管理ツール コマンド ライン オプション (Distributed Replay Utility)Administration Tool Command-line Options (Distributed Replay Utility)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Distributed Replay 管理ツールである DReplay.exe は、Distributed Replay Controller と通信するためのコマンド ライン ツールです。The MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Distributed Replay administration tool, DReplay.exe, is a command-line tool to communicate with the distributed replay controller. 管理ツールを使用して、コントローラー上の操作を開始、監視、取り消しできます。Use the administration tool to initiate, monitor, and cancel operations on the controller.

トピック リンク アイコン 管理ツールの構文で使用される構文表記規則の詳細については、「Transact-SQL 構文表記規則 (Transact-SQL)」を参照してください。Topic link icon For more information about the syntax conventions that are used with the administration tool syntax, see Transact-SQL Syntax Conventions (Transact-SQL).

構文Syntax

  
dreplay {preprocess|replay|status|cancel} [options] [-?]}  
  
Usage:  
  
  dreplay preprocess [-m controller] -i input_trace_file  
    -d controller_working_dir [-c config_file] [-f status_interval]  
  
  dreplay replay [-m controller] -d controller_working_dir [-o]  
    [-s target_server] -w clients [-c config_file]  
    [-f status_interval]  
  
  dreplay status [-m controller] [-f status_interval]  
  
  dreplay cancel [-m controller] [-q]   

解説Remarks

DReplay.exeでは、次のコマンド ライン オプションを発行することができます。You can issue the following command-line options with DReplay.exe:

preprocesspreprocess
前処理段階を開始します。Initiates the preprocess stage. コントローラーは、ターゲット サーバーに対する再生のために、運用環境からキャプチャした入力トレース データの準備を行います。The controller prepares the input trace data, which you captured from the production environment, for replay against the target server.

再生 (replay)replay
イベント再生段階を開始します。Initiates the event replay stage. コントローラーは、指定されたクライアントに再生データをディスパッチし、分散再生を開始して、クライアントを同期します。The controller dispatches replay data to the specified clients, launches the distributed replay, and synchronizes the clients. 必要に応じて、選択された各クライアントは、再生アクティビティを記録し、結果トレース ファイルをローカルに保存します。Optionally, each client that was selected records the replay activity and saves result trace files locally.

statusstatus
コントローラーにクエリし、現在の状態を表示します。Queries the controller and displays the current status.

cancelcancel
コントローラーで実行されている現在の操作を取り消します。Cancels the current operation that is running on the controller.

コマンドの引数や例などの構文情報の詳細については、次のトピックを参照してください。For detailed syntax information that includes the command arguments and examples, see the following topics:

RPC は、言語イベントとしてではなく RPC として再生されます。RPCs are replayed as RPCs and not as language events.

アクセス許可Permissions

対話ユーザー (ローカル ユーザーまたはドメイン ユーザー アカウント) として、管理ツールを実行する必要があります。You must run the administration tool as an interactive user, as either a local user or a domain user account. ローカル ユーザー アカウントを使用するには、管理ツールとコントローラーが同じコンピューター上で実行されている必要があります。To use a local user account, the administration tool and controller must be running on the same computer.

詳細については、「 Distributed Replay Security」を参照してください。For more information, see Distributed Replay Security.

関連項目See also

SQL Server Distributed ReplaySQL Server Distributed Replay