GRANT (データベースの権限の許可) (Transact-SQL)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance yesAzure Synapse Analytics yesAnalytics Platform System (PDW)

SQL Server のデータベースに対する権限を付与します。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文


GRANT <permission> [ ,...n ]
    TO <database_principal> [ ,...n ] [ WITH GRANT OPTION ]
    [ AS <database_principal> ]

<permission>::=
permission | ALL [ PRIVILEGES ]

<database_principal> ::=
    Database_user
  | Database_role
  | Application_role
  | Database_user_mapped_to_Windows_User
  | Database_user_mapped_to_Windows_Group
  | Database_user_mapped_to_certificate
  | Database_user_mapped_to_asymmetric_key
  | Database_user_with_no_login

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

permission: データベースで許可できる権限を指定します。 権限の一覧については、後の「解説」を参照してください。

ALL: このオプションに設定しても、可能な権限がすべて許可されるわけではありません。 ALL を指定すると、次のアクセス許可が許可されます。BACKUP DATABASE、BACKUP LOG、CREATE DEFAULT、CREATE FUNCTION、CREATE PROCEDURE、CREATE RULE、CREATE TABLE、CREATE VIEW。

PRIVILEGES: ANSI-92 準拠のために用意されています。 ALL の動作は変更されません。

WITH GRANT OPTION: 権限が許可されたプリンシパルが、この権限を他のプリンシパルにも許可できることを示します。

AS このクエリを実行するプリンシパルが権限を許可する権利の派生元のプリンシパルを指定します。

Database_user: データベース ユーザーを指定します。

Database_role: データベース ロールを指定します。

Application_role適用対象: SQL Server 2008 以降、SQL Database

アプリケーション ロールを指定します。

Database_user_mapped_to_Windows_User適用対象: SQL Server 2008 以降

Windows ユーザーにマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_mapped_to_Windows_Group適用対象: SQL Server 2008 以降

Windows グループにマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_mapped_to_certificate適用対象: SQL Server 2008 以降

証明書にマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_mapped_to_asymmetric_key適用対象: SQL Server 2008 以降

非対称キーにマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_with_no_login: 対応するサーバー レベルのプリンシパルがないデータベース ユーザーを指定します。

解説

重要

権限許可対象ユーザーは、ALTER 権限と REFERENCE 権限を組み合わせて使用することで、データを表示したり、許可されていない関数を実行できる場合があります。 次に例を示します。テーブルの ALTER 権限と関数の REFERENCE 権限を持つユーザーは、関数を介した計算列を作成して実行できます。 この場合、ユーザーには計算列の SELECT 権限も必要です。

データベースは、セキュリティ保護可能なリソースで、権限の階層で親となっているサーバーに含まれています。 次の表に、データベースで許可できる権限のうち最も限定的なものを、それらを暗黙的に含む一般的な権限と共に示します。

