CREATE STATISTICS (Transact-SQL)CREATE STATISTICS (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

テーブル、インデックス付きビュー、または、外部テーブルの 1 つまたは複数の列に関するクエリ最適化の統計を作成します。Creates query optimization statistics on one or more columns of a table, an indexed view, or an external table. ほとんどのクエリでは、高品質のクエリ プランに必要な統計がクエリ オプティマイザーによって既に生成されていますが、クエリのパフォーマンスを向上させるために CREATE STATISTICS で追加の統計を作成したりクエリのデザインを変更したりする必要がある場合もあります。For most queries, the query optimizer already generates the necessary statistics for a high-quality query plan; in a few cases, you need to create additional statistics with CREATE STATISTICS or modify the query design to improve query performance.

詳しくは、「統計」をご覧ください。To learn more, see Statistics.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

-- Syntax for SQL Server and Azure SQL Database  
  
-- Create statistics on an external table  
CREATE STATISTICS statistics_name   
ON { table_or_indexed_view_name } ( column [ ,...n ] )   
    [ WITH FULLSCAN ] ;  
  
-- Create statistics on a regular table or indexed view  
CREATE STATISTICS statistics_name   
ON { table_or_indexed_view_name } ( column [ ,...n ] )   
    [ WHERE <filter_predicate> ]  
    [ WITH   
        [ [ FULLSCAN   
            [ [ , ] PERSIST_SAMPLE_PERCENT = { ON | OFF } ]    
          | SAMPLE number { PERCENT | ROWS }   
            [ [ , ] PERSIST_SAMPLE_PERCENT = { ON | OFF } ]    
          | <update_stats_stream_option> [ ,...n ]    
        [ [ , ] NORECOMPUTE ]   
        [ [ , ] INCREMENTAL = { ON | OFF } ] 
        [ [ , ] MAXDOP = max_degree_of_parallelism ]
    ] ;  
  
<filter_predicate> ::=   
    <conjunct> [AND <conjunct>]  
  
<conjunct> ::=  
    <disjunct> | <comparison>  
  
<disjunct> ::=  
        column_name IN (constant ,...)  
  
<comparison> ::=  
        column_name <comparison_op> constant  
  
<comparison_op> ::=  
    IS | IS NOT | = | <> | != | > | >= | !> | < | <= | !<  
    
<update_stats_stream_option> ::=  
    [ STATS_STREAM = stats_stream ]  
    [ ROWCOUNT = numeric_constant ]  
    [ PAGECOUNT = numeric_contant ] 
-- Syntax for Azure SQL Data Warehouse and Parallel Data Warehouse  
  
CREATE STATISTICS statistics_name   
    ON { database_name.schema_name.table_name | schema_name.table_name | table_name }
    ( column_name  [ ,...n ] )   
    [ WHERE <filter_predicate> ]  
    [ WITH {  
           FULLSCAN   
           | SAMPLE number PERCENT   
      }  
    ]  
[;]  
  
<filter_predicate> ::=   
    <conjunct> [AND <conjunct>]  
  
<conjunct> ::=  
    <disjunct> | <comparison>  
  
<disjunct> ::=  
        column_name IN (constant ,...)  
  
<comparison> ::=  
        column_name <comparison_op> constant  
  
<comparison_op> ::=  
    IS | IS NOT | = | <> | != | > | >= | !> | < | <= | !<  

引数Arguments

statistics_namestatistics_name
作成する統計の名前です。Is the name of the statistics to create.

table_or_indexed_view_nametable_or_indexed_view_name
統計を作成するテーブル、インデックス付きビュー、または外部テーブルの名前です。Is the name of the table, indexed view, or external table on which to create the statistics. 別のデータベースの統計を作成するには、修飾テーブル名を指定します。To create statistics on another database, specify a qualified table name.

column [ ,...n]column [ ,...n]
統計に含める 1 つまたは複数の列。One or more columns to be included in the statistics. 列は、左から右への優先順位にする必要があります。The columns should be in priority order from left to right. ヒストグラムの作成には最初の列のみが使用されます。Only the first column is used for creating the histogram. すべての列は、密度と呼ばれる列間の相関統計に使用されます。All columns are used for cross-column correlation statistics called densities.

