ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server の既存の AlwaysOn 可用性グループを変更します。Alters an existing Always On availability group in SQL ServerSQL Server. ALTER AVAILABILITY GROUP のほとんどの引数は、現在のプライマリ レプリカでのみサポートされます。Most ALTER AVAILABILITY GROUP arguments are supported only the current primary replica. ただし、JOIN、FAILOVER、FORCE_FAILOVER_ALLOW_DATA_LOSS の各引数は、セカンダリ レプリカでのみサポートされます。However the JOIN, FAILOVER, and FORCE_FAILOVER_ALLOW_DATA_LOSS arguments are supported only on secondary replicas.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
ALTER AVAILABILITY GROUP group_name   
  {  
     SET ( <set_option_spec> )   
   | ADD DATABASE database_name   
   | REMOVE DATABASE database_name  
   | ADD REPLICA ON <add_replica_spec>   
   | MODIFY REPLICA ON <modify_replica_spec>  
   | REMOVE REPLICA ON <server_instance>  
   | JOIN  
   | JOIN AVAILABILITY GROUP ON <add_availability_group_spec> [ ,...2 ]  
   | MODIFY AVAILABILITY GROUP ON <modify_availability_group_spec> [ ,...2 ]  
   | GRANT CREATE ANY DATABASE  
   | DENY CREATE ANY DATABASE  
   | FAILOVER  
   | FORCE_FAILOVER_ALLOW_DATA_LOSS   
   | ADD LISTENER 'dns_name' ( <add_listener_option> )  
   | MODIFY LISTENER 'dns_name' ( <modify_listener_option> )  
   | RESTART LISTENER 'dns_name'  
   | REMOVE LISTENER 'dns_name'  
   | OFFLINE  
  }  
[ ; ]  
  
<set_option_spec> ::=   
    AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE = { PRIMARY | SECONDARY_ONLY| SECONDARY | NONE }  
  | FAILURE_CONDITION_LEVEL  = { 1 | 2 | 3 | 4 | 5 }   
  | HEALTH_CHECK_TIMEOUT = milliseconds  
  | DB_FAILOVER  = { ON | OFF }   
  | DTC_SUPPORT  = { PER_DB | NONE }  
  | REQUIRED_SYNCHRONIZED_SECONDARIES_TO_COMMIT = { integer }
  
<server_instance> ::=   
 { 'system_name[\instance_name]' | 'FCI_network_name[\instance_name]' }  
  
<add_replica_spec>::=  
  <server_instance> WITH  
    (  
       ENDPOINT_URL = 'TCP://system-address:port',  
       AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT | CONFIGURATION_ONLY },  
       FAILOVER_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }   
       [ , <add_replica_option> [ ,...n ] ]  
    )   
  
  <add_replica_option>::=  
       SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }  
     | BACKUP_PRIORITY = n  
     | SECONDARY_ROLE ( {   
            [ ALLOW_CONNECTIONS = { NO | READ_ONLY | ALL } ]   
        [,] [ READ_ONLY_ROUTING_URL = 'TCP://system-address:port' ]  
     } )  
     | PRIMARY_ROLE ( {   
            [ ALLOW_CONNECTIONS = { READ_WRITE | ALL } ]   
        [,] [ READ_ONLY_ROUTING_LIST = { ( '<server_instance>' [ ,...n ] ) | NONE } ]  
        [,] [ READ_WRITE_ROUTING_URL = { ( '<server_instance>' ) ] 
     } )  
     | SESSION_TIMEOUT = integer
  
<modify_replica_spec>::=  
  <server_instance> WITH  
    (    
       ENDPOINT_URL = 'TCP://system-address:port'   
     | AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT }   
     | FAILOVER_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }   
     | SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }   
     | BACKUP_PRIORITY = n  
     | SECONDARY_ROLE ( {   
          ALLOW_CONNECTIONS = { NO | READ_ONLY | ALL }   
        | READ_ONLY_ROUTING_URL = 'TCP://system-address:port'   
          } )  
     | PRIMARY_ROLE ( {   
          ALLOW_CONNECTIONS = { READ_WRITE | ALL }   
        | READ_ONLY_ROUTING_LIST = { ( '<server_instance>' [ ,...n ] ) | NONE }   
          } )  
     | SESSION_TIMEOUT = seconds  
    )   
  
<add_availability_group_spec>::=  
 <ag_name> WITH  
    (  
       LISTENER_URL = 'TCP://system-address:port',  
       AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT },  
       FAILOVER_MODE = MANUAL,  
       SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }  
    )  
  
<modify_availability_group_spec>::=  
 <ag_name> WITH  
    (  
       LISTENER = 'TCP://system-address:port'  
       | AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT }  
       | SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }  
    )  
  
<add_listener_option> ::=  
   {  
      WITH DHCP [ ON ( <network_subnet_option> ) ]  
    | WITH IP ( { ( <ip_address_option> ) } [ , ...n ] ) [ , PORT = listener_port ]  
   }  
  
  <network_subnet_option> ::=  
     'ipv4_address', 'ipv4_mask'    
  
  <ip_address_option> ::=  
     {   
        'four_part_ipv4_address', 'four_part_ipv4_mask'  
      | 'ipv6_address'  
     }  
  
<modify_listener_option>::=  
    {  
       ADD IP ( <ip_address_option> )   
     | PORT = listener_port  
    }  
  

引数Arguments

group_namegroup_name
新しい可用性グループの名前を指定します。Specifies the name of the new availability group. group_name は有効な SQL ServerSQL Server 識別子、およびその必要がありますで一意である、WSFC クラスター内のすべての可用性グループです。group_name must be a valid SQL ServerSQL Server identifier, and it must be unique across all availability groups in the WSFC cluster.

AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE = { PRIMARY | SECONDARY_ONLY| SECONDARY | NONE }AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE = { PRIMARY | SECONDARY_ONLY| SECONDARY | NONE }
バックアップを実行する場所を選択する際の、バックアップ ジョブによるプライマリ レプリカの評価方法についての優先設定を指定します。Specifies a preference about how a backup job should evaluate the primary replica when choosing where to perform backups. 自動バックアップの優先設定を考慮して、特定のバックアップ ジョブのスクリプトを作成できます。You can script a given backup job to take the automated backup preference into account. 優先設定は SQL ServerSQL Server によって適用されるものではないので、アドホック バックアップには影響がないことを理解しておくことが重要です。It is important to understand that the preference is not enforced by SQL ServerSQL Server, so it has no impact on ad hoc backups.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

値は次のとおりです。The values are as follows:

PRIMARYPRIMARY
バックアップを常にプライマリ レプリカで実行することを指定します。Specifies that the backups should always occur on the primary replica. このオプションは、差分バックアップの作成など、バックアップがセカンダリ レプリカで実行されたときにはサポートされないバックアップ機能が必要な場合に役に立ちます。This option is useful if you need backup features, such as creating differential backups, that are not supported when backup is run on a secondary replica.

重要

ログ配布を使用して可用性グループのセカンダリ データベースを準備する場合は、すべてのセカンダリ データベースの準備が完了し、それらを可用性グループに参加させるまで、自動バックアップ設定を [プライマリ] に設定します。If you plan to use log shipping to prepare any secondary databases for an availability group, set the automated backup preference to Primary until all the secondary databases have been prepared and joined to the availability group.

SECONDARY_ONLYSECONDARY_ONLY
バックアップをプライマリ レプリカでは実行しないことを指定します。Specifies that backups should never be performed on the primary replica. オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。If the primary replica is the only replica online, the backup should not occur.

SECONDARYSECONDARY
オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。Specifies that backups should occur on a secondary replica except when the primary replica is the only replica online. オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合は、プライマリ レプリカでバックアップを実行する必要があります。In that case, the backup should occur on the primary replica. これは既定の動作です。This is the default behavior.

なしNONE
バックアップを実行するレプリカを選択するときにバックアップ ジョブが可用性レプリカのロールを無視するように指定します。Specifies that you prefer that backup jobs ignore the role of the availability replicas when choosing the replica to perform backups. バックアップ ジョブは、動作状態および接続状態と組み合わせて、各可用性レプリカのバックアップ優先順位などの他の要素を評価する場合があります。Note backup jobs might evaluate other factors such as backup priority of each availability replica in combination with its operational state and connected state.

重要

AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE 設定の適用はありません。There is no enforcement of the AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE setting. この優先設定の解釈は、特定の可用性グループのデータベースに対するバックアップ ジョブのスクリプトでのロジックに依存します (ある場合)。The interpretation of this preference depends on the logic, if any, that you script into back jobs for the databases in a given availability group. 自動バックアップ設定はアドホック バックアップには影響しません。The automated backup preference setting has no impact on ad hoc backups. 詳細については、「可用性レプリカでのバックアップの構成 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Configure Backup on Availability Replicas (SQL Server).

