型Return Types

intint

例外Exceptions

エラーが発生した場合、または呼び出し元にオブジェクトの表示権限がない場合は、NULL が返されます。Returns NULL on error or if a caller does not have permission to view the object.

SQL ServerSQL Server では、そのユーザーが所有している、または権限を与えられている、セキュリティ保護可能なアイテムのメタデータのみを表示できます。In SQL ServerSQL Server, a user can only view the metadata of securables that the user owns or on which the user has been granted permission. つまり、ユーザーがオブジェクトに対する権限を与えられていない場合、メタデータを生成する TYPE_ID などの組み込み関数では NULL が返される可能性があります。This means that metadata-emitting, built-in functions such as TYPE_ID may return NULL if the user does not have any permission on the object. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

解説Remarks

型名が有効でない場合、または呼び出し元に型を参照するための十分な権限がない場合、TYPE_ID は NULL を返します。TYPE_ID returns NULL if the type name is not valid, or if the caller does not have sufficient permission to reference the type.

Examples

A.A. 1 つまたは 2 つの部分から成る型名の TYPE ID 値を検索するLooking up the TYPE ID values for single- and two-part type names

次の例では、1 つまたは 2 つの部分から成る型名の TYPE ID が返されます。The following example returns type ID for single- and two-part type names.

USE tempdb;  
GO  
CREATE TYPE NewType FROM int;  
GO  
CREATE SCHEMA NewSchema;  
GO  
CREATE TYPE NewSchema.NewType FROM int;  
GO  
SELECT TYPE_ID('NewType') AS [1 Part Data Type ID],  
       TYPE_ID('NewSchema.NewType') AS [2 Part Data Type ID];  
GO  

B.B. システム データ型の TYPE ID を検索するLooking up the TYPE ID of a system data type

次の例では、TYPE ID システム データ型の datetime が返されます。The following example returns the TYPE ID for the datetime system data type.

SELECT TYPE_NAME(TYPE_ID('datetime')) AS [TYPE_NAME]  
    ,TYPE_ID('datetime') AS [TYPE_ID];  
GO  

例: Azure Synapse AnalyticsAzure Synapse AnalyticsParallel Data WarehouseParallel Data WarehouseExamples: Azure Synapse AnalyticsAzure Synapse Analytics and Parallel Data WarehouseParallel Data Warehouse

C: システム データ型の TYPE ID を検索するC: Looking up the TYPE ID of a system data type

次の例では、TYPE ID システム データ型の datetime が返されます。The following example returns the TYPE ID for the datetime system data type.

SELECT TYPE_NAME(TYPE_ID('datetime')) AS typeName,   
    TYPE_ID('datetime') AS typeID FROM table1;  

参照See Also

TYPE_NAME (Transact-SQL) TYPE_NAME (Transact-SQL)
TYPEPROPERTY (Transact-SQL) TYPEPROPERTY (Transact-SQL)
sys.types (Transact-SQL) sys.types (Transact-SQL)
メタデータ関数 (Transact-SQL)Metadata Functions (Transact-SQL)