インデックス キー列として指定できる任意の列を指定できますが、次の例外があります。You can specify any column that can be specified as an index key column with the following exceptions:

  • Xml 列、フルテキスト列、FILESTREAM 列は指定できません。Xml, full-text, and FILESTREAM columns cannot be specified.

  • 計算列は、データベース設定の ARITHABORT と QUOTED_IDENTIFIER が ON に設定されている場合にのみ指定できます。Computed columns can be specified only if the ARITHABORT and QUOTED_IDENTIFIER database settings are ON.

  • CLR ユーザー定義型の列は、データ型でバイナリ順がサポートされている場合に指定できます。CLR user-defined type columns can be specified if the type supports binary ordering. ユーザー定義型列のメソッド呼び出しとして定義されている計算列は、メソッドが決定的とマークされている場合に指定できます。Computed columns defined as method invocations of a user-defined type column can be specified if the methods are marked deterministic.

WHERE <filter_predicate> は、統計オブジェクトを作成するときに含める行のサブセットを選択するための式を指定します。WHERE <filter_predicate> Specifies an expression for selecting a subset of rows to include when creating the statistics object. フィルター述語を使用して作成された統計は、フィルター選択された統計情報と呼ばれます。Statistics that are created with a filter predicate are called filtered statistics. フィルター述語には単純な比較ロジックを使用するので、計算列、UDT 列、空間データ型列、または hierarchyID データ型列を参照することはできません。The filter predicate uses simple comparison logic and cannot reference a computed column, a UDT column, a spatial data type column, or a hierarchyID data type column. 比較演算子では、NULL リテラルを使用する比較を実行できません。Comparisons using NULL literals are not allowed with the comparison operators. 代わりに、IS NULL 演算子と IS NOT NULL 演算子を使用します。Use the IS NULL and IS NOT NULL operators instead.

次に、Production.BillOfMaterials テーブルのフィルター述語の例をいくつか示します。Here are some examples of filter predicates for the Production.BillOfMaterials table:

  • WHERE StartDate > '20000101' AND EndDate <= '20000630'

  • WHERE ComponentID IN (533, 324, 753)

  • WHERE StartDate IN ('20000404', '20000905') AND EndDate IS NOT NULL

フィルター述語について詳しくは、「フィルター選択されたインデックスの作成」をご覧ください。For more information about filter predicates, see Create Filtered Indexes.

FULLSCANFULLSCAN
すべての行をスキャンして統計を計算します。Compute statistics by scanning all rows. FULLSCAN と SAMPLE 100 PERCENT は同じ結果になります。FULLSCAN and SAMPLE 100 PERCENT have the same results. SAMPLE オプションには FULLSCAN を使用できません。FULLSCAN cannot be used with the SAMPLE option.

省略すると、SQL Server ではサンプリングを使用して統計が作成され、高品質のクエリ プランを作成するために必要なサンプル サイズが決定されます。When omitted, SQL Server uses sampling to create the statistics, and determines the sample size that is required to create a high quality query plan

SAMPLE number { PERCENT | ROWS }SAMPLE number { PERCENT | ROWS }
テーブルやインデックス付きビューに含まれている行について、クエリ オプティマイザーで統計を作成する際に使用するおおよその割合または数を指定します。Specifies the approximate percentage or number of rows in the table or indexed view for the query optimizer to use when it creates statistics. PERCENT の場合、number には 0 ~ 100 を指定します。ROWS の場合、number には 0 ~合計行数を指定します。For PERCENT, number can be from 0 through 100 and for ROWS, number can be from 0 to the total number of rows. クエリ オプティマイザーによってサンプリングされる行の実際の割合や行数が、指定した割合や行数と一致しない場合もあります。The actual percentage or number of rows the query optimizer samples might not match the percentage or number specified. たとえば、データ ページではすべての行がスキャンされます。For example, the query optimizer scans all rows on a data page.