注意

既存の可用性グループの自動バックアップ設定を確認するには、sys.availability_groups カタログ ビューの automated_backup_preference 列または automated_backup_preference_desc 列を選択します。To view the automated backup preference of an existing availability group, select the automated_backup_preference or automated_backup_preference_desc column of the sys.availability_groups catalog view. また、sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica (Transact-SQL) を使用し、優先バックアップ レプリカを決定できます。Additionally, sys.fn_hadr_backup_is_preferred_replica (Transact-SQL) can be used to determine the preferred backup replica. AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE = NONE の場合でも、この関数は常に、少なくとも 1 つのレプリカに対して 1 を返します。This function will always return 1 for at least one of the replicas, even when AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE = NONE.

FAILURE_CONDITION_LEVEL = { 1 | 2 | 3 | 4 | 5 }FAILURE_CONDITION_LEVEL = { 1 | 2 | 3 | 4 | 5 }
この可用性グループの自動フェールオーバーをトリガーするエラー状態を指定します。Specifies what failure conditions will trigger an automatic failover for this availability group. FAILURE_CONDITION_LEVEL はグループ レベルで設定されますが、同期コミット可用性モードに構成されている (AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT) 可用性レプリカにのみ適用されます。FAILURE_CONDITION_LEVEL is set at the group level but is relevant only on availability replicas that are configured for synchronous-commit availability mode (AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT). さらに、エラー状態が自動フェールオーバーをトリガーできるのは、プライマリとセカンダリの両方のレプリカが自動フェールオーバー モードに構成されていて (FAILOVER_MODE = AUTOMATIC)、セカンダリ レプリカが現在プライマリ レプリカと同期されている場合だけです。Furthermore, failure conditions can trigger an automatic failover only if both the primary and secondary replicas are configured for automatic failover mode (FAILOVER_MODE = AUTOMATIC) and the secondary replica is currently synchronized with the primary replica.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

エラー状態レベルの範囲は 1 ~ 5 で、レベル 1 が最も制限が緩く、レベル 5 が最も制限の厳しい指定です。The failure-condition levels (1-5) range from the least restrictive, level 1, to the most restrictive, level 5. 任意の状態レベルは、それより制限が緩いすべてのレベルを含みます。A given condition level encompasses all of the less restrictive levels. したがって、最も厳しい状態レベル 5 にはそれより制限が緩い状態レベル (1 から 4) が含まれ、レベル 4 にはレベル 1 から 3 が含まれます。以下同様です。Thus, the strictest condition level, 5, includes the four less restrictive condition levels (1-4), level 4 includes levels 1-3, and so forth. 次の表では、各レベルに対応するエラー状態について説明します。The following table describes the failure-condition that corresponds to each level.

LevelLevel エラー状態Failure Condition
11 次のいずれかが発生した場合に自動フェールオーバーを開始する必要があることを指定します。Specifies that an automatic failover should be initiated when any of the following occurs:

SQL ServerSQL Server サービスがダウンした。The SQL ServerSQL Server service is down.

WSFC クラスターに接続するための可用性グループのリースが、サーバー インスタンスから ACK を受信しないために期限切れになった。The lease of the availability group for connecting to the WSFC cluster expires because no ACK is received from the server instance. 詳細については、「How It Works:SQL Server Always On Lease Timeout (動作方法: SQL Server AlwaysOn のリース タイムアウト)」を参照してください。For more information, see How It Works: SQL Server Always On Lease Timeout.
22 次のいずれかが発生した場合に自動フェールオーバーを開始する必要があることを指定します。Specifies that an automatic failover should be initiated when any of the following occurs:

SQL ServerSQL Server のインスタンスがクラスターに接続しておらず、可用性グループのユーザー指定の HEALTH_CHECK_TIMEOUT しきい値を超えた。The instance of SQL ServerSQL Server does not connect to cluster, and the user-specified HEALTH_CHECK_TIMEOUT threshold of the availability group is exceeded.

可用性レプリカがエラー状態である。The availability replica is in failed state.
33 孤立したスピンロック、重大な書き込みアクセス違反、ダンプが多すぎるなどの重大な SQL ServerSQL Server 内部エラーが発生した場合に自動フェールオーバーを開始する必要があることを指定します。Specifies that an automatic failover should be initiated on critical SQL ServerSQL Server internal errors, such as orphaned spinlocks, serious write-access violations, or too much dumping.

これは既定の動作です。This is the default behavior.
44 SQL ServerSQL Server 内部リソース プールに永続的なメモリ不足の状態があるなど、中程度の SQL ServerSQL Server 内部エラーが発生した場合に自動フェールオーバーを開始する必要があることを指定します。Specifies that an automatic failover should be initiated on moderate SQL ServerSQL Server internal errors, such as a persistent out-of-memory condition in the SQL ServerSQL Server internal resource pool.
55 以下のような任意の修飾エラー状態に対して自動フェールオーバーを開始する必要があることを指定します。Specifies that an automatic failover should be initiated on any qualified failure conditions, including:

SQL エンジンのワーカー スレッドが枯渇している。Exhaustion of SQL Engine worker-threads.

解決不可能なデッドロックが検出された。Detection of an unsolvable deadlock.

注意

クライアント要求に対して SQL ServerSQL Server のインスタンスが応答しないことは、可用性グループには関係ありません。Lack of response by an instance of SQL ServerSQL Server to client requests is not relevant to availability groups.

FAILURE_CONDITION_LEVEL 値と HEALTH_CHECK_TIMEOUT 値は、特定のグループに対する柔軟なフェールオーバー ポリシーを定義します。The FAILURE_CONDITION_LEVEL and HEALTH_CHECK_TIMEOUT values, define a flexible failover policy for a given group. この柔軟なフェールオーバー ポリシーを使用すると、自動フェールオーバーを引き起こす条件をきめ細かく制御できます。This flexible failover policy provides you with granular control over what conditions must cause an automatic failover. 詳細については、「可用性グループの自動フェールオーバーのための柔軟なフェールオーバー ポリシー (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Flexible Failover Policy for Automatic Failover of an Availability Group (SQL Server).

HEALTH_CHECK_TIMEOUT = millisecondsHEALTH_CHECK_TIMEOUT = milliseconds
sp_server_diagnostics システム ストアド プロシージャによってサーバーの状態情報が返されるのを待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。この時間が経過すると、WSFC クラスターはサーバー インスタンスが速度低下または応答停止しているものと見なします。Specifies the wait time (in milliseconds) for the sp_server_diagnostics system stored procedure to return server-health information before WSFC cluster assumes that the server instance is slow or not responding. HEALTH_CHECK_TIMEOUT はグループ レベルで設定されますが、自動フェールオーバーで同期コミット可用性モードが構成されている (AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT) 可用性レプリカにのみ適用されます。HEALTH_CHECK_TIMEOUT is set at the group level but is relevant only on availability replicas that are configured for synchronous-commit availability mode with automatic failover (AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT). さらに、正常性チェック タイムアウトが自動フェールオーバーをトリガーできるのは、プライマリとセカンダリの両方のレプリカが自動フェールオーバー モードに構成されていて (FAILOVER_MODE = AUTOMATIC)、セカンダリ レプリカが現在プライマリ レプリカと同期されている場合だけです。Furthermore, a health-check timeout can trigger an automatic failover only if both the primary and secondary replicas are configured for automatic failover mode (FAILOVER_MODE = AUTOMATIC) and the secondary replica is currently synchronized with the primary replica.

HEALTH_CHECK_TIMEOUT の既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。The default HEALTH_CHECK_TIMEOUT value is 30000 milliseconds (30 seconds). 最小値は 15,000 ミリ秒 (15 秒)、最大値は 4,294,967,295 ミリ秒です。The minimum value is 15000 milliseconds (15 seconds), and the maximum value is 4294967295 milliseconds.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

重要

sp_server_diagnostics では、データベース レベルでの正常性チェックは実行されません。sp_server_diagnostics does not perform health checks at the database level.

DB_FAILOVER = { ON | OFF }DB_FAILOVER = { ON | OFF }
プライマリ レプリカ上のデータベースがオフラインのときに実行する応答を指定します。Specifies the response to take when a database on the primary replica is offline. ON に設定すると、可用性グループ内のデータベースがオンライン以外のすべての状態で、自動フェールオーバーがトリガーされます。When set to ON, any status other than ONLINE for a database in the availability group triggers an automatic failover. このオプションが OFF に設定されている場合は、インスタンスの正常性だけが自動フェールオーバーのトリガーに使用されます。When this option is set to OFF, only the health of the instance is used to trigger automatic failover.

