ALTER TABLE index_option (Transact-SQL)ALTER TABLE index_option (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

ALTER TABLE で作成される制約定義の一部であるインデックスに適用できる一連のオプションを指定します。Specifies a set of options that can be applied to an index that is part of a constraint definition that is created by using ALTER TABLE.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

{   
    PAD_INDEX = { ON | OFF }  
  | FILLFACTOR = fillfactor  
  | IGNORE_DUP_KEY = { ON | OFF }  
  | STATISTICS_NORECOMPUTE = { ON | OFF }  
  | ALLOW_ROW_LOCKS = { ON | OFF }  
  | ALLOW_PAGE_LOCKS = { ON | OFF } 
  | OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY = { ON | OFF } 
  | SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }   
  | ONLINE = { ON | OFF }  
  | MAXDOP = max_degree_of_parallelism  
  | DATA_COMPRESSION = { NONE |ROW | PAGE | COLUMNSTORE | COLUMNSTORE_ARCHIVE }  
      [ ON PARTITIONS ( { <partition_number_expression> | <range> }   
      [ , ...n ] ) ]  
  | ONLINE = { ON [ ( <low_priority_lock_wait> ) ] | OFF }  
}  
  
<range> ::=   
<partition_number_expression> TO <partition_number_expression>  
  
<single_partition_rebuild__option> ::=  
{  
    SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }  
  | MAXDOP = max_degree_of_parallelism  
  | DATA_COMPRESSION = {NONE | ROW | PAGE | COLUMNSTORE | COLUMNSTORE_ARCHIVE } }  
  | ONLINE = { ON [ ( <low_priority_lock_wait> ) ] | OFF }  
}  
  
<low_priority_lock_wait>::=  
{  
    WAIT_AT_LOW_PRIORITY ( MAX_DURATION = <time> [ MINUTES ] ,   
                           ABORT_AFTER_WAIT = { NONE | SELF | BLOCKERS } )   
}  

引数Arguments

PAD_INDEX = { ON | OFF }PAD_INDEX = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

インデックスの埋め込みを指定します。Specifies index padding. 既定値は OFF です。The default is OFF.

ONON
FILLFACTOR で指定される空き領域のパーセンテージが、インデックスの中間レベルのページに適用されます。The percentage of free space that is specified by FILLFACTOR is applied to the intermediate-level pages of the index.

OFF または fillfactor の指定なしOFF or fillfactor is not specified
中間レベル ページは、中間ページの一連のキーを考慮しつつ、インデックスが持つことのできる最大サイズの行が少なくとも 1 つ格納できる領域を残して、ほぼ容量いっぱいに使用されます。The intermediate-level pages are filled to near capacity, leaving enough space for at least one row of the maximum size the index can have, given the set of keys on the intermediate pages.

FILLFACTOR = fillfactorFILLFACTOR =fillfactor
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

インデックスの作成時または変更時に、データベース エンジンDatabase Engine が各インデックス ページのリーフ レベルをどの程度まで埋めるかを、パーセント値で指定します。Specifies a percentage that indicates how full the データベース エンジンDatabase Engine should make the leaf level of each index page during index creation or alteration. 1 ~ 100 の整数値を指定する必要があります。The value specified must be an integer value from 1 to 100. 既定値は 0 です。The default is 0.

注意

FILL FACTOR 値 0 と 100 は、すべての面でまったく同じ結果になります。Fill factor values 0 and 100 are identical in all respects.

IGNORE_DUP_KEY = { ON | OFF }IGNORE_DUP_KEY = { ON | OFF }
挿入操作で、一意のインデックスに重複するキー値を挿入しようとした場合の応答の種類を指定します。Specifies the response type when an insert operation attempts to insert duplicate key values into a unique index. IGNORE_DUP_KEY オプションは、インデックスが作成または再構築された後の挿入操作のみに適用されます。The IGNORE_DUP_KEY option applies only to insert operations after the index is created or rebuilt. CREATE INDEXALTER INDEX、または UPDATE を実行した場合、このオプションは無効です。The option has no effect when executing CREATE INDEX, ALTER INDEX, or UPDATE. 既定値は OFF です。The default is OFF.