SAMPLE は、既定のサンプリングに基づくクエリ プランが最適ではない特殊な場合に使用できます。SAMPLE is useful for special cases in which the query plan, based on default sampling, is not optimal. クエリ オプティマイザーによって既にサンプリングが使用され、既定で統計的に有意なサンプル サイズが決定されるため、ほとんどの場合は SAMPLE を指定する必要がありませんが、高品質のクエリ プランを作成する場合は必要です。In most situations, it is not necessary to specify SAMPLE because the query optimizer already uses sampling and determines the statistically significant sample size by default, as required to create high-quality query plans.

FULLSCAN オプションには SAMPLE を使用できません。SAMPLE cannot be used with the FULLSCAN option. SAMPLE も FULLSCAN も指定しない場合、既定でサンプリングしたデータが使用され、サンプル サイズが計算されます。When neither SAMPLE nor FULLSCAN is specified, the query optimizer uses sampled data and computes the sample size by default.

0 PERCENT や 0 ROWS を指定することはお勧めしません。We recommend against specifying 0 PERCENT or 0 ROWS. 0 PERCENT または 0 ROWS を指定した場合、統計オブジェクトは作成されますが、統計データは含まれません。When 0 PERCENT or ROWS is specified, the statistics object is created but does not contain statistics data.

PERSIST_SAMPLE_PERCENT = { ON | OFF }PERSIST_SAMPLE_PERCENT = { ON | OFF }
ON の場合、統計では、サンプリング率が明示的に指定されていない後続の更新の作成サンプリング率が保持されます。When ON, the statistics will retain the creation sampling percentage for subsequent updates that do not explicitly specify a sampling percentage. OFF の場合、統計サンプリング率は、サンプリング率が明示的に指定されていない後続の更新で既定のサンプリングにリセットされます。When OFF, statistics sampling percentage will get reset to default sampling in subsequent updates that do not explicitly specify a sampling percentage. 既定値は OFF です。The default is OFF.

適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP1 CU4 以降) から SQL Server 2017SQL Server 2017 (SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) CU1 以降)。Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) (starting with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP1 CU4) through SQL Server 2017SQL Server 2017 (starting with SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) CU1).

STATS_STREAM = stats_streamSTATS_STREAM =stats_stream

単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.

NORECOMPUTENORECOMPUTE
statistics_name の自動統計更新オプション (AUTO_STATISTICS_UPDATE) を無効にします。Disable the automatic statistics update option, AUTO_STATISTICS_UPDATE, for statistics_name. このオプションを指定すると、statistics_name の進行中の更新は最後まで実行され、その後の更新が無効になります。If this option is specified, the query optimizer will complete any in-progress statistics updates for statistics_name and disable future updates.

統計の更新を再有効化するには、DROP STATISTICS で統計を削除してから、NORECOMPUTE オプションを指定せずに CREATE STATISTICS を実行します。To re-enable statistics updates, remove the statistics with DROP STATISTICS and then run CREATE STATISTICS without the NORECOMPUTE option.

警告

このオプションを使用すると、最適ではないクエリ プランが作成されることがあります。Using this option can produce suboptimal query plans. このオプションは慎重に使用してください。特に、資格のあるシステム管理者だけが使用することをお勧めします。We recommend using this option sparingly, and then only by a qualified system administrator.

AUTO_STATISTICS_UPDATE オプションについて詳しくは、「ALTER DATABASE の SET オプション (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information about the AUTO_STATISTICS_UPDATE option, see ALTER DATABASE SET Options (Transact-SQL). 統計の更新の無効化および再有効化について詳しくは、「統計」をご覧ください。For more information about disabling and re-enabling statistics updates, see Statistics.

INCREMENTAL = { ON | OFF }INCREMENTAL = { ON | OFF }
ON の場合、作成される統計はパーティションごとの統計です。When ON, the statistics created are per partition statistics. OFF の場合、すべてのパーティションの統計が結合されます。When OFF, stats are combined for all partitions. 既定値は OFF です。The default is OFF.