この設定の詳細については、「データベース レベルの正常性検出オプション」を参照してください。For more information regarding this setting, see Database Level Health Detection Option

DTC_SUPPORT = { PER_DB | NONE }DTC_SUPPORT = { PER_DB | NONE }
この可用性グループの分散トランザクションが有効かどうかを指定します。Specifies whether distributed transactions are enabled for this Availability Group. 分散トランザクションは SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降の可用性グループ データベースに対してのみサポートされ、複数データベースにまたがるトランザクションは SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2 以降に対してのみサポートされます。Distributed transactions are only supported for availability group databases beginning in SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x), and cross-database transactions are only supported beginning in SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2. PER_DB では、これらのトランザクションをサポートする可用性グループが作成され、可用性グループ内のデータベースを含む複数データベースにまたがるトランザクションが分散トランザクションに自動的に昇格されます。PER_DB creates the availability group with support for these transactions and will automatically promote cross-database transactions involving database(s) in the Availability Group into distributed transactions. NONE では、複数データベースにまたがるトランザクションは分散トランザクションに自動昇格されず、データベースは DTC の安定した RMID に登録されません。NONE prevents the automatic promotion of cross-database transactions to distributed transactions and does not register the database with a stable RMID in DTC. NONE の設定を使用しても分散トランザクションは妨げられませんが、状況によってはデータベースのフェールオーバーと自動復旧が失敗する場合があります。Distributed transactions are not prevented when the NONE setting is used, but database failover and automatic recovery may not succeed under some circumstances. 詳細については、「Always On 可用性グループとデータベース ミラーリングでの複数データベースにまたがるトランザクションと分散トランザクション (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Cross-Database Transactions and Distributed Transactions for Always On Availability Groups and Database Mirroring (SQL Server).

注意

可用性グループの設定 DTC_SUPPORT の変更のサポートは、SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) Service Pack 2 で導入されました。Support for changing the DTC_SUPPORT setting of an Availability Group was introduced in SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) Service Pack 2. それより前のバージョンでは、このオプションは使用できません。This option cannot be used with earlier versions. SQL ServerSQL Server の以前のバージョンでこの設定を変更するには、可用性グループをいったん削除してから、再度作成する必要があります。To change this setting in earlier versions of SQL ServerSQL Server, you must DROP and CREATE the availability group again.

REQUIRED_SYNCHRONIZED_SECONDARIES_TO_COMMITREQUIRED_SYNCHRONIZED_SECONDARIES_TO_COMMIT
SQL Server 2017 で導入されました。Introduced in SQL Server 2017. コミットに必要な同期セカンダリ レプリカの最小数を設定します。この数を超えると、プライマリがトランザクションをコミットします。Used to set a minimum number of synchronous secondary replicas required to commit before the primary commits a transaction. SQL Server トランザクションは、セカンダリ レプリカの最小数の最新情報がトランザクション ログに与えられるまで待機することになります。Guarantees that SQL Server transactions will wait until the transaction logs are updated on the minimum number of secondary replicas. 既定値は 0 であり、SQL Server 2016 と同じように動作します。The default is 0 which gives the same behavior as SQL Server 2016. 最小値は 0 です。The minimum value is 0. 最大値はレプリカの数から 1 を引いた値になります。The maximum value is the number of replicas minus 1. このオプションは、同期コミット モードのレプリカに関連しています。This option relates to replicas in synchronous commit mode. レプリカが同期コミット モードのとき、セカンダリ同期レプリカに対する書き込みがレプリカ データベース トランザクション ログにコミットされるまで、プライマリ レプリカへの書き込みは待機します。When replicas are in synchronous commit mode, writes on the primary replica wait until writes on the secondary synchronous replicas are committed to the replica database transaction log. セカンダリ同期レプリカをホストする SQL Server が応答を停止した場合、プライマリ レプリカをホストする SQL Server はそのセカンダリ レプリカを同期未実行としてマークし、続行します。If a SQL Server that hosts a secondary synchronous replica stops responding, the SQL Server that hosts the primary replica will mark that secondary replica as NOT SYNCHRONIZED and proceed. 応答のないデータベースがオンラインに復帰すると、"未同期" 状態になります。プライマリが再度同期可能になるまで、レプリカに異常のマークが付きます。When the unresponsive database comes back online it will be in a "not synced" state and the replica will be marked as unhealthy until the primary can make it synchronous again. この設定により、レプリカの最小数で各トランザクションがコミットされるまで、プライマリ レプリカは続行しません。This setting guarantees that the primary replica will not proceed until the minimum number of replicas have committed each transaction. レプリカの最小数が利用できない場合、プライマリのコミットは失敗します。If the minimum number of replicas is not available then commits on the primary will fail. クラスター タイプ EXTERNAL の場合、可用性グループがクラスター リソースに追加されると、設定が変更されます。For cluster type EXTERNAL the setting is changed when the availability group is added to a cluster resource. High availability and data protection for availability group configurations」 (可用性グループ構成の高可用性とデータ保護) を参照してください。See High availability and data protection for availability group configurations.

ADD DATABASE database_nameADD DATABASE database_name
可用性グループに追加する 1 つ以上のユーザー データベースのリストを指定します。Specifies a list of one or more user databases that you want to add to the availability group. これらのデータベースは、現在のプライマリ レプリカをホストする SQL ServerSQL Server インスタンス上にある必要があります。These databases must reside on the instance of SQL ServerSQL Server that hosts the current primary replica. 1 つの可用性グループに対して複数のデータベースを指定できますが、各データベースが所属できる可用性グループは 1 つだけです。You can specify multiple databases for an availability group, but each database can belong to only one availability group. 可用性グループでサポートできるデータベースの種類については、「Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。For information about the type of databases that an availability group can support, see Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for Always On Availability Groups (SQL Server). 可用性グループに既に属しているローカル データベースを確認する場合は、sys.databases カタログ ビューで replica_id 列を参照してください。To find out which local databases already belong to an availability group, see the replica_id column in the sys.databases catalog view.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

注意

可用性グループを作成した後、セカンダリ レプリカをホストする各サーバー インスタンスに接続して、各セカンダリ データベースを準備し、可用性グループに参加させる必要があります。After you have created the availability group, you will need connect to each server instance that hosts a secondary replica and then prepare each secondary database and join it to the availability group. 詳細については、「 AlwaysOn セカンダリ データベース上のデータ移動の開始 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Start Data Movement on an Always On Secondary Database (SQL Server).

REMOVE DATABASE database_nameREMOVE DATABASE database_name
指定したプライマリ データベースと、対応するセカンダリ データベースを可用性グループから削除します。Removes the specified primary database and the corresponding secondary databases from the availability group. プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

可用性グループから可用性データベースを削除した後の推奨するフォロー アップの詳細については、「可用性グループからのプライマリ データベースの削除 (SQL Server)」を参照してください。For information about the recommended follow up after removing an availability database from an availability group, see Remove a Primary Database from an Availability Group (SQL Server).

ADD REPLICA ONADD REPLICA ON
可用性グループのセカンダリ レプリカをホストする 1 ~ 8 個の SQL Server インスタンスを指定します。Specifies from one to eight SQL server instances to host secondary replicas in an availability group. 各レプリカを指定する際には、サーバー インスタンスのアドレスに続けて WITH (...) 句を入力します。Each replica is specified by its server instance address followed by a WITH (...) clause.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

すべての新しいセカンダリ レプリカを可用性グループに参加させる必要があります。You need to join every new secondary replica to the availability group. 詳細については、後述する JOIN オプションの説明を参照してください。For more information, see the description of the JOIN option, later in this section.

<server_instance><server_instance>
レプリカのホストである SQL ServerSQL Server インスタンスのアドレスを指定します。Specifies the address of the instance of SQL ServerSQL Server that is the host for a replica. アドレスの形式は、インスタンスが既定のインスタンスか名前付きインスタンスか、およびスタンドアロン インスタンスかフェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) かによって異なります。The address format depends on whether the instance is the default instance or a named instance and whether it is a standalone instance or a failover cluster instance (FCI). 構文は次のとおりです。The syntax is as follows:

{ 'system_name[\instance_name]' | 'FCI_network_name[\instance_name]' }{ 'system_name[\instance_name]' | 'FCI_network_name[\instance_name]' }

このアドレスの構成要素は次のとおりです。The components of this address are as follows:

system_namesystem_name
SQL ServerSQL Server のターゲット インスタンスが存在するコンピューター システムの NetBIOS 名です。Is the NetBIOS name of the computer system on which the target instance of SQL ServerSQL Server resides. このコンピューターは WSFC ノードである必要があります。This computer must be a WSFC node.

FCI_network_nameFCI_network_name
SQL ServerSQL Server フェールオーバー クラスターにアクセスするために使用されるネットワーク名です。Is the network name that is used to access a SQL ServerSQL Server failover cluster. サーバー インスタンスが SQL ServerSQL Server フェールオーバー パートナーとして参加している場合に使用します。Use this if the server instance participates as a SQL ServerSQL Server failover partner. FCI サーバー インスタンスで SELECT @@SERVERNAME を実行すると、'FCI_network_name[\instance_name]' という文字列全体 (完全なレプリカ名) が返されます。Executing SELECT @@SERVERNAME on an FCI server instance returns its entire 'FCI_network_name[\instance_name]' string (which is the full replica name).

instance_nameinstance_name
system_name または FCI_network_name によってホストされ、AlwaysOn が有効になっている SQL ServerSQL Server のインスタンスの名前です。Is the name of an instance of a SQL ServerSQL Server that is hosted by system_name or FCI_network_name and that has Always On enabled. 既定のサーバー インスタンスの場合、 instance_name は省略可能です。For a default server instance, instance_name is optional. インスタンス名では大文字と小文字が区別されません。The instance name is case insensitive. スタンドアロン サーバー インスタンスでは、この名前の値は SELECT @@SERVERNAME を実行したときに返される値と同じです。On a stand-alone server instance, this value name is the same as the value returned by executing SELECT @@SERVERNAME.

