トレース テンプレートの変更Modify trace templates

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を実行しているローカル コンピューター上のファイルに保存されたテンプレートは変更することができます。You can modify templates that are saved in a file on the local computer on which SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler is running. また、それらのファイルから派生したテンプレートも変更できます。You can also modify templates derived from those files. 既存のテンプレートを変更する場合は、 [トレースのプロパティ] ダイアログ ボックスの [イベントの選択] タブで、最初にプロパティを設定したときと同じ順序で、イベント クラスやデータ列などのテンプレートのプロパティを編集します。When you modify existing templates, you edit template properties such as event classes and data columns, in the same order that the properties were set originally, on the Events Selection tab of the Trace Properties dialog box. イベント クラスとデータ列は追加または削除することができ、フィルターは変更することができます。Event classes and data columns can be added or removed, and filters can be changed. テンプレートを変更すると、ユーザー固有のテンプレートが作成されます。元のシステム テンプレートは変更されません。After the template is modified, a user-specific template is created and the original system template is left intact. 詳細については、「 トレースとトレース テンプレートの保存」を参照してください。For more information, see Save Traces and Trace Templates.

トレースを作成したときに使用した元のテンプレートを覚えていない (または保存していなかった) 場合や、後日同じトレースを実行する場合など、既存のトレース ファイルからテンプレートを派生させる必要が生じることがあります。You may need to derive a template from an existing trace file if you cannot remember (or have not saved) the original template that was used to create the trace, or if you want to run the same trace at a later date. 既存のトレースを使用する場合、プロパティを参照できますが、変更できません。When working with existing traces, you can view the properties, but you cannot modify the properties. プロパティを変更するには、トレースを停止または一時停止する必要があります。To modify the properties, stop or pause the trace. 詳細については、「トレース ファイルまたはトレース テーブルからのテンプレートの作成 (SQL Server Profiler)」および「実行中のトレースからのテンプレートの作成 (SQL Server Profiler)」を参照してください。For more information, see Derive a Template from a Trace File or Trace Table (SQL Server Profiler) and Derive a Template from a Running Trace (SQL Server Profiler).

トレース テンプレートを変更するにはTo modify a trace template

  1. [ファイル] メニューの [テンプレート] をポイントし、 [テンプレートのエクスポート] をクリックします。On the File menu, point to Templates, and then click Edit Template.

  2. [トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、サーバーの種類とテンプレート名を変更するか、そのサーバーの種類の既定のテンプレートを使用することを選択します。In the Trace Template Properties dialog box, on the General tab, you can modify the server type and template name, or choose to use a default template for the server type.

  3. [イベントの選択] タブで、グリッド コントロールを使用して、次のようにトレース ファイルに対するイベントとデータ列の追加または削除を行います。On the Events Selection tab, use the grid control to add or remove events and data columns from the trace file as follows.

    • イベントを追加するには、 [イベント] 列の適切なイベント カテゴリを展開し、イベント名を選択します。To add an event, expand the appropriate event category in the Events column, and then select the event name.

    • イベントを追加すると、関連するすべてのデータ列が既定で含まれます。When you add an event, all relevant data columns are included by default. トレースからイベントのデータ列を削除するには、そのイベントのデータ列のチェック ボックスをオフにします。To remove a data column for an event from a trace, clear the check box in the data column for the event.

    • フィルターを追加するには、データ列名をクリックし、 [フィルターの編集] ダイアログ ボックスにフィルターの条件を指定します。To add filters, click the data column name and specify the filter criteria in the Edit Filter dialog box. また、データ列名を右クリックし、 [列フィルターの編集] をクリックすることによっても [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを起動できます。You can also right-click the data column name, and click Edit Column Filter to launch the Edit Filter dialog box. [OK] をクリックしてフィルターを追加します。Click OK to add the filter.

  4. [保存] をクリックするか、 [名前を付けて保存] をクリックして別の名前でトレース テンプレートを保存します。Click Save, or click Save As to save the trace template under another name.

次の手順Next steps

トレースを開始するStart a trace
トレースを作成するCreate a trace
Transact-SQL を使用して既存のトレースを変更するModify an existing trace using Transact-SQL
SQL Server Profiler を使用してトレース ファイルに含めるイベントとデータ列を指定するSpecify events and data columns for a trace using SQL Server Profiler
sp-trace-setevent-transact-sqlsp-trace-setevent-transact-sql