ONON
重複したキー値が一意のインデックスに挿入されると、警告メッセージが表示されます。A warning message occurs when duplicate key values are inserted into a unique index. 一意性制約に違反する行のみが失敗します。Only the rows violating the uniqueness constraint fail.

OFFOFF
重複したキー値が一意のインデックスに挿入されると、エラー メッセージが表示されます。An error message occurs when duplicate key values are inserted into a unique index. INSERT 操作全体がロールバックされます。The entire INSERT operation is rolled back.

ビューに作成されたインデックス、一意でないインデックス、XML インデックス、空間インデックス、およびフィルター処理されたインデックスについては、IGNORE_DUP_KEY を ON に設定することはできません。IGNORE_DUP_KEY cannot be set to ON for indexes created on a view, non-unique indexes, XML indexes, spatial indexes, and filtered indexes.

IGNORE_DUP_KEY を表示するには、sys.indexes を使用します。To view IGNORE_DUP_KEY, use sys.indexes.

旧バージョンと互換性のある構文では、WITH IGNORE_DUP_KEY は WITH IGNORE_DUP_KEY = ON と同じです。In backward compatible syntax, WITH IGNORE_DUP_KEY is equivalent to WITH IGNORE_DUP_KEY = ON.

STATISTICS_NORECOMPUTE = { ON | OFF }STATISTICS_NORECOMPUTE = { ON | OFF }
統計を再計算するかどうかを指定します。Specifies whether statistics are recomputed. 既定値は OFF です。The default is OFF.

ONON
古い統計情報は、自動的には再計算されません。Out-of-date statistics are not automatically recomputed.

OFFOFF
自動統計更新が有効です。Automatic statistics updating are enabled.

ALLOW_ROW_LOCKS = { ON | OFF }ALLOW_ROW_LOCKS = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

行ロックを許可するかどうかを指定します。Specifies whether row locks are allowed. 既定値は ON です。The default is ON.

ONON
インデックスにアクセスするとき、行ロックが許可されます。Row locks are allowed when accessing the index. いつ行ロックを使用するかは、データベース エンジンDatabase Engineによって決定されます。The データベース エンジンDatabase Engine determines when row locks are used.

OFFOFF
行ロックは使用されません。Row locks are not used.

ALLOW_PAGE_LOCKS = { ON | OFF }ALLOW_PAGE_LOCKS = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

ページ ロックを許可するかどうかを指定します。Specifies whether page locks are allowed. 既定値は ON です。The default is ON.

ONON
ページにアクセスするとき、行ロックが許可されます。Page locks are allowed when accessing the index. いつページ ロックを使用するかは、データベース エンジンDatabase Engine によって決定されます。The データベース エンジンDatabase Engine determines when page locks are used.

OFFOFF
ページ ロックは使用されません。Page locks are not used.

OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY = { ON | OFF }OPTIMIZE_FOR_SEQUENTIAL_KEY = { ON | OFF }

適用対象: SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) 以降。Applies to: SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x) and later.

最終ページ挿入競合に対して最適化するかどうかを指定します。Specifies whether or not to optimize for last-page insert contention. 既定値は OFF です。The default is OFF. 詳細については、CREATE INDEX のページの「シーケンシャル キー」セクションを参照してください。See the Sequential Keys section of the CREATE INDEX page for more information.

SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }SORT_IN_TEMPDB = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

並べ替えの結果を tempdb に格納するかどうかを指定します。Specifies whether to store sort results in tempdb. 既定値は OFF です。The default is OFF.

ONON
インデックス構築に使用される中間の並べ替え結果が tempdb に格納されます。The intermediate sort results that are used to build the index are stored in tempdb. tempdb がユーザー データベースとは異なるディスク セットにある場合は、インデックスの作成に要する時間が削減されます。This may reduce the time required to create an index if tempdb is on a different set of disks than the user database. インデックスの構築中に使用されるディスク領域のサイズは増加します。However, this increases the amount of disk space that is used during the index build.

