STNumCurves (geography データ型)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance

1 次元の geography インスタンスに含まれる曲線の数を返します。

構文

  
.STNumCurves()  

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

戻り値の型

SQL Server 戻り値の型: geography

CLR の戻り値の型: SqlGeography

解説

1 次元の空間データ型には、LineStringCircularStringCompoundCurve があります。 空の 1 次元 geography インスタンスは 0 を返します。す。

STNumCurves() は単純型に対してのみ機能し、MultiLineString のような geography コレクションでは機能しません。 geography インスタンスが 1 次元のデータ型ではない場合、NULL が返されます。

初期化されていない geography インスタンスに対しては Null が返されます。

A. CircularString インスタンスに対して STNumCurves() を使用する

次の例では、CircularString インスタンスに含まれる曲線の数を取得する方法を示します。

 DECLARE @g geography; 
 SET @g = geography::Parse('CIRCULARSTRING(-122.358 47.653, -122.348 47.649, -122.348 47.658, -122.358 47.658, -122.358 47.653)');  
 SELECT @g.STNumCurves();

B. CompoundCurve インスタンスに対して STNumCurves() を使用する

次の例では、STNumCurves() を使用して、CompoundCurve インスタンスに含まれる曲線の数を返します。

 DECLARE @g geography;  
 SET @g = geography::Parse('COMPOUNDCURVE(CIRCULARSTRING(-122.358 47.653, -122.348 47.649, -122.348 47.658, -122.358 47.658, -122.358 47.653))');  
 SELECT @g.STNumCurves();

参照

空間データ型の概要
Geography インスタンスの OGC メソッド