ALTER FULLTEXT CATALOG (Transact-SQL)ALTER FULLTEXT CATALOG (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: ○ SQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database適用対象:Applies to: ○ SQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database

フルテキスト カタログのプロパティを変更します。Changes the properties of a full-text catalog.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
ALTER FULLTEXT CATALOG catalog_name   
{ REBUILD [ WITH ACCENT_SENSITIVITY = { ON | OFF } ]  
| REORGANIZE  
| AS DEFAULT   
}  

引数Arguments

catalog_namecatalog_name
変更するカタログの名前を指定します。Specifies the name of the catalog to be modified. 指定した名前のカタログが存在しない場合、MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server ではエラーが返され、ALTER 操作は実行されません。If a catalog with the specified name does not exist, MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server returns an error and does not perform the ALTER operation.

REBUILDREBUILD
SQL ServerSQL Server でカタログ全体を再構築することを指定します。Tells SQL ServerSQL Server to rebuild the entire catalog. カタログの再構築では、既存のカタログが削除され、代わりに新しいカタログが作成されます。When a catalog is rebuilt, the existing catalog is deleted and a new catalog is created in its place. フルテキスト インデックスの参照を持つすべてのテーブルが新しいカタログに関連付けられます。All the tables that have full-text indexing references are associated with the new catalog. 再構築すると、データベース システム テーブル内のフルテキスト メタデータがリセットされます。Rebuilding resets the full-text metadata in the database system tables.

WITH ACCENT_SENSITIVITY = {ON|OFF}WITH ACCENT_SENSITIVITY = {ON|OFF}
変更するカタログのフルテキスト インデックス作成とクエリ処理において、アクセントを区別するかしないかを指定します。Specifies if the catalog to be altered is accent-sensitive or accent-insensitive for full-text indexing and querying.

フルテキスト カタログのアクセントの区別に関する現在のプロパティ設定を確認するには、catalog_name に対して、FULLTEXTCATALOGPROPERTY 関数を accentsensitivity プロパティ値と共に使用します。To determine the current accent-sensitivity property setting of a full-text catalog, use the FULLTEXTCATALOGPROPERTY function with the accentsensitivity property value against catalog_name. この関数で '1' が返された場合、フルテキスト カタログではアクセントが区別され、'0' が返された場合、アクセントは区別されません。If the function returns '1', the full-text catalog is accent sensitive; if the function returns '0', the catalog is not accent sensitive.

アクセントの区別は、既定ではカタログとデータベースで同じになっています。The catalog and database default accent sensitivity are the same.

REORGANIZEREORGANIZE
SQL ServerSQL Server で "マスター マージ" を実行することを指定します。マスター マージでは、インデックス処理の過程で作成された小さいインデックスを 1 つの大きなインデックスにマージする処理も行われます。Tells SQL ServerSQL Server to perform a master merge, which involves merging the smaller indexes created in the process of indexing into one large index. フルテキスト インデックス フラグメントをマージすると、パフォーマンスが向上し、ディスクとメモリのリソースを解放できます。Merging the full-text index fragments can improve performance and free up disk and memory resources. フルテキスト カタログが頻繁に変更される場合は、このコマンドを定期的に使用して、フルテキスト カタログを再構成してください。If there are frequent changes to the full-text catalog, use this command periodically to reorganize the full-text catalog.

REORGANIZE では、内部のインデックスおよびカタログの構造を最適化する処理も行われます。REORGANIZE also optimizes internal index and catalog structures.

インデックスが設定されるデータの量によっては、マスター マージの完了までに時間がかかる場合があります。Keep in mind that, depending on the amount of indexed data, a master merge may take some time to complete. マスター マージで大量のデータを処理すると、実行時間が長いトランザクションが発生し、チェックポイント時のログの切り捨てが遅れる場合があります。Master merging a large amount of data can create a long running transaction, delaying truncation of the transaction log during checkpoint. この場合、完全復旧モデルでは、トランザクション ログが非常に大きくなることがあります。In this case, the transaction log might grow significantly under the full recovery model. 完全復旧モデルを使用するデータベースで大きなフルテキスト インデックスを再編成する前に、実行時間が長いトランザクションのための十分な領域をトランザクション ログに割り当てることをお勧めします。As a best practice, ensure that your transaction log contains sufficient space for a long-running transaction before reorganizing a large full-text index in a database that uses the full recovery model. 詳細については、「 トランザクション ログ ファイルのサイズの管理」を参照してください。For more information, see Manage the Size of the Transaction Log File.

AS DEFAULTAS DEFAULT
このカタログが既定のカタログであることを指定します。Specifies that this catalog is the default catalog. カタログを指定せずにフルテキスト インデックスを作成すると、既定のカタログが使用されます。When full-text indexes are created with no specified catalogs, the default catalog is used. 既定のフルテキスト カタログが既に存在する場合、このカタログを AS DEFAULT に設定すると、既存の既定値がオーバーライドされます。If there is an existing default full-text catalog, setting this catalog AS DEFAULT will override the existing default.

アクセス許可Permissions

フルテキスト カタログに対する ALTER 権限が与えられているか、db_owner 固定データベース ロール、db_ddladmin 固定データベース ロール、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーであることが必要です。User must have ALTER permission on the full-text catalog, or be a member of the db_owner, db_ddladmin fixed database roles, or sysadmin fixed server role.

注意

ALTER FULLTEXT CATALOG AS DEFAULT を使用するには、フルテキスト カタログに対する ALTER 権限およびデータベースに対する CREATE FULLTEXT CATALOG 権限が必要です。To use ALTER FULLTEXT CATALOG AS DEFAULT, the user must have ALTER permission on the full-text catalog and CREATE FULLTEXT CATALOG permission on the database.

Examples

次の例では、アクセントを区別する既定のフルテキスト カタログ accentsensitivityftCatalog プロパティを変更します。The following example changes the accentsensitivity property of the default full-text catalog ftCatalog, which is accent sensitive.

--Change to accent insensitive  
USE AdventureWorks2012;  
GO  
ALTER FULLTEXT CATALOG ftCatalog   
REBUILD WITH ACCENT_SENSITIVITY=OFF;  
GO  
-- Check Accentsensitivity  
SELECT FULLTEXTCATALOGPROPERTY('ftCatalog', 'accentsensitivity');  
GO  
--Returned 0, which means the catalog is not accent sensitive.  

参照See Also

sys.fulltext_catalogs (Transact-SQL) sys.fulltext_catalogs (Transact-SQL)
CREATE FULLTEXT CATALOG (Transact-SQL) CREATE FULLTEXT CATALOG (Transact-SQL)
DROP FULLTEXT CATALOG (Transact-SQL) DROP FULLTEXT CATALOG (Transact-SQL)
フルテキスト検索Full-Text Search