OFFOFF
中間の並べ替え結果はインデックスと同じデータベースに格納されます。The intermediate sort results are stored in the same database as the index.

ONLINE = { ON | OFF }ONLINE = { ON | OFF }
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

インデックス操作時に、基になるテーブルや関連するインデックスをクエリやデータ変更で使用できるかどうかを指定します。Specifies whether underlying tables and associated indexes are available for queries and data modification during the index operation. 既定値は OFF です。The default is OFF. REBUILD は ONLINE 操作として実行できます。REBUILD can be performed as an ONLINE operation.

注意

一意な非クラスター化インデックスはオンラインで作成できません。Unique nonclustered indexes cannot be created online. これには、UNIQUE 制約または PRIMARY KEY 制約によって作成されるインデックスが含まれます。This includes indexes that are created due to a UNIQUE or PRIMARY KEY constraint.

ONON
長期のテーブル ロックは、インデックス操作の間は保持されません。Long-term table locks are not held for the duration of the index operation. インデックス操作の主なフェーズの間は、基になるテーブル上に、インテント共有 (IS) ロックのみが保持されます。During the main phase of the index operation, only an Intent Share (IS) lock is held on the source table. これにより、基になるテーブルやインデックスに対するクエリや更新を続行できます。This enables queries or updates to the underlying table and indexes to proceed. 操作の開始時、非常に短い時間ですが、ソース オブジェクトの共有 (S) ロックが保持されます。At the start of the operation, a Shared (S) lock is held on the source object for a very short period of time. 操作の終了時、短い時間ですが、非クラスタ化インデックスが作成される場合は、ソース オブジェクト上で共有 (S) ロックの取得が行われます。また、クラスター化インデックスがオンラインで作成または削除され、クラスター化または非クラスター化インデックスが再構築される場合は、SCH-M (スキーマ修正) ロックが取得されます。At the end of the operation, for a short period of time, an S (Shared) lock is acquired on the source if a nonclustered index is being created; or an SCH-M (Schema Modification) lock is acquired when a clustered index is created or dropped online and when a clustered or nonclustered index is being rebuilt. オンライン インデックス ロックは短いメタデータ ロックですが、特に Sch-M ロックは、このテーブルに対するすべてのブロックしているトランザクションの完了を待機する必要があります。Although the online index locks are short metadata locks, especially the Sch-M lock must wait for all blocking transactions to be completed on this table. 待機中、Sch-M ロックは、同じテーブルにアクセスするためにこのロックの後に待機している他のすべてのトランザクションをブロックします。During the wait time the Sch-M lock blocks all other transactions that wait behind this lock when accessing the same table. インデックスがローカルの一時テーブルに作成される場合、ONLINE は ON にできません。ONLINE cannot be set to ON when an index is being created on a local temporary table.

注意

オンライン インデックス再構築では、このセクションの後の方で説明されている low_priority_lock_wait オプションを設定できます。Online index rebuild can set the low_priority_lock_wait options described later in this section. low_priority_lock_wait は、オンライン インデックス再構築中の S および Sch-M ロックの優先度を管理します。low_priority_lock_wait manages S and Sch-M lock priority during online index rebuild.

OFFOFF
テーブル ロックは、インデックス操作の間適用されます。Table locks are applied for the duration of the index operation. このため、操作中は、すべてのユーザーは基になるテーブルにアクセスできません。This prevents all user access to the underlying table for the duration of the operation. クラスター化インデックスを作成、再構築、または削除するオフライン インデックス操作や、非クラスター化インデックスを再構築または削除するオフライン インデックス操作では、テーブル上のスキーマ修正 (Sch-M) ロックが取得されます。An offline index operation that creates, rebuilds, or drops a clustered index, or rebuilds or drops a nonclustered index, acquires a Schema modification (Sch-M) lock on the table. このため、操作中は、すべてのユーザーは基になるテーブルにアクセスできません。This prevents all user access to the underlying table for the duration of the operation. 非クラスター化インデックスを作成するオフライン インデックス操作では、テーブルの共有 (S) ロックが取得されます。An offline index operation that creates a nonclustered index acquires a Shared (S) lock on the table. この場合は、基になるテーブルに対して更新は許可されませんが、SELECT ステートメントなどの読み取り操作は許可されます。This prevents updates to the underlying table but allows read operations, such as SELECT statements.

