トレースと Windows パフォーマンス ログ データの関連付けCorrelate a trace with Windows Performance Log data

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerを使用すると、Microsoft Windows パフォーマンス ログを開き、トレースと関連付けるカウンターを選択し、選択したパフォーマンス カウンターをトレースと共に SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler のグラフィカル ユーザー インターフェイスに表示できます。Using SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, you can open a Microsoft Windows performance log, choose the counters you want to correlate with a trace, and display the selected performance counters alongside the trace in the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler graphical user interface. トレース ウィンドウでイベントを選択すると、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler の [システム モニター] データ ウィンドウ画面の赤い縦棒で、選択したトレース イベントに関連付けられているパフォーマンス ログ データが示されます。When you select an event in the trace window, a vertical red bar in the System Monitor data window pane of SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler indicates the performance log data that correlates with the selected trace event.

トレースをパフォーマンス カウンターに関連付けるには、 StartTime および EndTime data columns, および then click [ファイル] SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu.To correlate a trace with performance counters, open a trace file or table that contains the StartTime and EndTime data columns, and then click Import Performance Data on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu. パフォーマンス ログを開き、トレースに関連付けるシステム モニター オブジェクトおよびカウンターを選択します。You can then open a performance log, and select the System Monitor objects and counters that you want to correlate with the trace.

トレースとパフォーマンス ログ データとを相互に関連付けるにはTo correlate a trace with performance log data

  1. SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerで、保存されているトレース ファイルまたはトレース テーブルを開きます。In SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, open a saved trace file or trace table. イベント データを収集している実行中のトレースを相互に関連付けることはできません。You cannot correlate a running trace that is still collecting event data. システム モニター データとの相関関係の精度を保証するには、 [StartTime] データ列と [EndTime] データ列の両方がトレースに含まれている必要があります。For accurate correlation with System Monitor data, the trace must contain both StartTime and EndTime data columns.

  2. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler [ファイル] メニューで、 [パフォーマンス データのインポート] をクリックします。On the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu, click Import Performance Data.

  3. [開く] ダイアログ ボックスで、パフォーマンス ログが含まれているファイルを選択します。In the Open dialog box, select a file that contains a performance log. パフォーマンス ログ データは、トレース データがキャプチャされたのと同じ期間にキャプチャされている必要があります。The performance log data must have been captured during the same time period in which the trace data is captured.

  4. [パフォーマンス カウンター制限] ダイアログ ボックスで、トレースと一緒に表示するシステム モニター オブジェクトとカウンターに対応するチェック ボックスをオンにします。In the Performance Counters Limit dialog box, select the check boxes that correspond to the System Monitor objects and counters that you want to display alongside the trace. クリックして OK.Click OK.

  5. トレース イベント ウィンドウでイベントを選択するか、トレース イベント ウィンドウ内のいくつかの隣接する行の間を、方向キーを使用して移動します。Select an event in the trace events window, or navigate through several adjacent rows in the trace events window by using the arrow keys. [システム モニター データ] ウィンドウ内の赤い縦棒は、選択したトレース イベントと相互に関連しているパフォーマンス ログ データを示します。The vertical red bar in the System Monitor data window indicates the performance log data that is correlated with the selected trace event.

  6. システム モニターのグラフで、関心のあるポイントをクリックします。Click a point of interest in the System Monitor graph. その時点に最も近い対応するトレース行が選択されます。The corresponding trace row that is nearest in time is selected. 時間範囲を拡大するには、システム モニターのグラフでマウス ポインターをクリックしてドラッグします。To zoom in on a time range, press and drag the mouse pointer in the System Monitor graph.

異なるバージョンの Windows 間で共有できるパフォーマンス ログを作成するにはTo create performance logs that can be shared among different versions of Windows

  1. コントロール パネルで [管理ツール] を開き、 [パフォーマンス] をダブルクリックします。In Control Panel, open Administrative Tools, and then double click Performance.

  2. [パフォーマンス] ダイアログ ボックスで、 [パフォーマンス ログと警告] を展開して、 [カウンター ログ] を右クリックし、 [新しいログの設定] をクリックします。In the Performance dialog box, expand Performance Logs and Alerts, right-click Counter Logs, and then click New Log Settings.

  3. カウンター ログの名前を入力し、 [OK] をクリックします。Type a name for the counter log, and then click OK.

  4. [全般] タブで [カウンターの追加] をクリックします。On the General tab, click Add Counters.

  5. [パフォーマンス オブジェクト] ボックスで、監視するパフォーマンス オブジェクトを選択します。In the Performance object list, select a performance object you want to monitor. SQL ServerSQL Server パフォーマンス オブジェクトの名前は 、 SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスの場合は SQL ServerSQL Server で始まり、名前付きインスタンスの場合は MSSQL$instanceNameで始まります。The names of SQL ServerSQL Server performance objects for default instances of SQL ServerSQL Server start with SQL ServerSQL Server and named instances start with MSSQL$instanceName.

  6. SQL ServerSQL Server インスタンス、プロセッサ時間やディスク時間などのその他の重要な値から必要なカウンターを追加します。Add as many counters as necessary for your SQL ServerSQL Server instance and other important values, such as processor time and disk time.

  7. カウンターの追加を終了したら、 [閉じる] をクリックします。When you have finished adding counters, click Close.

  8. [データのサンプル間隔] の間隔の値を設定します。Set values for the Sample data every interval. 5 分程度のサンプリング間隔から始めて、必要に応じて間隔を調整します。Start with a modest sampling interval, such as 5 minutes, and then adjust the interval if necessary.

  9. [ログ ファイル] タブで、 [ログ ファイルの種類] ボックスの一覧から [テキスト ファイル (カンマ区切り)] を選択します。On the Log Files tab, choose TextFile (Comma delimited) from the Log file type list. コンマ区切りのテキストのログ ファイルは、異なるバージョンの Windows 間で共有できます。また、Microsoft Excel などのレポート ツールで後から表示できます。Comma-delimited text log files can be shared among different versions of Windows and can be viewed later in reporting tools such as Microsoft Excel.

  10. [スケジュール] タブで、監視スケジュールを指定します。On the Schedule tab, specify a monitoring schedule.

  11. [OK] をクリックし、パフォーマンス ログを作成します。Click OK to create the performance log.