GRANT (対称キーの権限の許可) (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics

対称キーの権限を許可します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

注意

この構文は、Azure Synapse Analytics のサーバーレス SQL プールでサポートされていません。

構文

GRANT permission [ ,...n ]    
    ON SYMMETRIC KEY :: symmetric_key_name   
    TO <database_principal> [ ,...n ] [ WITH GRANT OPTION ]  
        [ AS <database_principal> ]   
  
<database_principal> ::=   
        Database_user   
    | Database_role   
    | Application_role   
    | Database_user_mapped_to_Windows_User   
    | Database_user_mapped_to_Windows_Group   
    | Database_user_mapped_to_certificate   
    | Database_user_mapped_to_asymmetric_key   
    | Database_user_with_no_login   

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

permission
対称キーで許可できる権限を指定します。 権限の一覧については、後の「解説」を参照してください。

ON SYMMETRIC KEY ::asymmetric_key_name
権限を許可する対称キーを指定します。 スコープ修飾子 (::) が必要です。

TO <database_principal>
権限を許可するプリンシパルを指定します。

WITH GRANT OPTION
権限が許可されたプリンシパルが、この権限を他のプリンシパルにも許可できることを示します。

AS <database_principal> このクエリを実行するプリンシパルが権限を許可する権利を取得した、元のプリンシパルを指定します。

Database_user
データベース ユーザーを指定します。

Database_role
データベース ロールを指定します。

Application_role
アプリケーション ロールを指定します。

Database_user_mapped_to_Windows_User
Windows ユーザーにマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_mapped_to_Windows_Group
Windows グループにマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_mapped_to_certificate
証明書にマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_mapped_to_asymmetric_key
非対称キーにマップされているデータベース ユーザーを指定します。

Database_user_with_no_login
対応するサーバー レベルのプリンシパルがないデータベース ユーザーを指定します。

解説

対称キーに関する情報は、sys.symmetric_keys カタログ ビューで確認できます。

対称キーは、データベース レベルのセキュリティ保護可能なリソースで、権限の階層で親となっているデータベースに含まれています。 次の表に、対称キーで許可できる権限のうち最も限定的なものを、それらを暗黙的に含む一般的な権限と共に示します。

対称キー権限 権限が含まれる対称キー権限 権限が含まれるデータベース権限
ALTER CONTROL ALTER ANY SYMMETRIC KEY
CONTROL CONTROL CONTROL
REFERENCES CONTROL REFERENCES
TAKE OWNERSHIP CONTROL CONTROL
VIEW DEFINITION CONTROL VIEW DEFINITION

アクセス許可

権限の許可者 (または AS オプションで指定されたプリンシパル) は、GRANT OPTION によって与えられた権限を保持しているか、権限が暗黙的に与えられる上位の権限を保持している必要があります。

AS オプションを使用している場合は、次の追加要件があります。

AS granting_principal 必要な追加権限
データベース ユーザー ユーザーに対する IMPERSONATE 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
Windows ログインにマップされているデータベース ユーザー ユーザーに対する IMPERSONATE 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
Windows グループにマップされているデータベース ユーザー Windows グループのメンバーシップ、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
証明書にマップされているデータベース ユーザー db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
非対称キーにマップされているデータベース ユーザー db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
サーバー プリンシパルにマップされていないデータベース ユーザー ユーザーに対する IMPERSONATE 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
データベース ロール ロールに対する ALTER 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。
アプリケーション ロール ロールに対する ALTER 権限、db_securityadmin 固定データベース ロールのメンバーシップ、db_owner 固定データベース ロールのメンバーシップ、または sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップ。

セキュリティ保護可能なリソースに対して CONTROL 権限があるプリンシパルは、そのリソースの権限を許可できます。

sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーなど、CONTROL SERVER 権限が許可されているユーザーは、サーバー内のセキュリティ保護可能なリソースに対する権限を許可できます。 db_owner 固定データベース ロールのメンバーなど、データベースに対する CONTROL 権限が許可されているユーザーは、データベース内のセキュリティ保護可能なリソースに対する権限を許可できます。

次の例では、対称キー SamInventory42ALTER 権限を、データベース ユーザー HamidS に対して許可します。

USE AdventureWorks2012;  
GRANT ALTER ON SYMMETRIC KEY::SamInventory42 TO HamidS;  
GO  

参照

sys.symmetric_keys (Transact-SQL)
DENY (対称キーの権限の拒否) (Transact-SQL)
REVOKE (対称キーの権限の取り消し) (Transact-SQL)
CREATE SYMMETRIC KEY (Transact-SQL)
アクセス許可 (データベース エンジン)
プリンシパル (データベース エンジン)
暗号化階層