詳細については、「オンライン インデックス操作の動作原理」を参照してください。For more information, see How Online Index Operations Work.

注意

オンラインでのインデックス操作は、 MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Serverのすべてのエディションで使用できるわけではありません。Online index operations are not available in every edition of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。For a list of features that are supported by the editions of SQL ServerSQL Server, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.

MAXDOP = max_degree_of_parallelismMAXDOP =max_degree_of_parallelism
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

インデックス操作の間、max degree of parallelism 構成オプションをオーバーライドします。Overrides the max degree of parallelism configuration option for the duration of the index operation. 詳細については、「 max degree of parallelism サーバー構成オプションの構成」を参照してください。For more information, see Configure the max degree of parallelism Server Configuration Option. 並列プランの実行で使用されるプロセッサ数を制限するには、MAXDOP を使用します。Use MAXDOP to limit the number of processors used in a parallel plan execution. 最大数は 64 プロセッサです。The maximum is 64 processors.

max_degree_of_parallelism は次のように指定できます。max_degree_of_parallelism can be:

  • 1 - 並列プラン生成を抑制します。1 - Suppresses parallel plan generation.
  • >1 - 並列インデックス操作で使用される最大プロセッサ数を、指定した数に制限します。>1 - Restricts the maximum number of processors used in a parallel index operation to the specified number.
  • 0 (既定値) - 実際のプロセッサの数を使用または現在のシステム ワークロードに基づいて少なくします。0 (default) - Uses the actual number of processors or fewer based on the current system workload.

詳細については、「 並列インデックス操作の構成」を参照してください。For more information, see Configure Parallel Index Operations.

注意

並列インデックス操作は、MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server のすべてのエディションで使用できるわけではありません。Parallel index operations are not available in every edition of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. SQL ServerSQL Serverの各エディションでサポートされる機能の一覧については、「 SQL Server 2016 の各エディションがサポートする機能」を参照してください。For a list of features that are supported by the editions of SQL ServerSQL Server, see Features Supported by the Editions of SQL Server 2016.

DATA_COMPRESSIONDATA_COMPRESSION
適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

指定したテーブル、パーティション番号、またはパーティション範囲に、データ圧縮オプションを指定します。Specifies the data compression option for the specified table, partition number, or range of partitions. 次のオプションがあります。The options are as follows:

なしNONE
テーブルまたは指定したパーティションが圧縮されません。Table or specified partitions are not compressed. 行ストア テーブルにのみ適用され、列ストア テーブルには適用されません。Applies only to rowstore tables; does not apply to columnstore tables.

ROWROW
行の圧縮を使用して、テーブルまたは指定したパーティションが圧縮されます。Table or specified partitions are compressed by using row compression. 行ストア テーブルにのみ適用され、列ストア テーブルには適用されません。Applies only to rowstore tables; does not apply to columnstore tables.

PAGEPAGE
ページの圧縮を使用して、テーブルまたは指定したパーティションが圧縮されます。Table or specified partitions are compressed by using page compression. 行ストア テーブルにのみ適用され、列ストア テーブルには適用されません。Applies only to rowstore tables; does not apply to columnstore tables.

COLUMNSTORECOLUMNSTORE
適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

列ストア テーブルにのみ適用されます。Applies only to columnstore tables. COLUMNSTORE は、COLUMNSTORE_ARCHIVE オプションで圧縮されたパーティションを解凍するように指定します。COLUMNSTORE specifies to decompress a partition that was compressed with the COLUMNSTORE_ARCHIVE option. データが復元されると、COLUMNSTORE インデックスはすべての列ストア テーブルに使用された列ストア圧縮を使用して引き続き圧縮されます。When the data is restored, the COLUMNSTORE index continues to be compressed with the columnstore compression that is used for all columnstore tables.