パーティションごとの統計がサポートされていない場合は、エラーが生成されます。If per partition statistics are not supported an error is generated. 次の種類の統計では、増分統計がサポートされていません。Incremental stats are not supported for following statistics types:

  • ベース テーブルにパーティションで固定されていないインデックスを使用して作成された統計。Statistics created with indexes that are not partition-aligned with the base table.
  • Always On の読み取り可能なセカンダリ データベースに対して作成された統計。Statistics created on Always On readable secondary databases.
  • 読み取り専用のデータベースに対して作成された統計。Statistics created on read-only databases.
  • フィルター選択されたインデックスに対して作成された統計。Statistics created on filtered indexes.
  • ビューに対して作成された統計。Statistics created on views.
  • 内部テーブルに対して作成された統計。Statistics created on internal tables.
  • 空間インデックスまたは XML インデックスを使用して作成された統計。Statistics created with spatial indexes or XML indexes.

適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) から SQL Server 2017SQL Server 2017Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) through SQL Server 2017SQL Server 2017.

MAXDOP = max_degree_of_parallelismMAXDOP = max_degree_of_parallelism
適用対象:SQL ServerSQL Server (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2 および SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) CU3 以降)。Applies to: SQL ServerSQL Server (Starting with SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) SP2 and SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) CU3).

統計操作の間、max degree of parallelism 構成オプションをオーバーライドします。Overrides the max degree of parallelism configuration option for the duration of the statistic operation. 詳細については、「 max degree of parallelism サーバー構成オプションの構成」を参照してください。For more information, see Configure the max degree of parallelism Server Configuration Option. 並列プランの実行で使用されるプロセッサ数を制限するには、MAXDOP を使用します。Use MAXDOP to limit the number of processors used in a parallel plan execution. 最大数は 64 プロセッサです。The maximum is 64 processors.

max_degree_of_parallelism は次のように指定できます。max_degree_of_parallelism can be:

11
並列プラン生成を抑制します。Suppresses parallel plan generation.

>1>1
現在のシステム ワークロードに基づいて、並列統計操作で使用される最大プロセッサ数を指定の数以下に制限します。Restricts the maximum number of processors used in a parallel statistic operation to the specified number or fewer based on the current system workload.

0 (既定値)0 (default)
現在のシステム ワークロードに基づいて、実際の数以下のプロセッサを使用します。Uses the actual number of processors or fewer based on the current system workload.

<update_stats_stream_option> 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.<update_stats_stream_option> 単に情報を示すためだけに特定されます。Identified for informational purposes only. サポートされていません。Not supported. 将来の互換性は保証されません。Future compatibility is not guaranteed.

アクセス許可Permissions

これらのアクセス許可のいずれかが必要です。Requires one of these permissions:

  • ALTER TABLEALTER TABLE
  • ユーザーがテーブルの所有者ですUser is the table owner
  • db_ddladmin 固定データベース ロールのメンバーシップMembership in the db_ddladmin fixed database role

全般的な解説General Remarks

SQL ServerSQL Server 統計を構築する前に、サンプリングされた行を並べ替えるには、tempdb を使用できます。can use tempdb to sort the sampled rows before building statistics.

外部テーブルの統計Statistics for external tables

外部テーブルの統計を作成するときに SQL ServerSQL Server 、一時的なに外部テーブル インポート SQL ServerSQL Server テーブル、および統計を作成します。When creating external table statistics, SQL ServerSQL Server imports the external table into a temporary SQL ServerSQL Server table, and then creates the statistics. サンプルの統計の場合は、サンプリングされた行のみがインポートされます。For samples statistics, only the sampled rows are imported. 大きな外部テーブルがある場合は、フル スキャン オプションではなく既定のサンプリングを使用する方がはるかに高速です。If you have a large external table, it will be much faster to use the default sampling instead of the full scan option.

条件がフィルター選択された統計情報Statistics with a filtered condition

適切に定義されたデータのサブセットから選択するクエリでは、フィルター選択された統計情報を使用するとクエリのパフォーマンスを向上させることができます。Filtered statistics can improve query performance for queries that select from well-defined subsets of data. フィルター選択された統計情報では、統計情報に含まれるデータのサブセットを選択するために WHERE 句でフィルター述語を使用します。Filtered statistics use a filter predicate in the WHERE clause to select the subset of data that is included in the statistics.

