DROP RESOURCE POOL (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

ユーザー定義の Resource Governor リソース プールを削除します。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

DROP RESOURCE POOL pool_name  
[ ; ]  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

pool_name
既存のユーザー定義のリソース プールの名前を指定します。

解説

ワークロード グループが含まれている場合は、リソース プールを削除できません。

リソース ガバナーの既定のプールや内部プールを削除することはできません。

DDL ステートメントを実行する場合、Resource Governor の状態について詳しく理解しておくことをお勧めします。 詳細については、「リソース ガバナー」を参照してください。

アクセス許可

CONTROL SERVER 権限が必要です。

次の例では、big_pool というリソース プールを削除します。

DROP RESOURCE POOL big_pool;  
GO  
ALTER RESOURCE GOVERNOR RECONFIGURE;  
GO  

参照

リソース ガバナー
CREATE RESOURCE POOL (Transact-SQL)
ALTER RESOURCE POOL (Transact-SQL)
CREATE WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)
ALTER WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)
DROP WORKLOAD GROUP (Transact-SQL)
ALTER RESOURCE GOVERNOR (Transact-SQL)