トレース内のイベントへのフィルターの適用 (SQL Server Profiler)Filter Events in a Trace (SQL Server Profiler)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

フィルターを使用すると、トレースに出力するイベントを制限することができます。Filters limit the events collected in a trace. フィルターが設定されていない場合は、選択したイベント クラスのすべてのイベントがトレースに出力されます。If a filter is not set, all events of the selected event classes are returned in the trace output. トレースのフィルター設定は必須ではありません。It is not mandatory to set a filter for a trace. ただし、フィルターを設定すると、トレース中に発生するオーバーヘッドを低減できます。However, a filter minimizes the overhead that is incurred during tracing.

フィルターをトレース定義に追加するには、 [トレースのプロパティ] ダイアログ ボックスまたは [トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスの [イベントの選択] タブを使用します。You add filters to trace definitions by using the Events Selection tab of the Trace Properties or Trace Template Properties dialog box.

トレース内のイベントにフィルターを適用するにはTo filter events in a trace

  1. [トレースのプロパティ] ダイアログ ボックスまたは [トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [イベントの選択] タブをクリックします。In the Trace Properties or Trace Template Properties dialog box, click the Events Selection tab.

    [イベントの選択] タブにはグリッド コントロールがあります。The Events Selection tab contains a grid control. グリッド コントロールは、トレース可能な各イベント クラスを含んでいるテーブルです。The grid control is a table that contains each of the traceable event classes. このテーブルには、各イベント クラスが 1 行で表示されます。The table contains one row for each event class. イベント クラスは、接続先のサーバーの種類やバージョンによって多少異なる場合があります。The event classes may differ slightly, depending on the type and version of server to which you are connected. イベント クラスは、グリッドの [イベント] 列で識別され、イベント カテゴリ別にグループ化されます。The event classes are identified in the Events column of the grid and are grouped by event category. 残りの列には、各イベント クラスに対応するデータ列が表示されます。The remaining columns list the data columns that can be returned for each event class.

  2. [列フィルター] をクリックします。Click Column Filters.

    [フィルターの編集] ダイアログ ボックスが表示されます。The Edit Filter dialog box appears. [フィルターの編集] ダイアログ ボックスには、トレース内のイベントをフィルター処理するために使用できる比較演算子の一覧が表示されます。The Edit Filter dialog box contains a list of comparison operators that you can use to filter events in a trace.

  3. フィルターを適用するには、比較演算子をクリックして、フィルターに対して使用する値を入力します。To apply a filter, click the comparison operator, and type a value to use for the filter.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

注意点 :Considerations:

  • [イベントの選択] タブの [StartTime] データ列および [EndTime] データ列に対してフィルター条件を設定するには、次の操作を実行します。If you set filter conditions on the StartTime and EndTime data columns of the Events Selection tab, then make sure that:

    • 日付は YYYY/MM/DD HH:mm:secの形式で入力します。The date you enter matches this format: YYYY/MM/DD HH:mm:sec.

      -または--OR-

    • [全般オプション] ダイアログ ボックスで、 [日時の値の表示に地域別設定を使用する] チェック ボックスをオンにします。Use regional settings to display date and time values is checked in the General Options dialog box. [全般オプション] ダイアログ ボックスを表示するには、SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。To view the General Options dialog box, on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler Tools menu, click Option.

      および-AND-

    • 1753 年 1 月 1 日~ 9999 年 12 月 31 日の日付を入力します。The date you enter is between January 1, 1753 and December 31, 9999.

  • osql ユーティリティまたは sqlcmd ユーティリティからイベントをトレースしている場合は必ず、 %TextData データ列のフィルターに付加します。If tracing events from the osql utility or from the sqlcmd utility, always append % to filters on the TextData data column.

参照See Also

SQL Server ProfilerSQL Server Profiler