insert (XML DML)

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

Expression1 で識別される 1 つ以上のノードを、Expression2 で識別されるノードの子ノードまたは兄弟ノードとして挿入します。

構文

insert Expression1 (  
{as first | as last} into | after | before  
Expression2  
)  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

Expression1
挿入する 1 つ以上のノードを識別します。 この引数に指定できるのは、XML の定数インスタンス、modify メソッドが適用されている同じ XML スキーマ コレクションの型指定された XML データ型インスタンスへの参照、スタンドアロンの sql:column()/sql:variable() 関数を使用する型指定されていない XML データ型インスタンス、または XQuery 式です。 式の結果は、ノード、テキスト ノード、または順序付けられたノードのシーケンスになります。 式をルート (/) ノードに解決することはできません。 式の結果が 1 つの値または値のシーケンスになる場合、シーケンス内の各値がスペースで区切られた 1 つのテキスト ノードとして値が挿入されます。 複数のノードを定数として指定した場合、ノードはかっこ内に含まれ、コンマで区切られます。 一連の要素、属性、値などの異種シーケンスは挿入できません。 Expression1 が空のシーケンスに解決される場合は、挿入が行われず、エラーも返されません。

変更前:
Expression1 で識別されるノードは、Expression2 で識別されるノードの直接の子孫 (子ノード) として挿入されます。 Expression2 のノードに既に 1 つ以上の子ノードが含まれている場合、as first または as last のいずれかを使用して、新しいノードを追加する場所を指定する必要があります。 たとえば、それぞれ子リストの先頭または末尾を指定します。 属性を挿入するときは、as first キーワードと as last キーワードは無視されます。

after
Expression1 で識別されるノードが、Expression2 で識別されるノードの直後に兄弟として挿入されます。 after キーワードを使用して属性を挿入することはできません。 たとえば、このキーワードを指定して、属性コンストラクターを挿入したり、XQuery から属性を返すことはできません。

before
Expression1 で識別されるノードが、Expression2 で識別されるノードの直前に兄弟として挿入されます。 属性を挿入するときは、before キーワードを使用できません。 たとえば、このキーワードを指定して、属性コンストラクターを挿入したり、XQuery から属性を返すことはできません。

Expression2
ノードを識別します。 Expression1 で識別されるノードの相対位置に、Expression2 で識別されるノードが挿入されます。 現在参照されているドキュメントに存在するノードへの参照を返す XQuery 式も使用できます。 複数のノードが返されると、挿入は失敗します。 Expression2 で空のシーケンスが返されると、挿入が行われず、エラーも返されません。 Expression2 が静的に単一にならないと、静的エラーが返されます。 Expression2 を、処理命令、コメント、または属性にはできません。 Expression2 は、構築されたノードではなく、ドキュメント内の既存のノードへの参照にする必要があります。

A. ドキュメントへの要素ノードの挿入

次の例は、ドキュメントに要素を挿入する方法を示します。 まず、XML ドキュメントが xml 型の変数に代入されます。 次に、いくつかの insert XML DML ステートメントを使用して、要素ノードをドキュメントに挿入する方法を示します。 それぞれの挿入後、SELECT ステートメントによって結果が表示されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;         
SET @myDoc = '<Root>         
    <ProductDescription ProductID="1" ProductName="Road Bike">         
        <Features>         
        </Features>         
    </ProductDescription>         
</Root>'  ;       
SELECT @myDoc;     
-- insert first feature child (no need to specify as first or as last)         
SET @myDoc.modify('         
insert <Maintenance>3 year parts and labor extended maintenance is available</Maintenance>   
into (/Root/ProductDescription/Features)[1]') ;  
SELECT @myDoc ;        
-- insert second feature. We want this to be the first in sequence so use 'as first'         
SET @myDoc.modify('         
insert <Warranty>1 year parts and labor</Warranty>          
as first         
into (/Root/ProductDescription/Features)[1]         
')  ;       
SELECT @myDoc  ;       
-- insert third feature child. This one is the last child of <Features> so use 'as last'         
SELECT @myDoc         
SET @myDoc.modify('         
insert <Material>Aluminium</Material>          
as last         
into (/Root/ProductDescription/Features)[1]         
')         
SELECT @myDoc ;        
-- Add fourth feature - this time as a sibling (and not a child)         
-- 'after' keyword is used (instead of as first or as last child)         
SELECT @myDoc  ;       
SET @myDoc.modify('         
insert <BikeFrame>Strong long lasting</BikeFrame>   
after (/Root/ProductDescription/Features/Material)[1]         
')  ;       
SELECT @myDoc;  
GO  

