DROP SECURITY POLICY (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server 2016 (13.x) 以降 はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance

セキュリティ ポリシーを削除します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

DROP SECURITY POLICY [ IF EXISTS ] [schema_name. ] security_policy_name    
[;]  

引数

IF EXISTS
適用対象: SQL Server (SQL Server 2016 (13.x) から 現在のバージョンまで)。

条件付きでは既に存在する場合にのみ、セキュリティ ポリシーを削除します。

schema_name
セキュリティ ポリシーが属するスキーマの名前。

security_policy_name
セキュリティ ポリシーの名前。 セキュリティ ポリシー名は識別子のルールに準拠し、データベースおよびそのスキーマで一意でなければなりません。

解説

アクセス許可

スキーマに対する ALTER ANY SECURITY POLICY 権限と ALTER 権限が必要です。

DROP SECURITY POLICY secPolicy;  

参照

行レベルのセキュリティ
CREATE SECURITY POLICY (Transact-SQL)
ALTER SECURITY POLICY (Transact-SQL)
sys.security_policies (Transact-SQL)
sys.security_predicates (Transact-SQL)