UPDATETEXT (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

既存の textntext、または image フィールドを更新します。 textntext、または image 型の列の一部だけを適切に変更するには、UPDATETEXT を使用します。 textntext、または image 型のフィールド全体を更新して置き換えるには、WRITETEXT を使用します。

重要

この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。 代わりに、large-value データ型と UPDATE ステートメントの .WRITE 句を使用してください。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

UPDATETEXT [BULK] { table_name.dest_column_name dest_text_ptr }  
  { NULL | insert_offset }  
     { NULL | delete_length }  
     [ WITH LOG ]  
     [ inserted_data  
    | { table_name.src_column_name src_text_ptr } ]  

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

BULK
アップロード ツールによるバイナリ データ ストリームのアップロードを有効にします。 ストリームは、TDS プロトコル レベルでツールが提供する必要があります。 データ ストリームが存在しない場合、クエリ プロセッサは BULK オプションを無視します。

重要

SQL Server ベースのアプリケーションでの BULK オプションの使用はお勧めしません。 このオプションは将来のバージョンの SQL Server では変更または削除される可能性があります。

table_name . dest_column_name
更新するテーブルと textntext、または image 型の列の名前。 テーブル名と列名は、識別子の規則に従っている必要があります。 データベース名と所有者名の指定は省略可能です。

dest_text_ptr
更新する textntext、または image 型のデータを指す、テキスト ポインター値を指定します。テキスト ポインター値は TEXTPTR 関数から返されます。 dest_text_ptr は、 binary( 16 ) にする必要があります。

insert_offset
更新の開始位置を 0 を起点として指定します。 text または image 型の列の場合、insert_offset には、既存の列の開始位置から新しいデータの開始位置までにスキップするバイト数を指定します。 Ntext 列の場合、insert_offset は文字数です (各 ntext 文字は 2 バイトを使用します)。 この 0 を起点とした開始位置から始まる既存の textntext、または image 型の各データは、新しいデータの分だけ右に移動します。 値 0 を指定した場合、新しいデータは既存のデータの先頭に挿入されます。 NULL の場合、新しいデータは既存のデータの最後に追加されます。

delete_length
既存の textntext、または image 型の列で、insert_offset で指定した位置から後にある、削除するデータの長さを指定します。 delete_length 値は、text および image 型の列ではバイト単位で指定され、ntext 型の列では文字数で指定されます。 各 ntext 文字は 2 バイトを使用します。 値 0 を指定した場合、データは削除されません。 NULL の場合、既存の text 型または image 型の列で、insert_offset の位置から終わりまでのすべてのデータが削除されます。

WITH LOG
ログ記録は、データベースで有効になっている復旧モデルによって異なります。

inserted_data
既存の textntext、または image 型の列で insert_offset の位置に挿入されるデータです。 これは 1 つの charncharvarcharnvarcharbinaryvarbinarytextntext、または image 値です。 inserted_data は、リテラルまたは変数を設定することができます。

table_name.src_column_name
挿入するデータのソースとして使用する、テーブルおよび textntext、または image 型の列の名前を指定します。 テーブル名と列名は、識別子の規則に従っている必要があります。

src_text_ptr
挿入するデータのソースとして使用できる、textntext、または image 型の各列を指すテキスト ポインターの値を指定します。テキスト ポインターの値は TEXTPTR 関数から返されます。

注意

scr_text_ptr 値は dest_text_ptr 値と同じにすることはできません。

注釈

新しく挿入するデータには、1 つの inserted_data 定数、テーブル名、列名、またはテキスト ポインターを使用できます。

更新アクション UPDATETEXT パラメーター
既存のデータの置換 NULL 以外の insert_offset 値、0 以外の delete_length 値、および挿入する新しいデータを指定します。
既存のデータの削除 NULL 以外の insert_offset 値、0 以外の delete_length を指定します。 挿入する新しいデータは指定しないでください。
新しいデータの挿入 insert_offset 値、0 の delete_length 値、および挿入する新しいデータを指定します。

最適なパフォーマンスを得るには、8,040 バイトの倍数単位で textntext、および image 型データを挿入または更新することをお勧めします。

SQL Server では、textntext、または image データへの行内テキスト ポインターが存在しても、無効になる場合があります。 text in row オプションについては、「sp_tableoption (Transact-SQL)」を参照してください。 テキスト ポインターを無効にする方法の詳細については、「sp_invalidate_textptr (Transact-SQL)」を参照してください。

text 列を NULL に初期化するには、WRITETEXT を使用します。UPDATETEXT を使用すると、text 列が空の文字列に初期化されます。

アクセス許可

指定したテーブルの UPDATE 権限が必要です。

次の例では、テキスト ポインターをローカル変数 @ptrval に代入した後、UPDATETEXT を使用してスペル ミスを更新します。

注意

この例を実行するには、pubs データベースをインストールする必要があります。

USE pubs;  
GO  
ALTER DATABASE pubs SET RECOVERY SIMPLE;  
GO  
DECLARE @ptrval BINARY(16);  
SELECT @ptrval = TEXTPTR(pr_info)   
   FROM pub_info pr, publishers p  
      WHERE p.pub_id = pr.pub_id   
      AND p.pub_name = 'New Moon Books'  
UPDATETEXT pub_info.pr_info @ptrval 88 1 'b';  
GO  
ALTER DATABASE pubs SET RECOVERY FULL;  
GO  

関連項目

READTEXT (Transact-SQL)
TEXTPTR (Transact-SQL)
WRITETEXT (Transact-SQL)