この例のさまざまなパス式では、静的な型指定要件ごとに "[1]" が指定されていることに注意してください。 これにより、対象ノードを 1 つにしています。

B. ドキュメントへの複数の要素の挿入

次の例では、まず、ドキュメントが xml 型の変数に代入されます。 次に、製品の機能を表す 2 つの要素のシーケンスが xml 型の 2 番目の変数に代入されます。 その後、このシーケンスが最初の変数に挿入されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;  
SET @myDoc = N'<Root>             
<ProductDescription ProductID="1" ProductName="Road Bike">             
    <Features> </Features>             
</ProductDescription>             
</Root>';  
DECLARE @newFeatures xml;  
SET @newFeatures = N'<Warranty>1 year parts and labor</Warranty>            
<Maintenance>3 year parts and labor extended maintenance is available</Maintenance>';           
-- insert new features from specified variable            
SET @myDoc.modify('             
insert sql:variable("@newFeatures")             
into (/Root/ProductDescription/Features)[1] ')             
SELECT @myDoc;  
GO  

C. ドキュメントへの属性の挿入

次の例では、ドキュメントに属性を挿入する方法を示します。 まず、ドキュメントが xml 型の変数に代入されます。 次に、一連の insert XML DML ステートメントを使用して、ドキュメントに属性が挿入されます。 各属性の挿入後、SELECT ステートメントによって結果が表示されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;            
SET @myDoc =   
'<Root>             
    <Location LocationID="10" >             
        <step>Manufacturing step 1 at this work center</step>             
        <step>Manufacturing step 2 at this work center</step>             
    </Location>             
</Root>' ;  
SELECT @myDoc;          
-- insert LaborHours attribute             
SET @myDoc.modify('             
insert attribute LaborHours {".5" }             
into (/Root/Location[@LocationID=10])[1] ');           
SELECT @myDoc;          
-- insert MachineHours attribute but its value is retrived from a sql variable @Hrs             
DECLARE @Hrs FLOAT;            
SET @Hrs =.2;          
SET @myDoc.modify('             
insert attribute MachineHours {sql:variable("@Hrs") }             
into   (/Root/Location[@LocationID=10])[1] ');            
SELECT @myDoc;             
-- insert sequence of attribute nodes (note the use of ',' and ()              
-- around the attributes.             
SET @myDoc.modify('             
insert (              
           attribute SetupHours {".5" },             
           attribute SomeOtherAtt {".2"}             
        )             
into (/Root/Location[@LocationID=10])[1] ');             
SELECT @myDoc;  
GO  

D. コメント ノードの挿入

次のクエリでは、まず、XML ドキュメントが xml 型の変数に代入されます。 次に、XML DML を使用して、最初の <step> 要素の後にコメント ノードを挿入します。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;             
SET @myDoc =   
'<Root>             
    <Location LocationID="10" >             
        <step>Manufacturing step 1 at this work center</step>             
        <step>Manufacturing step 2 at this work center</step>             
    </Location>             
</Root>' ;           
SELECT @myDoc;             
SET @myDoc.modify('             
insert <!-- some comment -->             
after (/Root/Location[@LocationID=10]/step[1])[1] ');            
SELECT @myDoc;  
GO  

E. 処理命令の挿入

次のクエリでは、まず、XML ドキュメントが xml 型の変数に代入されます。 次に、XML DML キーワードを使用して、ドキュメントの先頭に処理命令が挿入されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;  
SET @myDoc =   
'<Root>   
    <Location LocationID="10" >   
        <step>Manufacturing step 1 at this work center</step>   
        <step>Manufacturing step 2 at this work center</step>   
    </Location>   
</Root>' ;  
SELECT @myDoc ;  
SET @myDoc.modify('   
insert <?Program = "Instructions.exe" ?>   
before (/Root)[1] ') ;  
SELECT @myDoc ;  
GO  

F. CDATA セクションを使用したデータの挿入

< や > など、XML では無効な文字が含まれるテキストを挿入するときは、次のクエリに示すように、CDATA セクションを使用してデータを挿入できます。 クエリでは CDATA セクションが指定されていますが、無効な文字はエンティティに変換され、テキスト ノードとして追加されます。 たとえば、<&lt; として保存されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;             
SET @myDoc =   
'<Root>             
    <ProductDescription ProductID="1" ProductName="Road Bike">             
        <Features> </Features>             
    </ProductDescription>             
</Root>' ;            
SELECT @myDoc ;            
SET @myDoc.modify('             
insert <![CDATA[ <notxml> as text </notxml> or cdata ]]>   
into  (/Root/ProductDescription/Features)[1] ') ;   
SELECT @myDoc ;  
GO  

クエリでは、1 つのテキスト ノードが <Features> 要素に挿入されます。

<Root>  
<ProductDescription ProductID="1" ProductName="Road Bike">  
<Features> &lt;notxml@gt; as text &lt;/notxml&gt; or cdata </Features>  
</ProductDescription>  
</Root>       

G. テキスト ノードの挿入

次のクエリでは、まず、XML ドキュメントが xml 型の変数に代入されます。 次に、XML DML が使用され、<Root> 要素の最初の子としてテキスト ノードが挿入されます。 テキスト コンストラクターを使用して、テキストを指定します。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;  
SET @myDoc = '<Root>  
<ProductDescription ProductID="1" ProductName="Road Bike">  
<Features>  
  