CREATE STATISTICS を使用する場合When to Use CREATE STATISTICS

CREATE STATISTICS を使用する場合について詳しくは、「統計」をご覧ください。For more information about when to use CREATE STATISTICS, see Statistics.

フィルター選択された統計情報の参照による依存関係Referencing Dependencies for Filtered Statistics

sys.sql_expression_dependencies カタログ ビューでは、フィルター選択された統計情報の述語の各列を、参照による依存関係として追跡します。The sys.sql_expression_dependencies catalog view tracks each column in the filtered statistics predicate as a referencing dependency. フィルター選択された統計情報の述語で定義されているテーブル列の定義を削除、名前変更、または変更することはできないので、フィルター選択された統計情報を作成する前に、テーブル列で実行する操作を検討してください。Consider the operations that you perform on table columns before creating filtered statistics because you cannot drop, rename, or alter the definition of a table column that is defined in a filtered statistics predicate.

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • テーブルの外部では、統計を更新することはできません。Updating statistics is not supported on external tables. 外部テーブルの統計を更新するには、統計を削除して再作成します。To update statistics on an external table, drop and re-create the statistics.
  • 統計オブジェクトごとに最大 64 列の一覧を取得できます。You can list up to 64 columns per statistics object.
  • MAXDOP オプションは、STATS_STREAM、ROWCOUNT、PAGECOUNT オプションと互換性がありません。The MAXDOP option is not compatible with STATS_STREAM, ROWCOUNT and PAGECOUNT options.
  • MAXDOP オプションは、Resource Governor ワークロード グループの MAX_DOP の設定によって制限されます (使用されている場合)。The MAXDOP option is limited by the Resource Governor workload group MAX_DOP setting, if used.

使用例Examples

使用例では、AdventureWorks データベースを使用します。Examples use the AdventureWorks database.

A.A. CREATE STATISTICS を SAMPLE number PERCENT と共に使用するUsing CREATE STATISTICS with SAMPLE number PERCENT

次の例では、AdventureWorks2012AdventureWorks2012 データベースの Person テーブルにある BusinessEntityID 列と EmailPromotion 列の 5% のランダムなサンプルを使用して、ContactMail1 統計情報を作成します。The following example creates the ContactMail1 statistics, using a random sample of 5 percent of the BusinessEntityID and EmailPromotion columns of the Person table of the AdventureWorks2012AdventureWorks2012 database.

CREATE STATISTICS ContactMail1  
    ON Person.Person (BusinessEntityID, EmailPromotion)  
    WITH SAMPLE 5 PERCENT;  

B.B. CREATE STATISTICS を FULLSCAN および NORECOMPUTE と共に使用するUsing CREATE STATISTICS with FULLSCAN and NORECOMPUTE

次の例では、NamePurchase テーブルの BusinessEntityID 列と EmailPromotion 列のすべての行を対象に、Person 統計情報を作成し、統計の自動再計算を無効にします。The following example creates the NamePurchase statistics for all rows in the BusinessEntityID and EmailPromotion columns of the Person table and disables automatic recomputing of statistics.

CREATE STATISTICS NamePurchase  
    ON AdventureWorks2012.Person.Person (BusinessEntityID, EmailPromotion)  
    WITH FULLSCAN, NORECOMPUTE;  

C.C. CREATE STATISTICS を使用してフィルター選択された統計情報を作成するUsing CREATE STATISTICS to create filtered statistics

次の例では、フィルター選択された統計情報 ContactPromotion1 を作成します。The following example creates the filtered statistics ContactPromotion1. データベース エンジンDatabase Engineによってデータの 50% がサンプリングされた後、EmailPromotion が 2 に等しい行が選択されます。The データベース エンジンDatabase Engine samples 50 percent of the data and then selects the rows with EmailPromotion equal to 2.

