フィルターの変更 (SQL Server Profiler)Modify a Filter (SQL Server Profiler)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

トレース定義を保持するトレース テンプレートにフィルターを追加して、トレースで収集するイベントの数を制限します。You add filters to trace templates, which contain the trace definitions, to limit the number of events that are gathered by a trace. 収集するイベントの数を制限すると、トレースによるパフォーマンスの影響を軽減できます。Limiting the number of events gathered can reduce the performance effects of tracing. トレース テンプレートにフィルターを設定していても、そのトレースで必要な種類の情報が収集されていないことが判明した場合は、そのフィルターを編集できます。If you set filters for a trace template and find that the trace is not gathering the kind of information that you need, you can edit the filter.

フィルターを変更するにはTo modify a filter

  1. SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerで、変更するトレース フィルターのテンプレートを開きます。In SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, open the template for the trace filter that you want to modify. [ファイル] メニューの [テンプレート] をポイントし、 [テンプレートの編集] をクリックします。On the File menu, click Templates, and then choose Edit Template.

  2. [トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、 [テンプレート名の選択] ボックスの一覧からテンプレートを選択します。In the General tab of the Trace Template Properties dialog, select a template from the Select template name list.

  3. [イベントの選択] タブをクリックします。Click the Events Selection tab.

    [イベントの選択] タブにはグリッド コントロールがあります。The Events Selection tab contains a grid control. グリッド コントロールは、トレース可能な各イベント クラスを含んでいるテーブルです。The grid control is a table that contains each of the traceable event classes. このテーブルには、各イベント クラスが 1 行で表示されます。The table contains one row for each event class. イベント クラスは、接続先のサーバーの種類やバージョンによって多少異なる場合があります。The event classes may differ slightly, depending on the type and version of server to which you are connected. イベント クラスは、グリッドの [イベント] 列で識別され、イベント カテゴリ別に分類されています。The event classes are identified in the Eventscolumn of the grid and are grouped by event category. 残りの列には、各イベント クラスに対応するデータ列が表示されます。The remaining columns list the data columns that can be returned for each event class.

  4. [列フィルター] をクリックします。Click Column Filters.

  5. [フィルターの編集] ダイアログ ボックスで、編集する比較演算子に対応した値をクリックし、新しい値を入力するか、既存の値を削除します。In the Edit Filter dialog box, click the value next to the comparison operator that you want to edit, and type the new value or delete a value. また、新しいフィルターを追加することもできます。You can also add additional filters.

  6. [OK] をクリックしてテンプレートを保存します。Click OK and save the template.

参照See Also

SQL Server ProfilerSQL Server Profiler