COLUMNSTORE_ARCHIVECOLUMNSTORE_ARCHIVE
適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

クラスター化列ストア インデックスを使用して格納されているテーブルである、列ストア テーブルのみに適用されます。Applies only to columnstore tables, which are tables stored with a clustered columnstore index. COLUMNSTORE_ARCHIVE は、指定したパーティションをより小さなサイズにさらに圧縮します。COLUMNSTORE_ARCHIVE further compresses the specified partition to a smaller size. これは、保存用や、ストレージの使用量を減らす必要があり、しかも保存と取得に時間をかける余裕があるその他の状況で使用できます。This can be used for archival, or for other situations that require less storage and can afford more time for storage and retrieval

圧縮の詳細については、「データ圧縮」を参照してください。For more information about compression, see Data Compression.

ON PARTITIONS ( { <partition_number_expression> | <range> } [ , ...n ] ) 適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008SQL Server 2017SQL Server 2017.ON PARTITIONS ( { <partition_number_expression> | <range> } [ ,...n ] ) Applies to: SQL Server 2008SQL Server 2008 through SQL Server 2017SQL Server 2017.

DATA_COMPRESSION 設定を適用するパーティションを指定します。Specifies the partitions to which the DATA_COMPRESSION setting applies. テーブルがパーティション分割されていない場合に ON PARTITIONS 引数を使用すると、エラーが発生します。If the table is not partitioned, the ON PARTITIONS argument generates an error. ON PARTITIONS 句を指定しないと、パーティション テーブルのすべてのパーティションに対して DATA_COMPRESSION オプションが適用されます。If the ON PARTITIONS clause is not provided, the DATA_COMPRESSION option applies to all partitions of a partitioned table.

<partition_number_expression> は以下の方法で指定できます。<partition_number_expression> can be specified in the following ways:

  • たとえば次のようにパーティション番号を指定します。ON PARTITIONS (2)。Provide the number a partition, for example: ON PARTITIONS (2).
  • コンマで区切った複数の個別のパーティションのパーティション番号を指定します。たとえば次のとおりです。ON PARTITIONS (1, 5)。Provide the partition numbers for several individual partitions separated by commas, for example: ON PARTITIONS (1, 5).
  • 範囲と個別のパーティションの両方を指定します。たとえば次のとおりです。ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8)。Provide both ranges and individual partitions, for example: ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8).

<範囲> はパーティション番号として、TO で区切って指定できます。たとえば次のとおりです。ON PARTITIONS (6 TO 8)。<range> can be specified as partition numbers separated by the word TO, for example: ON PARTITIONS (6 TO 8).

さまざまなパーティションにさまざまな種類のデータ圧縮を設定するには、DATA_COMPRESSION オプションを複数回指定します。例:To set different types of data compression for different partitions, specify the DATA_COMPRESSION option more than once, for example:

--For rowstore tables  
REBUILD WITH   
(  
DATA_COMPRESSION = NONE ON PARTITIONS (1),   
DATA_COMPRESSION = ROW ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8),   
DATA_COMPRESSION = PAGE ON PARTITIONS (3, 5)  
)  
  
--For columnstore tables  
REBUILD WITH   
(  
DATA_COMPRESSION = COLUMNSTORE ON PARTITIONS (1, 3, 5),   
DATA_COMPRESSION = COLUMNSTORE_ARCHIVE ON PARTITIONS (2, 4, 6 TO 8)  
)  

<single_partition_rebuild__option><single_partition_rebuild__option>
ほとんどの場合、インデックスの再構築では、パーティション インデックスのすべてのパーティションを再構築します。In most cases, rebuilding an index rebuilds all partitions of a partitioned index. 次のオプションを 1 つのパーティションに適用した場合は、すべてのパーティションの再構築は行われません。The following options, when applied to a single partition, do not rebuild all partitions.