\
system_name または FCI_network_name と区別するために、instance_name を指定するときにのみ使用される区切り記号です。Is a separator used only when specifying instance_name, in order to separate it from system_name or FCI_network_name.

WSFC ノードとサーバーのインスタンスの前提条件の詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの前提条件、制限事項、推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。For information about the prerequisites for WSFC nodes and server instances, see Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for Always On Availability Groups (SQL Server).

ENDPOINT_URL ='TCP://system-address:port'ENDPOINT_URL ='TCP://system-address:port'
追加または変更している可用性レプリカをホストする SQL ServerSQL Server のインスタンス上のデータベース ミラーリング エンドポイントの URL パスを指定します。Specifies the URL path for the database mirroring endpoint on the instance of SQL ServerSQL Server that will host the availability replica that you are adding or modifying.

ENDPOINT_URL は、ADD REPLICA ON 句では必須で、MODIFY REPLICA ON 句では省略可能です。ENDPOINT_URL is required in the ADD REPLICA ON clause and optional in the MODIFY REPLICA ON clause. 詳細については、「 可用性レプリカを追加または変更する場合のエンドポイント URL の指定 (SQL Server)の構成に関する一般的な問題のトラブルシューティングに役立つ情報を提供します。For more information, see Specify the Endpoint URL When Adding or Modifying an Availability Replica (SQL Server).

' TCP :// system-address : port '' TCP ://system-address:port'
エンドポイントの URL または読み取り専用ルーティングの URL を指定するための URL を指定します。Specifies a URL for specifying an endpoint URL or read-only routing URL. URL のパラメーターは次のとおりです。The URL parameters are as follows:

system-addresssystem-address
システム名、完全修飾ドメイン名では、対象のコンピューター システムを明確に識別する、IP アドレスなどの文字列です。Is a string, such as a system name, a fully qualified domain name, or an IP address, that unambiguously identifies the destination computer system.

portport
サーバー インスタンスのミラーリング エンドポイントと関連付けられているポート番号 (ENDPOINT_URL オプションの場合)、またはサーバー インスタンスの データベース エンジンDatabase Engineによって使用されるポート番号 (READ_ONLY_ROUTING_URL オプションの場合) です。Is a port number that is associated with the mirroring endpoint of the server instance (for the ENDPOINT_URL option) or the port number used by the データベース エンジンDatabase Engine of the server instance (for the READ_ONLY_ROUTING_URL option).

AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT | CONFIGURATION_ONLY }AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT | CONFIGURATION_ONLY }
プライマリ レプリカによって特定のプライマリ データベースでのトランザクションがコミットされる前に、セカンダリ レプリカによるディスクへのログ レコードの固定 (書き込み) の確認応答を待機する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether the primary replica has to wait for the secondary replica to acknowledge the hardening (writing) of the log records to disk before the primary replica can commit the transaction on a given primary database. 同じプライマリ レプリカに対する異なるデータベースでのトランザクションは個別にコミットできます。The transactions on different databases on the same primary replica can commit independently.

SYNCHRONOUS_COMMITSYNCHRONOUS_COMMIT
このセカンダリ レプリカでトランザクションが書き込まれるまで、プライマリ レプリカがトランザクションのコミットを待機することを指定します (同期コミット モード)。Specifies that the primary replica will wait to commit transactions until they have been hardened on this secondary replica (synchronous-commit mode). SYNCHRONOUS_COMMIT は、プライマリ レプリカを含む最大 3 つのレプリカに対して指定できます。You can specify SYNCHRONOUS_COMMIT for up to three replicas, including the primary replica.

ASYNCHRONOUS_COMMITASYNCHRONOUS_COMMIT
このセカンダリ レプリカでログが書き込まれるのを待たずに、プライマリ レプリカによってトランザクションがコミットされるよう指定します (同期コミット可用性モード)。Specifies that the primary replica commits transactions without waiting for this secondary replica to harden the log (synchronous-commit availability mode). ASYNCHRONOUS_COMMIT は、プライマリ レプリカを含む最大 5 つの可用性レプリカに対して指定できます。You can specify ASYNCHRONOUS_COMMIT for up to five availability replicas, including the primary replica.

CONFIGURATION_ONLY プライマリ レプリカがこのレプリカの master データベースに可用性グループ構成メタデータを同期コミットするように指定します。CONFIGURATION_ONLY Specifies that the primary replica synchronously commit availability group configuration metadata to the master database on this replica. このレプリカにはユーザー データは含まれません。The replica will not contain user data. このオプションの特徴:This option:

  • Express Edition など、SQL Server のあらゆるエディションでホストできます。Can be hosted on any edition of SQL Server, including Express Edition.

  • CONFIGURATION_ONLY レプリカのデータ ミラーリング エンドポイントの型を WITNESS にする必要があります。Requires the data mirroring endpoint of the CONFIGURATION_ONLY replica to be type WITNESS.

  • 変更できません。Can not be altered.

  • CLUSTER_TYPE = WSFC の場合は無効です。Is not valid when CLUSTER_TYPE = WSFC.

    詳細については、構成のみのレプリカに関するページを参照してください。For more information, see Configuration only replica.

AVAILABILITY_MODE は、ADD REPLICA ON 句では必須で、MODIFY REPLICA ON 句では省略可能です。AVAILABILITY_MODE is required in the ADD REPLICA ON clause and optional in the MODIFY REPLICA ON clause. 詳細については、「可用性モード (Always On 可用性グループ)」を参照してください。For more information, see Availability Modes (Always On Availability Groups).

FAILOVER_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }FAILOVER_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }
定義している可用性レプリカのフェールオーバー モードを指定します。Specifies the failover mode of the availability replica that you are defining.

AUTOMATICAUTOMATIC
自動フェールオーバーを有効にします。Enables automatic failover. AUTOMATIC は、AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT も指定した場合にのみサポートされます。AUTOMATIC is supported only if you also specify AVAILABILITY_MODE = SYNCHRONOUS_COMMIT. AUTOMATIC は、プライマリ レプリカを含む 3 つの可用性レプリカに対して指定できます。You can specify AUTOMATIC for three availability replicas, including the primary replica.

注意

SQL Server 2016 より前は、プライマリ レプリカを含めて 2 つの自動フェールオーバー レプリカに制限されていましたPrior to SQL Server 2016, you were limited to two automatic failover replicas, including the primary replica

注意

SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) は可用性グループによる自動フェールオーバーをサポートしないため、FCI によってホストされる可用性レプリカは手動フェールオーバー用にのみ構成できます。SQL Server Failover Cluster Instances (FCIs) do not support automatic failover by availability groups, so any availability replica that is hosted by an FCI can only be configured for manual failover.

MANUALMANUAL
データベース管理者による手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を有効にします。Enables manual failover or forced manual failover (forced failover) by the database administrator.

FAILOVER_MODE は、ADD REPLICA ON 句では必須で、MODIFY REPLICA ON 句では省略可能です。FAILOVER_MODE is required in the ADD REPLICA ON clause and optional in the MODIFY REPLICA ON clause. 手動フェールオーバーにはデータ損失のない手動フェールオーバーと強制フェールオーバー (データ損失の可能性あり) の 2 種類があり、異なる条件の下でサポートされます。Two types of manual failover exist, manual failover without data loss and forced failover (with possible data loss), which are supported under different conditions. 詳細については、「 フェールオーバーとフェールオーバー モード (AlwaysOn 可用性グループ)、または PowerShell を使用して、AlwaysOn 可用性グループ上で計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (強制フェールオーバー) を実行する方法について説明します。For more information, see Failover and Failover Modes (Always On Availability Groups).

SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }
セカンダリ レプリカの初回シード処理方法を指定します。Specifies how the secondary replica will be initially seeded.

AUTOMATICAUTOMATIC
直接シード処理を有効にします。Enables direct seeding. この方法では、ネットワーク全体でセカンダリ レプリカがシード処理されます。This method will seed the secondary replica over the network. この方法では、レプリカでプライマリ データベースのコピーをバックアップしたり、復元したりする必要がありません。This method does not require you to backup and restore a copy of the primary database on the replica.

注意

直接シード処理の場合、セカンダリ レプリカごとにデータベース作成を許可する必要があります。GRANT CREATE ANY DATABASE オプションを指定し、ALTER AVAILABILITY GROUP を呼び出してください。For direct seeding, you must allow database creation on each secondary replica by calling ALTER AVAILABILITY GROUP with the GRANT CREATE ANY DATABASE option.

MANUALMANUAL
手動シード処理を指定します (既定)。Specifies manual seeding (default). この方法では、プライマリ レプリカでデータベースのバックアップを作成し、セカンダリ レプリカでそのバックアップを手動で復元する必要があります。This method requires you to create a backup of the database on the primary replica and manually restore that backup on the secondary replica.

