DROP SERVER AUDIT SPECIFICATION (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

SQL Server Audit 機能を使用して、サーバー監査仕様オブジェクトを削除します。 詳しくは、「SQL Server Audit (データベース エンジン)」を参照してください。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

DROP SERVER AUDIT SPECIFICATION audit_specification_name  
[ ; ]  

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

audit_specification_name
既存のサーバー監査仕様オブジェクトの名前。

解説

DROP SERVER AUDIT SPECIFICATION では、監査仕様のメタデータを削除しますが、DROP コマンドが発行される前に収集された監査データは削除されません。 サーバー監査仕様を削除するには、ALTER SERVER AUDIT SPECIFICATION を使って状態を OFF に設定しておく必要があります。

アクセス許可

ALTER ANY SERVER AUDIT 権限を持つユーザーは、サーバー監査仕様を削除できます。

次の例では、HIPAA_Audit_Specification というサーバー監査仕様を削除します。

DROP SERVER AUDIT SPECIFICATION HIPAA_Audit_Specification;  
GO  

監査を作成する方法の完全な例については、「SQL Server Audit (データベース エンジン)」をご覧ください。

関連項目

CREATE SERVER AUDIT (Transact-SQL)
ALTER SERVER AUDIT (Transact-SQL)
DROP SERVER AUDIT (Transact-SQL)
CREATE SERVER AUDIT SPECIFICATION (Transact-SQL)
ALTER SERVER AUDIT SPECIFICATION (Transact-SQL)
CREATE DATABASE AUDIT SPECIFICATION (Transact-SQL)
ALTER DATABASE AUDIT SPECIFICATION (Transact-SQL)
DROP DATABASE AUDIT SPECIFICATION (Transact-SQL)
ALTER AUTHORIZATION (Transact-SQL)
sys.fn_get_audit_file (Transact-SQL)
sys.server_audits (Transact-SQL)
sys.server_file_audits (Transact-SQL)
sys.server_audit_specifications (Transact-SQL)
sys.server_audit_specification_details (Transact-SQL)
sys.database_audit_specifications (Transact-SQL)
sys.database_audit_specification_details (Transact-SQL)
sys.dm_server_audit_status (Transact-SQL)
sys.dm_audit_actions (Transact-SQL)
sys.dm_audit_class_type_map (Transact-SQL)
サーバー監査およびサーバー監査の仕様を作成する