MATCH (Transact-SQL)

適用対象:はいSQL Server 2017 (14.x)以降 はいAzure SQL データベースはいAzure SQL Managed Instance

グラフの検索条件を指定します。 MATCH は、WHERE 句の一部として、SELECT ステートメントでグラフ ノードとエッジのテーブルでのみ使用できます。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

MATCH (<graph_search_pattern>)

<graph_search_pattern>::=
  {  
      <simple_match_pattern> 
    | <arbitrary_length_match_pattern>  
    | <arbitrary_length_match_last_node_predicate> 
  }

<simple_match_pattern>::=
  {
      LAST_NODE(<node_alias>) | <node_alias>   { 
          { <-( <edge_alias> )- } 
        | { -( <edge_alias> )-> }
        <node_alias> | LAST_NODE(<node_alias>)
        } 
  }
  [ { AND } { ( <simple_match_pattern> ) } ]
  [ ,...n ]

<node_alias> ::=
  node_table_name | node_table_alias 

<edge_alias> ::=
  edge_table_name | edge_table_alias


<arbitrary_length_match_pattern>  ::=
  { 
    SHORTEST_PATH( 
      <arbitrary_length_pattern> 
      [ { AND } { <arbitrary_length_pattern> } ] 
      [ ,…n] 
    )
  } 

<arbitrary_length_match_last_node_predicate> ::=
  {  LAST_NODE( <node_alias> ) = LAST_NODE( <node_alias> ) }


<arbitrary_length_pattern> ::=
    {  LAST_NODE( <node_alias> )   | <node_alias>
     ( <edge_first_al_pattern> [<edge_first_al_pattern>…,n] )
     <al_pattern_quantifier> 
  }
    |  ( {<node_first_al_pattern> [<node_first_al_pattern> …,n] )
        <al_pattern_quantifier> 
        LAST_NODE( <node_alias> ) | <node_alias> 
 }
    
<edge_first_al_pattern> ::=
  { (  
        { -( <edge_alias> )->   } 
      | { <-( <edge_alias> )- } 
      <node_alias>
      ) 
  } 

<node_first_al_pattern> ::=
  { ( 
      <node_alias> 
        { <-( <edge_alias> )- } 
      | { -( <edge_alias> )-> }
      ) 
  } 


<al_pattern_quantifier> ::=
  {
        +
      | { 1 , n }
  }

n -  positive integer only.
 

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

graph_search_pattern
グラフでの検索パターンまたは走査するパスを指定します。 このパターンは、グラフでパスを走査するために ASCII アート構文を使用します。 このパターンは、提供される矢印の方向でエッジを使用して 1 つのノードから別のノードに移動します。 エッジ名またはエイリアスは、かっこ内に表示されます。 ノード名またはエイリアスは、矢印の 2 つの端に表示されます。 矢印は、パターンのいずれの方向に移動できます。

node_alias
FROM 句で指定されたノード テーブルの名前またはエイリアス。

edge_alias
FROM 句で指定されたエッジ テーブルの名前またはエイリアス。

SHORTEST_PATH 最短パス関数は、グラフ内の特定の 2 つのノード間、またはグラフ内の特定のノードと他のすべてのノード間の、最短パスを探すために使用されます。 入力として任意の長さのパターンを受け取り、グラフ内でそれが繰り返し検索されます。 SQL Server 2019 で導入されました。 SQL Server 2019 以降を必要とします。

arbitrary_length_match_pattern
目的のノードに到達するまで、またはパターンで指定されている繰り返しの最大数が満たされるまで、繰り返しトラバースする必要があるノードとエッジを指定します。

al_pattern_quantifier
任意の長さのパターンでは、特定の検索パターンの繰り返し回数を指定するため、正規表現スタイルのパターン量指定子を受け取ります。 サポートされている検索パターン量指定子は次のとおりです。

  • + :パターンを 1 回以上繰り返します。 最短パスが見つかったらすぐに終了します。
  • {1,n} : パターンを 1 から "n" 回繰り返します。 最短パスが見つかったらすぐに終了します。

解説

MATCH 内のノード名は繰り返すことができます。 つまり、ノードは、同じクエリ内でノードは任意の回数走査できます。
エッジ名は MATCH 内では繰り返すことはできません。
エッジは、いずれの方向もポイントできますが、明示的な方向が必要です。
MATCH パターンでは、OR および NOT 演算子はサポートされていません。 MATCH は、AND と WHERE 句を使用して他の式と組み合わせることができます。 ただし、OR または NOT を使用して他の式と組み合わせることはサポートされていません。

A. 友達の検索

次の例では、Person ノード テーブルと friend エッジ テーブルを作成し、いくつかデータを挿入し、MATCH を使用して、グラフの Alice の友人を検索します。

-- Create person node table
CREATE TABLE dbo.Person (ID INTEGER PRIMARY KEY, name VARCHAR(50)) AS NODE;
CREATE TABLE dbo.friend (start_date DATE) AS EDGE;

-- Insert into node table
INSERT INTO dbo.Person VALUES (1, 'Alice');
INSERT INTO dbo.Person VALUES (2,'John');
INSERT INTO dbo.Person VALUES (3, 'Jacob');

-- Insert into edge table
INSERT INTO dbo.friend VALUES ((SELECT $node_id FROM dbo.Person WHERE name = 'Alice'),
       (SELECT $node_id FROM dbo.Person WHERE name = 'John'), '9/15/2011');

INSERT INTO dbo.friend VALUES ((SELECT $node_id FROM dbo.Person WHERE name = 'Alice'),
       (SELECT $node_id FROM dbo.Person WHERE name = 'Jacob'), '10/15/2011');

INSERT INTO dbo.friend VALUES ((SELECT $node_id FROM dbo.Person WHERE name = 'John'),
       (SELECT $node_id FROM dbo.Person WHERE name = 'Jacob'), '10/15/2012');

-- use MATCH in SELECT to find friends of Alice
SELECT Person2.name AS FriendName
FROM Person Person1, friend, Person Person2
WHERE MATCH(Person1-(friend)->Person2)
AND Person1.name = 'Alice';

B. 友人の友人の検索

次の例では、Alice の友人の友人の検索を試行します。

SELECT Person3.name AS FriendName 
FROM Person Person1, friend, Person Person2, friend friend2, Person Person3
WHERE MATCH(Person1-(friend)->Person2-(friend2)->Person3)
AND Person1.name = 'Alice';

C. その他の MATCH パターン

MATCH 内でパターンを指定する他のいくつかの方法を次に示します。

-- Find a friend
   SELECT Person2.name AS FriendName
   FROM Person Person1, friend, Person Person2
   WHERE MATCH(Person1-(friend)->Person2);
   
-- The pattern can also be expressed as below

   SELECT Person2.name AS FriendName
   FROM Person Person1, friend, Person Person2 
   WHERE MATCH(Person2<-(friend)-Person1);


-- Find 2 people who are both friends with same person
   SELECT Person1.name AS Friend1, Person2.name AS Friend2
   FROM Person Person1, friend friend1, Person Person2, 
        friend friend2, Person Person0
   WHERE MATCH(Person1-(friend1)->Person0<-(friend2)-Person2);
   
-- this pattern can also be expressed as below

   SELECT Person1.name AS Friend1, Person2.name AS Friend2
   FROM Person Person1, friend friend1, Person Person2, 
        friend friend2, Person Person0
   WHERE MATCH(Person1-(friend1)->Person0 AND Person2-(friend2)->Person0);

参照

CREATE TABLE (SQL グラフ)
INSERT (SQL グラフ)
SQL Server 2017 でのグラフ処理