BACKUP_PRIORITY = nBACKUP_PRIORITY =n
同じ可用性グループ内の他のレプリカと比較して、このレプリカでバックアップを実行する優先順位を指定します。Specifies your priority for performing backups on this replica relative to the other replicas in the same availability group. 値は 0 ~ 100 の範囲の整数です。The value is an integer in the range of 0..100. これらの値には次の意味があります。These values have the following meanings:

  • 1 から 100 は、その可用性レプリカがバックアップの実行に向けて選択される可能性があることを示します。1..100 indicates that the availability replica could be chosen for performing backups. 1 は最も低い優先順位を示し、100 は最も高い優先順位を示します。1 indicates the lowest priority, and 100 indicates the highest priority. BACKUP_PRIORITY = 1 の場合、現在使用可能な可用性レプリカにそれより高い優先順位のものがない場合にのみ、その可用性レプリカがバックアップの実行に向けて選択されます。If BACKUP_PRIORITY = 1, the availability replica would be chosen for performing backups only if no higher priority availability replicas are currently available.

  • 0 は、その可用性レプリカがバックアップの実行に対して選択されないことを示します。0 indicates that this availability replica will never be chosen for performing backups. これは、たとえば、バックアップをフェールオーバーすることがないリモート可用性レプリカのような場合に便利です。This is useful, for example, for a remote availability replica to which you never want backups to fail over.

詳細については、「アクティブなセカンダリ:セカンダリ レプリカでのバックアップ (Always On 可用性グループ)」を参照してください。For more information, see Active Secondaries: Backup on Secondary Replicas (Always On Availability Groups).

SECONDARY_ROLE ( ... )SECONDARY_ROLE ( ... )
この可用性レプリカによって現在セカンダリ ロールが所有されている場合に (つまり、セカンダリ レプリカである場合は常に) 有効な、ロール固有の設定を指定します。Specifies role-specific settings that will take effect if this availability replica currently owns the secondary role (that is, whenever it is a secondary replica). かっこの中では、いずれか一方または両方のセカンダリ ロール オプションを指定します。Within the parentheses, specify either or both secondary-role options. 両方を指定する場合は、コンマ区切りのリストを使用します。If you specify both, use a comma-separated list.

セカンダリ ロール オプションは次のとおりです。The secondary role options are as follows:

ALLOW_CONNECTIONS = { NO | READ_ONLY | ALL }ALLOW_CONNECTIONS = { NO | READ_ONLY | ALL }
セカンダリ ロールを実行している (つまりセカンダリ レプリカとして機能している) 特定の可用性レプリカのデータベースがクライアントから接続を受け入れることができるかどうかを指定します。以下のいずれかになります。Specifies whether the databases of a given availability replica that is performing the secondary role (that is, is acting as a secondary replica) can accept connections from clients, one of:

NONO
このレプリカのセカンダリ データベースに対するユーザー接続は禁止されます。No user connections are allowed to secondary databases of this replica. 読み取りアクセスで利用することはできません。They are not available for read access. これは既定の動作です。This is the default behavior.

READ_ONLYREAD_ONLY
Application Intent プロパティが ReadOnly に設定されている場合に限り、セカンダリ レプリカのデータベースに対する接続が許可されます。Only connections are allowed to the databases in the secondary replica where the Application Intent property is set to ReadOnly. このプロパティの詳細については、「 Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client」を参照してください。For more information about this property, see Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client.

ALLALL
読み取り専用アクセスに限り、セカンダリ レプリカのデータベースに対するすべての接続が許可されます。All connections are allowed to the databases in the secondary replica for read-only access.

詳細については、「アクティブなセカンダリ:読み取り可能なセカンダリ レプリカ (AlwaysOn 可用性グループ)」を参照してください。For more information, see Active Secondaries: Readable Secondary Replicas (Always On Availability Groups).

READ_ONLY_ROUTING_URL =' TCP :// system-address : port 'READ_ONLY_ROUTING_URL =' TCP ://system-address:port'
読み取りを目的とした接続要求をこの可用性レプリカにルーティングするために使用する URL を指定します。Specifies the URL to be used for routing read-intent connection requests to this availability replica. これは、SQL Server データベース エンジンがリッスンしている URL です。This is the URL on which the SQL Server Database Engine listens. 通常、SQL Server データベース エンジンの既定のインスタンスは、TCP ポート 1433 でリッスンします。Typically, the default instance of the SQL Server Database Engine listens on TCP port 1433.

名前付きインスタンスの場合は、sys.dm_tcp_listener_states 動的管理ビューの port 列と type_desc 列をクエリすることで、ポート番号を取得できます。For a named instance, you can obtain the port number by querying the port and type_desc columns of the sys.dm_tcp_listener_states dynamic management view. サーバー インスタンスは Transact-SQL リスナーを使用します (type_desc='TSQL' )。The server instance uses the Transact-SQL listener (type_desc='TSQL').

可用性レプリカの読み取り専用ルーティングの URL の計算の詳細については、「AlwaysOn の read_only_routing_url の計算」を参照してください。For more information about calculating the read-only routing URL for an availability replica, see Calculating read_only_routing_url for Always On.

注意

SQL ServerSQL Server の名前付きインスタンスの場合は、特定のポートを使用するように Transact-SQL リスナーを構成する必要があります。For a named instance of SQL ServerSQL Server, the Transact-SQL listener should be configured to use a specific port. 詳細については、「特定の TCP ポートで受信待ちするようにサーバーを構成する方法 (SQL Server 構成マネージャー)」を参照してください。For more information, see Configure a Server to Listen on a Specific TCP Port (SQL Server Configuration Manager).

PRIMARY_ROLE ( ... )PRIMARY_ROLE ( ... )
この可用性レプリカによって現在セカンダリ ロールが所有されている場合に (つまり、プライマリ レプリカである場合は常に) 有効な、ロール固有の設定を指定します。Specifies role-specific settings that will take effect if this availability replica currently owns the primary role (that is, whenever it is the primary replica). かっこの中では、いずれか一方または両方のプライマリ ロール オプションを指定します。Within the parentheses, specify either or both primary-role options. 両方を指定する場合は、コンマ区切りのリストを使用します。If you specify both, use a comma-separated list.

プライマリ ロール オプションは次のとおりです。The primary role options are as follows:

ALLOW_CONNECTIONS = { READ_WRITE | ALL }ALLOW_CONNECTIONS = { READ_WRITE | ALL }
プライマリ ロールを実行している (つまりプライマリ レプリカとして機能している) 特定の可用性レプリカのデータベースが受け入れることのできるクライアントからの接続の種類を指定します。以下のいずれかになります。Specifies the type of connection that the databases of a given availability replica that is performing the primary role (that is, is acting as a primary replica) can accept from clients, one of:

READ_WRITEREAD_WRITE
Application Intent 接続プロパティが ReadOnly に設定されている接続は許可されません。Connections where the Application Intent connection property is set to ReadOnly are disallowed. Application Intent プロパティが ReadWrite に設定されている場合、または Application Intent 接続プロパティが設定されていない場合は、接続が許可されます。When the Application Intent property is set to ReadWrite or the Application Intent connection property is not set, the connection is allowed. "アプリケーションの目的" 接続プロパティの詳細については、「 Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client」を参照してください。For more information about Application Intent connection property, see Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client.

ALLALL
プライマリ レプリカのデータベースに対するすべての接続が許可されます。All connections are allowed to the databases in the primary replica. これは既定の動作です。This is the default behavior.

READ_ONLY_ROUTING_LIST = { (' <server_instance> ' [ , ...n ] ) | NONE }READ_ONLY_ROUTING_LIST = { ('<server_instance>' [ ,...n ] ) | NONE }
セカンダリ ロールの下で実行するときに次の要件を満たす、この可用性グループの可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスのコンマ区切りリストを指定します。Specifies a comma-separated list of server instances that host availability replicas for this availability group that meet the following requirements when running under the secondary role:

  • すべての接続または読み取り専用の接続を許可するように構成されていること (前に示した SECONDARY_ROLE オプションの ALLOW_CONNECTIONS 引数を参照)。Be configured to allow all connections or read-only connections (see the ALLOW_CONNECTIONS argument of the SECONDARY_ROLE option, above).

  • 読み取り専用ルーティングの URL が定義されていること (前に示した SECONDARY_ROLE オプションの READ_ONLY_ROUTING_URL 引数を参照)。Have their read-only routing URL defined (see the READ_ONLY_ROUTING_URL argument of the SECONDARY_ROLE option, above).

READ_ONLY_ROUTING_LIST の値は次のとおりです。The READ_ONLY_ROUTING_LIST values are as follows:

<server_instance><server_instance>
セカンダリ ロールで実行するときに読み取り可能なセカンダリ レプリカである可用性レプリカをホストする SQL ServerSQL Server のインスタンスのアドレスを指定します。Specifies the address of the instance of SQL ServerSQL Server that is the host for an availability replica that is a readable secondary replica when running under the secondary role.