</Features>  
</ProductDescription>  
</Root>'  
SELECT @myDoc;  
SET @myDoc.modify('  
 insert text{"Product Catalog Description"}   
 as first into (/Root)[1]  
');  
SELECT @myDoc;  

H. 型指定されていない xml 列への新しい要素の挿入

次の例では、XML DML を適用して、xml 型の列に格納された XML インスタンスを更新します。

USE AdventureWorks;  
GO  
CREATE TABLE T (i INT, x XML);  
GO  
INSERT INTO T VALUES(1,'<Root>  
    <ProductDescription ProductID="1" ProductName="Road Bike">  
        <Features>  
            <Warranty>1 year parts and labor</Warranty>  
            <Maintenance>3 year parts and labor extended maintenance is available</Maintenance>  
        </Features>  
    </ProductDescription>  
</Root>');  
GO  
-- insert a new element  
UPDATE T  
SET x.modify('insert <Material>Aluminium</Material> as first  
  into   (/Root/ProductDescription/Features)[1]  
');  
GO  

この場合も、<Material> 要素ノードが挿入されるときは、パス式が 1 つのターゲットを返す必要があります。 これは、式の最後に [1] を追加することにより、明示的に指定します。

-- check the update  
SELECT x.query(' //ProductDescription/Features')  
FROM T;  
GO  

I. IF 条件ステートメントに基づいた挿入

次の例では、insert XML DML ステートメント内の Expression1 の一部に IF 条件が指定されます。 条件が True の場合、<WorkCenter> 要素に属性が追加されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;  
SET @myDoc =   
'<Root>  
    <Location LocationID="10" LaborHours="1.2" >  
        <step>Manufacturing step 1 at this work center</step>  
    <step>Manufacturing step 2 at this work center</step>  
    </Location>  
</Root>';  
SELECT @myDoc  
SET @myDoc.modify('  
insert  
if (/Root/Location[@LocationID=10])  
then attribute MachineHours {".5"}  
else ()  
    as first into   (/Root/Location[@LocationID=10])[1] ');  
SELECT @myDoc;  
GO  

次の例も同様ですが、条件が True の場合に insert XML DML ステートメントによってドキュメントに要素が挿入されます。 つまり、<WorkCenter> 要素に含まれる <step> 子要素が 2 つ以下の場合に挿入されます。

USE AdventureWorks;  
GO  
DECLARE @myDoc XML;  
SET @myDoc =   
'<Root>  
    <Location LocationID="10" LaborHours="1.2" >  
        <step>Manufacturing step 1 at this work center</step>  
        <step>Manufacturing step 2 at this work center</step>  
    </Location>  
</Root>';  
SELECT @myDoc;  
SET @myDoc.modify('  
insert  
if (count(/Root/Location/step) <= 2)  
then element step { "This is a new step" }  
else ()  
    as last into   (/Root/Location[@LocationID=10])[1] ');  
SELECT @myDoc;  
GO  

結果を次に示します。

<Root>  
 <WorkCenter WorkCenterID="10" LaborHours="1.2">  
  <step>Manufacturing step 1 at this work center</step>  
  <step>Manufacturing step 2 at this work center</step>  
  <step>This is a new step</step>  
 </WorkCenter>  

J. 型指定された xml 列へのノードの挿入

この例では、型指定された xml 列に格納されている製造手順 XML に、要素と属性を挿入します。

この例では、まず、型指定された xml 列を含むテーブル (T) を AdventureWorks データベースに作成します。 次に、製造手順の XML インスタンスを ProductModel テーブルの Instructions 列からテーブル T にコピーします。続いて、テーブル T の XML に挿入が適用されます。

USE AdventureWorks;  
GO            
DROP TABLE T;  
GO             
CREATE TABLE T(
  ProductModelID INT PRIMARY KEY,    
  Instructions XML (Production.ManuInstructionsSchemaCollection));  
GO  
INSERT T              
    SELECT ProductModelID, Instructions             
    FROM Production.ProductModel             
    WHERE ProductModelID=7;  
GO             
SELECT Instructions             
FROM T;  
-- now insertion begins             
--1) insert a new manu. Location. The <Root> specified as              
-- expression 2 in the insert() must be singleton.      
UPDATE T   
SET Instructions.modify('   
declare namespace MI="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/07/adventure-works/ProductModelManuInstructions";   
insert <MI:Location LocationID="1000" >   
           <MI:step>New instructions go here</MI:step>   
         </MI:Location>   
as first   
into   (/MI:root)[1]   
') ;  
  
SELECT Instructions             
FROM T ;  
-- 2) insert attributes in the new <Location>             
UPDATE T             
SET Instructions.modify('             
declare namespace MI="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/07/adventure-works/ProductModelManuInstructions";             
insert attribute LaborHours { "1000" }             
into (/MI:root/MI:Location[@LocationID=1000])[1] ');   
GO             
SELECT Instructions             
FROM T ;  
GO             
--cleanup             
DROP TABLE T ;  
GO             

参照

型指定された XML と型指定されていない XML の比較
XML データのインスタンスの作成
xml データ型メソッド
XML データ変更言語 (XML DML)