データベース権限 権限が含まれるデータベース権限 権限が含まれるサーバー権限
ADMINISTER DATABASE BULK OPERATIONS
適用対象: SQL Database。
CONTROL CONTROL SERVER
ALTER CONTROL ALTER ANY DATABASE
ALTER ANY APPLICATION ROLE ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY ASSEMBLY ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY ASYMMETRIC KEY ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY CERTIFICATE ALTER CONTROL SERVER
任意の列の暗号化キーを変更します。 ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY COLUMN MASTER KEY DEFINITION ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY CONTRACT ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY DATABASE AUDIT ALTER ALTER ANY SERVER AUDIT
ALTER ANY DATABASE DDL TRIGGER ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY DATABASE EVENT NOTIFICATION ALTER ALTER ANY EVENT NOTIFICATION
ALTER ANY DATABASE EVENT SESSION
適用対象: SQL Database。
ALTER ALTER ANY EVENT SESSION
ALTER ANY DATABASE SCOPED CONFIGURATION
適用対象: SQL Server 2016 (13.x) 以降、SQL Database。
CONTROL CONTROL SERVER
ALTER ANY DATASPACE ALTER CONTROL SERVER
すべての外部データ ソースを変更します。 ALTER CONTROL SERVER
任意の外部のファイル形式を変更します。 ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY EXTERNAL LIBRARY
適用対象: SQL Server 2017 (14.x)
CONTROL CONTROL SERVER
ALTER ANY FULLTEXT CATALOG ALTER CONTROL SERVER
任意のマスクを変更します。 CONTROL CONTROL SERVER
ALTER ANY MESSAGE TYPE ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY REMOTE SERVICE BINDING ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY ROLE ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY ROUTE ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY SCHEMA ALTER CONTROL SERVER
すべてのセキュリティ ポリシーを変更します。
適用対象: Azure SQL データベース
CONTROL CONTROL SERVER
ALTER ANY SENSITIVITY CLASSIFICATION
適用対象: SQL Server (SQL Server 2019 以降)、Azure SQL Database。
CONTROL CONTROL SERVER
ALTER ANY SERVICE ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY SYMMETRIC KEY ALTER CONTROL SERVER
ALTER ANY USER ALTER CONTROL SERVER
AUTHENTICATE CONTROL AUTHENTICATE SERVER
BACKUP DATABASE CONTROL CONTROL SERVER
BACKUP LOG CONTROL CONTROL SERVER
CHECKPOINT CONTROL CONTROL SERVER
CONNECT CONNECT REPLICATION CONTROL SERVER
CONNECT REPLICATION CONTROL CONTROL SERVER
CONTROL CONTROL CONTROL SERVER
CREATE AGGREGATE ALTER CONTROL SERVER
CREATE ANY EXTERNAL LIBRARY
適用対象: SQL Server 2017 (14.x)
CONTROL CONTROL SERVER
CREATE ASSEMBLY ALTER ANY ASSEMBLY CONTROL SERVER
CREATE ASYMMETRIC KEY ALTER ANY ASYMMETRIC KEY CONTROL SERVER
CREATE CERTIFICATE ALTER ANY CERTIFICATE CONTROL SERVER
CREATE CONTRACT ALTER ANY CONTRACT CONTROL SERVER
CREATE DATABASE CONTROL CREATE ANY DATABASE
CREATE DATABASE DDL EVENT NOTIFICATION ALTER ANY DATABASE EVENT NOTIFICATION CREATE DDL EVENT NOTIFICATION
CREATE DEFAULT ALTER CONTROL SERVER
CREATE FULLTEXT CATALOG ALTER ANY FULLTEXT CATALOG CONTROL SERVER
CREATE FUNCTION ALTER CONTROL SERVER
CREATE MESSAGE TYPE ALTER ANY MESSAGE TYPE CONTROL SERVER
CREATE PROCEDURE ALTER CONTROL SERVER
CREATE QUEUE ALTER CONTROL SERVER
CREATE REMOTE SERVICE BINDING ALTER ANY REMOTE SERVICE BINDING CONTROL SERVER
CREATE ROLE ALTER ANY ROLE CONTROL SERVER
CREATE ROUTE ALTER ANY ROUTE CONTROL SERVER
CREATE RULE ALTER CONTROL SERVER
CREATE SCHEMA ALTER ANY SCHEMA CONTROL SERVER
CREATE SERVICE ALTER ANY SERVICE CONTROL SERVER
CREATE SYMMETRIC KEY ALTER ANY SYMMETRIC KEY CONTROL SERVER
CREATE SYNONYM ALTER CONTROL SERVER
CREATE TABLE ALTER CONTROL SERVER
CREATE TYPE ALTER CONTROL SERVER
CREATE VIEW ALTER CONTROL SERVER
CREATE XML SCHEMA COLLECTION ALTER CONTROL SERVER
DELETE CONTROL CONTROL SERVER
EXECUTE CONTROL CONTROL SERVER
EXECUTE ANY EXTERNAL SCRIPT
適用対象: SQL Server 2016 (13.x)
CONTROL CONTROL SERVER
EXECUTE EXTERNAL SCRIPT
適用対象: SQL Server 2019 (15.x)。
EXECUTE ANY EXTERNAL SCRIPT CONTROL SERVER
INSERT CONTROL CONTROL SERVER
KILL DATABASE CONNECTION
適用対象: Azure SQL データベース
CONTROL ALTER ANY CONNECTION
REFERENCES CONTROL CONTROL SERVER
SELECT CONTROL CONTROL SERVER
SHOWPLAN CONTROL ALTER TRACE
SUBSCRIBE QUERY NOTIFICATIONS CONTROL CONTROL SERVER
TAKE OWNERSHIP CONTROL CONTROL SERVER
マスク解除します。 CONTROL CONTROL SERVER
UPDATE CONTROL CONTROL SERVER
列の暗号化キーの定義を表示します。 CONTROL VIEW ANY DEFINITION
任意の列のマスター_キーの定義の表示 CONTROL VIEW ANY DEFINITION
VIEW DATABASE STATE CONTROL VIEW SERVER STATE
VIEW DEFINITION CONTROL VIEW ANY DEFINITION