読み取り可能なセカンダリ レプリカをホストする可能性があるすべてのサーバー インスタンスを指定するには、コンマ区切りのリストを使用します。Use a comma-separated list to specify all of the server instances that might host a readable secondary replica. 読み取り専用のルーティングは、リストで指定されているサーバー インスタンスの順序に従います。Read-only routing will follow the order in which server instances are specified in the list. レプリカの読み取り専用ルーティング リストにレプリカのホスト サーバー インスタンスを含める場合、通常は一覧の最後にこのサーバー インスタンスを配置することをお勧めします。読み取りを目的とした接続が使用できる場合に、これがセカンダリ レプリカに移動するためです。If you include a replica's host server instance on the replica's read-only routing list, placing this server instance at the end of the list is typically a good practice, so that read-intent connections go to a secondary replica, if one is available.

SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降では、読み取り可能なセカンダリ レプリカ間で読み取りを目的とした要求の負荷を分散することができます。Beginning with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x), you can load-balance read-intent requests across readable secondary replicas. 読み取り専用ルーティング リスト内のかっこの入れ子になったセットにレプリカを配置することで、これを指定します。You specify this by placing the replicas in a nested set of parentheses within the read-only routing list. 詳細と例については、「読み取り専用レプリカ間の負荷分散の構成」を参照してください。For more information and examples, see Configure load-balancing across read-only replicas.

なしNONE
この可用性レプリカがプライマリ レプリカの場合は、読み取り専用のルーティングをサポートしないことを指定します。Specifies that when this availability replica is the primary replica, read-only routing will not be supported. これは既定の動作です。This is the default behavior. MODIFY REPLICA ON と併せて使用すると、この値は既存のリスト (ある場合) を無効にします。When used with MODIFY REPLICA ON, this value disables an existing list, if any.

SESSION_TIMEOUT = secondsSESSION_TIMEOUT =seconds
セッション タイムアウト期間を秒単位で指定します。Specifies the session-timeout period in seconds. このオプションを指定しない場合、この時間は既定で 10 秒に設定されます。If you do not specify this option, by default, the time period is 10 seconds. 最小値は 5 秒です。The minimum value is 5 seconds.

重要

タイムアウト期間を 10 秒以上にしておくことをお勧めします。We recommend that you keep the time-out period at 10 seconds or greater.

セッション タイムアウト期間の詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server)」を参照してください。For more information about the session-timeout period, see Overview of Always On Availability Groups (SQL Server).

MODIFY REPLICA ONMODIFY REPLICA ON
可用性グループの任意のレプリカを変更します。Modifies any of the replicas of the availability group. 変更対象のレプリカの一覧には、サーバー インスタンスのアドレスと、各レプリカに対する WITH (...) 句が含まれます。The list of replicas to be modified contains the server instance address and a WITH (...) clause for each replica.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

REMOVE REPLICA ONREMOVE REPLICA ON
指定したセカンダリ レプリカを可用性グループから削除します。Removes the specified secondary replica from the availability group. 現在のプライマリ レプリカを可用性グループから削除することはできません。The current primary replica cannot be removed from an availability group. レプリカが削除されると、データの受信が停止します。On being removed, the replica stops receiving data. セカンダリ データベースが可用性グループから削除され、RESTORING 状態に移行します。Its secondary databases are removed from the availability group and enter the RESTORING state.

プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

注意

使用不可中または障害発生中のレプリカを削除した場合、オンラインに戻ったレプリカでは、可用性グループに属していないことが検出されます。If you remove a replica while it is unavailable or failed, when it comes back online it will discover that it no longer belongs the availability group.

JOINJOIN
ローカル サーバー インスタンスにより、指定した可用性グループ内のセカンダリ レプリカがホストされるようになります。Causes the local server instance to host a secondary replica in the specified availability group.

可用性グループにまだ参加していないセカンダリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on a secondary replica that has not yet been joined to the availability group.

詳細については、「 可用性グループへのセカンダリ レプリカの参加 (SQL Server)、または PowerShell を使用して、既存の AlwaysOn 可用性グループにセカンダリ レプリカを追加する方法について説明します。For more information, see Join a Secondary Replica to an Availability Group (SQL Server).

FAILOVERFAILOVER
接続されているセカンダリ レプリカへの可用性グループのデータ損失のない手動フェールオーバーを開始します。Initiates a manual failover of the availability group without data loss to the secondary replica to which you are connected. プライマリ レプリカをホストするレプリカはフェールオーバー ターゲットです。The replica that will host the primary replica is the failover target. フェールオーバー ターゲットによってプライマリ ロールが引き継がれ、各データベースのコピーが復旧されて、新しいプライマリ データベースとしてオンラインになります。The failover target will take over the primary role and recover its copy of each database and bring them online as the new primary databases. 元のプライマリ レプリカは同時にセカンダリ ロールに移行し、そのデータベースがセカンダリ データベースになって、直ちに中断されます。The former primary replica concurrently transitions to the secondary role, and its databases become secondary databases and are immediately suspended. これらのロールは、連続する障害によって繰り返し切り替えられる可能性があります。Potentially, these roles can be switched back and forth by a series of failures.

現在プライマリ レプリカと同期されている同期コミット モードのセカンダリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on a synchronous-commit secondary replica that is currently synchronized with the primary replica. セカンダリ レプリカを同期する場合、プライマリ レプリカも同期コミット可用性モードで実行されている必要があります。Note that for a secondary replica to be synchronized the primary replica must also be running in synchronous-commit mode.

注意

フェールオーバー コマンドは、フェールオーバー ターゲットがコマンドを受け入れた直後に戻ります。A failover command returns as soon as the failover target has accepted the command. ただし、データベースの復旧は、可用性グループがフェールオーバーを完了した後に非同期で行われます。However, database recovery occurs asynchronously after the availability group has finished failing over.

計画的な手動フェールオーバーを実行する場合の制限、前提条件、推奨事項については、「可用性グループの計画的な手動フェールオーバーの実行 (SQL Server)」を参照してください。For information about the limitations, prerequisites and recommendations for a performing a planned manual failover, see Perform a Planned Manual Failover of an Availability Group (SQL Server).

FORCE_FAILOVER_ALLOW_DATA_LOSSFORCE_FAILOVER_ALLOW_DATA_LOSS

注意事項

データの損失を伴う可能性があるフェールオーバーの強制は、厳密にはディザスター リカバリー手段です。Forcing failover, which might involve some data loss, is strictly a disaster recovery method. したがって、プライマリ レプリカが動作しなくなった状況で、データの損失を許容でき、可用性グループに直ちにサービスを復元する必要がある場合のみ、強制フェールオーバーを実行することを強くお勧めします。Therefore, We strongly recommend that you force failover only if the primary replica is no longer running, you are willing to risk losing data, and you must restore service to the availability group immediately.

ロールが SECONDARY 状態または RESOLVING 状態であるレプリカでのみサポートされます。Supported only on a replica whose role is in the SECONDARY or RESOLVING state. --フェールオーバー コマンドを入力する対象のレプリカは、フェールオーバー ターゲットと呼ばれます。--The replica on which you enter a failover command is known as the failover target.

フェールオーバー ターゲットへの可用性グループのフェールオーバーを強制します (データ損失の可能性あり)。Forces failover of the availability group, with possible data loss, to the failover target. フェールオーバー ターゲットによってプライマリ ロールが引き継がれ、各データベースのコピーが復旧されて、新しいプライマリ データベースとしてオンラインになります。The failover target will take over the primary role and recover its copy of each database and bring them online as the new primary databases. 残りのセカンダリ レプリカのすべてのセカンダリ データベースは手動で再開するまで中断されます。On any remaining secondary replicas, every secondary database is suspended until manually resumed. 元のプライマリ レプリカが使用可能になった場合はセカンダリ ロールに切り替わり、そのデータベースは中断されたセカンダリ データベースになります。When the former primary replica becomes available, it will switch to the secondary role, and its databases will become suspended secondary databases.

注意

フェールオーバー コマンドは、フェールオーバー ターゲットがコマンドを受け入れた直後に戻ります。A failover command returns as soon as the failover target has accepted the command. ただし、データベースの復旧は、可用性グループがフェールオーバーを完了した後に非同期で行われます。However, database recovery occurs asynchronously after the availability group has finished failing over.

強制フェールオーバーの制限、前提条件、推奨事項について、およびフェールオーバー グループ内の以前のプライマリ データベースに対する強制フェールオーバーの影響については、「可用性グループの強制手動フェールオーバーの実行 (SQL Server)」を参照してください。For information about the limitations, prerequisites and recommendations for forcing failover and the effect of a forced failover on the former primary databases in the availability group, see Perform a Forced Manual Failover of an Availability Group (SQL Server).

ADD LISTENER ' dns_name '( <add_listener_option> )ADD LISTENER 'dns_name'( <add_listener_option> )
この可用性グループの新しい可用性グループ リスナーを定義します。Defines a new availability group listener for this availability group. プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

重要

最初のリスナーを作成する前に、「可用性グループ リスナーの作成または構成 (SQL Server)」をお読みになることを強くお勧めします。Before you create your first listener, we strongly recommend that you read Create or Configure an Availability Group Listener (SQL Server).