CREATE STATISTICS ContactPromotion1  
    ON Person.Person (BusinessEntityID, LastName, EmailPromotion)  
WHERE EmailPromotion = 2  
WITH SAMPLE 50 PERCENT;  
GO  

D.D. 外部テーブルの統計を作成するCreate statistics on an external table

列の一覧を指定する以外に、外部テーブルの統計を作成するときに必要な決定事項は、統計を作成する際に行をサンプリングするか、すべての行をスキャンするかという点のみです。The only decision you need to make when you create statistics on an external table, besides providing the list of columns, is whether to create the statistics by sampling the rows or by scanning all of the rows.

SQL ServerSQL Server フル スキャンのオプション、統計を作成するを一時テーブルに外部テーブルからデータをインポートがかなり長くかかります。Since SQL ServerSQL Server imports data from the external table into a temporary table to create statistics, the full scan option will take much longer. 大きなテーブルの場合、通常は既定のサンプリング方法で十分です。For a large table, the default sampling method is usually sufficient.

--Create statistics on an external table and use default sampling.  
CREATE STATISTICS CustomerStats1 ON DimCustomer (CustomerKey, EmailAddress);  
  
--Create statistics on an external table and scan all the rows  
CREATE STATISTICS CustomerStats1 ON DimCustomer (CustomerKey, EmailAddress) WITH FULLSCAN;  

E.E. CREATE STATISTICS を FULLSCAN および PERSIST_SAMPLE_PERCENT と共に使用するUsing CREATE STATISTICS with FULLSCAN and PERSIST_SAMPLE_PERCENT  

次の例では、Person テーブルの BusinessEntityID 列と EmailPromotion 列のすべての行について NamePurchase 統計を作成し、サンプリング率を明示的に指定しない後続のすべての更新について 100 パーセントのサンプリング率を設定します。The following example creates the NamePurchase statistics for all rows in the BusinessEntityID and EmailPromotion columns of the Person table and sets a 100 percent sampling percentage for all subsequent updates that do not explicitly specify a sampling percentage.  

CREATE STATISTICS NamePurchase  
    ON AdventureWorks2012.Person.Person (BusinessEntityID, EmailPromotion)  
    WITH FULLSCAN, PERSIST_SAMPLE_PERCENT = ON;  
```  
  
### Examples using AdventureWorksDW database. 
  
### F. Create statistics on two columns  
 The following example creates the `CustomerStats1` statistics, based on the `CustomerKey` and `EmailAddress` columns of the `DimCustomer` table. The statistics are created based on a statistically significant sampling of the rows in the `Customer` table.  
  
```sql  
CREATE STATISTICS CustomerStats1 ON DimCustomer (CustomerKey, EmailAddress);  

G.G. フル スキャンを使用して統計を作成するCreate statistics by using a full scan

次の例では、DimCustomer テーブルのすべての行のスキャンに基づいて CustomerStatsFullScan 統計を作成します。The following example creates the CustomerStatsFullScan statistics, based on scanning all of the rows in the DimCustomer table.

CREATE STATISTICS CustomerStatsFullScan 
ON DimCustomer (CustomerKey, EmailAddress) WITH FULLSCAN;  

H.H. サンプル率を指定して統計を作成するCreate statistics by specifying the sample percentage

次の例では、DimCustomer テーブルの行の 50 パーセントのスキャンに基づいて CustomerStatsSampleScan 統計を作成します。The following example creates the CustomerStatsSampleScan statistics, based on scanning 50 percent of the rows in the DimCustomer table.

CREATE STATISTICS CustomerStatsSampleScan 
ON DimCustomer (CustomerKey, EmailAddress) WITH SAMPLE 50 PERCENT;  

参照See Also

統計 Statistics
UPDATE STATISTICS (Transact-SQL) UPDATE STATISTICS (Transact-SQL)
sp_updatestats (Transact-SQL) sp_updatestats (Transact-SQL)
DBCC SHOW_STATISTICS (Transact-SQL) DBCC SHOW_STATISTICS (Transact-SQL)
DROP STATISTICS (Transact-SQL) DROP STATISTICS (Transact-SQL)
sys.stats (Transact-SQL) sys.stats (Transact-SQL)
sys.stats_columns (Transact-SQL)sys.stats_columns (Transact-SQL)