  • SORT_IN_TEMPDBSORT_IN_TEMPDB
  • MAXDOPMAXDOP
  • DATA_COMPRESSIONDATA_COMPRESSION

low_priority_lock_waitlow_priority_lock_wait
適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

このテーブルに対するブロック操作がなくなるとすぐに、SWITCH またはオンライン インデックス再構築が完了します。A SWITCH or online index rebuild completes as soon as there are no blocking operations for this table. WAIT_AT_LOW_PRIORITY は、SWITCH またはオンライン インデックス再構築の操作が直ちに完了できない場合は待機することを示します。WAIT_AT_LOW_PRIORITY indicates that if the SWITCH or online index rebuild operation cannot be completed immediately, it waits. この操作は優先度の低いロックを保持し、DDL ステートメントと競合するロックを保持する他の操作が続行できるようにします。The operation holds low priority locks, allowing other operations that hold locks conflicting with the DDL statement to proceed. WAIT AT LOW PRIORITY オプションを省略すると、WAIT_AT_LOW_PRIORITY ( MAX_DURATION = 0 minutes, ABORT_AFTER_WAIT = NONE) と同等になります。Omitting the WAIT AT LOW PRIORITY option is equivalent to WAIT_AT_LOW_PRIORITY ( MAX_DURATION = 0 minutes, ABORT_AFTER_WAIT = NONE).

MAX_DURATION = time [MINUTES]MAX_DURATION = time [MINUTES ]
取得する必要がある、SWITCH またはオンライン インデックス再構築のロックが、DDL コマンドの実行時に待機する時間 (分単位で指定される整数値) です。The wait time (an integer value specified in minutes) that the SWITCH or online index rebuild lock that must be acquired, waits when executing the DDL command. スイッチまたはオンライン インデックス再構築の操作は、直ちに完了しようとします。The SWITCH or online index rebuild operation attempts to complete immediately. 操作が MAX_DURATION の期間ブロックされると、ABORT_AFTER_WAIT アクションのいずれかが実行されます。If the operation is blocked for the MAX_DURATION time, one of the ABORT_AFTER_WAIT actions is executed. MAX_DURATION の期間は常に分単位なので、MINUTES という単語は省略できます。MAX_DURATION time is always in minutes, and the word MINUTES can be omitted.

ABORT_AFTER_WAIT = [NONE | SELF | BLOCKERS } ]ABORT_AFTER_WAIT = [NONE | SELF | BLOCKERS } ]
なしNONE
ロックの優先順位を変更せずに (通常の優先順位を使用して)、SWITCH またはオンライン インデックス再構築の操作を続行します。Continues the SWITCH or online index rebuild operation without changing the lock priority (using regular priority).

SELFSELF
いずれのアクションも行わずに、現在実行中の SWITCH またはオンライン インデックス再構築の DDL 操作を終了します。Exits the SWITCH or online index rebuild DDL operation currently being executed without taking any action.

BLOCKERSBLOCKERS
現在 SWITCH またはオンライン インデックス再構築の DDL 操作をブロックしているすべてのユーザー トランザクションを強制終了して、操作を続行できるようにします。Kills all user transactions that block currently the SWITCH or online index rebuild DDL operation so that the operation can continue.
BLOCKERS には ALTER ANY CONNECTION 権限が必要です。BLOCKERS requires the ALTER ANY CONNECTION permission.

RemarksRemarks

インデックスのオプションについて詳しくは、「CREATE INDEX (Transact-SQL)」をご覧ください。For a complete description of index options, see CREATE INDEX (Transact-SQL).

参照See Also

ALTER TABLE (Transact-SQL) ALTER TABLE (Transact-SQL)
column_constraint (Transact-SQL) column_constraint (Transact-SQL)
computed_column_definition (Transact-SQL) computed_column_definition (Transact-SQL)
table_constraint (Transact-SQL)table_constraint (Transact-SQL)