可用性グループのリスナーを作成した後は、次のことを行うことを強くお勧めします。After you create a listener for a given availability group, we strongly recommend that you do the following:

  • リスナーの IP アドレスが排他的に使用されるように確保することを、ネットワーク管理者に依頼します。Ask your network administrator to reserve the listener's IP address for its exclusive use.
  • この可用性グループへのクライアント接続を要求するときの接続文字列で使用できるよう、リスナーの DNS ホスト名をアプリケーション開発者に通知します。Give the listener's DNS host name to application developers to use in connection strings when requesting client connections to this availability group.

dns_namedns_name
可用性グループ リスナーの DNS ホスト名を指定します。Specifies the DNS host name of the availability group listener. リスナーの DNS 名が、ドメインおよび NetBIOS 内で一意である必要があります。The DNS name of the listener must be unique in the domain and in NetBIOS.

dns_name は文字列値です。dns_name is a string value. この名前には、英数字、ダッシュ (-)、およびハイフン () のみを任意の順序で含めることができます。This name can contain only alphanumeric characters, dashes (-), and hyphens (), in any order. DNS ホスト名では大文字と小文字は区別されません。DNS host names are case insensitive. 最大長は 63 文字です。The maximum length is 63 characters.

意味のある文字列を指定することをお勧めします。We recommend that you specify a meaningful string. たとえば、可用性グループの名前が AG1の場合は、 ag1-listenerのような意味のある DNS ホスト名にします。For example, for an availability group named AG1, a meaningful DNS host name would be ag1-listener.

重要

NetBIOS では、dns_name の最初の 15 文字のみが認識されます。NetBIOS recognizes only the first 15 chars in the dns_name. 同じ Active Directory で制御されている 2 つの WSFC クラスターがあり、両方のクラスターで可用性グループ リスナーを作成しようとする場合、15 文字より長い名前を使用して、15 文字のプレフィックスが同一であると、仮想ネットワーク名リソースをオンラインにできなかったことを示すエラーが表示されます。If you have two WSFC clusters that are controlled by the same Active Directory and you try to create availability group listeners in both of clusters using names with more than 15 characters and an identical 15 character prefix, you will get an error reporting that the Virtual Network Name resource could not be brought online. DNS 名のプレフィックスに対する名前付け規則の詳細については、「 ドメイン名を割り当てる」を参照してください。For information about prefix naming rules for DNS names, see Assigning Domain Names.

JOIN AVAILABILITY GROUP ONJOIN AVAILABILITY GROUP ON
分散可用性グループに参加します。Joins to a distributed availability group. 分散可用性グループを作成すると、それが作成されたクラスターの可用性グループがプライマリの可用性グループになります。When you create a distributed availability group, the availability group on the cluster where it is created is the primary availability group. 分散可用性グループに参加する可用性グループがセカンダリ可用性グループになります。The availability group that joins the distributed availability group is the secondary availability group.

<ag_name><ag_name>
分散可用性グループの半分を占める可用性グループの名前を指定します。Specifies the name of the availability group that makes up one half of the distributed availability group.

LISTENER =' TCP :// system-address : port 'LISTENER =' TCP ://system-address:port'
可用性グループに関連付けられているリスナーの URL パスを指定します。Specifies the URL path for the listener associated with the availability group.

LISTENER 句は必須です。The LISTENER clause is required.

' TCP :// system-address : port '' TCP ://system-address:port'
可用性グループに関連付けられているリスナーの URL を指定します。Specifies a URL for the listener associated with the availability group. URL のパラメーターは次のとおりです。The URL parameters are as follows:

system-addresssystem-address
システム名、完全修飾ドメイン名、IP アドレスなど、リスナーを明確に識別する文字列です。Is a string, such as a system name, a fully qualified domain name, or an IP address, that unambiguously identifies the listener.

portport
可用性グループのミラーリング エンドポイントに関連付けられているポート番号です。Is a port number that is associated with the mirroring endpoint of the availability group. これはリスナーのポートではないことにご注意ください。Note that this is not the port of the listener.

AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT }AVAILABILITY_MODE = { SYNCHRONOUS_COMMIT | ASYNCHRONOUS_COMMIT }
プライマリ レプリカが特定のプライマリ データベースでトランザクションをコミットする前に、ディスクへのログ レコードの書き込みがセカンダリ可用性グループで確認されるのを待機する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether the primary replica has to wait for the secondary availability group to acknowledge the hardening (writing) of the log records to disk before the primary replica can commit the transaction on a given primary database.

SYNCHRONOUS_COMMITSYNCHRONOUS_COMMIT
セカンダリ可用性グループでトランザクションが書き込まれるまで、プライマリはトランザクションのコミットを延期するように指定します。Specifies that the primary replica will wait to commit transactions until they have been hardened on the secondary availability group. SYNCHRONOUS_COMMIT は、プライマリ可用性グループを含む、最大 2 つの可用性グループに指定できます。You can specify SYNCHRONOUS_COMMIT for up to two availability groups, including the primary availability group.

ASYNCHRONOUS_COMMITASYNCHRONOUS_COMMIT
このセカンダリ可用性グループがログを書き込むのを待たず、プライマリ レプリカがトランザクションをコミットするように指定します。Specifies that the primary replica commits transactions without waiting for this secondary availability group to harden the log. ASYNCHRONOUS_COMMIT は、プライマリ可用性グループを含む、最大 2 つの可用性グループに指定できます。You can specify ASYNCHRONOUS_COMMIT for up to two availability groups, including the primary availability group.

AVAILABILITY_MODE 句は必須です。The AVAILABILITY_MODE clause is required.

FAILOVER_MODE = { MANUAL }FAILOVER_MODE = { MANUAL }
分散型可用性グループのフェールオーバー モードを指定します。Specifies the failover mode of the distributed availability group.

MANUALMANUAL
データベース管理者による計画的な手動フェールオーバーまたは強制手動フェールオーバー (通常は強制フェールオーバーと呼ばれる) を有効にします。Enables planned manual failover or forced manual failover (typically called forced failover) by the database administrator.

セカンダリ可用性グループへの自動フェールオーバーはサポートされていません。Automatic failover to the secondary availability group is not supported.

SEEDING_MODE = { AUTOMATIC | MANUAL }SEEDING_MODE**=** { AUTOMATIC | MANUAL }
セカンダリ可用性グループの初回シード処理方法を指定します。Specifies how the secondary availability group will be initially seeded.

AUTOMATICAUTOMATIC
自動シード処理を有効にします。Enables automatic seeding. この方法では、ネットワーク全体でセカンダリ可用性グループがシード処理されます。This method will seed the secondary availability group over the network. この方法では、セカンダリ可用性グループのレプリカでプライマリ データベースのコピーをバックアップしたり、復元したりする必要がありません。This method does not require you to backup and restore a copy of the primary database on the replicas of the secondary availability group.

MANUALMANUAL
手動シード処理を指定します。Specifies manual seeding. この方法では、プライマリ レプリカでデータベースのバックアップを作成し、セカンダリ可用性グループのレプリカでそのバックアップを手動で復元する必要があります。This method requires you to create a backup of the database on the primary replica and manually restore that backup on the replica(s) of the secondary availability group.

MODIFY AVAILABILITY GROUP ONMODIFY AVAILABILITY GROUP ON
分散可用性グループの可用性グループ設定を変更します。Modifies any of the availability group settings of a distributed availability group. 変更する可用性グループの一覧には、可用性グループの名前と可用性グループ別の WITH (...) 句が含まれています。The list of availability groups to be modified contains the availability group name and a WITH (...) clause for each availability group.

重要

このコマンドはプライマリの可用性グループ インスタンスとセカンダリ可用性グループ インスタンスの両方で繰り返す必要があります。This command must be repeated on both the primary availability group and secondary availability group instances.

GRANT CREATE ANY DATABASEGRANT CREATE ANY DATABASE
直接シード処理をサポートするプライマリ レプリカの代わりにデータベースを作成することを可用性グループに許可します (SEEDING_MODE = AUTOMATIC)。Permits the availability group to create databases on behalf of the primary replica, which supports direct seeding (SEEDING_MODE = AUTOMATIC). このパラメーターは直接シード処理をサポートするすべてのセカンダリ レプリカで、そのセカンダリが可用性グループに参加した後に実行する必要があります。This parameter should be run on every secondary replica that supports direct seeding after that secondary joins the availability group. CREATE ANY DATABASE 権限が必要です。Requires the CREATE ANY DATABASE permission.

DENY CREATE ANY DATABASEDENY CREATE ANY DATABASE
プライマリ レプリカの代わりにデータベースを作成する可用性グループの機能を削除します。Removes the ability of the availability group to create databases on behalf of the primary replica.

