入力トレース データの準備Prepare the Input Trace Data

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server 分散再生機能を使用して分散再生を開始する前に、分散再生管理ツールから前処理段階を開始することで、入力トレース データを準備する必要があります。Before you can start a distributed replay with the MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server Distributed Replay feature, you must prepare the input trace data by initiating the preprocess stage from the distributed replay administration tool. 前処理段階で、Distributed Replay Controller がトレース データを処理し、中間ファイルを生成します。In the preprocess stage, the distributed replay controller processes the trace data and generates an intermediate file:

分散再生の前処理段階Distributed replay preprocess stage

前処理段階の詳細については、「 SQL Server Distributed Replay」を参照してください。For more information about the preprocess stage, see SQL Server Distributed Replay.

注意

入力トレース データは、Distributed Replay と互換性があるバージョンの SQL ServerSQL Server でキャプチャする必要があります。The input trace data must be captured in a version of SQL ServerSQL Server that is compatible with Distributed Replay. また、入力トレース データは、トレース データを再生するターゲット サーバーと互換性がある必要があります。The input trace data must also be compatible with the target server that you want to replay the trace data against. バージョンの要件の詳細については、「 Distributed Replay Requirements」を参照してください。For more information about version requirements, see Distributed Replay Requirements.

入力トレース データを準備するにはTo prepare the input trace data

  1. (省略可能) 前処理構成設定の変更:前処理構成設定 (システム セッションをフィルター処理するかどうか、最大アイドル時間を構成するかどうかなど) を変更する場合は、XML ベースの前処理構成ファイル DReplay.exe.preprocess.config<PreprocessModifiers> 要素を変更する必要があります。(Optional) Modify preprocess configuration settings: If you want to modify the preprocess configuration settings, such as whether to filter system sessions or to configure the maximum idle time, you must modify the <PreprocessModifiers> element of the XML-based preprocess configuration file, DReplay.exe.preprocess.config. 前処理構成ファイルを変更する場合は、元のファイルではなく、コピーを変更することをお勧めします。If you modify the preprocess configuration file, we recommend that you modify a copy rather than the original. 設定を変更するには、次の手順に従います。To modify settings, follow these steps:

    1. 既定の前処理構成ファイル DReplay.exe.preprocess.configのコピーを作成し、新しいファイルの名前を変更します。Make a copy of the default preprocess configuration file, DReplay.exe.preprocess.config, and rename the new file. 既定の前処理構成ファイルは管理ツールのインストール フォルダーにあります。The default preprocess configuration file is located in the administration tool installation folder.

    2. 新しい構成ファイル内の前処理構成設定を変更します。Modify the preprocess configuration settings in the new configuration file.

    3. 前処理段階 (次の手順) を開始するときに、 前処理 オプションの config_file パラメーターを使用して、変更した構成ファイルの場所を指定します。When initiating the preprocess stage (the next step), use the config_file parameter of the preprocess option to specify the location of the modified configuration file.

    前処理構成ファイルの詳細については、「 Distributed Replay の構成」を参照してください。For more information about the preprocess configuration file, see Configure Distributed Replay.

  2. 前処理段階を開始する:入力トレース データを準備するには、preprocess オプションを使用して、管理ツールを実行する必要があります。Initiate the preprocess stage: To prepare the input trace data, you must run the administration tool with the preprocess option. 詳細については、「前処理オプション (Distributed Replay 管理ツール)」を参照してください。For more information, see Preprocess Option (Distributed Replay Administration Tool).

    1. Windows のコマンド プロンプト ユーティリティ (CMD.exe) を開き、Distributed Replay 管理ツール (DReplay.exe) のインストール場所に移動します。Open the Windows Command Prompt utility (CMD.exe), and navigate to the installation location of the Distributed Replay administration tool (DReplay.exe).

    2. (省略可能) 管理ツールを実行するコンピューターとは別のコンピューター上でコントローラー サービスが実行されている場合、 controller パラメーター -mを使用して、コントローラーを指定します。(Optional) Use the controller parameter, -m, to specify the controller, if the controller service is running on a computer different from the administration tool.

    3. input_trace_file パラメーター -iを使用して、入力トレース ファイルの場所と名前を指定します。Use the input_trace_file parameter, -i, to specify the location and name of the input trace files.

    4. controller_working_directory パラメーター -dを使用して、コントローラーで中間ファイルを保存する場所を指定します。Use the controller_working_directory parameter, -d, to specify where the intermediate file should be saved on the controller.

    5. (省略可能) config_file パラメーター -cを使用して、前処理構成ファイルの場所を指定します。(Optional) Use the config_file parameter, -c, to specify location of the preprocess configuration file. 既定の前処理構成ファイルのコピーを変更した場合は、このパラメーターを使用して、新しい構成ファイルを指定します。Use this parameter to point to the new configuration file if you have modified a copy of the default preprocess configuration file.

    6. (省略可能) status_interval パラメーター -fを使用して、30 秒以外の周期で状態メッセージを管理ツールで表示させるかどうかを指定します。(Optional) Use the status_interval parameter, -f, to specify if you want the administration tool to display status messages at a frequency different than 30 seconds.

    たとえば、 c:\trace1.trcにあるトレース ファイルに対して、コントローラー サービスと同じコンピューターで前処理段階を開始し、コントローラー作業ディレクトリが c:\WorkingDir にあり、既定の 30 秒で状態メッセージが表示される場合、 dreplay preprocess -i c:\trace1.trc -d c:\WorkingDirFor example, initiating the preprocess stage on the same computer as the controller service, for a trace file located at c:\trace1.trc, a controller working directory located at c:\WorkingDir , and a status message displayed at the default value of 30 seconds, requires the syntax: dreplay preprocess -i c:\trace1.trc -d c:\WorkingDir

  3. 前処理段階が完了したら、コントローラー作業ディレクトリに中間ファイルが格納されます。After the preprocess stage is complete, the intermediate file is stored in the controller working directory. イベント再生段階を開始するには、 再生 オプションを使用して、管理ツールを実行する必要があります。To initiate the event replay stage, you must run the administration tool with the replay option. 詳細については、「 トレース データの再生」を参照してください。For more information, see Replay Trace Data.

参照See Also

SQL Server Distributed Replay SQL Server Distributed Replay
Distributed Replay Requirements Distributed Replay Requirements
管理ツール コマンド ライン オプション (Distributed Replay Utility) Administration Tool Command-line Options (Distributed Replay Utility)
分散再生の構成Configure Distributed Replay