アクセス許可

権限の許可者 (または AS オプションで指定されたプリンシパル) は、GRANT OPTION によって与えられた権限を保持しているか、権限が暗黙的に与えられる上位の権限を保持している必要があります。

AS オプションを使用している場合は、次の追加要件があります。

AS granting_principal 必要な追加権限
データベース ユーザー ユーザーに対する IMPERSONATE 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
Windows ログインにマップされているデータベース ユーザー ユーザーに対する IMPERSONATE 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
Windows グループにマップされているデータベース ユーザー Windows グループのメンバーシップ、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
証明書にマップされているデータベース ユーザー db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
非対称キーにマップされているデータベース ユーザー db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
サーバー プリンシパルにマップされていないデータベース ユーザー ユーザーに対する IMPERSONATE 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
データベース ロール ロールに対する ALTER 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
アプリケーション ロール ロールに対する ALTER 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。

オブジェクトの所有者は、所有するオブジェクトの権限を許可できます。 セキュリティ保護可能なリソースに対して CONTROL 権限があるプリンシパルは、そのリソースの権限を許可できます。

sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーなど、CONTROL SERVER 権限が許可されているユーザーは、サーバー内のセキュリティ保護可能なリソースに対する権限を許可できます。

A. テーブルを作成する権限を許可する

次の例では、AdventureWorks データベースでの CREATE TABLE 権限を、ユーザー MelanieK に対して許可します。

USE AdventureWorks;
GRANT CREATE TABLE TO MelanieK;
GO

B. SHOWPLAN 権限をアプリケーション ロールに許可する

次の例では、AdventureWorks2012 データベースでの SHOWPLAN 権限を、アプリケーション ロール AuditMonitor に対して許可します。

適用対象: SQL Server 2008 以降、SQL Database

USE AdventureWorks2012;
GRANT SHOWPLAN TO AuditMonitor;
GO

C. GRANT OPTION を指定して CREATE VIEW 権限を許可する

次の例では、ユーザー CarmineEs に対して、AdventureWorks2012 データベースでの CREATE VIEW 権限を許可すると共に、他のプリンシパルに CREATE VIEW を許可する権利を与えます。

USE AdventureWorks2012;
GRANT CREATE VIEW TO CarmineEs WITH GRANT OPTION;
GO

D. データベース ユーザーに CONTROL 権限を許可する

次の例では、AdventureWorks2012 データベースでの CONTROL 権限を、データベース ユーザー Sarah に対して許可します。 ユーザーはデータベース内に存在する必要があり、コンテキストはデータベースに設定されている必要があります。

USE AdventureWorks2012;
GRANT CONTROL ON DATABASE::AdventureWorks2012 TO Sarah;
GO

参照