<add_listener_option><add_listener_option>
ADD LISTENER には、次のいずれかのオプションを指定できます。ADD LISTENER takes one of the following options:

WITH DHCP [ ON { (' four_part_ipv4_address ',' four_part_ipv4_mask ') } ]WITH DHCP [ ON { ('four_part_ipv4_address','four_part_ipv4_mask') } ]
可用性グループ リスナーによって動的ホスト構成プロトコル (DHCP) が使用されるよう指定します。Specifies that the availability group listener will use the Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP). 必要に応じて、ON 句を使用して、このリスナーを作成するネットワークを識別します。Optionally, use the ON clause to identify the network on which this listener will be created. DHCP は、可用性グループの可用性レプリカをホストする各サーバー インスタンスに使用される単一のサブネットに限定されます。DHCP is limited to a single subnet that is used for every server instances that hosts an availability replica in the availability group.

重要

運用環境での DHCP の使用はお勧めしません。We do not recommend DHCP in production environment. ダウンタイムが発生して DHCP IP のリース期限が切れると、リスナーの DNS 名に関連付けられている新しい DHCP のネットワーク IP アドレスの登録に余分な時間がかかり、クライアント接続に影響が及びます。If there is a down time and the DHCP IP lease expires, extra time is required to register the new DHCP network IP address that is associated with the listener DNS name and impact the client connectivity. ただし、開発環境とテスト環境を設定して可用性グループの基本機能を確認する場合や、アプリケーションとの統合の場合には DHCP が適しています。However, DHCP is good for setting up your development and testing environment to verify basic functions of availability groups and for integration with your applications.

例:For example:

WITH DHCP ON ('10.120.19.0','255.255.254.0')

WITH IP ( { (' four_part_ipv4_address ',' four_part_ipv4_mask ') | (' ipv6_address ') } [ , ...n ] ) [ , PORT = listener_port ]WITH IP ( { ('four_part_ipv4_address','four_part_ipv4_mask') | ('ipv6_address') } [ , ...n ] ) [ , PORT =listener_port ]
可用性グループ リスナーが、DHCP を使用する代わりに、1 つ以上の静的 IP アドレスを使用することを指定します。Specifies that, instead of using DHCP, the availability group listener will use one or more static IP addresses. 複数のサブネットにわたる可用性グループを作成するには、各サブネットのリスナー構成に静的 IP アドレスが 1 つ必要です。To create an availability group across multiple subnets, each subnet requires one static IP address in the listener configuration. サブネットの静的 IP アドレスには、IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスを使用できます。For a given subnet, the static IP address can be either an IPv4 address or an IPv6 address. ネットワーク管理者に連絡し、新しい可用性グループの可用性レプリカをホストする各サブネットの静的 IP アドレスを入手してください。Contact your network administrator to get a static IP address for each subnet that will host an availability replica for the new availability group.

例:For example:

WITH IP ( ('10.120.19.155','255.255.254.0') )

ipv4_addressipv4_address
可用性グループ リスナーに対する IPv4 の 4 つの部分から成るアドレスを指定します。Specifies an IPv4 four-part address for an availability group listener. たとえば、10.120.19.155 のようになります。For example, 10.120.19.155.

ipv4_maskipv4_mask
可用性グループ リスナーに対する IPv4 の 4 つの部分から成るマスクを指定します。Specifies an IPv4 four-part mask for an availability group listener. たとえば、255.255.254.0 のようになります。For example, 255.255.254.0.

ipv6_addressipv6_address
可用性グループ リスナーに対する IPv6 アドレスを指定します。Specifies an IPv6 address for an availability group listener. たとえば、2001::4898:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3 のようになります。For example, 2001::4898:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3.

PORT = listener_portPORT = listener_port
WITH IP 句で指定されている可用性グループ リスナーが使用するポート番号 listener_port を指定します。Specifies the port number-listener_port-to be used by an availability group listener that is specified by a WITH IP clause. PORT は省略できます。PORT is optional.

既定のポート番号 1433 がサポートされます。The default port number, 1433, is supported. ただし、セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。However, if you have security concerns, we recommend using a different port number.

例: WITH IP ( ('2001::4898:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3') ) , PORT = 7777For example: WITH IP ( ('2001::4898:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3') ) , PORT = 7777

MODIFY LISTENER ' dns_name '( <modify_listener_option> )MODIFY LISTENER 'dns_name'( <modify_listener_option> )
この可用性グループに対する既存の可用性グループ リスナーを変更します。Modifies an existing availability group listener for this availability group. プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

<modify_listener_option><modify_listener_option>
MODIFY LISTENER には、次のいずれかのオプションを指定できます。MODIFY LISTENER takes one of the following options:

ADD IP { (' four_part_ipv4_address ',' four_part_ipv4_mask ') | ('dns_nameipv6_address ') }ADD IP { ('four_part_ipv4_address','four_part_ipv4_mask') | ('dns_nameipv6_address') }
指定した IP アドレスを dns_name で指定されている可用性グループ リスナーに追加します。Adds the specified IP address to the availability group listener specified by dns_name.

PORT = listener_portPORT = listener_port
このセクションで既に説明したこの引数に関する説明を参照してください。See the description of this argument earlier in this section.

RESTART LISTENER ' dns_name 'RESTART LISTENER 'dns_name'
指定した DNS 名に関連付けられたリスナーを再起動します。Restarts the listener that is associated with the specified DNS name. プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

REMOVE LISTENER ' dns_name 'REMOVE LISTENER 'dns_name'
指定した DNS 名に関連付けられたリスナーを削除します。Removes the listener that is associated with the specified DNS name. プライマリ レプリカでのみサポートされます。Supported only on the primary replica.

OFFLINEOFFLINE
オンラインの可用性グループをオフラインにするTakes an online availability group offline. 同期コミット データベースのデータ損失はありません。There is no data loss for synchronous-commit databases.

可用性グループがオフラインになると、クライアントはそのデータベースを使用できなくなりますが、可用性グループをオンラインに戻すことはできません。After an availability group goes offline, its databases become unavailable to clients, and you cannot bring the availability group back online. したがって、OFFLINE オプションは、可用性グループのリソースを新しい WSFC クラスターに移行するときに、クラスター間での Always On 可用性グループAlways On availability groupsの移行中に限って使用してください。Therefore, use the OFFLINE option only during a cross-cluster migration of Always On 可用性グループAlways On availability groups, when migrating availability group resources to a new WSFC cluster.

詳細については、「可用性グループをオフラインにする (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Take an Availability Group Offline (SQL Server).

前提条件と制限Prerequisites and Restrictions

可用性レプリカ、そのホスト サーバー インスタンス、そのコンピューターに関する前提条件と制限については、「Always On 可用性グループの前提条件、制限事項、推奨事項 (SQL Server)」を参照してください。For information about prerequisites and restrictions on availability replicas and on their host server instances and computers, see Prerequisites, Restrictions, and Recommendations for Always On Availability Groups (SQL Server).

AVAILABILITY GROUP Transact-SQL ステートメントの制限については、「AlwaysOn 可用性グループの Transact-SQL ステートメントの概要 (SQL Server)」を参照してください。For information about restrictions on the AVAILABILITY GROUP Transact-SQL statements, see Overview of Transact-SQL Statements for Always On Availability Groups (SQL Server).

SecuritySecurity

アクセス許可Permissions

可用性グループの ALTER AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL AVAILABILITY GROUP 権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、または CONTROL SERVER 権限が必要です。Requires ALTER AVAILABILITY GROUP permission on the availability group, CONTROL AVAILABILITY GROUP permission, ALTER ANY AVAILABILITY GROUP permission, or CONTROL SERVER permission. ALTER ANY DATABASE 権限も必要です。Also requires ALTER ANY DATABASE permission.

使用例Examples

A.A. セカンダリ レプリカを可用性グループに参加させるJoining a secondary replica to an availability group

次の例では、接続しているセカンダリ レプリカを AccountsAG 可用性グループに参加させます。The following example joins a secondary replica to which you are connected to the AccountsAG availability group.

ALTER AVAILABILITY GROUP AccountsAG JOIN;  
GO  

B.B. 可用性グループを強制的にフェールオーバーするForcing failover of an availability group

次の例では、AccountsAG 可用性グループを、接続されているセカンダリ レプリカに強制的にフェールオーバーします。The following example forces the AccountsAG availability group to fail over to the secondary replica to which you are connected.

ALTER AVAILABILITY GROUP AccountsAG FORCE_FAILOVER_ALLOW_DATA_LOSS;  
GO  

参照See Also

CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
ALTER DATABASE SET HADR (Transact-SQL) ALTER DATABASE SET HADR (Transact-SQL)
DROP AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) DROP AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
sys.availability_replicas (Transact-SQL) sys.availability_replicas (Transact-SQL)
sys.availability_groups (Transact-SQL) sys.availability_groups (Transact-SQL)
AlwaysOn 可用性グループの構成のトラブルシューティング (SQL Server) Troubleshoot Always On Availability Groups Configuration (SQL Server)
AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server) Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)
可用性グループ リスナー、クライアント接続、およびアプリケーションのフェールオーバー (SQL Server)Availability Group Listeners, Client Connectivity, and Application Failover (SQL Server)